メインメニューを開く

2016年の中国サッカー・スーパーリーグ

中国サッカー・スーパーリーグ  > 2016年の中国サッカー・スーパーリーグ
2016年のスポーツ  > 2016年のサッカー  > 2016年の中国サッカー・スーパーリーグ

この項目では、2016年シーズンの中国サッカー・スーパーリーグ(CSL)について述べる。

中国サッカー・超級リーグ
シーズン 2016
優勝 広州恒大淘宝
(6回目)
降格 杭州緑城
石家荘永昌
ACL 2017出場 広州恒大淘宝
江蘇蘇寧
ACL 2017 PO出場 上海上港
上海緑地申花
試合数 240
ゴール数 639 (1試合平均2.66)
得点王 ブラジルの旗 リカルド・グラール
(広州恒大淘宝・19得点)
最大差勝利ホーム試合
上海上港 5-0 河南建業
(2016年7月10日)
(5得点)
最大差勝利アウェー試合
石家荘永昌 0-6 広州恒大淘宝
(2016年10月15日)
(6得点)
最多得点試合
重慶力帆 4-5 広州富力
(2016年8月21日)
(9得点)
最多連勝記録
広州恒大淘宝
(9試合)
最多連続負け無し記録
広州恒大淘宝
(17試合)
最多連続勝ち無し記録
重慶力帆
杭州緑城
(11試合)
最多連敗記録
河北華夏幸福
(5試合)
最多観客動員
53,080人
北京国安 0-3 広州恒大淘宝
(2016年4月9日)
最少観客動員
5,135人
杭州緑城 0-1 広州富力
(2016年6月11日)
平均観客動員 24,159人 (10月30日)
2015
2017

2016年の中国サッカー・スーパーリーグ(2016 Ping An Chinese Football Association Super League、2016中国平安中国足球协会超级联赛[1]は、第1シーズンが行われて以来、23回目の中国サッカー・スーパーリーグである(前身も含めれば55回目)。超級リーグとしては13回目。リーグのタイトルスポンサーは中国平安保険[2][3]広州恒大淘宝が6シーズン連続6回目の優勝を果たした。

昇格・降格・改名編集

2016年シーズンの中国サッカー・スーパーリーグのチーム編集

2016年シーズンの中国サッカー・スーパーリーグのチーム数は前年同様の16。

チーム名 創設 監督 ホームタウン スタジアム 収容人数 前年度成績
広州恒大淘宝 1954年   ルイス・フェリペ・スコラーリ 広州市 天河体育中心体育場 58,500人 ( 1位)優勝
上海上港 2005年   スヴェン・ゴラン・エリクソン 上海市 上海体育場 56,842人 ( 2位)
山東魯能泰山 1993年   フェリックス・マガト 済南市 済南奥林匹克体育中心 56,808人 ( 3位)
北京国安 1992年   謝峰 (監督代行) 北京市 北京工人体育場 66,161人 ( 4位)
河南建業 1994年   賈秀全 鄭州市 鄭州航海体育場 29,860人 ( 5位)
上海緑地申花 1951年   グレゴリオ・マンサーノ 上海市 上海虹口足球場 33,060人 ( 6位)
石家荘永昌 2001年   李金羽 (監督代行) 石家荘市 裕彤国際体育中心 29,000人 ( 7位)
重慶力帆 1994年   張外龍 重慶市 重慶市奥林匹克体育中心 58,680人 ( 8位)
江蘇蘇寧 1994年   崔龍洙 南京市 南京奥林匹克体育中心 61,443人 ( 9位)
長春亜泰 1996年   李章洙 長春市 長春経開体育場 25,000人 (10位)
杭州緑城 1998年   洪明甫 杭州市 杭州黄龍体育中心 52,672人 (11位)
遼寧宏運 1995年   馬林 瀋陽市 瀋陽オリンピック・スポーツセンター・スタジアム 60,000人 (12位)
天津泰達億利 1998年   ジャイメ・パシェコ 天津市 天津奥林匹克体育中心体育場 54,696人 (13位)
広州富力 2011年   ドラガン・ストイコビッチ 広州市 越秀山体育場 18,000人 (14位)
延辺富徳 1955年   朴泰夏 延吉市 延吉人民体育場 30,000人 ※( 1位)優勝
河北華夏幸福 2010年   マヌエル・ペジェグリーニ 秦皇島市 秦皇島オリンピック・スポーツセンター・スタジアム 33,572人 ※( 2位)

