メインメニューを開く

2015年の中国サッカー・スーパーリーグ

中国サッカー・スーパーリーグ  > 2015年の中国サッカー・スーパーリーグ
2015年のスポーツ  > 2015年のサッカー  > 2015年の中国サッカー・スーパーリーグ

この項目では、2015年シーズンの中国サッカー・スーパーリーグ(CSL)について述べる。

中国サッカー・超級リーグ
シーズン 2015
優勝 広州恒大淘宝
(5回目)
降格 貴州人和
上海申鑫
ACL 2016出場 広州恒大淘宝
江蘇国信舜天
上海上港
山東魯能泰山
試合数 240
ゴール数 672 (1試合平均2.8)
得点王 ブラジルの旗 アロイージオ
(22得点)
2014
2016

2015年の中国サッカー・スーパーリーグ(2015 Chinese Super League)[1]は、第1シーズンが行われて以来、22回目の中国サッカー・スーパーリーグである(前身も含めれば54回目)。超級リーグとしては12回目。リーグのタイトルスポンサーは中国平安保険[2]広州恒大淘宝が5シーズン連続5回目の優勝を果たした。

昇格・降格・改名編集

2015年シーズンの中国サッカー・スーパーリーグのチーム編集

2015年シーズンの中国サッカー・スーパーリーグのチーム数は前年同様の16。

チーム名 創設 監督 ホームタウン スタジアム 収容人数 前年度成績
広州恒大淘宝 1954年   ファビオ・カンナヴァーロ 広州市 天河体育中心体育場 58,500人 ( 1位)優勝
北京国安 1992年   グレゴリオ・マンサーノ 北京市 北京工人体育場 66,161人 ( 2位)
広州富力 2001年   コスミン・コントラ 広州市 越秀山体育場 18,000人 ( 3位)
山東魯能泰山 1983年   クーカ 済南市 済南奥林匹克体育中心 56,808人 ( 4位)
上海上港 2005年   スヴェン・ゴラン・エリクソン 上海市 上海体育場 56,842人 ( 5位)
貴州人和 1995年   李春満 貴陽市 貴陽奥林匹克体育中心体育場 51,636人 ( 6位)
天津泰達権健 1998年   アリー・ハーン 天津市 天津奥林匹克体育中心体育場 54,696人 ( 7位)
江蘇国信舜天 1994年   高洪波 南京市 南京奥林匹克体育中心 61,443人 ( 8位)
上海緑地申花 1951年   フランシス・ジロ 上海市 上海虹口足球場 33,060人 ( 9位)
遼寧宏運 1995年   陳洋 盤錦市 盤錦奥体中心体育場 35,600人 (10位)
上海申鑫 2003年   劉俊威 上海市 上海浦東源深体育場 16,000人 (11位)
杭州緑城 1998年   フィリップ・トルシエ 杭州市 杭州黄龍体育中心 52,672人 (12位)
長春亜泰 1996年   高敬剛 長春市 長春経開体育場 25,000人 (13位)
河南建業 1994年   賈秀全 鄭州市 鄭州航海体育場 29,860人 (14位)
重慶力帆 1994年   王宝山 重慶市 重慶市奥林匹克体育中心 58,680人 ※( 1位)優勝
石家荘永昌 2001年   ヤーセン・ペトロフ 石家荘市 裕彤国際体育中心 38,000人 ※( 2位)

中国サッカー・甲級リーグ

  • チーム名・監督・本拠地名については現時点のもの。

監督交代編集

チーム名 前監督 退任日 新監督 就任日
広州恒大淘宝   マルチェロ・リッピ 2014年11月2日[6]   ファビオ・カンナヴァーロ 2014年11月5日
広州富力   スヴェン・ゴラン・エリクソン 2014年11月10日[7]   コスミン・コントラ 2014年12月18日[8]
長春亜泰   ドラガン・オクカ 2014年11月12日[9]   高敬剛 2014年12月19日[10]
上海上港   奚志康 2014年11月18日   スヴェン・ゴラン・エリクソン 2014年11月18日[11]
杭州緑城   楊戟 2014年12月2日   フィリップ・トルシエ 2014年12月2日[12]
上海緑地申花   セルヒオ・バティスタ 2014年12月4日[13]   フランシス・ジロ 2014年12月4日[14]
上海申鑫   郭光琪 2015年4月13日[15]   劉俊威 2015年4月13日[15]
貴州人和   朱炯 2015年4月28日[16]   李春満 (ケアテイカー) 2015年4月28日[16]

