1978 FIFAワールドカップ・アジア・オセアニア予選

1978 FIFAワールドカップ・アジア・オセアニア予選は、アジア・オセアニア地区で行われた1978 FIFAワールドカップ・予選である。アジアサッカー連盟オセアニアサッカー連盟より21チーム、無所属のイスラエルが参加して行われた[1]。しかし、サッカー南ベトナム代表南ベトナムが1976年にベトナムへと国号を変えサッカーベトナム代表へと編入されたため、大会には参加しなかった。本大会への出場枠は1。

予選は二つのラウンドにわかれている。

  • 1次予選: 参加21チームは5つのグループに分かれて戦う。グループごとのレギュレーションは以下のとおり。
    • グループ1 6チームが参加する。シンガポールを会場としてラウンドロビン方式で戦い、上位2チームがプレーオフに進出。プレーオフは一発勝負で、プレーオフの勝者が最終予選に進出。
    • グループ2、3 4チームが参加する。ホームアンドアウェー方式で戦い、グループ1位が最終予選に進出。
    • グループ4 4チームが参加する。カタールを会場としてラウンドロビン方式で戦う。グループ1位が最終予選に進出。
    • グループ5 3チームが参加する。ホームアンドアウェー方式で戦い、グループ1位が最終予選に進出。
  • 最終予選: 1次予選勝者5チームがホームアンドアウェー方式で対戦。成績最上位のチームが本大会への出場権を獲得する。

1次予選編集

グループ1編集

順位 チーム
1   香港 6 4 2 2 0 9 5 +4
2   シンガポール 5 4 2 1 1 5 6 −1
3   マレーシア 4 4 1 2 1 7 6 +1
4   インドネシア 3 4 1 1 2 7 7 0
5   タイ 2 4 1 0 3 8 12 −4
  スリランカ 参加辞退
1977年2月27日 シンガポール   2 – 0   タイ シンガポール  
Kin Song  
S. Rajagopol  
主審:   Boskovic

1977年2月28日 香港   4 – 1   インドネシア シンガポール  
主審:  Namdar

1977年3月1日 マレーシア   6 – 4   タイ シンガポール  
ジェームズ・ウォン     
イサ・バカル   
Jesdapong   
Niwat  
Widthaya  
主審:   Vaz

1977年3月2日 シンガポール   2 – 2   香港 シンガポール  
主審:   Harries

1977年3月3日 インドネシア   0 – 0   マレーシア シンガポール  
主審:   Asami

1977年3月5日 香港   2 – 1   タイ シンガポール  
主審:   Kim Joo-Won

1977年3月6日 シンガポール   1 – 0   マレーシア シンガポール  
主審:   Asami

1977年3月7日 タイ   3 – 2   インドネシア シンガポール  
主審:   Vaz

1977年3月8日 マレーシア   1 – 1   香港 シンガポール  
バクリ・イブニ   78分 Fung Chi Ming   15分 主審:   Harries

香港とシンガポールがプレーオフに進出。

1977年3月12日 シンガポール   0 – 1   香港 シンガポール  
主審:   Boskovic

香港が最終予選に進出。

グループ2編集

順位 チーム
1   韓国 6 4 2 2 0 4 1 +3
2   イスラエル 5 4 2 1 1 5 3 +2
3   日本 1 4 0 1 3 0 5 −5
  北朝鮮 参加辞退
1977年2月27日 イスラエル   0 – 0   韓国 テルアビブ  
主審:   McGinlay

1977年3月6日 イスラエル   2 – 0   日本 テルアビブ  
主審:   Kitabdjian

1977年3月10日 日本   0 – 2   イスラエル テルアビブ[2]  
主審:   Verbeke

1977年3月20日 韓国   3 – 1   イスラエル ソウル  
車範根   23分
朴商寅   86分
崔鍾德   88分
Malmillian   76分

1977年3月26日 日本   0 – 0   韓国 東京  
主審:   Kathiravalc

1977年4月3日 韓国   1 – 0   日本 ソウル  
車範根   主審:   Zainal Abidin

韓国が最終予選に進出。

グループ3編集

順位 チーム
1   イラン 8 4 4 0 0 8 0 +8
2   サウジアラビア 2 4 1 0 3 3 7 −4
3   シリア 2 4 1 0 3 2 6 −4
  イラク 参加辞退
1976年11月12日 サウジアラビア   2 – 0   シリア ジッダ  
主審:   Dörflinger

1976年11月26日 シリア   2 – 1   サウジアラビア ダマスカス  
主審:   Babaçan

1977年1月7日 サウジアラビア   0 – 3   イラン リヤド  
Mazloomi   16分78分
Rowshan   62分
主審:   Linemayr

1977年1月28日 シリア   0 – 1   イラン ダマスカス  
Parvin   主審:   Fratz

1977年4月6日 イラン   2 – 0
(不戦勝)
  シリア シーラーズ  

1977年4月22日 イラン   2 – 0   サウジアラビア シーラーズ  
Yousifi   10分
Shareefi   84分
主審:   Dörflinger

イランが最終予選に進出。

グループ4編集

順位 チーム
1   クウェート 8 4 4 0 0 10 2 +8
2   バーレーン 2 4 1 0 3 4 6 −2
3   カタール 2 4 1 0 3 3 9 −6
  アラブ首長国連邦 参加辞退
1977年3月11日 バーレーン   0 – 2   クウェート ドーハ  
Al-Anbari  
Y. Yacoub  
主審:   Partridge