中国サッカー・甲級リーグ

  • チーム名・監督・本拠地名については現時点のもの。

監督交代編集

チーム名 前監督 退任日 新監督 就任日
北京国安   グレゴリオ・マンサーノ 2015年11月26日[7]   アルベルト・ザッケローニ 2016年1月19日[8]
上海緑地申花   フランシス・ジロ 2015年11月29日[9]   グレゴリオ・マンサーノ 2015年12月18日[10]
重慶力帆   王宝山 2015年11月30日[11]   張外龍 2015年12月7日[12]
山東魯能泰山   クーカ 2015年12月6日[13]   マノ・メネーゼス 2015年12月6日[14]
杭州緑城   楊戟 2015年12月17日   洪明甫 2015年12月17日[15]
天津泰達億利   アリー・ハーン 2015年12月18日   ドラガン・オクカ 2015年12月18日[16]
長春亜泰   マリヨ・トト 2015年12月31日[17]   スラビシャ・ストヤノヴィッチ 2016年1月13日[18]
長春亜泰   スラビシャ・ストヤノヴィッチ 2016年5月4日[19]   李章洙 2016年5月6日[20]
北京国安   アルベルト・ザッケローニ 2016年5月21日[21]   謝峰 (監督代行) 2016年5月21日[21]
江蘇蘇寧   ダン・ペトレスク 2016年6月3日[22]   唐京 (監督代行) 2016年6月3日[22]
山東魯能泰山   マノ・メネーゼス 2016年6月7日[23]   フェリックス・マガト 2016年6月8日[24]
江蘇蘇寧   唐京 (監督代行) 2016年7月1日[25]   崔龍洙 2016年7月1日[25]
石家荘永昌   ヤーセン・ペトロフ 2016年7月14日[26]   李金羽 (監督代行) 2016年7月14日[26]
天津泰達億利   ドラガン・オクカ 2016年8月2日[27]   ジャイメ・パシェコ 2016年8月2日[27]
河北華夏幸福   李鉄 2016年8月27日[28]   マヌエル・ペジェグリーニ 2016年8月27日[28]

外国人選手編集

外国人枠は4枠で、これとは別にアジアサッカー連盟に属する協会の国籍を有する選手の枠(所謂アジア枠)が1枠用意されている。アジア枠を含めて4人までの外国人選手を同時に出場させることが出来る[29]。なお、香港、澳門、台湾のサッカー選手については外国人として扱わない。

