1973年ブラジルグランプリ

1973年ブラジルグランプリ: 1973 Brazilian Grand Prix)は、1973年のF1世界選手権第2戦として、1973年2月11日インテルラゴス・サーキットで開催された。

ブラジル 1973年ブラジルグランプリ
レース詳細
1973年F1世界選手権全15戦の第2戦
インテルラゴス・サーキット (1973-1977)
日程 1973年2月11日
正式名称 II Grande Prêmio do Brasil
開催地 インテルラゴス・サーキット
ブラジルの旗 ブラジル サンパウロ
コース 恒久的レース施設
コース長 7.960[1] km (4.946 mi)
レース距離 40周 318.400 km (197.845 mi)
決勝日天候 晴(ドライ)[2]
ポールポジション
ドライバー ロータス-フォード
タイム 2:30.5
ファステストラップ
ドライバー ブラジルの旗 エマーソン・フィッティパルディ (14周目) ロータス-フォード
ファステストラップ ニュージーランドの旗 デニス・ハルム (20周目) マクラーレン-フォード
タイム 2:35.0
決勝順位
優勝 ロータス-フォード
2位 ティレル-フォード
3位 マクラーレン-フォード

ブラジルで初めて開催されたF1世界選手権レースは、ロータスロニー・ピーターソンが初のポールポジションを獲得し、ピーターソンとともにフロントローからスタートした母国の英雄であるチームメイトのエマーソン・フィッティパルディが優勝した。ティレルジャッキー・スチュワートが2位、マクラーレンデニス・ハルムが3位となった。

背景編集

前年エマーソン・フィッティパルディがブラジル人初のチャンピオンを獲得したことでブラジルでのグランプリ開催の需要が高まり、同年にF1非選手権レースとして第1回ブラジルGP英語版が開催され、この年からインテルラゴスでF1世界選手権レースを開催する権利を獲得した[3]

エントリー編集

前戦アルゼンチンGPの2週間後に開催されるため、全てのチームがブエノスアイレスからそのままインテルラゴスに向かった。このため、顔ぶれはアルゼンチンGPと大きく変わらず、唯一の新顔は地元出身のルイス・ブエノ英語版[3]サーティースから古いTS9Bでスポット参戦する[4]。ブエノは前年のブラジルGP英語版マーチを走らせて[3]6位でフィニッシュしており[5]、これが最初のF1経験ではなかった[3]

エントリーリスト編集

チーム No. ドライバー コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
  ジョン・プレイヤー・チーム・ロータス 1   エマーソン・フィッティパルディ ロータス 72D フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
2   ロニー・ピーターソン
  エルフ・チーム・ティレル 3   ジャッキー・スチュワート ティレル 005 フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
4   フランソワ・セベール 006
  ブルックボンド・オクソ・チーム・サーティース 5   マイク・ヘイルウッド サーティース TS14A フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
6   カルロス・パーチェ
  チーム・サーティース 23   ルイス・ブエノ TS9B
  ヤードレー・チーム・マクラーレン 7   デニス・ハルム マクラーレン M19C フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
8   ピーター・レブソン
  スクーデリア・フェラーリ SpA SEFAC 9   ジャッキー・イクス フェラーリ 312B2 フェラーリ 001/1 3.0L F12 G
10   アルトゥーロ・メルツァリオ
  STP・マーチ・レーシングチーム 11   ジャン=ピエール・ジャリエ マーチ 721G フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
  クラーク=モーダウント=ガスリー・レーシング 12   マイク・ボイトラー マーチ 721G フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
  マールボロ・BRM 14   ジャン=ピエール・ベルトワーズ BRM P160D BRM P142 3.0L V12 F
15   クレイ・レガツォーニ
16   ニキ・ラウダ P160C
  モーターレーシング・ディベロップメンツ・リミテッド 17   カルロス・ロイテマン ブラバム BT37 フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
18   ウィルソン・フィッティパルディ
  フランク・ウィリアムズ・レーシングカーズ 19   ハウデン・ガンレイ イソ・マールボロ FX3B フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
20   ナンニ・ギャリ
  UOP・シャドウ・レーシングチーム 21   ジャッキー・オリバー 1 シャドウ DN1 フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
22   ジョージ・フォルマー 1
ソース:[6]

追記
  • ^1 - シャドウ勢はマシンが準備できず欠場[7]

