メインメニューを開く

1994 FIFAワールドカップ・アジア予選

1994 FIFAワールドカップ・アジア予選は、アジア地区の1994 FIFAワールドカップ・予選である。アジアサッカー連盟(AFC)から30チーム(後に2チームが棄権)が参加した。出場枠は2。

1次予選
30チームを5チームずつ6グループに分け、各グループで2順の総当たり戦(ダブルセントラル方式)を実施。各グループ1位のチームが最終予選に進出する。
最終予選
進出した6チームが、カタールドーハでのセントラル方式で1順の総当たり戦を行う。上位2チームが本大会出場権を得る。

目次

1次予選編集

グループA編集

開催地:1順目はヨルダンイルビド、2順目は中国成都

勝点 試合数 引分 得点 失点 得失点差
  イラク 13 8 6 1 1 28 4 24
  中国 12 8 6 0 2 18 4 14
  イエメン 8 8 3 2 3 12 13 -1
  ヨルダン 7 8 2 3 3 12 15 -3
  パキスタン 0 8 0 0 8 2 36 -34

グループB編集

開催地:1順目はイランテヘラン、2順目はシリアダマスカス

勝点 試合数 引分 得点 失点 得失点差
  イラン 9 6 3 3 0 15 2 13
  シリア 9 6 3 3 0 14 4 10
  オマーン 6 6 2 2 2 10 5 5
  チャイニーズタイペイ 0 6 0 0 6 3 31 -28

  ミャンマーは棄権。

グループC編集

開催地:1順目はカタールドーハ、2順目はシンガポール

勝点 試合数 引分 得点 失点 得失点差
  朝鮮民主主義人民共和国 15 8 7 1 0 19 6 13
  カタール 11 8 5 1 2 22 8 14
  シンガポール 10 8 5 0 3 12 12 0
  インドネシア 2 8 1 0 7 6 19 -13
  ベトナム 2 8 1 0 7 4 18 -14

グループD編集

開催地:1順目はレバノンベイルート、2順目は大韓民国ソウル

勝点 試合数 引分 得点 失点 得失点差
  韓国 15 8 7 1 0 23 1 22
  バーレーン 9 8 3 3 2 9 6 3
  レバノン 8 8 2 4 2 8 9 -1
  香港 5 8 2 1 5 9 19 -10
  インド 3 8 1 1 6 8 22 -14

グループE編集

開催地:1順目はマレーシアクアラルンプール、2順目はサウジアラビアリヤド

勝点 試合数 引分 得点 失点 得失点差
  サウジアラビア 10 6 4 2 0 20 1 19
  クウェート 8 6 3 2 1 21 4 17
  マレーシア 6 6 2 2 2 16 7 9
  マカオ 0 6 0 0 6 1 46 -45

  ネパールは棄権。

グループF編集

開催地:1順目は日本東京、2順目はアラブ首長国連邦ドバイ

勝点 試合数 引分 得点 失点 得失点差
  日本 15 8 7 1 0 28 2 26
  アラブ首長国連邦 13 8 6 1 1 19 4 15
  タイ 8 8 4 0 4 13 7 6
  バングラデシュ 4 8 2 0 6 7 28 -21
  スリランカ 0 8 0 0 8 0 26 -26

最終予選編集

カタールドーハでのセントラル方式で実施

勝点 試合数 引分 得点 失点 得失点差
  サウジアラビア 7 5 2 3 0 8 6 2
  韓国 6 5 2 2 1 9 4 5
  日本 6 5 2 2 1 7 4 3
  イラク 5 5 1 3 1 9 9 0
  イラン 4 5 2 0 3 8 11 -3
  朝鮮民主主義人民共和国 2 5 1 0 4 5 12 -7

その他編集

  • この最終予選で日本は、最終戦のイラク戦でロスタイムに同点に追いつかれたために、ワールドカップ初出場を逃している。(ドーハの悲劇を参照)
  • 最終予選に進出した6か国のうち、イラク・イランの両国は当時、開催国であるアメリカ合衆国経済制裁下にあったため、それらの国が本大会に出場した際の懸念を示す声もあった[1]
  • 最終予選の審判団は全て欧州サッカー連盟出身者で構成された[1]。この理由として、大会のゼネラル・コーディネーターを務めた国際サッカー連盟のハビエル・オテーロは「アジアの国同士の対戦は、どの国の審判がやっても微妙な問題がからむので難しい。たとえば、日本対イラクの試合をクウェートの審判が担当するのは、中立国とはいえ、大きな問題がある。ヨーロッパ人ならばそうしたプレッシャーはより少なくてすむはず」と説明した[1]

出典編集

  1. ^ a b No.26 レフェリーは大陸を超えて”. サッカーの話をしよう 大住良之オフィシャルアーカイブサイト (1993年10月26日). 2013年1月4日閲覧。