クラブ 選手1 選手2 選手3 選手4 アジア枠 かつての選手1
北京国安   レナト・アウグスト[30]   ラルフ[31]   ブラク・ユルマズ   イゴール・セルゲーエフ   エゴール・クリメツ[31]   クレーベル[31]
長春亜泰   マルセロ・モレノ   ブルーノ・メネジュウ   ダルコ・マティッチ   ミスラヴ・オルシッチ   アンズル・イスマイロフ   ジュリアン・ゴリユス
  オグニェン・オジェゴヴィッチ
重慶力帆   エマヌエル・ジグリオッティ   フェルナンジーニョ   アラン・カルデック   ゴラン・ミロヴィッチ   鄭又榮   ジャエウ
広州恒大淘宝   アラン・カルヴァーリョ   リカルド・グラール[30]   パウリーニョ[30]   ジャクソン・マルティネス[29]   金英権[32]
広州富力   アポストロス・ギアンヌ   レナト   エラン・ザハヴィ   グスタフ・スヴェンソン   張賢秀   ブルニーニョ
杭州緑城   マシュー・スピラノビッチ   デニウソン・ガビオネッタ   アンセウモ・ハモン   サミール   呉範錫   ティム・ケーヒル
  ダヴィ・クロード・アンガン
河北華夏幸福   アロイージオ   ステファーヌ・エムビア[33]   ジェルヴィーニョ[29]   ガエル・カクタ[33]   エルサン・ギュリュム2   エセキエル・ラベッシ[29]
河南建業   イボ   ハビエル・パティーニョ   ミラル・サマルジッチ   オスマン・ソー   ライアン・マッゴーワン   エディジェイソン・ゴメス
江蘇蘇寧   ラミレス[29]   アレックス・ティシェイラ[29]   ロヘル・マルティネス   トレント・セインズベリー   洪正好   ジョー[32]
  サミール
遼寧宏運   マイケル・スウェイト   アサニ・ルキミヤ[34]   アンソニー・ウジャー   ジェームズ・チャマンガ   ダリオ・ヴィドシッチ   ジェームス・トロイージ
  イブラヒマ・トゥーレ
山東魯能泰山   ワルテル・モンティージョ   ジウ[31]   グラツィアーノ・ペッレ   パピス・シセ   ジュシレイ 3   アロイージオ
  ジエゴ・タルデッリ
上海緑地申花   フレディ・グアリン[29]   ジョヴァンニ・モレノ   オバフェミ・マルティンス[32]   デンバ・バ[32]   金基熙
上海上港   ダリオ・コンカ[32]   エウケソン[32]   フッキ   ジャン・エヴラール・クアシ   金周栄   アサモア・ギャン[32]
石家荘永昌   ディエゴ・マウリシオ   マテウス   ジャン=フィリップ・メンディ   ルベン・ミカエル   趙容衡   マリオ・ロンドン
  ヤコブ・ムレンガ
天津泰達億利   フレディ・モンテーロ   マリック・エヴナ   ザイナディン・ジュニオル   ムバイェ・ディアニュ   アレクサンダル・ヨヴァノヴィッチ   ワグネル
延辺富徳   ブバカル・トラワリー   ニコラ・ペトコヴィッチ   河太均   尹ビッガラム   金承大
  • ^1 シーズン中に解雇あるいはリザーブチームに送られた選手の欄
  • ^2 オーストラリア国籍を有する
  • ^3 パレスチナ国籍を有する

香港、澳門、台湾の選手は以下の通り[35]

クラブ 選手1 選手2
長春亜泰   殷亜吉   ジャック・シーリー
杭州緑城   陳柏良

スケジュール編集

3月4日に開幕し、11月5日閉幕の全30節・240試合で行われる[36]

結果編集

順位表編集

チーム 出場権または降格
1 広州恒大淘宝 (C) (Q) 30 19 7 4 62 19 +43 64 AFCチャンピオンズリーグ 2017グループステージに出場
2 江蘇蘇寧 (Q) 30 17 6 7 53 33 +20 57
3 上海上港 (Q) 30 14 10 6 56 32 +24 52 AFCチャンピオンズリーグ 2017プレーオフラウンドに出場
4 上海緑地申花 (Q) 30 12 12 6 46 31 +15 48 AFCチャンピオンズリーグ 2017予選2回戦に出場
5 北京国安 30 11 10 9 34 26 +8 43
6 広州富力 30 11 7 12 47 50 −3 401
7 河北華夏幸福 30 11 7 12 34 38 −4 401
8 重慶力帆 30 9 10 11 43 50 −7 372
9 延辺富徳 30 10 7 13 39 41 −2 372
10 天津泰達億利 30 9 9 12 38 50 −12 363
11 遼寧宏運 30 9 9 12 38 47 −9 363
12 長春亜泰 30 10 5 15 30 44 −14 354
13 河南建業 30 10 5 15 26 44 −18 354
14 山東魯能泰山 30 9 7 14 38 45 −7 34
15 杭州緑城 (R) 30 8 8 14 28 37 −9 32 甲級リーグ 2017へ降格
16 石家荘永昌 (R) 30 7 9 14 28 53 −25 30

最終更新は2016年10月30日の試合終了時
出典: sports.sina.com (中国語), Soccerway.com(英語)
順位の決定基準: 1.勝点 2.当該チーム間の勝点 3.当該チーム間の得失点差 4.当該チーム間の得点数 5.リザーブリーグの勝点 6.総得失点差 7.総得点数 8.反則ポイント.
1広州富力河北華夏幸福は、直接対決の結果に基づいて順位が決定された (GZF 1-2 HBC/HBC 0-2 GZF)。
2重慶力帆延辺富徳は、直接対決の結果に基づいて順位が決定された (CQ 2-1 YB/YB 1-1 CQ)。
3天津泰達億利遼寧宏運は、直接対決の結果に基づいて順位が決定された (TJ 2-2 LN/LN 2-2 TJ)。
4長春亜泰河南建業は、直接対決の結果に基づいて順位が決定された (CC 1-0 HN/HN 1-2 CC)。

