メインメニューを開く

2018年ブラジルグランプリ2018 Brazilian Grand Prix)は、2018年のF1世界選手権第20戦として、2018年11月11日インテルラゴス・サーキットで開催された。

ブラジルの旗 2018年ブラジルグランプリ
レース詳細
Autódromo José Carlos Pace (AKA Interlagos) track map.svg
日程 2018年シーズン第20戦
決勝開催日 11月11日
開催地 インテルラゴス・サーキット
ブラジルの旗 ブラジル サンパウロ
コース 恒久的レース施設
コース長 4.309km
レース距離 71周 (305.879km)
決勝日天候 晴 (ドライ)
ポールポジション
ドライバー
タイム 1:07.281
ファステストラップ
ドライバー フィンランドの旗 バルテリ・ボッタス
タイム 1:10.540 (65周目)
決勝順位
優勝
2位
3位

正式名称は「FORMULA 1 GRANDE PRÊMIO HEINEKEN DO BRASIL 2018[1]

レース前編集

本レースでピレリが供給するドライタイヤのコンパウンドは、ミディアム、ソフト、スーパーソフトの3種類[2]

メルセデスコンストラクターズチャンピオン獲得条件
首位のメルセデスは2位のフェラーリに55点差を付けており、本レースでメルセデスのいずれかのドライバーが優勝するか、フェラーリがメルセデスより13点以上多くポイントを獲得できなかった場合、2014年のV6ターボ・パワーユニット導入以来、メルセデスの5年連続5回目のコンストラクターズチャンピオンが決定する[3]


エントリーリスト編集

1972年の初開催(同年のみF1非選手権レースとして開催。翌1973年からF1世界選手権レースの一戦となる)以来、初めて地元ブラジル人ドライバーがいないブラジルGPとなる[4]

フリー走行編集

レッドブルは、ダニエル・リカルドが前戦メキシコGPでリタイアした際にマーシャルが消火器を使い、その消火剤によってターボチャージャーにダメージが生じたため、6基目のターボチャージャーを投入した。これにより、リカルドは5グリッド降格となる[6]。また、エステバン・オコンは6戦以内のギアボックス交換により5グリッド降格となる[7]

トロ・ロッソは、金曜日のFP1とFP2でホンダの旧型「スペック2」を使用し[8]、土曜のFP3から「スペック3」に載せ替えた[9]。FP2でニコ・ヒュルケンベルグが最終コーナーでクラッシュを喫し、赤旗中断となっている[10]

予選編集

2018年11月10日 15:00 BRST(UTC-2) 曇一時小雨(ドライ)

ルイス・ハミルトンセバスチャン・ベッテルを0.093秒差の僅差で抑え、今季10回目のポールポジションを獲得した。Q1から降雨を気にしながらの展開となったが、完全に路面を濡らす状況には至らなかった。フェラーリ勢はソフトタイヤでQ2を通過し、決勝をソフトでスタートすることになったが、ベッテルはFIAの車重計測の規定に従わなかった疑いで審議され、戒告処分および25,000ユーロ(約320万円)の罰金を科された[11]。ハミルトンはQ2でセルゲイ・シロトキンとあわや接触しかけたが[12]、この件でシロトキンに戒告処分が科された[13]。また、ケビン・マグヌッセンもQ2でインラップを走行中に大幅に速度を落としたため、2回目の戒告処分を受けている[14]

