1972年のF1世界選手権

1972年のFIAフォーミュラ1
世界選手権
前年: 1971 翌年: 1973
一覧: 開催国 | 開催レース

1972年のF1世界選手権(1972ねんのエフワンせかいせんしゅけん)は、FIAフォーミュラ1世界選手権の第23回大会である。1972年1月23日アルゼンチンで開幕し、10月8日アメリカ合衆国で開催される最終戦まで、全12戦で争われた。

1972年のF1世界選手権

シーズン概要編集

1972年シーズンはチーム・ロータスとその投入したタイプ72のものとなった。インペリアル・タバコのスポンサードが継続したが、車両は新たにJPSブランドをフィーチャーした黒と金のカラーリングとなった。当時25歳のエマーソン・フィッティパルディがタイトルを獲得し、最年少でのチャンピオンとなった。ジャッキー・スチュワートは2位を獲得した。

BRMP160を駆るジャン=ピエール・ベルトワーズモナコグランプリで優勝したが、これが最後の勝利となった。

開催地及び勝者編集

ラウンド レース サーキット 開催日 ポールポジション ファステストラップ 優勝者 コンストラクター タイヤ レポート
1   アルゼンチングランプリ オスカル・ガルベス 1月23日   カルロス・ロイテマン   ジャッキー・スチュワート   ジャッキー・スチュワート   ティレル-フォード G 詳細
2   南アフリカグランプリ キャラミ 3月4日   ジャッキー・スチュワート   マイク・ヘイルウッド   デニス・ハルム   マクラーレン-フォード G 詳細
3   スペイングランプリ ハラマ 5月1日   ジャッキー・イクス   ジャッキー・イクス   エマーソン・フィッティパルディ   ロータス-フォード F 詳細
4   モナコグランプリ モナコ 5月14日   エマーソン・フィッティパルディ   ジャン=ピエール・ベルトワーズ   ジャン=ピエール・ベルトワーズ   BRM F 詳細
5   ベルギーグランプリ ニヴェル・ボレール 6月4日   エマーソン・フィッティパルディ   クリス・エイモン   エマーソン・フィッティパルディ   ロータス-フォード F 詳細
6   フランスグランプリ シャレード 7月2日   クリス・エイモン   クリス・エイモン   ジャッキー・スチュワート   ティレル-フォード G 詳細
7   イギリスグランプリ ブランズ・ハッチ 7月15日   ジャッキー・イクス   ジャッキー・スチュワート   エマーソン・フィッティパルディ   ロータス-フォード F 詳細
8   ドイツグランプリ ニュルブルクリンク 7月30日   ジャッキー・イクス   ジャッキー・イクス   ジャッキー・イクス   フェラーリ F 詳細
9   オーストリアグランプリ エステルライヒリンク 8月13日   エマーソン・フィッティパルディ   デニス・ハルム   エマーソン・フィッティパルディ   ロータス-フォード F 詳細
10   イタリアグランプリ モンツァ 9月10日   ジャッキー・イクス   ジャッキー・イクス   エマーソン・フィッティパルディ   ロータス-フォード F 詳細
11   カナダグランプリ モスポート・パーク 9月24日   ピーター・レヴソン   ジャッキー・スチュワート   ジャッキー・スチュワート   ティレル-フォード G 詳細
12   アメリカグランプリ ワトキンズ・グレン 10月8日   ジャッキー・スチュワート   ジャッキー・スチュワート   ジャッキー・スチュワート   ティレル-フォード G 詳細

エントリーリスト編集

チーム コンストラクター シャシー エンジン タイヤ ドライバー 出場ラウンド
  モーター・レーシング・ディベロップメンツ ブラバム BT33
BT34
BT37
コスワース V8 G   グラハム・ヒル 全戦
  カルロス・ロイテマン 1-2, 5-12
  ウィルソン・フィッティパルディ 3-12
  マールボロ BRM BRM P160B
P153
P180
P160C
BRM V12 F   ハウデン・ガンレイ 1-6, 8-12
  レイネ・ウィセル 1, 3-10
  ピーター・ゲシン 1-7, 9-12
  アレックス・ソーラー=ロイグ 1, 3
  ヘルムート・マルコ 1-2, 4-8
  ジャン=ピエール・ベルトワーズ 2-12
  ジャッキー・オリバー 7
  ビル・ブラック 11
  スクーデリア・フェラーリ SpA SEFAC フェラーリ 312B2 フェラーリ F12 F   ジャッキー・イクス 全戦
  クレイ・レガツォーニ 1-5, 8-12
  マリオ・アンドレッティ 1-3, 5, 7, 10, 12
  ナンニ・ギャリ 6
  アルトゥーロ・メルツァリオ 7-8
  ジョン・プレイヤー チーム・ロータス
  ワールドワイド・レーシング
ロータス 72D コスワース V8 F   エマーソン・フィッティパルディ 全戦
  デヴィッド・ウォーカー 1-9, 12
  レイネ・ウィセル 11-12
  STP マーチ・レーシングチーム マーチ 721
721X
721G
コスワース V8 G