順位推移表編集

チーム(縦)/ 節(横) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 21 13 14 15 16 17 18 19 20 22 23 24 25 26 27 28 29 30
広州恒大淘宝 11 3 3 2 2 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1
江蘇蘇寧 1 1 1 1 1 2 2 2 2 2 3 3 3 3 3 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2
上海上港 14 14 14 7 3 3 3 3 3 3 4 4 4 4 4 4 3 3 3 3 4 4 4 4 4 4 4 4 3 3
上海緑地申花 7 11 5 5 8 5 6 8 6 5 6 7 7 5 5 5 5 5 5 5 3 3 3 3 3 3 3 3 4 4
北京国安 9 12 15 15 14 13 13 15 10 9 8 8 8 8 8 9 8 9 9 9 9 10 7 7 7 6 7 5 5 5
広州富力 11 6 10 12 15 15 9 7 8 8 10 9 9 9 11 9 7 6 6 6 6 7 6 6 8 7 5 7 7 6
河北華夏幸福 2 4 6 3 4 6 5 4 4 4 2 2 2 2 2 3 4 4 4 4 5 5 5 5 5 5 6 6 6 7
重慶力帆 2 6 8 9 8 8 8 9 9 11 12 13 11 13 12 10 12 11 11 10 11 10 10 9 10 10 8 8 8 8
延辺富徳 7 13 8 10 11 14 15 10 11 13 9 10 10 12 10 12 11 9 8 8 6 8 9 9 9 11 12 12 9 9
天津泰達億利 9 15 13 8 7 11 7 6 7 6 7 5 6 7 7 7 8 10 12 12 13 14 13 13 13 13 11 10 12 10
遼寧宏運 5 5 7 13 13 12 14 14 15 15 16 12 11 9 11 10 12 12 11 10 11 13 11 11 11 9 13 13 13 11
長春亜泰 11 16 16 16 16 16 16 16 16 16 15 16 14 15 14 15 16 16 16 16 16 16 15 15 15 16 15 15 14 12
河南建業 5 2 2 4 5 4 4 5 5 7 5 6 5 6 6 6 6 7 7 7 7 8 7 7 6 8 9 9 10 13
山東魯能泰山 16 10 12 14 6 10 12 13 14 12 14 15 16 14 16 16 15 14 13 14 14 14 11 12 12 12 10 11 11 14
杭州緑城 2 6 4 6 10 9 11 12 13 14 13 14 15 16 15 13 13 13 14 13 13 12 12 14 14 14 14 14 15 15
石家荘永昌 14 9 10 11 11 7 10 10 12 10 11 11 12 10 13 14 14 15 15 15 15 15 15 16 16 15 16 16 16 16

注釈

  • 第1節の天津泰達億利vs.北京国安は第2節と第3節の間に実施された。
  • 第2節の北京国安vs.河北華夏幸福は第9節と第10節の間に実施された。
  • 第21節は、第12節と第13節の間に実施された。ただし、同節の山東魯能泰山vs.石家荘永昌は第16節と第17節の間に、遼寧宏運vs.北京国安は第24節と第25節の間に実施された。
  • 第18節の北京国安vs.延辺富徳及び天津泰達億利vs.長春亜泰は第25節と第26節の間に実施された。
  • 第19節の広州恒大淘宝vs.北京国安は第20節と第22節の間に実施された。

首位・ACL2017 グループステージ 2位・ACL2017 グループステージ 3位・ACL2017 プレーオフ 甲級リーグに降格

最終更新: 2016年10月30日
出典: sports.sina.com (中国語)

