メインメニューを開く

2018年アブダビグランプリ (2018 Abu Dhabi Grand Prix) は、2018年のF1世界選手権第21戦(最終戦)として、2018年11月25日ヤス・マリーナ・サーキットで開催された。

アラブ首長国連邦の旗 2018年アブダビグランプリ
レース詳細
Circuit Yas-Island.svg
日程 2018年シーズン第21戦
決勝開催日 11月25日
開催地 ヤス・マリーナ・サーキット
アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦 アブダビ ヤス島
コース 恒久的レース施設
コース長 5.554km
レース距離 55周 (305.355km)
決勝日天候 晴 (ドライ)
ポールポジション
ドライバー
タイム 1:34.794
ファステストラップ
ドライバー ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル
タイム 1:40.867 (54周目)
決勝順位
優勝
2位
3位

正式名称は「FORMULA 1 2018 ETIHAD AIRWAYS ABU DHABI GRAND PRIX[1]

目次

レース前編集

本レースでピレリが供給するドライタイヤのコンパウンドは、スーパーソフト、ウルトラソフト、ハイパーソフトの3種類[2]

マクラーレンは、本年限りでF1を去るフェルナンド・アロンソMCL33[3]、ヘルメット、レーシングスーツにそれぞれ特別カラーリングを施す[4][5]カルロス・サインツJr.は幼年時代からのヒーローであったアロンソに敬意を表し、ヘルメットにアロンソのカーナンバー「14」を付けた[6]

ドライバーズランキング3位争い
キミ・ライコネンバルテリ・ボッタスマックス・フェルスタッペンの3人がドライバーズランキング3位の座を争うが、ドライバーズランキング3位のライコネンは、4位のボッタスに14ポイント、5位のフェルスタッペンに17ポイントの差を付けており、当レースでドライバーそれぞれの以下の条件を満たせばドライバーズランキング3位が確定する[7]
  1. ライコネンが4位以内 - ボッタスとフェルスタッペンの順位に関係なく3位が確定
  2. ライコネンが5位 - ボッタスが2位以下で3位確定
  3. ライコネンが6位~8位 - ボッタスとフェルスタッペンが共に2位以下で3位確定
  4. ライコネンが9位 - ボッタスが3位以下とフェルスタッペンが2位以下で3位確定
  5. ライコネンが10位 - ボッタスとフェルスタッペンが共に3位以下で3位確定
  6. ライコネンが11位以下またはリタイア - ボッタスが4位以下とフェルスタッペンが3位以下で3位確定
ボッタスの逆転3位の条件は以下の通り。
  1. ボッタスが優勝 - ライコネンが5位以下
  2. ボッタスが2位 - ライコネンが9位以下またはフェルスタッペンが2位以下
  3. ボッタスが3位 - ライコネンが11位以下またはフェルスタッペンが3位以下
フェルスタッペンの逆転3位の条件は以下の通り。
  1. フェルスタッペンが優勝 - ライコネンが6位以下
  2. フェルスタッペンが2位 - ライコネンが10位以下とボッタスが3位以下
2019年シーズンの動向


エントリーリスト編集

2019年のF1世界選手権に参加しないことが決まっているフェルナンド・アロンソエステバン・オコンストフェル・バンドーンマーカス・エリクソンセルゲイ・シロトキンは、ひとまず本レースが最後の出走となる。なお、本年はシーズン途中でのドライバー交代が1回も行われなかった。

フリー走行編集

金曜午前のFP1で、ルイス・ハミルトンがカーナンバー「1」をマシンのノーズに付けて走行した。ハミルトンはチャンピオンドライバーのみが使用できる「1」を付けることを好まなかったが、チームメンバーの願いを受けたことで使用許可を求め、特例として認められた。なお、エンジンカバーのナンバーは「44」のままで、FP2以降はノーズも「44」に戻している[12]。ハミルトンはFP1でピットレーンに入る際にピット入口の白線を横切ったため、2回目の戒告処分を受けている[13]

FP3の終了間際にロマン・グロージャンピエール・ガスリーが接触し審議対象となったが、お咎めなしとなった[14]。なお、このFP3の時点で既にガスリーの電気系統に問題が発生しており、予選でもパワーユニットの問題が発生することになる[15]

