メインメニューを開く

驚異の世界・ノンフィクションアワー

驚異の世界・ノンフィクションアワー』(きょういのせかい・ノンフィクションアワー)は、日本テレビ系列局他で放送されていた、日本テレビ製作、KLMオランダ航空協賛のドキュメンタリー番組である。日テレ系マストバイ局では、1972年7月6日から1982年9月23日迄、毎週木曜 19:00 - 19:30 (日本標準時)に放送していた。

驚異の世界
ノンフィクションアワー
ジャンル ドキュメンタリー番組
ナレーター 佐野浅夫[1]
中山千夏[2]
プロデューサー 吉川雅也[1]
池松俊雄[1]
制作 日本テレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1972年7月6日 - 1982年9月23日
放送時間 木曜 19:00 - 19:30
放送分 30分
テンプレートを表示

概要編集

世界各地の自然風景や動物の生態系、日本では余り知られていない、各国独自の文化・風習を、佐野浅夫中山千夏のナレーションで紹介していた。

中でも、アフリカゾウを特集したシリーズは、撮影に3年もの歳月を掛けており、日テレの当時の取材チームが、世界で初めて、野生の象に特殊機材を取付けての取材を行った。更には「ミスケニヤ」と呼ばれた、メスの象が出産するシーンの撮影も試みた。これは、1980年に『象物語』として映画化もされた。

他に、フランスの海洋学者ジャック=イヴ・クストーが自ら制作・出演した、海洋ドキュメンタリー作品を「クストーの海底世界」と題して放送した。

当番組は、1973年に科学放送賞を、1975年には放送文化基金奨励賞を、それぞれ受賞した。神奈川県横浜市にある放送ライブラリーには、此の番組のビデオが4本保存されている[3]

改編期の『木曜スペシャル』拡大時と年末年始には、放送休止と成っていた。また、1980年以降はプロ野球ナイター中継巨人戦)が19:00開始に成った為、プロ野球シーズン中にも、頻繁に休止していた。

番組提供は当初、講談社の一社提供で在ったが、1973年4月以降、同社を筆頭社とする複数社提供と成っていた。末期に同社はスポンサーを降りた。複数社提供時代には、同社のグループ企業だったブックローン、更には昭和産業等もスポンサーに名を連ねていた。

放送局編集

脚注編集

  1. ^ a b c 検索結果 驚異の世界 これがアフリカ象だ! 傷つき象救急作戦 - 放送ライブラリ公式ページ”. 2015年6月25日閲覧。
  2. ^ 検索結果 驚異の世界 バングラデシュ飢餓地帯を行く - 放送ライブラリ公式ページ”. 2015年6月25日閲覧。
  3. ^ 検索結果 - 放送ライブラリ公式ページ”. 2015年6月25日閲覧。
  4. ^ 『北日本新聞』1974年4月19日付朝刊、テレビ欄。
  5. ^ 1977年4月1日、9月30日 信濃毎日新聞 テレビ欄

外部リンク編集

日本テレビ系列 木曜19:00枠
前番組 番組名 次番組
ヨーイ・ドン!!(第2期)
(1972年6月1日 - 1972年6月29日)
驚異の世界・ノンフィクションアワー
(1972年7月6日 - 1982年9月23日)
ときめきトゥナイト
(1982年10月7日 - 1983年9月22日)