2021年イタリアグランプリ

2021年イタリアグランプリ: 2021 Italian Grand Prix)は、2021年のF1世界選手権第14戦として、2021年9月12日モンツァ・サーキットで開催された。

イタリアの旗 2021年イタリアグランプリ
レース詳細
Monza track map.svg
日程 2021年シーズン第14戦
決勝開催日 9月12日
開催地 モンツァ・サーキット
イタリアの旗 イタリア モンツァ
コース長 5.793km
レース距離 53周(306.72km)
決勝日天候 晴れ
ポールポジション
ドライバー
ファステストラップ
ドライバー オーストラリアの旗 ダニエル・リカルド
タイム 1:28.617(53周目)
決勝順位
優勝
2位
3位

正式名称は「Formula 1 Heineken Gran Premio D’italia 2021[1]

背景編集

レース前のチャンピオンシップ順位
ドライバーズタイトルはマックス・フェルスタッペンが前戦オランダGPで優勝したことにより、ルイス・ハミルトンに対し3ポイントの差をつけ、ハンガリーGP以来再び首位に立った。コンストラクターズはメルセデス勢が2,3位でゴールしたことにより、レッドブルに対し12ポイントまで差を広げている[2]
タイヤ
本レースでピレリが持ち込むドライ用タイヤのコンパウンドはハード(白):C2、ミディアム(黄):C3、ソフト(赤):C4の中間の組み合わせ[3]
その他
スプリント予選レース(参考出典先[8]
今季2回目の開催となる従来の予選に代わる決勝のグリッドを決めるためのレース距離100kmで行われる予備レース[9]。金曜日のフリー走行2回目の時間帯は、翌日のスプリント予選レースに向けた予選を行い、土曜日の予選の時間帯にはスプリント予選レースが実施される。それに合わせ、同GPは以下のスケジュールに変更される。
従来のレースフォーマット 2021年イタリアGP
金曜日 フリー走行1 フリー走行1
フリー走行2 スプリント予選レースの予選
土曜日 フリー走行3 フリー走行2
予選 スプリント予選レース
日曜日 決勝 決勝
これ以外にも変更される点は以下のものとなる。
  • このレースでの順位が決勝のグリッドとなり、勝者は従来の予選でのポールポジション獲得者として記録される。また、上位3名にはチャンピオンシップポイントが付与される(1位:3点、2位:2点、3位:1点)[10]
  • パルクフェルメは金曜予選から適用されるが、安全上の配慮からいくつかのパーツ交換と調整は許可されている。
  • このレースの前後に日曜日の決勝前のようなセレモニーやドライバーズパレード、表彰式などは行われない。

エントリーリスト編集

レギュラーシートについては前戦オランダGPから変更なし。

フリー走行編集

FP1[13]
9月10日 14:30 CEST(UTC+2)
トップはルイス・ハミルトン。午後のスプリント予選レースの予選からパルクフェルメが適用されるため、各車が慌ただしいセッションとなった。
FP2[14]
9月11日 12:00 CEST(UTC+2)
トップはルイス・ハミルトン。前日の予選からパルクフェルメが適用されているため、各車はロングランペースを確認するに留まった。セッション半ばにカルロス・サインツがアスカリ・シケインで姿勢を乱しバリアにヒット。セッションが12分中断した。

予選編集

9月10日 18:00 CEST(UTC+2)(文章の出典先[15]

スプリント予選レースのポールを獲得したのはバルテリ・ボッタス。2位は0.096秒差でルイス・ハミルトン、3位に0.441秒差でマックス・フェルスタッペンが続いた。Q1ではコース上で渋滞が発生するなど計測ラップを断念するドライバーが相次いだ。Q2でも各車が同じタイミングでピットアウトしたことにより、ピットレーンで渋滞が発生し数チームに罰金が科せられた[16]

