1973年南アフリカグランプリ

1973年南アフリカグランプリ: 1973 South African Grand Prix、正式名称: Seventh AA Grand Prix of South Africa[1])は、1973年のF1世界選手権第3戦として、1973年3月3日キャラミで開催された。

南アフリカ共和国 1973年南アフリカグランプリ
レース詳細
1973年F1世界選手権全15戦の第3戦
キャラミ (1967-1985)
キャラミ (1967-1985)
日程 1973年3月3日
正式名称 Seventh AA Grand Prix of South Africa
開催地 キャラミ
南アフリカの旗 南アフリカ共和国 トランスヴァール州 ミッドラント英語版
コース 恒久的レース施設
コース長 4.104 km (2.550 mi)
レース距離 79周 324.216 km (201.458 mi)
決勝日天候 晴(ドライ)
ポールポジション
ドライバー マクラーレン-フォード
タイム 1:16.28
ファステストラップ
ドライバー ブラジルの旗 エマーソン・フィッティパルディ ロータス-フォード
タイム 1:17.10 (76周目)
決勝順位
優勝 ティレル-フォード
2位 マクラーレン-フォード
3位 ロータス-フォード

レースはティレルジャッキー・スチュワートが優勝した。デニス・ハルムはF1キャリアで唯一のポールポジションを獲得した。スクーデリア・フェラーリがチームとしてF1世界選手権で200戦目の出走を迎えた[注 1]

エントリー編集

前戦ブラジルGPから3週間のインターバルは、斬新なCan-Amスポーツカーを手掛けていたドン・ニコルズ英語版率いるアメリカのシャドウが最初のF1マシンDN1を仕上げるのに十分な時間であった。トニー・サウスゲートが設計したDN1は、非常にスリムなノーズとサイドラジエーターが特徴であった。石油会社のUOP英語版の支援を受けたチームは、ジャッキー・オリバーとベテランではあるがF1初参戦のジョージ・フォルマー英語版をドライバーに迎えた[2][3]

マクラーレンゴードン・コパック設計の楔形ボディでサイドラジエーターを備えた新車M23をエースのデニス・ハルムに用意し、地元出身のジョディー・シェクターM19Cを与えて3台体制とした[2][4]

サーティースは前年のレギュラードライバーであったアンドレア・デ・アダミッチが、古いTS9Bで本レースのみ復帰した[2][5]。オーナーのジョン・サーティースは自ら3台目のTS14Aを走らせようとしたが、スペアエンジンがなかったため断念した[6]

ウィリアムズナンニ・ギャリがスポーツカーのテスト中の事故により欠場したため、地元出身のジャッキー・プレトリウス英語版が代走を務める[2]

この他、ラッキーストライクの支援を受けた2人の地元出身ドライバーが参加する。デイヴ・チャールトンスクリバンテ・ラッキーストライク・レーシング英語版からロータス・72Dを、エディ・ケイザン英語版ブリノー・ラッキーストライク・レーシング英語版からティレル・004を走らせる。なお、両者ともタイヤはワークスとは異なりファイアストンを使用する[2][4]

エントリーリスト編集

チーム No. ドライバー コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
  ジョン・プレイヤー・チーム・ロータス 1   エマーソン・フィッティパルディ ロータス 72D フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
2   ロニー・ピーターソン
  エルフ・チーム・ティレル 3   ジャッキー・スチュワート ティレル 006 1 フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
4   フランソワ・セベール 005 1
  ヤードレー・チーム・マクラーレン 5   デニス・ハルム マクラーレン M23 フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
6   ピーター・レブソン M19C
7   ジョディー・シェクター
  スクーデリア・フェラーリ SpA SEFAC 8   ジャッキー・イクス フェラーリ 312B2 フェラーリ 001/1 3.0L F12 G
9   アルトゥーロ・メルツァリオ
  ブルックボンド・オクソ・チーム・サーティース 10   マイク・ヘイルウッド サーティース TS14A フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
11   カルロス・パーチェ
27   ジョン・サーティース 2
  チェラミカ・パニョッシン・チーム・サーティース 12   アンドレア・デ・アダミッチ TS9B
  STP・マーチ・レーシングチーム 14   ジャン=ピエール・ジャリエ マーチ 721G フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
  マールボロ・BRM 15   クレイ・レガツォーニ BRM P160D BRM P142 3.0L V12 F
16   ジャン=ピエール・ベルトワーズ
17   ニキ・ラウダ
  モーターレーシング・ディベロップメンツ・リミテッド 18   カルロス・ロイテマン ブラバム BT37 フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
19   ウィルソン・フィッティパルディ
  フランク・ウィリアムズ・レーシングカーズ 20   ジャッキー・プレトリウス イソ・マールボロ FX3B フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
21   ハウデン・ガンレイ
  UOP・シャドウ・レーシングチーム 22   ジャッキー・オリバー シャドウ DN1 フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
23   ジョージ・フォルマー
  クラーク=モーダウント=ガスリー・レーシング 24   マイク・ボイトラー マーチ 721G フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
  スクリバンテ・ラッキーストライク・レーシング 25   デイヴ・チャールトン ロータス 72D フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
  ブリノー・ラッキーストライク・レーシング 26   エディ・ケイザン ティレル 004 フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
ソース:[7]