予選編集

ロータスは地元の観客の前でエマーソン・フィッティパルディに勝利のチャンスを与えようとテスト走行を行ったが、チームメイトのロニー・ピーターソンポールポジションを獲得し、E.フィッティパルディは0.2秒遅れの2位につけた。フロントローの外側に着くジャッキー・イクスフェラーリ)とは1.3秒の差があった[注 1]。2列目はクレイ・レガツォーニBRM)とデニス・ハルムマクラーレン)、3列目はカルロス・パーチェサーティース)、カルロス・ロイテマンブラバム)、ジャッキー・スチュワートティレル)の3人で構成され[3]フランソワ・セベールはスチュワートに次ぐ9番手で、ティレル勢は速さに欠けた[5]

予選結果編集

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム グリッド
1 2   ロニー・ピーターソン ロータス-フォード 2:30.5 - 1
2 1   エマーソン・フィッティパルディ ロータス-フォード 2:30.7 +0.2 2
3 9   ジャッキー・イクス フェラーリ 2:32.0 +1.5 3
4 14   クレイ・レガツォーニ BRM 2:32.4 +1.9 4
5 7   デニス・ハルム マクラーレン-フォード 2:32.7 +2.2 5
6 6   カルロス・パーチェ サーティース-フォード 2:32.7 +2.2 6
7 17   カルロス・ロイテマン ブラバム-フォード 2:32.9 +2.4 7
8 3   ジャッキー・スチュワート ティレル-フォード 2:33.3 +2.8 8
9 4   フランソワ・セベール ティレル-フォード 2:33.4 +2.9 9
10 15   ジャン=ピエール・ベルトワーズ BRM 2:33.5 +3.0 10
11 18   ウィルソン・フィッティパルディ ブラバム-フォード 2:34.3 +3.8 11
12 8   ピーター・レブソン マクラーレン-フォード 2:34.3 +3.8 12
13 16   ニキ・ラウダ BRM 2:35.1 +4.6 13
14 5   マイク・ヘイルウッド サーティース-フォード 2:35.5 +5.0 14
15 11   ジャン=ピエール・ジャリエ マーチ-フォード 2:37.6 +7.1 15
16 19   ハウデン・ガンレイ イソ・マールボロ-フォード 2:37.6 +7.1 16
17 10   アルトゥーロ・メルツァリオ フェラーリ 2:37.7 +7.2 17
18 20   ナンニ・ギャリ イソ・マールボロ-フォード 2:38.7 +8.2 18
19 12   マイク・ボイトラー マーチ-フォード 2:39.9 +9.4 19
20 23   ルイス・ブエノ サーティース-フォード 2:42.5 +12.0 20
ソース:[8][9]

決勝編集

レース当日は気温が非常に高く、スタート時にはブラジルの観客が待ち望んでいた2人のブラジル人ドライバーが好スタートを決めた。エマーソン・フィッティパルディがトップに立ち、カルロス・パーチェジャッキー・スチュワートロニー・ピーターソンジャッキー・イクスを抜いて2位に浮上した。2周目、パーチェはスチュワートに抜かれて3位に後退し、すぐにピーターソンにも抜かれた。ピーターソンはスチュワートに接近し、6周目にホイールのトラブルに見舞われて激しくクラッシュするまで2位争いを展開した[3]

その頃にはイクスが3位に浮上していたが、パーチェはリアサスペンションのトラブルで数周後にリタイアを余儀なくされていた。上位の順位は変わらなかったが、後方から追い上げてきたデニス・ハルムの走りによって盛り上がりを見せた。ハルムは12周目に4位のジャン=ピエール・ベルトワーズを抜き、その3周後にはイクスも抜いて3位に浮上する。イクスはタイヤがパンクしたためピットインを余儀なくされ、ベルトワーズは電気系統にトラブルが発生してリタイアした。これでクレイ・レガツォーニが4位に浮上するが、その直後にタイヤ交換でピットインしたため、2台目のフェラーリを駆るアルトゥーロ・メルツァリオが4位の座を得た[3]

E.フィッティパルディは2位のスチュワートに14秒前後の差をキープしつつファステストラップを獲得し、8万人のファンの前で[1]スタート・トゥ・フィニッシュを決め、インテルラゴスは異常な熱狂に包まれた[10]チーム・ロータスの総帥コーリン・チャップマンは帽子を空高く投げて歓喜した[5]。その13秒後にスチュワートが2位でフィニッシュし、劣勢の中で6点を獲得したことに満足した[1]。ハルムは3位表彰台を獲得し[5]、メルツァリオが自己最高位の4位、チームメイトのイクスは奇妙なハンドリングに悩まされて5位[1]、レガツォーニは6位でBRM移籍後初ポイントを獲得した[5]

E.フィッティパルディはチャップマンとスチュワートに祝福される中、群衆がコースになだれ込んだ。E.フィッティパルディはすぐに巨大なブラジル国旗を手にし、ファンの声援を受けた。これはブラジルのモータースポーツの歴史の中で、間違いなく素晴らしい一日であった。そして、E.フィッティパルディは開幕2連勝と完璧なスタートダッシュを決めた[5]