予選編集

2018年11月24日 17:00 GST(UTC+4) 晴(ドライ)

ルイス・ハミルトンが今季11回目のポールポジションを獲得し、メルセデスフロントローを独占した。ピエール・ガスリーはQ1でパワーユニットにトラブルが発生してマシンを止め、17位でQ1敗退となった[16]。なお、決勝はアメリカGPで使用した中古のパワーユニットを使用するためグリッド降格を免れ、全車予選順位通りのスターティンググリッドとなる[17]。最後の予選となったフェルナンド・アロンソは予選を15位で終え、18位でQ1敗退となったストフェル・バンドーンを上回り、今シーズンの全21戦でバンドーンに全勝した。今シーズンでチームメイトに全勝したのはアロンソのみである[18]

結果編集

Pos. No. ドライバー コンストラクター Q1 Q2 Q3 Grid
1 44   ルイス・ハミルトン メルセデス 1:36.828 1:35.693 1:34.794 1
2 77   バルテリ・ボッタス メルセデス 1:36.789 1:36.392 1:34.956 2
3 5   セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:36.775 1:36.345 1:35.125 3
4 7   キミ・ライコネン フェラーリ 1:37.010 1:36.735 1:35.365 4
5 3   ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 1:37.117 1:36.964 1:35.401 5
6 33   マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 1:37.195 1:36.144 1:35.589 6
7 8   ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 1:37.575 1:36.732 1:36.192 7
8 16   シャルル・ルクレール ザウバー-フェラーリ 1:37.124 1:36.580 1:36.237 8
9 31   エステバン・オコン フォース・インディア-メルセデス 1:36.936 1:36.814 1:36.540 9
10 27   ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1:37.569 1:36.630 1:36.542 10
11 55   カルロス・サインツ ルノー 1:37.757 1:36.982 11
12 9   マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 1:37.619 1:37.132 12
13 20   ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 1:37.934 1:37.309 13
14 11   セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 1:37.255 1:37.541 14
15 14   フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ルノー 1:37.890 1:37.743 15
16 28   ブレンドン・ハートレイ トロ・ロッソ-ホンダ 1:37.994 16
17 10   ピエール・ガスリー トロ・ロッソ-ホンダ 1:38.166 17
18 2   ストフェル・バンドーン マクラーレン-ルノー 1:38.577 18
19 35   セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ-メルセデス 1:38.635 19
20 18   ランス・ストロール ウィリアムズ-メルセデス 1:38.682 20
107% time: 1:43.549
ソース:[19][20]

決勝編集

2018年11月25日 17:10 GST(UTC+4) 晴(ドライ)

ルイス・ハミルトンポール・トゥ・ウィンで今季11勝目[21]を挙げ、F1史上初となるシーズン中の400ポイント超えとなるドライバーズポイント408点を叩き出し、2013年セバスチャン・ベッテルが記録した397ポイントを11ポイント上回る新たな最高記録が誕生した。一方でハミルトンの今季の平均獲得ポイントは19.4ポイントであり、2013年のベッテルの平均獲得ポイント20.8ポイントは惜しくも上回らなかった。ベッテルはレース終盤にファステストラップを出して2位。フェラーリとしてはラストレースを飾ったキミ・ライコネンは7周目にスローダウンし、ホームストレートでマシンを止めた。それでもドライバーズランキング3位をキープし、フェラーリ勢のドライバーズランキング2-3が決まった。またフェラーリ勢は今季唯一、全戦入賞を達成したチームとなった。バルテリ・ボッタスはレース中盤にタイヤをロックしてしまい、ベッテルとマックス・フェルスタッペンに抜かれて5位に終わり、ドライバーズランキングもライコネンを逆転出来なかったばかりかフェルスタッペンにも抜かれて5位に転落。今季3強チームのドライバーで唯一の未勝利に終わった。フェルスタッペンは3位表彰台を獲得してボッタスを2ポイント上回るランキング4位を決めた。6位はルノーのカルロス・サインツ、7位はザウバーのシャルル・ルクレール。トロ・ロッソのピエール・ガスリーは10位を走行中にまたしてもパワーユニットのトラブルに泣かされ、リタイアに終わった。F1最後のレースとなるフェルナンド・アロンソは入賞に一歩及ばず11位でフィニッシュ、最終レースに相応しくドライバー・オフ・ザ・デーに選出され、レッドブル勢は7戦連続選出はならなかった。

