飯島町

日本の長野県上伊那郡の町

飯島町(いいじままち)は、長野県上伊那郡の南部に位置する。本項では町制前の名称である飯島村(いいじまむら)についても述べる。

いいじままち ウィキデータを編集
飯島町
Yotagiri River.jpg
与田切公園から与田切川上流を望む
飯島町旗
飯島町章
飯島町旗 飯島町章
日本の旗 日本
地方 中部地方甲信越地方信越地方
都道府県 長野県
上伊那郡
市町村コード 20384-0
法人番号 6000020203840 ウィキデータを編集
面積 86.96km2
総人口 8,816[編集]
推計人口、2022年8月1日)
人口密度 101人/km2
隣接自治体 駒ヶ根市飯田市上伊那郡中川村下伊那郡松川町木曽郡大桑村
町の木 イチイ
町の花 石楠花
飯島町役場
町長 下平洋一
所在地 399-3797
長野県上伊那郡飯島町飯島2537
北緯35度40分36秒 東経137度55分11秒 / 北緯35.67675度 東経137.91978度 / 35.67675; 137.91978座標: 北緯35度40分36秒 東経137度55分11秒 / 北緯35.67675度 東経137.91978度 / 35.67675; 137.91978
飯島町役場
外部リンク 公式ウェブサイト

飯島町位置図

― 市 / ― 町 / ― 村

ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

概要編集

 
烏帽子岳から望む飯島町中心部と与田切川

西に中央アルプス南駒ヶ岳越百山を仰ぎ、東には仙丈ヶ岳を中心に南アルプスを遠望する「二つのアルプスが見える町」。

特に飯島町七久保地区等から見る雪に抱かれた中央アルプスの眺望は美しい。また、中央アルプスから流れ出る与田切川、中田切川などの清流が流れる。

稲作や梨などの果物・野菜の栽培が盛ん。馬肉製品も有名[1]

地理編集

地形編集

山岳編集

主な山

河川編集

主な川

湖沼編集

主な池

気候編集

平均気温は11度で、夏は涼しいが冬は寒いほうである。年間降水量は2000mm前後で県内では多い[1]

人口編集

 
飯島町と全国の年齢別人口分布(2005年) 飯島町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 飯島町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

飯島町(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より

隣接自治体編集

 長野県

歴史編集

中世編集

鎌倉時代

近世編集

江戸時代
  • 江戸時代は天領取り締まりのための飯島代官所(飯島陣屋)と、三州街道の飯島宿が置かれた。

近代編集

明治時代

近現代編集

昭和時代

政治編集

行政編集

町長編集

議会編集

町議会編集

飯島町議会
  • 議員定数:12人(任期:2021年3月31日まで)
  • 議長:堀内克美

施設編集

警察編集

本部
駐在所
  • 飯島駐在所(飯島町飯島)
  • 七久保駐在所(飯島町七久保)

消防編集

本部
消防署
  • 伊南南消防署(飯島町本郷263-1)

郵便局編集

主な郵便局

文化施設編集

図書館

運動施設編集

  • 本郷グランド

対外関係編集

姉妹都市・提携都市編集

海外編集

国内編集

姉妹都市

経済編集

第一次産業編集

農業編集

農業協同組合

第三次産業編集

商業編集

主な商業施設

教育編集

中学校編集

町立

小学校編集

町立

保育園編集

  • 飯島保育園
  • 東部保育園
  • 七久保保育園

交通編集

鉄道編集

中心となる駅:飯島駅

鉄道路線編集

 東海旅客鉄道(JR東海)

バス編集

路線バス編集

  • 中川村営巡回バス

道路編集

高速道路編集

中日本高速道路(NEXCO中日本)
  • E19中央自動車道:- 飯島BS -

国道編集

県道編集

主要地方道
一般県道

道の駅編集

観光編集

 
芝宮神社
 
千人塚公園

名所・旧跡編集

主な城郭
主な神社
主な寺院
主な遺跡
主な史跡
街道

観光スポット編集

  • 千人塚公園
  • 与田切公園(キャンプ場・テニスコート・プール・親水広場)
  • アグリネイチャーいいじま
  • シオジ平自然園

文化・名物編集

名産・特産編集

飯島産の果物は寒暖差が激しいため甘みが強いといわれている。かつては梨が皇室に献上されたこともある。美しいコスモス畑が広がる。

出身関連著名人編集

飯島町を舞台とした作品編集

漫画・アニメ編集

映画編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 宝月圭吾・小林寛義・宮脇昌三(1986年)『長野県風土記』
  2. ^ 1953年(昭和28年)12月22日総理府告示第259号「村を町とする処分」
  3. ^ 1956年(昭和31年)9月30日総理府告示第600号「町村の廃置分合」
  4. ^ 飯島町政に民間経営感覚を 下平町長が初登庁”. 長野日報 (2015年12月1日). 2017-12-21(アーカイブ)閲覧。[リンク切れ]アーカイブ

関連項目編集

外部リンク編集