追記
  • ^1 - 当初、スチュワートは005、セベールは006を使用していたが、金曜日にスチュワートが005を壊したため、セベールと車両を交換した
  • ^2 - サーティースはマシンが準備できず欠場[8]

予選編集

マクラーレンの新車M23を駆るデニス・ハルムがF1キャリア85戦目で初(そして唯一)のポールポジションを獲得し[9]M19Cを駆る地元出身のジョディー・シェクターが3番手で、マクラーレンの2台がエマーソン・フィッティパルディロータス)を挟んでフロントローに並んだ[注 2]。2列目はロニー・ピーターソン(ロータス)とクレイ・レガツォーニBRM)、3列目はピーター・レブソン(マクラーレン)、ジャン=ピエール・ベルトワーズ(BRM)、カルロス・ロイテマンブラバム)が並び、カルロス・パーチェサーティース)とニキ・ラウダ(BRM)がトップ10に入った[2]ジャッキー・スチュワートティレル)はテスト走行中にブレーキシステムのトラブルにより、ホームストレート直後のクロウソーンコーナーでクラッシュした。このクラッシュでスチュワートのティレル・005は大破し、スペアカーがなかったため、チームメイトのフランソワ・セベールが使用する006で予選を走行するが16番手に終わった。このためセベールはタイムを記録できなかったが、大破した005の修理が終わったことから、同車で決勝の出走が認められた[6]

予選結果編集

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム グリッド
1 5   デニス・ハルム マクラーレン-フォード 1:16.28 - 1
2 1   エマーソン・フィッティパルディ ロータス-フォード 1:16.41 +0.13 2
3 7   ジョディー・シェクター マクラーレン-フォード 1:16.43 +0.15 3
4 2   ロニー・ピーターソン ロータス-フォード 1:16.44 +0.16 4
5 15   クレイ・レガツォーニ BRM 1:16.47 +0.19 5
6 6   ピーター・レブソン マクラーレン-フォード 1:16.72 +0.44 6
7 16   ジャン=ピエール・ベルトワーズ BRM 1:16.84 +0.56 7
8 18   カルロス・ロイテマン ブラバム-フォード 1:16.94 +0.66 8
9 11   カルロス・パーチェ サーティース-フォード 1:17.06 +0.78 9
10 17   ニキ・ラウダ BRM 1:17.14 +0.86 10
11 8   ジャッキー・イクス フェラーリ 1:17.16 +0.88 11
12 10   マイク・ヘイルウッド サーティース-フォード 1:17.17 +0.89 12
13 25   デイヴ・チャールトン ロータス-フォード 1:17.18 +0.90 13
14 22   ジャッキー・オリバー シャドウ-フォード 1:17.64 +1.36 14
15 9   アルトゥーロ・メルツァリオ フェラーリ 1:17.64 +1.36 15
16 3   ジャッキー・スチュワート ティレル-フォード 1:17.65 +1.37 16
17 19   ウィルソン・フィッティパルディ ブラバム-フォード 1:17.95 +1.67 17
18 14   ジャン=ピエール・ジャリエ マーチ-フォード 1:17.98 +1.70 18
19 21   ハウデン・ガンレイ イソ・マールボロ-フォード 1:18.07 +1.79 19
20 12   アンドレア・デ・アダミッチ サーティース-フォード 1:18.66 +2.38 20
21 23   ジョージ・フォルマー シャドウ-フォード 1:18.82 +2.54 21
22 26   エディ・ケイザン ティレル-フォード 1:18.92 +2.64 22
23 24   マイク・ボイトラー マーチ-フォード 1:20.37 +4.09 23
24 20   ジャッキー・プレトリウス イソ・マールボロ-フォード 1:20.54 +4.26 24
25 4   フランソワ・セベール ティレル-フォード No Time - 25
ソース:[10][11]