予選結果編集

順位 No. ドライバー コンストラクター Q1 Q2 Q3 Grid
1 77   バルテリ・ボッタス メルセデス 1:20.685 1:20.032 1:19.555 1
2 44   ルイス・ハミルトン メルセデス 1:20.543 1:19.936 1:19.651 2
3 33   マックス・フェルスタッペン レッドブル-ホンダ 1:21.035 1:20.229 1:19.966 3
4 4   ランド・ノリス マクラーレン-メルセデス 1:20.916 1:20.059 1:19.989 4
5 3   ダニエル・リカルド マクラーレン-メルセデス 1:21.292 1:20.435 1:19.995 5
6 10   ピエール・ガスリー アルファタウリ-ホンダ 1:21.440 1:20.556 1:20.260 6
7 55   カルロス・サインツ フェラーリ 1:21.118 1:20.750 1:20.462 7
8 16   シャルル・ルクレール フェラーリ 1:21.219 1:20.767 1:20.510 8
9 11   セルジオ・ペレス レッドブル-ホンダ 1:21.308 1:20.882 1:20.611 9
10 99   アントニオ・ジョヴィナッツィ アルファロメオ-フェラーリ 1:21.197 1:20.726 1:20.808 10
11 5   セバスチャン・ベッテル アストンマーティン-メルセデス 1:21.394 1:20.913 11
12 18   ランス・ストロール アストンマーティン-メルセデス 1:21.415 1:21.020 12
13 14   フェルナンド・アロンソ アルピーヌ-ルノー 1:21.487 1:21.069 13
14 31   エステバン・オコン アルピーヌ-ルノー 1:21.500 1:21.103 14
15 63   ジョージ・ラッセル ウィリアムズ-メルセデス 1:21.890 1:21.392 15
16 6   ニコラス・ラティフィ ウィリアムズ-メルセデス 1:21.925 16
17 22   角田裕毅 アルファタウリ-ホンダ 1:21.973 17
18 47   ミック・シューマッハ ハース-フェラーリ 1:22.248 18
19 88   ロバート・クビサ アルファロメオ-フェラーリ 1:22.530 19
20 9   ニキータ・マゼピン ハース-フェラーリ 1:22.716 20
107% time: 1:26.181
ソース:[17][18]

スプリント予選レース編集

9月11日 16:30 CEST(UTC+2)(文章の出典先[19]

ポールを獲得したのはバルテリ・ボッタス。2位はマックス・フェルスタッペン、3位はダニエル・リカルドと続いた。上位3名にはメダルが贈られた。スタートで出遅れたルイス・ハミルトンランド・ノリスにも先行を許し5位で予選レースを終えた。

スプリント予選レース結果編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 Grid Pts. Final
Grid
1 77   バルテリ・ボッタス メルセデス 18 27:54.078 1 3 191
2 33   マックス・フェルスタッペン レッドブル-ホンダ 18 +2.325 3 2 1
3 3   ダニエル・リカルド マクラーレン-メルセデス 18 +14.534 5 1 2
4 4   ランド・ノリス マクラーレン-メルセデス 18 +18.835 4 3
5 44   ルイス・ハミルトン メルセデス 18 +20.011 2 4
6 16   シャルル・ルクレール フェラーリ 18 +23.442 8 5
7 55   カルロス・サインツ フェラーリ 18 +27.952 7 6
8 99   アントニオ・ジョヴィナッツィ アルファロメオ-フェラーリ 18 +31.089 10 7
9 11   セルジオ・ペレス レッドブル-ホンダ 18 +31.680 9 8
10 18   ランス・ストロール アストンマーティン-メルセデス 18 +38.671 12 9
11 14   フェルナンド・アロンソ アルピーヌ-ルノー 18 +39.795 9 10
12 5   セバスチャン・ベッテル アストンマーティン-メルセデス 18 +41.177 11 11
13 31   エステバン・オコン アルピーヌ-ルノー 18 +43.373 14 12
14 6   ニコラス・ラティフィ ウィリアムズ-メルセデス 18 +45.977 16 13
15 63   ジョージ・ラッセル ウィリアムズ-メルセデス 18 +46.821 15 14
16 22   角田裕毅 アルファタウリ-ホンダ 18 +49.977 17 15
17 9   ニキータ・マゼピン ハース-フェラーリ 18 +62.599 20 16
18 88   ロバート・クビサ アルファロメオ-フェラーリ 18 +65.096 19 17
19 47   ミック・シューマッハ ハース-フェラーリ 18 +66.154 18 18
Ret 10   ピエール・ガスリー アルファタウリ-ホンダ 0 DNF 6 PL2
ソース:[20][21]
追記
  • ^1 – ボッタスは追加のパワーユニットを使用したことにより最後尾からのスタート[22]
  • ^2 – ガスリーは予定外のギアボックスの交換により5グリッド降格と追加のパワーユニットを使用したことにより最後尾グリッドに降格。パルクフェルメ下のマシンに変更を加えたためピットレーンからのスタート[23]