結果編集

Pos. No. ドライバー コンストラクター Q1 Q2 Q3 Grid
1 44   ルイス・ハミルトン メルセデス 1:08.464 1:07.795 1:07.281 1
2 5   セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:08.452 1:07.776 1:07.374 2
3 77   バルテリ・ボッタス メルセデス 1:08.492 1:07.727 1:07.441 3
4 7   キミ・ライコネン フェラーリ 1:08.452 1:08.028 1:07.456 4
5 33   マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 1:08.205 1:08.017 1:07.778 5
6 3   ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 1:08.544 1:08.055 1:07.780 11 1
7 9   マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 1:08.754 1:08.579 1:08.296 6
8 16   シャルル・ルクレール ザウバー-フェラーリ 1:08.667 1:08.335 1:08.492 7
9 8   ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 1:08.735 1:08.239 1:08.517 8
10 10   ピエール・ガスリー トロ・ロッソ-ホンダ 1:09.046 1:08.616 1:09.029 9
11 20   ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 1:08.474 1:08.659 10
12 11   セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 1:09.217 1:08.741 12
13 31   エステバン・オコン フォース・インディア-メルセデス 1:09.264 1:08.770 18 2
14 27   ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1:09.009 1:08.834 13
15 35   セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ-メルセデス 1:09.259 1:10.381 14
16 55   カルロス・サインツ ルノー 1:09.269 15
17 28   ブレンドン・ハートレイ トロ・ロッソ-ホンダ 1:09.280 16
18 14   フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ルノー 1:09.402 17
19 18   ランス・ストロール ウィリアムズ-メルセデス 1:09.441 19
20 2   ストフェル・バンドーン マクラーレン-ルノー 1:09.601 20
107% time: 1:12.979
ソース:[15][16]
追記
  • ^1 - リカルドはFP1で規定を超えるパワーユニット交換(6基目のターボチャージャー(TC))を行ったため5グリッド降格[17][6]
  • ^2 - オコンはFP3で6戦以内のギアボックス交換を行ったため5グリッド降格[18][7]

決勝編集

2018年11月11日 15:10 BRST(UTC-2) 晴(ドライ)

大接戦の中、ルイス・ハミルトンが左フロントのブリスターに苦しみながらもマックス・フェルスタッペンの猛追に耐えポール・トゥ・ウィンで今季10勝目を挙げ、2014年のV6ターボ・パワーユニット導入以来メルセデスが5年連続5回目のコンストラクターズチャンピオンを獲得した。2位のフェルスタッペンはフェラーリ勢やバルテリ・ボッタスをオーバーテイクしながら、タイヤ交換作戦を的中させてハミルトンからトップの座を奪うも、周回遅れのエステバン・オコンとの接触が響いて優勝を逃した。怒りの収まらないフェルスタッペンは、チェッカーを受けた後の無線で放送禁止用語を数度にわたり使い[19]、レース終了後の体重測定でオコンに言い寄って胸ぐらを突き飛ばしたため、社会奉仕2日間の罰則が科せられた[20]。それでもフェルスタッペンは3戦連続でドライバー・オブ・ザ・デーに選出され、6戦連続でレッドブル勢がドライバー・オブ・ザ・デーを独占することとなった。その2か月後の1月12日に開催されたフォーミュラE第2戦マラケシュE-PrixでFIAスチュワードの仕事を見学することがフェルスタッペンに命じられ、これを1つ目の社会奉仕活動を消化した。残る1つは現時点で未定。

3位のキミ・ライコネンは追いすがるダニエル・リカルドを抑えきって表彰台を獲得した。年間8度の3位表彰台はライコネンにとって初のシーズンであり、リカルドもマシントラブルが相次ぐレースが続いていたことからレース後は安堵の表情を浮かべていた。1位集団4人から17秒以上遅れて5位はボッタス、6位はセンサー不調のトラブルに見舞われたセバスチャン・ベッテルがそれぞれチェッカーを受けた。7位はザウバーのシャルル・ルクレール、来季フェラーリ入りが確定した中でまたも安定した成績を残した。

昨年よりは接戦となったコンストラクターズタイトルは、結果的にはメルセデスの5連覇、フェラーリが2位に順位が確定した。一方でライコネンにこの時点で今季3強チーム唯一の未勝利ドライバーのボッタスとフェルスタッペンの3位争いは最終戦まで持ち越されることとなり、その条件はアブダビGPに譲る。またハミルトンは最終戦で2位以内でフィニッシュすれば、F1史上初のシーズン中のドライバーズポイント400ポイント超え、3位以内でフィニッシュなら、2013年シーズンのベッテルのドライバーズポイント最高記録の397ポイントを上回ることとなる。