ウイニングランではハミルトンとベッテル、そしてアロンソもドーナツターンを披露した[22]。名門のウィリアムズ勢は今季唯一10ポイント未満でまさかのコンストラクターランキング最下位で終わった。

展開編集

開始直後ロマン・グロージャンニコ・ヒュルケンベルグが接触。ヒュルケンベルグのマシンは一回転してフェンスに直撃後、エンジンが火を噴くなどやや危険であった。ヒュルケンベルクは裏返しになった車体をマーシャルに元に戻してもらい、自力でマシンを降りた。マシンの性能に苦しむバルテリ・ボッタスは後続に次々と抜かれ、39週目にはDRSを使用したダニエル・リカルドに難なくスルーされ5位にまでポジションを落とした。47週目エステバン・オコンはエンジンブローからピットインしたものの、ピットレーンで止まってしまう。マシンのセットアップに助けられたシャルル・ルクレールが7位まで順位を上げた。今シーズンでF1を去るセルゲイ・シロトキンは最下位でレースを終えた[23]

結果編集

Pos. No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 Grid Pts.
1 44   ルイス・ハミルトン メルセデス 55 1:39:40.382 1 25
2 5   セバスチャン・ベッテル フェラーリ 55 +2.581 3 18
3 33   マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 55 +12.706 6 15
4 3   ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 55 +15.379 5 12
5 77   バルテリ・ボッタス メルセデス 55 +47.957 2 10
6 55   カルロス・サインツ ルノー 55 +1:12.548 11 8
7 16   シャルル・ルクレール ザウバー-フェラーリ 55 +1:30.789 8 6
8 11   セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 55 +1:31.275 14 4
9 8   ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 54 +1 Lap 7 2
10 20   ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 54 +1 Lap 13 1
11 14   フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ルノー 54 +1 Lap 1 15
12 28   ブレンドン・ハートレイ トロ・ロッソ-ホンダ 54 +1 Lap 16
13 18   ランス・ストロール ウィリアムズ-メルセデス 54 +1 Lap 20
14 2   ストフェル・バンドーン マクラーレン-ルノー 54 +1 Lap 18
15 35   セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ-メルセデス 54 +1 Lap 19
Ret 10   ピエール・ガスリー トロ・ロッソ-ホンダ 46 パワーユニット 17
Ret 31   エステバン・オコン 2 フォース・インディア-メルセデス 44 パワーユニット 9
Ret 9   マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 24 パワーユニット 12
Ret 7   キミ・ライコネン フェラーリ 6 電気系統 4
Ret 27   ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 0 接触 10
ソース:[24]
ファステストラップ[25]
ラップリーダー[26]
追記
  • ^1 - アロンソはターン8からターン9をコースアウトしてアドバンテージを得ようとしたため、5秒ペナルティとペナルティポイント1点(合計6点)が科せられた。5秒ペナルティをピットインで消化しなかったため、レースタイムに5秒加算された[27]
  • ^2 - オコンはターン17をコースアウトしてアドバンテージを得ようとしたため、5秒ペナルティとペナルティポイント1点(合計6点)が科せられた[28]