1977年3月13日 カタール   2 – 0   バーレーン ドーハ  
主審:   Hungerbühler

1977年3月15日 カタール   0 – 2   クウェート ドーハ  
主審:   Ohmsen

1977年3月17日 バーレーン   1 – 2   クウェート ドーハ  
Shagr   73分 Al-Anbari   33分
Durhayen   56分
主審:   Lattana

1977年3月19日 カタール   0 – 3   バーレーン ドーハ  
主審:   Partridge

1977年3月21日 カタール   1 – 4   クウェート ドーハ  
主審:   Lattanzi

クウェートが最終予選に進出。

グループ5編集

順位 チーム
1   オーストラリア 7 4 3 1 0 9 3 +6
2   ニュージーランド 5 4 2 1 1 14 4 +10
3   チャイニーズタイペイ 0 4 0 0 4 1 17 −16
1977年3月13日 オーストラリア   3 – 0   チャイニーズタイペイ スバ[3]  
Rooney   
Abonyi  
主審:   Promakash

1977年3月16日 チャイニーズタイペイ   1 – 2   オーストラリア スバ[3]  
Fung   Abonyi  
Kosmina  
主審:   Getkaew

1977年3月20日 ニュージーランド   6 – 0   チャイニーズタイペイ オークランド  
Nelson    
Campbell  
Taylor  
Weymouth  
主審:   Suppiah


1977年3月27日 オーストラリア   3 – 1   ニュージーランド シドニー  
Ollerton   
Kosmina  
Nelson   主審:   Chan Tam Sun

1977年3月30日 ニュージーランド   1 – 1   オーストラリア オークランド  
Nelson   Ollerton   主審:   Cheung Kwok Kui

オーストラリアが最終予選に進出。

最終予選編集

順位 チーム
1   イラン 14 8 6 2 0 12 3 +9
2   韓国 10 8 3 4 1 12 8 +4
3   クウェート 9 8 4 1 3 13 8 +5
4   オーストラリア 7 8 3 1 4 11 8 +3
5   香港 0 8 0 0 8 5 26 −21
1977年6月19日 香港   0 – 2   イラン 香港  
Kazerani   22分
Jahani   77分
主審:   Gussoni

1977年6月26日 香港   0 – 1   韓国 香港  
主審:   Biwersi

1977年7月3日 韓国   0 – 0   イラン 釜山  
主審:   Foote

1977年7月10日 オーストラリア   3 – 0   香港 アデレード  
Kosmina   
Barnes  
主審:   Hungerbühler

1977年8月14日 オーストラリア   0 – 1   イラン メルボルン  
Rowshan   70分 主審:   Wöhrer

1977年8月27日 オーストラリア   2 – 1   韓国 シドニー  
Kosmina    主審:   Keizer

1977年10月2日 香港   1 – 3   クウェート 香港  
Chung Choi-Wai   Al-Dakheel  
Bo-Homod  
Y. Yacob  
主審:   Martinez

1977年10月9日 韓国   1 – 0   クウェート ソウル  
Park Sang-In   59分 主審:   Ciacci

1977年10月16日 オーストラリア   1 – 2   クウェート シドニー  
Rooney   83分 Kameel   42分
Al-Anbari   49分
主審:   Vautrot

1977年10月23日 韓国   0 – 0   オーストラリア ソウル  
主審:   Eriksson

1977年10月28日 イラン   1 – 0   クウェート テヘラン  
Jahani   48分 主審:   Thomas

)


1977年10月30日 香港   2 – 5   オーストラリア 香港  
Tang Hung-Cheong   65分
Chung Chor-Wai   80分
Ollerton   19分31分65分
Abonyi   39分
Bennett   85分
主審:   Ponnet

1977年11月5日 クウェート   2 – 2   韓国 クウェート市  
Bouabbas  
Al-Dakheel  
Cha Bun-Keun  
Chor Chong-Doek  
主審:   Dubach

1977年11月11日 イラン   2 – 2   韓国 テヘラン  
Rowshan   52分68分 Lee Yung-Moo   28分88分 主審:   Partridge

1977年11月12日 クウェート   4 – 0   香港 クウェート市  
Al-Dakheel   3分17分
Al-Anbari   45分
Kameel   80分
主審:   Victor

1977年11月18日 イラン   3 – 0   香港 テヘラン  
Jahani   3分35分
Kazerani   19分
主審:   Raus

1977年11月19日 クウェート   1 – 0   オーストラリア クウェート市  
Al-Dakheel   52分 主審:   Bucek

1977年11月25日 イラン   1 – 0   オーストラリア テヘラン  
Jahani   44分 主審:   Kitabdjian

1977年12月3日 クウェート   1 – 2   イラン クウェート市  
Al-Dukhail   14分 Fariba   48分
Khabiri   59分
主審:   Wright

1977年12月4日 韓国   5 – 2   香港 ソウル  
主審:   Aldinger

イランが本大会出場権を獲得した。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Israel left the AFC in 1974 uefa.com
  2. ^ 日本はホームの試合をイスラエルで開催した。
  3. ^ a b オーストラリアとチャイニーズタイペイの対戦は2試合とも中立地のフィジーで開催された。
  4. ^ チャイニーズタイペイはホームの試合もニュージーランドで開催した。

外部リンク編集