決勝編集

雷雨のためスタートはディレイされ、コースが乾くのを待ってから改めてレースがスタートされた[6]

スタートでデニス・ハルムがトップに立ち、ジョディー・シェクターエマーソン・フィッティパルディが続き、好スタートを切ったピーター・レブソンがその後方に付け、マクラーレン勢がレースをリードした[2]。一方、BRM勢はクレイ・レガツォーニがスタートに失敗して大きく順位を落とし、ジャン=ピエール・ベルトワーズがクラッチに問題を抱えて最後尾まで後退してしまった。フェラーリジャッキー・イクスもスタートに失敗して順位を落とした[12]

3周目に多重事故が発生する。13番グリッドから好スタートを切って7位を走行していたデイヴ・チャールトンカルロス・ロイテマンに迫ったがコントロールを失い、1コーナーのクロウソーン出口でマイク・ヘイルウッドサーティース・TS14Aに接触する。ほとんどのドライバーはこのアクシデントを回避できたが、後方に沈んでいたイクスとレガツォーニがヘイルウッドに追突してしまった。さらにこの追突で意識を失ったレガツォーニを乗せたBRM・P160Dが炎上してしまう。マシンを降りたヘイルウッドは炎の中に飛び込み、レガツォーニのシートベルトを外して救出に成功した。レガツォーニはすぐに病院に運ばれたが、幸いにもわずかな火傷を負っただけであった[2]。このヘイルウッドの勇敢な行為に対し、後にジョージ・メダル英語版[注 3]が授与された[13][注 4]

首位のハルムはこのアクシデントの残骸を拾ってタイヤがパンクしたことでピットインを余儀なくされ、マクラーレン・M23のデビューウィンはこの時点で潰えた。これでシェクターがトップに立ったが[2]、アクシデントが起きた中で順位を上げていたジャッキー・スチュワート[6]が7周目にシェクターを抜いてトップに躍り出た。以後はスチュワートがレースを支配した。シェクターは2位をキープし続けたが、やがてタイヤが摩耗し始めてレブソンとE.フィッティパルディに抜かれ、残り数周のところでエンジンがブローして4位の座を失った[2]

スチュワートは今季初勝利を挙げたが、レガツォーニらのアクシデントにより黄旗が振られていたにもかかわらずレブソンとシェクターを追い抜いた行為に対し、マクラーレンは抗議文を提出した。しかし、翌日抗議は退けられてスチュワートの優勝が確定した。レブソンはE.フィッティパルディの追撃をかわして2位を守った。3位のE.フィッティパルディはドライバーズランキングの首位をキープしたが、スチュワートに3点差まで迫られた。フェラーリのアルトゥーロ・メルツァリオは2戦連続で4位に入賞した。ハルムはマクラーレン・M23のデビュー戦を5位で終えた。F1デビュー戦のジョージ・フォルマー英語版は6位に入賞し、初参戦のシャドウに初ポイントをもたらした[6]

レース結果編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 3   ジャッキー・スチュワート ティレル-フォード 79 1:43:11.07 16 9
2 6   ピーター・レブソン マクラーレン-フォード 79 +24.55 6 6
3 1   エマーソン・フィッティパルディ ロータス-フォード 79 +25.06 2 4
4 9   アルトゥーロ・メルツァリオ フェラーリ 78 +1 Lap 15 3
5 5   デニス・ハルム マクラーレン-フォード 77 +2 Laps 1 2
6 23   ジョージ・フォルマー シャドウ-フォード 77 +2 Laps 21 1
7 18   カルロス・ロイテマン ブラバム-フォード 77 +2 Laps 8
8 12   アンドレア・デ・アダミッチ サーティース-フォード 77 +2 Laps 20
9 7   ジョディー・シェクター マクラーレン-フォード 75 エンジン 3
10 21   ハウデン・ガンレイ イソ・マールボロ-フォード 73 +6 Laps 19
11 2   ロニー・ピーターソン ロータス-フォード 73 +6 Laps 4
Ret 11   カルロス・パーチェ サーティース-フォード 69 アクシデント 9
NC 26   エディ・ケイザン ティレル-フォード 67 規定周回数不足 22
NC 14   ジャン=ピエール・ジャリエ マーチ-フォード 66 規定周回数不足 18
NC 4   フランソワ・セベール ティレル-フォード 66 規定周回数不足 25
NC 24   マイク・ボイトラー マーチ-フォード 65 規定周回数不足 23
Ret 19   ウィルソン・フィッティパルディ ブラバム-フォード 52 ギアボックス 17
Ret 20   ジャッキー・プレトリウス イソ・マールボロ-フォード 35 オーバーヒート 24
Ret 17   ニキ・ラウダ BRM 26 エンジン 10
Ret 22   ジャッキー・オリバー シャドウ-フォード 14 エンジン 14
Ret 16   ジャン=ピエール・ベルトワーズ BRM 4 クラッチ 7
Ret 25   デイヴ・チャールトン ロータス-フォード 3 アクシデント 13
Ret 15   クレイ・レガツォーニ BRM 2 アクシデント 5
Ret 8   ジャッキー・イクス フェラーリ 2 アクシデント 11
Ret 10   マイク・ヘイルウッド サーティース-フォード 2 アクシデント 12
ソース:[14]
優勝者ジャッキー・スチュワートの平均速度[8]
188.526 km/h (117.145 mph)
ファステストラップ[15]
ラップリーダー[16]
太字は最多ラップリーダー
達成された主な記録[6]