外国人選手編集

外国人枠は4枠で、これとは別にアジアサッカー連盟に属する協会の国籍を有する選手の枠(所謂アジア枠)が1枠用意されている。アジア枠を含めて4人までの外国人選手を同時に出場させることが出来る[17]。なお、香港、澳門、台湾のサッカー選手については外国人として扱わない。

クラブ 選手1 選手2 選手3 選手4 アジア枠 かつての選手1
北京国安   パブロ・バタージャ   クレーベル   ダルコ・マティッチ   デヤン・ダミヤノヴィッチ   河大成   エルトン・フェイズラフ
長春亜泰   マルセロ・モレノ   エレク・アーコシュ   フスティ・サボルチ   ウウォ・ムサ・マーズ   アンズル・イスマイロフ
重慶力帆   エマヌエル・ジグリオッティ   フェルナンジーニョ   ジャエウ   イサム・エル・アドゥア   エイドリアン・レイジャー   グト
  ジャジャ
広州恒大淘宝   エウケソン   リカルド・グラール   パウリーニョ   ロビーニョ   金英権   アラン・カルヴァーリョ
  レネ・ジュニオール
広州富力   レナト   ジェレミー・ボキラ   アーロン・オラナレ   ミゲル・エレーロ   張賢秀   アブデルラザク・ハムダラー
  朴鍾佑
貴州人和   ズヴェズダン・ミシモヴィッチ   セヤド・サリホヴィッチ   ユーリ   リカルド・サントス   朴柱成   クシシュトフ・モンチニスキ
  マグヌス・エリクソン
杭州緑城   アンセルモ・ハモン   ダヴィ・クロード・アンガン   ロダー・アンタル   ミロシュ・ボサンチッチ   マシュー・スピラノビッチ   バセーム・ブーラビ
  イメド・ルアティ
河南建業   イヴォ   エディジェイソン・ゴメス   ハビエル・パティーニョ   マテウシュ・ザハラ   鄭仁煥
江蘇蘇寧   サミール   ヴィザル・キャルタンソン   セルビ・オッテセン   マリウス・コンスタンティン   エスクデロ・セルヒオ   エレウソン
遼寧宏運   パウロ・エンリケ   フランク・ボリ   デリック・オグブ   エリク・ビクファルヴィ   金裕晋   ジョシュ・ミッチェル
  ジェームズ・チャマンガ
山東魯能泰山   ワルテル・モンティージョ   アロイージオ   ジエゴ・タルデッリ   ジュニオール・ウルソ   ジュシレイ 2
上海緑地申花   ジョヴァンニ・モレノ   アヴラアム・パパドプーロス 3   モハメド・シソッコ   デンバ・バ   ティム・ケーヒル   パウロ・エンリケ
  ストフィラ・スンズ
上海申鑫   エヴェルトン   ジョニー   ミチャエル・バランテス   ダニエル・チマ   ゼ・エドゥアルド
  林裕煥
上海上港集団   ダリオ・コンカ   ダヴィ   アサモア・ギャン   トビアス・ヒーセン   金周栄   ジャン・エヴラール・クアシ
石家荘永昌   エイドゥル・グジョンセン   ルベン・ミカエル   マリオ・ロンドン   ヤコブ・ムレンガ   趙容衡   ロドリゴ・デフェンジ
  ゲオルギ・イリエフ
天津泰達億利   エルナン・バルコス   ルーカス・フォンセカ   ワグネル   クリスティアン・タナセ   モルテザ・プーラリガンジ   アンドレジーニョ
  ウィルマル・ホルダン
  • ^1 シーズン中に解雇あるいはリザーブチームに送られた選手の欄
  • ^2 パレスチナ国籍を有する
  • ^3 オーストラリア国籍を有する

香港、澳門、台湾の選手は以下の通り[18]