展開編集

28周目に、フェラーリが通常とは逆のチームオーダーを発令し、ライコネンを前に出しベッテルを後にする。前述のようにフェルスタッペンは周回遅れのオコンにつかまったが、順位を大きく落とすことはなく2位でフィニッシュできた。59週目にはリカルドがボッタスをとらえた。コンストラクターズ選手権こそメルセデスに奪われたものの、メルセデス帝国とまで呼ばれたハミルトン・ボッタスのコンビの地位が揺らぎつつあることを痛感させるレース内容であった[21]

結果編集

Pos. No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 Grid Pts.
1 44   ルイス・ハミルトン メルセデス 71 1:27:09.066 1 25
2 33   マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 71 +1.469 5 18
3 7   キミ・ライコネン フェラーリ 71 +4.764 4 15
4 3   ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 71 +5.193 11 12
5 77   バルテリ・ボッタス メルセデス 71 +22.943 3 10
6 5   セバスチャン・ベッテル フェラーリ 71 +26.997 2 8
7 16   シャルル・ルクレール ザウバー-フェラーリ 71 +44.199 7 6
8 8   ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 71 +51.230 8 4
9 20   ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 71 +52.857 10 2
10 11   セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 70 +1 Lap 12 1
11 28   ブレンドン・ハートレイ トロ・ロッソ-ホンダ 70 +1 Lap 16
12 55   カルロス・サインツ ルノー 70 +1 Lap 15
13 10   ピエール・ガスリー トロ・ロッソ-ホンダ 70 +1 Lap 9
14 31   エステバン・オコン 1 フォース・インディア-メルセデス 70 +1 Lap 18
15 2   ストフェル・バンドーン マクラーレン-ルノー 70 +1 Lap 2 20
16 35   セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ-メルセデス 69 +2 Laps 14
17 14   フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ルノー 69 +2 Laps 3 17
18 18   ランス・ストロール ウィリアムズ-メルセデス 69 +2 Laps 19
Ret 27   ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 32 パワーユニット 13
Ret 9   マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 20 接触ダメージ 6
ソース:[22]
ファステストラップ[23]
ラップリーダー[24]
追記
  • ^1 - オコンはターン2でフェルスタッペンと接触した責任を問われ、10秒のストップ&ゴーペナルティとペナルティポイント3点が加算された(合計5点)[25]
  • ^2 - バンドーンは青旗無視のため、5秒ペナルティとペナルティポイント2点が加算された(合計3点)。5秒ペナルティをピットインで消化しなかったため、レースタイムに5秒加算された[26]
  • ^3 - アロンソは青旗無視のため、5秒ペナルティとペナルティポイント2点が加算された(合計3点)。5秒ペナルティをピットインで消化しなかったため、レースタイムに5秒加算された[27]