決勝編集

9月12日 15:00 CEST(UTC+2)(文章の出典先[24]

2番グリッドからスタートしたダニエル・リカルドが優勝、2位にランド・ノリスが続いた。マクラーレンの優勝は9年ぶり[注 1]で1-2フィニッシュは11年ぶり[注 2]。3位には最後尾スタートのバルテリ・ボッタスが入った。

チャンピオンシップを争うマックス・フェルスタッペンルイス・ハミルトンは、26周目に両者が並んだままターン2へ進入、内側の縁石に乗り上げたフェルスタッペンがハミルトンの車両に覆いかぶさるようにクラッシュした。これにより両者はリタイア。この事故の主な過失はフェルスタッペンにあるとして、次戦ロシアGPで3グリッド降格とペナルティポイント2点(累積2点)が加算された[25]。ハミルトンのリタイアは2018年オーストリアグランプリ以来、63戦ぶりだった[26]

レース結果編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 Grid Pts.
1 3   ダニエル・リカルド マクラーレン-メルセデス 53 1:21:54.365 2 26FL
2 4   ランド・ノリス マクラーレン-メルセデス 53 +1.747 3 18
3 77   バルテリ・ボッタス メルセデス 53 +4.921 19 15
4 16   シャルル・ルクレール フェラーリ 53 +7.309 5 12
5 11   セルジオ・ペレス レッドブル-ホンダ 53 +8.7231 8 10
6 55   カルロス・サインツ フェラーリ 53 +10.535 6 8
7 18   ランス・ストロール アストンマーティン-メルセデス 53 +15.804 9 6
8 14   フェルナンド・アロンソ アルピーヌ-ルノー 53 +17.201 10 4
9 63   ジョージ・ラッセル ウィリアムズ-メルセデス 53 +19.742 14 2
10 31   エステバン・オコン アルピーヌ-ルノー 53 +20.868 12 1
11 6   ニコラス・ラティフィ ウィリアムズ-メルセデス 53 +23.743 13
12 5   セバスチャン・ベッテル アストンマーティン-メルセデス 53 +24.621 11
13 99   アントニオ・ジョヴィナッツィ アルファロメオ-フェラーリ 53 +27.216 7
14 88   ロバート・クビサ アルファロメオ-フェラーリ 53 +29.769 17
15 47   ミック・シューマッハ ハース-フェラーリ 53 +51.088 18
Ret 9   ニキータ・マゼピン ハース-フェラーリ 41 DNF 16
Ret 44   ルイス・ハミルトン メルセデス 25 DNF 4
Ret 33   マックス・フェルスタッペン レッドブル-ホンダ 25 DNF 1
Ret 10   ピエール・ガスリー アルファタウリ-ホンダ 3 DNF PL
DNS 22   角田裕毅 アルファタウリ-ホンダ 0 DNS 15
ソース:[27][28]

追記編集

  • ^FL - ファステストラップの1点を含む
  • ^1 - ペレスはコース外走行でアドバンテージを得たため5秒のタイムペナルティ[29]

第14戦終了時点のランキング編集

  • :いずれもトップ5まで掲載。
  • :ファストテストラップアワードは同数の場合、カウントバック方式がとられている。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 前回は2012年ブラジルGPジェンソン・バトン
  2. ^ 前回は2010年カナダGPの1位ルイス・ハミルトン、2位ジェンソン・バトン。