クラブ 選手1
長春亜泰   柯旭廷
貴州人和   陳昌源
杭州緑城   陳柏良
石家荘永昌   白鶴

スケジュール編集

3月7日に開幕し、10月31日閉幕の全30節・240試合で行われる。

日程・結果編集

順位表編集

チーム 出場権または降格
1 広州恒大淘宝 (C) 30 19 10 1 71 28 +43 67 AFCチャンピオンズリーグ 2016グループステージに出場
2 上海上港 30 19 8 3 63 35 +28 65 AFCチャンピオンズリーグ 2016プレーオフラウンドに出場
3 山東魯能泰山 30 18 5 7 66 41 +25 59 AFCチャンピオンズリーグ 2016予選2回戦に出場
4 北京国安 30 16 8 6 46 26 +20 56
5 河南建業 30 12 10 8 35 30 +5 46
6 上海緑地申花 30 12 6 12 42 44 −2 42
7 石家荘永昌 30 8 15 7 34 31 +3 39
8 重慶力帆 30 9 8 13 37 52 −15 035[2]
9 江蘇国信舜天 30 9 8 13 39 48 −9 035[2] AFCチャンピオンズリーグ 2016グループステージ1に出場
10 長春亜泰 30 8 11 11 39 47 −8 035[2]
11 杭州緑城 30 8 9 13 27 35 −8 33
12 遼寧宏運 30 7 10 13 30 46 −16 031[3]
13 天津泰達権健 30 7 10 13 39 46 −7 031[3]
14 広州富力 30 8 7 15 35 41 −6 031[3]
15 貴州人和 (R) 30 7 8 15 39 52 −13 29 甲級リーグ 2016へ降格
16 上海申鑫 (R) 30 4 5 21 30 70 −40 17

最終更新は2015年10月31日の試合終了時
出典: CSL
順位の決定基準: 1.勝点 2.当該チーム間の勝点 3.当該チーム間の得失点差 4.当該チーム間の得点数 5.得失点差 6.得点数 7.規律得点.
1 江蘇国信舜天2015年の中国FAカップで優勝したことにより、AFCチャンピオンズリーグ2016グループステージの出場権を獲得。

勝点が同点のチーム間の順位の決定について

得点ランキング編集

表彰編集

脚注編集

  1. ^ 关于正确使用联赛全名称的函 (中国語)
  2. ^ 中国平安4年6亿冠名中超 三大层面助力中国足球
  3. ^ 上海东亚足球俱乐部更名为上海上港集团足球俱乐部的公示 (中国語)
  4. ^ 关于广州恒大主要股权变更并更名为广州恒大淘宝的公示 (中国語)
  5. ^ 关于江苏舜天足球俱乐部有限责任公司更名的公告 (中国語)
  6. ^ 里皮宣布卸任恒大主帅 任技术总监不进替补席 (中国語)
  7. ^ 富力官方宣布与埃里克森协商失败 双方不再续约 (中国語)
  8. ^ 富力官方宣布将签孔特拉团队 (中国語)
  9. ^ 德拉甘:离开亚泰留中国 我的目标不是保级队 (中国語)
  10. ^ 亚泰老总正式出任主帅一职 曾三次担任救火教练 (中国語)
  11. ^ 上港正式收购东亚 埃里克森任主帅 (中国語)
  12. ^ 杭州绿城官方宣布特鲁西埃出任主帅 (中国語)
  13. ^ 巴蒂斯塔:不认为自己是失败者 有机会定将证明自己 (中国語)
  14. ^ 绿地官宣法国新帅吉约就任 王赟加盟李建滨回归 (中国語)
  15. ^ a b 申鑫宣布郭光琪辞去主帅职务 2015换帅第一队 (中国語)
  16. ^ a b 贵州人和宣布朱炯下课 李春满任代理主帅 (中国語)
  17. ^ Richard Morgan (2016年2月26日). “Chinese Super League transfer window: All you need to know”. Sky Sports. 2016年2月28日閲覧。
  18. ^ 港澳台球员转会新政 新转入算亚外有合同算内援 (中国語)
  19. ^ Topscores” (英語). soccerway. 2016年2月7日閲覧。

外部リンク編集