戦績表編集

ホーム / アウェー[1] GZE SSI SD BJ HN SGS SJZ CQ JSS CC HZ LN TJ GZF YB HBC
広州恒大淘宝

1–1

4–0

0–0

2–1

2–1

0–0

4–1

2–0

3–0

0–0

6–2

2–0

2–0

1–1

2–0

上海上港

0–0

4–1

2–2

5–0

1–1

4–1

5–3

1–2

1–1

1–0

4–0

1–1

1–0

3–0

4–1

山東魯能泰山

0–2

0–0

0–2

0–0

0–1

4–0

1–1

2–1

1–1

4–1

3–2

2–3

2–3

3–1

1–0

北京国安

0–3

2–1

1–2

3–1

2–1

0–0

1–2

1–2

2–0

1–0

0–0

0–0

3–1

3–0

0–2

河南建業

1–2

1–0

2–1

1–0

1–1

0–2

0–3

0–1

1–2

1–0

2–1

0–0

1–0

1–0

1–0

上海緑地申花

2–1

2–1

0–0

0–0

2–2

3–1

2–2

3–2

3–0

4–0

2–1

2–2

5–1

1–1

2–0

石家荘永昌

0–6

1–2

2–1

1–1

1–0

2–1

1–1

1–6

3–2

1–0

0–1

2–2

3–2

1–3

1–1

重慶力帆

2–1

1–1

2–1

1–1

0–1

0–1

1–0

2–2

1–1

1–0

2–1

1–2

4–5

2–1

1–3

江蘇蘇寧

2–0

2–1

3–0

2–1

4–1

2–0

0–0

2–1

2–0

1–1

4–3

2–0

1–1

2–1

4–0

長春亜泰

1–2

1–3

0–0

2–1

1–0

1–0

1–0

3–0

1–2

0–1

0–2

4–4

3–1

1–0

0–1

杭州緑城

1–2

1–2

2–0

0–3

3–0

0–0

0–0

1–1

3–0

2–1

0–0

3–1

0–1

2–2

1–0

遼寧宏運

0–3

3–1

1–1

0–2

1–1

0–0

2–1

3–2

1–0

0–1

2–0

2–2

3–1

3–0

0–2

天津泰達億利

0–4

0–1

1–4

0–0

2–1

1–3

2–0

2–3

1–0

4–0

1–0

2–2

0–1

1–0

0–5

広州富力

2–1

3–3

1–2

1–1

2–0

1–1

4–2

2–0

1–1

0–1

5–2

1–1

3–2

0–0

1–2

延辺富徳

1–1

1–1

2–1

1–0

1–2

2–0

2–0

1–1

3–0

2–0

2–4

4–1

1–2

3–1

3–2

河北華夏幸福

0–3

0–2

2–1

0–1

4–3

2–2

1–1

1–1

1–1

2–1

0–0

0–0

1–0

0–2

1–0

最終更新は2016年10月31日の試合終了時
出典: 搜达足球 (中国語)
1左縦列のチームがホーム側。
: 青 = ホームチームが勝ち; 黄 = 引き分け; 赤 = アウェーチームが勝利。

シーズン統計編集

ハットトリック編集

選手 所属 対戦相手 結果 日付 出典
  マルセロ・モレノ 長春亜泰 天津泰達億利 4–4 2016年4月3日 [40]
  デンバ・バ 上海緑地申花 石家荘永昌 3–1 2016年4月3日 [41]
  デンバ・バ 上海緑地申花 杭州緑城 4–0 2016年6月19日 [42]
  武磊 上海上港 広州富力 3–3 2016年7月31日 [43]
  アレックス・テイシェイラ 江蘇蘇寧 石家荘永昌 6–1 2016年9月11日 [44]
  エラン・ザハヴィ 広州富力 杭州緑城 5–2 2016年10月16日 [45]