F

  ロニー・ピーターソン 全戦
  ニキ・ラウダ 全戦
  エキップ・マトラ・スポーツ マトラ MS120C
MS120D
マトラ V12 G   クリス・エイモン 全戦
  ヤードレー チーム・マクラーレン マクラーレン M19A
M19C
コスワース V8 G   デニス・ハルム 全戦
  ピーター・レヴソン 1-3, 5, 7, 10-12
  ブライアン・レッドマン 4, 6, 8
  ジョディ・シェクター 12
  ブルック・ボンド Oxo チーム・サーティース サーティース TS9B
TS14
コスワース V8 F   ティム・シェンケン 全戦
  アンドレア・デ・アダミッチ 1-3, 5-12
  マイク・ヘイルウッド 2-10, 12
  ジョン・サーティース 10, 12
  エルフ チーム・ティレル ティレル 003
002
004
005
006
コスワース V8 G   ジャッキー・スチュワート 全戦
  フランソワ・セベール 全戦
  パトリック・デパイユ 6, 12
  チーム・ウィリアムズ モチュール マーチ 711
721
コスワース V8 G   カルロス・パーチェ 2-12
  アンリ・ペスカロロ 1-6, 8-12
ポリトイズ FX3   アンリ・ペスカロロ 7
  チーム・アイフェラント・キャラバンズ アイフェラント 21 コスワース V8 G   ロルフ・シュトメレン 2-9
  スクリバンテ ラッキーストライク・レーシング ロータス 72D コスワース V8 F   デイヴ・チャールトン 2, 6-8
  チーム・ガンストン サーティース TS9 コスワース V8 F   ジョン・ラヴ 2
ブラバム BT33   ウィリアム・ファーガソン 2
  クラーク=モーダウント=ガスリー・レーシング マーチ 721G コスワース V8 F   マイク・ボイトラー 3-12
サーティース TS9B   アンドレア・デ・アダミッチ 4
  マルティーニ・レーシング テクノ PA123/3 コスワース V8
テクノ F12
F   ナンニ・ギャリ 3-5, 7, 9-12
  デレック・ベル 6, 8, 10-12
  ダーンヴァル・コンニュー・レーシングチーム コンニュー PC1 コスワース V8 F   フランソワ・ミゴール 7, 9
  ジーン・メイソン・レーシング マーチ 711 コスワース V8 F   スキップ・バーバー 11-12
  チャンプカー・インク サーティース TS9B コスワース V8 F   サム・ポージー 12

1972年のドライバーズランキング編集

ドライバーズポイントは1位から順に6位まで 9-6-4-3-2-1 が与えられた。前半6戦の内ベスト5戦および後半6戦の内ベスト5戦がポイントランキングに数えられた。

順位 ドライバー ARG
 
RSA
 
ESP
 
MON
 
BEL
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
AUT
 
ITA
 
CAN
 
USA
 
ポイント
1   エマーソン・フィッティパルディ Ret 2 1 3 1 2 1 Ret 1 1 11 Ret 61
2   ジャッキー・スチュワート 1 Ret Ret 4 1 2 11 7 Ret 1 1 45
3   デニス・ハルム 2 1 Ret 15 3 7 5 Ret 2 3 3 3 39
4   ジャッキー・イクス 3 8 2 2 Ret 11 Ret 1 Ret Ret 12 5 27
5   ピーター・レヴソン Ret 3 5 7 3 3 4 2 18 23
6   フランソワ・セベール Ret 9 Ret NC 2 4 Ret 10 9 Ret Ret 2 15
7   クレイ・レガツォーニ 4 12 3 Ret Ret 2 Ret Ret 5 8 15
8   マイク・ヘイルウッド Ret Ret Ret 4 6 Ret Ret 4 2 17 13
9   ロニー・ピーターソン 6 5 Ret 11 9 5 7 3 12 9 DSQ 4 12
10   クリス・エイモン DNS 15 Ret 6 6 3 4 15 5 Ret 6 15 12
11   ジャン=ピエール・ベルトワーズ Ret Ret 1 Ret 15 11 9 8 8 Ret Ret 9
12   マリオ・アンドレッティ Ret 4 Ret 7 6 4
13   ハウデン・ガンレイ 9 NC Ret Ret 8 4 6 11 10 Ret 4
14   ブライアン・レッドマン 5 9 5 Ret 4
15   グラハム・ヒル Ret 6 10 12 Ret 10 Ret 6 Ret 5 8 11 4
16   カルロス・ロイテマン 7 Ret 13 12 8 Ret Ret Ret 4 Ret 3
17   アンドレア・デ・アダミッチ Ret NC 4 7 Ret 14 Ret 13 14 Ret Ret Ret 3
18   ホセ・カルロス・パーチェ 17 6 17 5 Ret Ret NC NC Ret 9 Ret 3
19   ティム・シェンケン 5 Ret 8 Ret Ret 17 Ret 14 11 Ret 7 Ret 2
20   アルトゥーロ・メルツァリオ 6 12 1
21   ピーター・ゲシン Ret NC Ret Ret Ret Ret 13 6 Ret Ret 1
-   ウィルソン・フィッティパルディ 7 9 Ret 8 12 7 Ret Ret Ret Ret 0
-   ニキ・ラウダ 11 7 Ret 16 12 Ret 9 Ret 10 13 DSQ NC 0
-   パトリック・デパイユ NC 7 0
-   ヘルムート・マルコ 10 14 8 10 Ret 0
-   マイク・ビュートラー DNQ 13 Ret 19 13 8 Ret 10 NC 13 0
-   アンリ・ペスカロロ 8 11 11 Ret NC Ret Ret DNQ 13 14 0
-   デヴィッド・ウォーカー DSQ 10 9 14 14 18 Ret Ret Ret Ret 0
-   ジョディ・シェクター 9 0
-   ロルフ・シュトメレン 13 Ret 10 11 16 10 Ret 15 0
-   レイネ・ウィセル Ret Ret Ret Ret Ret 12 Ret 10 0
-   サム・ポージー 12 0
-   ナンニ・ギャリ Ret 13 Ret Ret Ret 0
-   スキップ・バーバー NC 16 0
-   ジョン・ラヴ 16 0
-   デイヴ・チャールトン Ret DNQ Ret Ret 0
-   デレック・ベル Ret DNQ Ret 0
-   アレックス・ソーラー=ロイグ Ret Ret 0
-   ジャッキー・オリバー Ret 0
-   フランソワ・ミゴール Ret 0
-   ジョン・サーティース Ret 0
-   ビル・ブラック Ret 0
順位 ドライバー ARG
 