ランキング編集

  • :ドライバー、コンストラクター共にトップ5のみ表示。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Abu Dhabi”. The Official F1 Website. 2018年11月23日閲覧。
  2. ^ F1アブダビGP全20人のタイヤ選択:トロロッソ・ホンダがハイパーソフトを最多の10セットチョイス”. AUTOSPORTweb (2018年11月15日). 2018年11月23日閲覧。
  3. ^ マクラーレン、F1を去るアロンソに敬意を表し、スペシャルカラーのマシンを用意。32年ぶりの取り組み”. AUTOSPORTweb (2018年11月22日). 2018年11月23日閲覧。
  4. ^ フェルナンド・アロンソ、F1引退レースに特別ヘルメットを用意”. F1-Gate.com (2018年11月23日). 2018年11月23日閲覧。
  5. ^ フェルナンド・アロンソ、レーシングスーツも“ラスト仕様”の特別デザイン”. F1-Gate.com (2018年11月24日). 2018年11月25日閲覧。
  6. ^ カルロス・サインツ、ヘルメットに“カーナンバー14”でアロンソに敬意”. F1-Gate.com (2018年11月24日). 2018年11月25日閲覧。
  7. ^ 【F1アブダビGPプレビュー】2018年ラストレース。夕暮れのアブダビで最後に笑うのは? 【3点解説】”. スポーティングニュース・ジャパン (2018年11月22日). 2018年11月23日閲覧。
  8. ^ クビカとウイリアムズの契約が正式に発表。大アクシデントから8年、奇跡のF1復帰果たす”. AUTOSPORTweb (2018年11月22日). 2018年11月23日閲覧。
  9. ^ セルゲイ・シロトキン後援者 「ウィリアムズ離脱は我々側の決定」”. F1-Gate.com (2018年11月23日). 2018年11月23日閲覧。
  10. ^ エステバン・オコン、2019年のメルセデスF1のリザーブドライバーに就任”. F1-Gate.com (2018年11月24日). 2018年11月25日閲覧。
  11. ^ Entry List”. FIA (2018年11月22日). 2018年11月23日閲覧。
  12. ^ ハミルトン、特例でカーナンバー「1」を使用。「チームの皆が喜ぶから」”. AUTOSPORTweb (2018年11月24日). 2018年11月25日閲覧。
  13. ^ ハミルトンに戒告処分。パワーユニット交換によるペナルティは回避か:F1アブダビGP金曜”. AUTOSPORTweb (2018年11月24日). 2018年11月25日閲覧。
  14. ^ ピエール・ガスリーとロマン・グロージャンの一件はお咎めなし”. F1-Gate.com (2018年11月25日). 2018年11月25日閲覧。
  15. ^ トロロッソ「ホンダエンジンはFP3で電気系トラブルに見舞われていた」F1アブダビGP《予選》2018”. Formula1-Data (2018年11月25日). 2018年11月25日閲覧。
  16. ^ ホンダF1 「大切な最終戦の予選Q1でPUにトラブルが発生してしまった」”. F1-Gate.com (2018年11月25日). 2018年11月25日閲覧。
  17. ^ グリッドペナルティ対象者はなし/F1第21戦アブダビGPグリッド”. AUTOSPORTweb (2018年11月25日). 2018年11月25日閲覧。
  18. ^ フェルナンド・アロンソ、今季の予選でチームメイトに全勝”. F1-Gate.com (2018年11月25日). 2018年11月25日閲覧。
  19. ^ FORMULA 1 2018 ETIHAD AIRWAYS ABU DHABI GRAND PRIX - QUALIFYING”. The Official F1 Website (2018年11月24日). 2018年11月25日閲覧。
  20. ^ FORMULA 1 2018 ETIHAD AIRWAYS ABU DHABI GRAND PRIX - STARTING GRID”. The Official F1 Website (2018年11月24日). 2018年11月25日閲覧。
  21. ^ F1=アブダビGP、ハミルトンが今季11勝目”. jp.reuters.com. 2018年11月26日閲覧。
  22. ^ F1アブダビGP決勝:王者ハミルトンが貫禄の優勝、ガスリーはまたしてもトラブル”. AUTOSPORTweb (2018年11月26日). 2018年11月26日閲覧。
  23. ^ ハミルトンが優勝で有終の美!”. ja.espnf1.com. 2018年11月26日閲覧。
  24. ^ FORMULA 1 2018 ETIHAD AIRWAYS ABU DHABI GRAND PRIX - RACE RESULT”. The Official F1 Website (2018年11月25日). 2018年11月26日閲覧。
  25. ^ FORMULA 1 2018 ETIHAD AIRWAYS ABU DHABI GRAND PRIX - FASTEST LAPS”. The Official F1 Website (2018年11月25日). 2018年11月26日閲覧。
  26. ^ History Chart”. FIA (2018年11月25日). 2018年11月26日閲覧。
  27. ^ Offence Doc39 - F.Alonso”. FIA (2018年11月25日). 2018年11月26日閲覧。
  28. ^ Offence Doc36 - E.Ocon”. FIA (2018年11月25日). 2018年11月26日閲覧。
前戦
2018年ブラジルグランプリ
FIA F1世界選手権
2018年シーズン
前回開催
2017年アブダビグランプリ
  アブダビグランプリ次回開催
2019年アブダビグランプリ