表彰編集

脚注編集

  1. ^ 关于正确使用联赛全名称的函 (中国語)
  2. ^ 中国平安4年6亿冠名中超 三大层面助力中国足球(中国語)
  3. ^ 重磅!中超联赛版权卖出5年80亿天价(中国語)
  4. ^ 关于河北中基足球俱乐部更名的公告 (中国語)
  5. ^ 江苏国信舜天主要股权转让并更名为江苏苏宁的公示 (中国語)
  6. ^ 关于延边长白山足球俱乐部股权转让并更名的公示 (中国語)
  7. ^ 曼萨诺亲承不再担任国安主帅 发文感谢京城球迷 (中国語)
  8. ^ 扎切罗尼就任国安主帅 意甲名帅正式登陆御林军 (中国語)
  9. ^ 申花官方宣布主帅吉洛下课 发文祝未来一切顺利 (中国語)
  10. ^ 申花官方宣布曼萨诺挂帅 相信他能带队上新台阶 (中国語)
  11. ^ 力帆官方宣布主帅王宝山离任 感谢其三年来付出 (中国語)
  12. ^ 力帆官方宣布张外龙任主帅 签约3年即日正式挂帅 (中国語)
  13. ^ 鲁能泰山足球俱乐部与库卡解除合约 (中国語)
  14. ^ 曼诺加盟鲁能泰山足球俱乐部 (中国語)
  15. ^ 绿城官方宣布洪明甫担任球队主帅 合同期为两年 (中国語)
  16. ^ 官宣:德拉甘正式任泰达主教练 一月赴海口汇合 (中国語)
  17. ^ 亚泰意外换帅马里奥下课 前红星主帅即将上任 (中国語)
  18. ^ 亚泰宣布塞超冠军主帅上任 进前八自动续约1年 (中国語)
  19. ^ 亚泰主帅斯托扬诺维奇下课 7战2分中超下课首人 (中国語)
  20. ^ 李章洙正式出任亚泰主帅 本人已抵长春会合球队 (中国語)
  21. ^ a b 北京国安足球俱乐部公告 (中国語)
  22. ^ a b 江苏苏宁足球俱乐部公告 (中国語)
  23. ^ 官方公告 (中国語)
  24. ^ 马加特加盟鲁能泰山足球俱乐部 (中国語)
  25. ^ a b 官宣布:崔龙洙自7月1日起担任苏宁队主教练 (中国語)
  26. ^ a b 永昌宣布主帅亚森下课 李金羽暂担任代理主教练 (中国語)
  27. ^ a b 帕切科正式执教泰达 绿色时代结束期待京津德比 (中国語)
  28. ^ a b 河北华夏幸福足球俱乐部公告 (中国語)
  29. ^ a b c d e f g Chinese Super League transfer window: All you need to know” (英語). Sky Sports (2016年2月26日). 2016年5月23日閲覧。
  30. ^ a b c “Why China, not MLS, is luring stars away from Europe” (英語). The Guardian. (2016年2月1日). http://www.theguardian.com/football/blog/2016/feb/01/why-china-not-mls-is-luring-stars-away-from-europe 2016年5月23日閲覧。 
  31. ^ a b c d China Is Latest Destination for Brazilian Stars” (英語). The New York Times (2016年2月1日). 2016年5月23日閲覧。
  32. ^ a b c d e f g “Chinese Super League preview: Guangzhou Evergrande still team to beat” (英語). The Guardian. (2016年3月5日). http://www.theguardian.com/football/2016/mar/05/chinese-super-league-preview-guangzhou-evergrande-jackson-martinez 2016年5月23日閲覧。 
  33. ^ a b Chinese Super League: Why European football's top talents are answering the great call of China” (英語). The Independent (2016年2月27日). 2016年5月23日閲覧。
  34. ^ Lukimya von Rostock nach Jena” (ドイツ語). kicker (2009年8月18日). 2016年5月23日閲覧。
  35. ^ 港澳台球员转会新政 新转入算亚外有合同算内援 (中国語)
  36. ^ 中超最终版赛程:南京开幕式演苏鲁决 京津战延期” (中国語). sina.com (2016年2月22日). 2016年3月4日閲覧。
  37. ^ Players: Topscorers”. Soccerway:CSL. Perform. 2016年4月3日閲覧。
  38. ^ 射手榜_中超联赛_体育_新浪网”. 2016年4月3日閲覧。
  39. ^ Players: match.sports.sina.com”. 2016年4月3日閲覧。
  40. ^ 莫雷罗带帽约万2球 进球大战亚泰4-4泰达 (中国語)
  41. ^ 登巴巴戴帽毛剑卿弑旧主 申花3-1击败永昌 (中国語)
  42. ^ 登巴巴帽子戏法 申花4-0送绿城11轮不胜 (中国語)
  43. ^ 武磊帽子戏法扎哈维传射 上港客场3-3富力 (中国語)
  44. ^ 特谢拉戴帽永昌两丢点球 苏宁客场6-1大胜 (中国語)
  45. ^ 扎哈维帽子戏法 富力5-2大胜绿城迎2连胜 (中国語)
  46. ^ 2016中超颁奖:高拉特金球金靴 恒大狂揽九奖项 (中国語)

外部リンク編集