RSA
 
ESP
 
MON
 
BEL
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
AUT
 
ITA
 
CAN
 
USA
 
ポイント
結果
金色 勝者
銀色 2位
銅色 3位
ポイント獲得
完走
完走扱い(全周回数の90%以上走行)
規定周回数不足(NC)
リタイア(Ret)
予選不通過(DNQ)
予備予選不通過(DNPQ)
失格(DSQ)
スタートせず(DNS)
レース中止(C)
水色 プラクティスのみ(PO)
金曜日テストドライバー(TD)
2003年以降
空欄 プラクティス出走せず(DNP)
除外 (EX)
到着せず (DNA)
欠場 (WD)

1972年のコンストラクターズランキング編集

コンストラクターズポイントは1位から順に6位まで、各コンストラクター最上位の車両に 9-6-4-3-2-1 が与えられた。前半6戦の内ベスト5戦および後半6戦の内ベスト5戦がポイントランキングに数えられた。

順位 マニファクチャラー ARG
 
RSA
 
ESP
 
MON
 
BEL
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
AUT
 
ITA
 
CAN
 
USA
 
ポイント[1]
1   ロータス-フォード Ret 2 1 3 1 2 1 Ret 1 1 11 10 61
2   ティレル-フォード 1 9 Ret 4 2 1 2 10 7 Ret 1 1 51
3   マクラーレン-フォード 2 1 5 5 3 7 3 5 2 3 2 3 47 (49)
4   フェラーリ 3 4 2 2 Ret 11 6 1 Ret 7 5 5 33
5   サーティース-フォード 5 16 4 7 4 6 Ret 13 4 2 7 12 18
6   マーチ-フォード 6 5 6 10 5 5 7 3 10 9 9 4 15
7   BRM 9 14 Ret 1 8 15 11 4 6 6 10 Ret 14
8   マトラ DNS 15 Ret 6 6 3 4 15 5 Ret 6 15 12
9   ブラバム-フォード 7 6 7 9 13 8 8 6 Ret 5 4 11 7
-   テクノ Ret Ret Ret Ret Ret Ret 0
-   ポリトイズ-フォード Ret 0
-   コンニュー-フォード Ret 0
順位 マニファクチャラー ARG
 
RSA
 
ESP
 
MON
 
BEL
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
AUT
 
ITA
 
CAN
 
USA
 
ポイント
  • 太字はカウントされたポイント

ノンタイトル戦結果編集

レース サーキット 開催日 優勝者 コンストラクター レポート
  VII レース・オブ・チャンピオンズ ブランズ・ハッチ 3月19日   エマーソン・フィッティパルディ   ロータス 詳細
  I ブラジルグランプリ インテルラゴス 3月30日   カルロス・ロイテマン   ブラバム-コスワース 詳細
  XXIV BRDCインターナショナル・トロフィー シルバーストン 4月23日   エマーソン・フィッティパルディ   ロータス 詳細
  XIX インターナショナル・ゴールドカップ オールトン・パーク 5月29日   デニス・ハルム   マクラーレン-コスワース 詳細
  I イタリア共和国グランプリ バレルンガ 6月18日   エマーソン・フィッティパルディ   ロータス 詳細
  II ワールド・チャンピオンシップ・ヴィクトリーレース ブランズ・ハッチ 10月22日   ジャン=ピエール・ベルトワーズ   BRM 詳細

参照編集

  1. ^ 前半6戦の内ベスト5戦および後半6戦の内ベスト5戦がポイントランキングに数えられた。ポイントは有効ポイント、括弧内は総獲得ポイント。

外部リンク編集