高山駅前にある高山濃飛バスセンター(2011年12月)

高山濃飛バスセンター(たかやまのうひバスセンター)は、岐阜県高山市花里町に所在し、濃飛乗合自動車が設置・運営するバスターミナルである。同社の高山トラベルセンターが併設され、旅行業も行っている。

隣接するJR高山本線高山駅とともに、旧高山市域および周辺地域の公共交通機関の中心地で、濃飛乗合自動車が運行する路線バス(濃飛バス)の拠点となっている。

構造編集

1レーン・1ホームのみのコンパクトな造りながら7つの乗り場を有し、高速バスからコミュニティバスまで発着する。乗り場は屋内型だが、高山駅とのわずかな距離の間には屋根がない。

コンコースに自動券売機が2台設置されており、待合室内には飲料などの自動販売機が設置されている。

高山駅前広場側がバス進入口で、「カントリーホテル高山」側がバス出口。駅前広場とは繋がっており、臨時増車の際は駅前広場に停留することがある。

1935年に開設され、増改築が行われていたが、老朽化及び駅周辺整備事業に伴う移設のため2009年12月25日に新たなバスターミナルが完成し、28日にオープンした。

発着路線編集

以下の路線が発着する[1]。特記なき限り濃飛乗合自動車が運行。

1番のりば編集

2番のりば編集

3番のりば編集

4番のりば編集

5番のりば編集

6番のりば編集

7番のりば編集

  • 定期観光バス(「五箇山相倉と白川郷コース」・「五箇山菅沼と白川郷コース」)

特徴編集

バスターミナル専従職員が配置されている。

バスターミナル周辺編集

高山駅#駅周辺を参照

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 主な乗り場のご案内”. 濃飛乗合自動車. 2020年2月24日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集

座標: 北緯36度8分30.6秒 東経137度15分5.2秒 / 北緯36.141833度 東経137.251444度 / 36.141833; 137.251444