レース結果編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 1   エマーソン・フィッティパルディ ロータス-フォード 40 1:43:55.6 2 9
2 3   ジャッキー・スチュワート ティレル-フォード 40 +13.5 8 6
3 7   デニス・ハルム マクラーレン-フォード 40 +1:46.4 5 4
4 10   アルトゥーロ・メルツァリオ フェラーリ 39 +1 Lap 17 3
5 9   ジャッキー・イクス フェラーリ 39 +1 Lap 3 2
6 14   クレイ・レガツォーニ BRM 39 +1 Lap 4 1
7 19   ハウデン・ガンレイ イソ・マールボロ-フォード 39 +1 Lap 16
8 16   ニキ・ラウダ BRM 38 +2 Laps 13
9 20   ナンニ・ギャリ イソ・マールボロ-フォード 38 +2 Laps 18
10 4   フランソワ・セベール ティレル-フォード 38 +2 Laps 9
11 17   カルロス・ロイテマン ブラバム-フォード 38 +2 Laps 7
12 23   ルイス・ブエノ サーティース-フォード 36 +4 Laps 20
Ret 15   ジャン=ピエール・ベルトワーズ BRM 23 電気系統 10
Ret 12   マイク・ボイトラー マーチ-フォード 18 オーバーヒート 19
Ret 6   カルロス・パーチェ サーティース-フォード 9 サスペンション 6
Ret 5   マイク・ヘイルウッド サーティース-フォード 6 ギアボックス 14
Ret 11   ジャン=ピエール・ジャリエ マーチ-フォード 6 ギアボックス 15
Ret 2   ロニー・ピーターソン ロータス-フォード 5 ホイール 1
Ret 18   ウィルソン・フィッティパルディ ブラバム-フォード 5 オーバーヒート 11
Ret 8   ピーター・レブソン マクラーレン-フォード 3 ギアボックス 12
ソース:[11]
優勝者エマーソン・フィッティパルディの平均速度[7]
183.822 km/h (114.222 mph)
ファステストラップ[12]
ラップリーダー[13]
太字は最多ラップリーダー
達成された主な記録[5]

第2戦終了時点のランキング編集

  • : トップ5のみ表示。前半8戦のうちベスト7戦及び後半7戦のうちベスト6戦がカウントされる。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 本レースのスターティンググリッドは3-2-3。
  2. ^ プライベーターのみ出走した1950年フランスGPを含む。

出典編集

  1. ^ a b c d 1973 Brazilian Grand Prix race report”. Motor Sport Magazine. 2020年6月23日閲覧。
  2. ^ 1973年第2戦ブラジルグランプリの結果”. F1 DataWeb. 2020年6月23日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g Brazilian GP, 1973”. grandprix.com. 2020年6月23日閲覧。
  4. ^ (林信次 1993, p. 67)
  5. ^ a b c d e f g Brazil 1973”. STATS F1. 2020年6月23日閲覧。
  6. ^ Brazil 1973 - Race entrants”. STATS F1. 2020年6月23日閲覧。
  7. ^ a b Brazil 1973 - Result”. STATS F1. 2020年6月23日閲覧。
  8. ^ Brazil 1973 - Qualifications”. STATS F1. 2020年6月23日閲覧。
  9. ^ Brazil 1973 - Starting grid”. STATS F1. 2020年6月23日閲覧。
  10. ^ (林信次 1993, p. 56)
  11. ^ 1973 Brazilian Grand Prix”. formula1.com. 2014年9月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月22日閲覧。
  12. ^ Brazil 1973 - Best laps”. STATS F1. 2020年6月23日閲覧。
  13. ^ Brazil 1973 - Laps led”. STATS F1. 2020年6月23日閲覧。
  14. ^ 戦績:L.ブエノ”. F1 DataWeb. 2020年6月23日閲覧。
  15. ^ a b Brazil 1973 - Championship”. STATS F1. 2019年3月13日閲覧。

参照文献編集

  • Wikipedia英語版 - en:1973 Brazilian Grand Prix(2020年2月16日 4:17:28(UTC))
  • 林信次 『F1全史 1971-1975 [名手スチュワートの退場/若手精鋭たちの新時代]』ニューズ出版、1993年。ISBN 4-938495-05-8 

外部リンク編集

前戦
1973年アルゼンチングランプリ
FIA F1世界選手権
1973年シーズン
次戦
1973年南アフリカグランプリ
  ブラジルグランプリ 次回開催
1974年ブラジルグランプリ