第20戦終了時点のランキング編集

  • :ドライバー、コンストラクター共にトップ5のみ表示。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Brazil”. The Official F1 Website. 2018年11月10日閲覧。
  2. ^ F1第20戦ブラジルGP全20人のタイヤ選択:トロロッソ・ホンダがスーパーソフトを8セットチョイス”. AUTOSPORTweb (2018年11月1日). 2018年11月10日閲覧。
  3. ^ 大金の懸かったコンストラクターズ選手権の行方”. ESPN F1 (2018年11月5日). 2018年11月10日閲覧。
  4. ^ F1 Topic:2018年で46回目を迎えるブラジルGPは史上初、ブラジル人不在のレースに”. AUTOSPORTweb (2018年11月7日). 2018年11月11日閲覧。
  5. ^ Entry List”. FIA (2018年11月8日). 2018年11月10日閲覧。
  6. ^ a b リカルドにグリッド降格ペナルティ。消火器使用が原因の不運なターボチャージャー故障で”. AUTOSPORTweb (2018年11月10日). 2018年11月10日閲覧。
  7. ^ a b エステバン・オコン、ギアボックス交換で5グリッド降格 / F1ブラジルGP”. F1-Gate.com (2018年11月10日). 2018年11月10日閲覧。
  8. ^ ホンダF1、ブラジル金曜は旧仕様PUでプログラムを消化「12番手は心強い。天候に臨機応変に対応し、予選で好結果を」と田辺TD”. AUTOSPORTweb (2018年11月10日). 2018年11月10日閲覧。
  9. ^ ホンダ田辺TD「チームとガスリーが難しいコンディションにうまく対応、予選Q3進出を果たすことができた」:F1ブラジルGP土曜”. AUTOSPORTweb (2018年11月11日). 2018年11月11日閲覧。
  10. ^ 【動画】 F1ブラジルGP フリー走行2回目 ハイライト”. F1-Gate.com (2018年11月10日). 2018年11月10日閲覧。
  11. ^ ベッテルが車重計測の際に問題行動も、グリッド降格を免れる。戒告と320万円の罰金処分に”. AUTOSPORTweb (2018年11月11日). 2018年11月11日閲覧。
  12. ^ ルイス・ハミルトン、セルゲイ・シロトキンとのニアミス事故に不快感”. F1-Gate.com (2018年11月11日). 2018年11月11日閲覧。
  13. ^ シロトキン「タイヤを温めようと、アウトラップでプッシュしていた」”. jp.motorsport.com (2018年11月11日). 2018年11月12日閲覧。
  14. ^ マグヌッセン、予選中のインラップで大幅に速度を落とし叱責処分”. jp.motorsport.com (2018年11月11日). 2018年11月12日閲覧。
  15. ^ FORMULA 1 GRANDE PRÊMIO HEINEKEN DO BRASIL 2018 - QUALIFYING”. The Official F1 Website (2018年11月10日). 2018年11月11日閲覧。
  16. ^ FORMULA 1 GRANDE PRÊMIO HEINEKEN DO BRASIL 2018 - STARTING GRID”. The Official F1 Website (2018年11月10日). 2018年11月11日閲覧。
  17. ^ Stewards Decision Doc7 - D.Ricciardo”. FIA (2018年11月9日). 2018年11月11日閲覧。
  18. ^ Offence Doc14 - E.Ocon”. FIA (2018年11月10日). 2018年11月11日閲覧。
  19. ^ 長い音声処理が入った。フジテレビNEXTの生放送実況では「なんて〇〇は馬鹿なんだ」と翻訳され、〇〇の部分が音声処理されている。
  20. ^ フェルスタッペン、オコンへの”小競り合い”により、「社会奉仕2日間」の罰則”. jp.motorsport.com (2018年11月12日). 2018年11月12日閲覧。
  21. ^ ハミルトン優勝、メルセデスが5連覇達成!”. ja.espnf1.com (2018年11月12日). 2018年11月15日閲覧。
  22. ^ FORMULA 1 GRANDE PRÊMIO HEINEKEN DO BRASIL 2018 - RACE RESULT”. The Official F1 Website (2018年11月11日). 2018年11月12日閲覧。
  23. ^ FORMULA 1 GRANDE PRÊMIO HEINEKEN DO BRASIL 2018 - FASTEST LAPS”. The Official F1 Website (2018年11月11日). 2018年11月12日閲覧。
  24. ^ Lap Chart”. FIA (2018年11月11日). 2018年11月12日閲覧。
  25. ^ Summons Doc33 - E.Ocon”. FIA (2018年11月11日). 2018年11月12日閲覧。
  26. ^ Offence Doc 38 - S.Vandoorne”. FIA (2018年11月11日). 2018年11月12日閲覧。
  27. ^ Summons Doc35 - F.Alonso”. FIA (2018年11月11日). 2018年11月12日閲覧。
前戦
2018年メキシコグランプリ
FIA F1世界選手権
2018年シーズン
次戦
2018年アブダビグランプリ
前回開催
2017年ブラジルグランプリ
  ブラジルグランプリ次回開催
2019年ブラジルグランプリ