第3戦終了時点のランキング編集

  • : トップ5のみ表示。前半8戦のうちベスト7戦及び後半7戦のうちベスト6戦がカウントされる。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ フェラーリのコンストラクターとしての出走は201戦目だが、1950年フランスグランプリワークスのスクーデリア・フェラーリが参加せず、プライベーターのピーター・ホワイトヘッド英語版のみフェラーリのマシンで参加したため、チームの出走記録にはカウントされない。Ferrari - Grands Prix started 1973”. STATS F1. 2020年7月28日閲覧。Ferrari - Grands Prix started 1950”. STATS F1. 2020年7月28日閲覧。
  2. ^ 本レースのスターティンググリッドは3-2-3。
  3. ^ 人命救助等に於ける極めて勇敢な行為に対して与えられるイギリスの勲章で、ジョージ・クロスの下位にあたる。
  4. ^ この年のオランダGPで炎に包まれたロジャー・ウィリアムソンを救出しようとしたデビッド・パーレイにも同じ勲章が授与された。しかし、ウィリアムソンを救出することはできず、炎の中で息を引き取った。

出典編集

  1. ^ Motor Racing Programme Covers: 1973”. The Programme Covers Project. 2017年7月7日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j South African GP, 1973”. grandprix.com. 2020年7月28日閲覧。
  3. ^ (林信次 1993, p. 69)
  4. ^ a b (林信次 1993, p. 66)
  5. ^ (林信次 1993, p. 67)
  6. ^ a b c d e f South Africa 1973”. STATS F1. 2020年7月28日閲覧。
  7. ^ South Africa 1973 - Race entrants”. STATS F1. 2020年7月28日閲覧。
  8. ^ a b South Africa 1973 - Result”. STATS F1. 2020年7月28日閲覧。
  9. ^ a b (林信次 1993, p. 58)
  10. ^ South Africa 1973 - Qualifications”. STATS F1. 2020年7月28日閲覧。
  11. ^ South Africa 1973 - Starting grid”. STATS F1. 2020年7月28日閲覧。
  12. ^ 1973 South African Grand Prix race report”. Motor Sport Magazine. 2020年7月28日閲覧。
  13. ^ (林信次 1993, p. 62)
  14. ^ 1973 South African Grand Prix”. formula1.com. 2014年9月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月22日閲覧。
  15. ^ South Africa 1973 - Best laps”. STATS F1. 2020年7月28日閲覧。
  16. ^ South Africa 1973 - Laps led”. STATS F1. 2020年7月28日閲覧。
  17. ^ 戦績:G.フォルマー”. F1 DataWeb. 2020年7月28日閲覧。
  18. ^ 戦績:E.ケイザン”. F1 DataWeb. 2020年7月28日閲覧。
  19. ^ 戦績:J.プレトリアス”. F1 DataWeb. 2020年7月28日閲覧。
  20. ^ 戦績:シャドー”. F1 DataWeb. 2020年7月28日閲覧。
  21. ^ a b South Africa 1973 - Championship”. STATS F1. 2019年3月20日閲覧。

参照文献編集

  • Wikipedia英語版 - en:1973 South African Grand Prix(2020年5月4日 12:24:44(UTC))
  • 林信次 『F1全史 1971-1975 [名手スチュワートの退場/若手精鋭たちの新時代]』ニューズ出版、1993年。ISBN 4-938495-05-8 

外部リンク編集

前戦
1973年ブラジルグランプリ
FIA F1世界選手権
1973年シーズン
次戦
1973年スペイングランプリ
前回開催
1972年南アフリカグランプリ
  南アフリカグランプリ 次回開催
1974年南アフリカグランプリ