出典編集

  1. ^ Italian Grand Prix 2021 - F1 Race”. The Official F1 Website. 2020年9月7日閲覧。
  2. ^ F1オランダGP決勝後ポイントランキング:フェルスタッペンが再びチャンピオンシップをリード”. Formula1-Data (2021年9月6日). 2021年9月8日閲覧。
  3. ^ ピレリ、2021年シーズンの各F1グランプリに持ち込むタイヤコンパウンドを一挙発表”. jp motorsport.com (2021年2月19日). 2021年9月7日閲覧。
  4. ^ バルテリ・ボッタス、今季限りでメルセデス離脱。アルファロメオと複数年契約”. jp motorsport.com (2021年9月6日). 2021年9月7日閲覧。
  5. ^ 【速報】アルファタウリ、2022年もピエール・ガスリー&角田裕毅のラインアップを継続”. jp motorsport.com (2021年9月7日). 2021年9月7日閲覧。
  6. ^ メルセデスF1、2022年シーズンのジョージ・ラッセル起用を発表”. autosport Web. 2021年9月7日閲覧。
  7. ^ アルボンがウイリアムズと契約、2022年F1復帰が決定。チームメイトはラティフィ”. auto sport Web (2021年9月8日). 2021年9月9日閲覧。
  8. ^ スプリント予選レース”. Formula1-Data (2021年7月6日). 2021年9月8日閲覧。
  9. ^ F1イタリアGPでのスプリント予選開催が正式に決定。週末のスケジュールが明らかに”. auto sport Web (2021年7月23日). 2021年9月9日閲覧。
  10. ^ F1、スプリントレース週末の公式記録の扱いを変更。スプリントレース勝者が”ポールシッター”に”. jp motorsport (2021年7月2日). 2021年9月8日閲覧。
  11. ^ 『F1速報 2021年9月16日号 2021年 第12戦 ベルギーGP号』株式会社三栄、2021年9月2日、73頁。
  12. ^ アルファロメオのライコネン、自宅隔離中のためF1イタリアGPも欠場。代役は再びクビサ”. auto sport Web (2021年9月9日). 2021年9月9日閲覧。
  13. ^ ハミルトン、予選前に首位も「PUで0.4秒を隠し持っている」とレッドブルを警戒 / F1イタリアGP《FP1》結果とダイジェスト”. Formula1-Data (2021年9月10日). 2021年9月15日閲覧。
  14. ^ サインツが赤旗クラッシュ!メルセデスがレッドブル・ホンダ勢を退けトップ / F1イタリアGP《FP2》結果とダイジェスト”. Formula1-Data (2021年9月11日). 2021年9月15日閲覧。
  15. ^ 今季末放出のボッタスが最速「良い気分だ!」フェルスタッペンは”満足”の3番手 / F1イタリアGP《予選》結果とダイジェスト”. Formula1-Data (2021年9月11日). 2021年9月15日閲覧。
  16. ^ F1イタリアGP:予選Q2の危険行為でアストンマーチンとアルピーヌに65万円の罰金…マゼピンはお咎めなし”. Formula1-Data (2021年9月11日). 2021年9月15日閲覧。
  17. ^ FORMULA 1 HEINEKEN GRAN PREMIO D’ITALIA 2021 - QUALIFYING”. Formula 1 (2021年9月10日). 2021年9月13日閲覧。
  18. ^ FORMULA 1 HEINEKEN GRAN PREMIO D’ITALIA 2021 - SPRINT GRID”. Formula 1 (2021年9月10日). 2021年9月13日閲覧。
  19. ^ フェルスタッペンとリカルドが最前列!ハミルトンは後退5番手「過小評価の代償」F1イタリアGP《スプリント》結果とダイジェスト”. Formula1-Data (2021年9月12日). 2021年9月15日閲覧。
  20. ^ FORMULA 1 HEINEKEN GRAN PREMIO D’ITALIA 2021 - SPRINT”. Formula 1 (2021年9月11日). 2021年9月14日閲覧。
  21. ^ FORMULA 1 HEINEKEN GRAN PREMIO D’ITALIA 2021 - STARTING GRID”. Formula 1 (2021年9月11日). 2021年9月14日閲覧。
  22. ^ 【追記】ボッタスはペナルティで最後尾、ガスリー&角田はピットレーンスタート/2021年F1第14戦イタリアGPグリッド”. auto sport Web. 2021年9月13日閲覧。
  23. ^ F1イタリアGP:ピエール・ガスリー、車両一新…パルクフェルメ違反でピットスタート”. Formula1-Data (2021年9月12日). 2021年9月13日閲覧。
  24. ^ リカルド「狂ってる!」マクラーレンに9年ぶりの勝利、フェルスタッペンは事故DNF / F1イタリアGP《決勝》結果とダイジェスト”. Formula1-Data (2021年9月13日). 2021年9月15日閲覧。
  25. ^ フェルスタッペン、F1ロシアGPで3グリッド降格ペナ…イタリアでのハミルトン接触事故で責任を問われた3つの理由”. jp motorsport.com (2021年9月13日). 2021年9月15日閲覧。
  26. ^ フェルスタッペンとハミルトンが接触!! 両者リタイア!! ホンダ勢3台が姿を消す大波乱【F1第14戦イタリアGP】”. 中日スポーツ (2021年9月12日). 2021年12月2日閲覧。
  27. ^ FORMULA 1 HEINEKEN GRAN PREMIO D’ITALIA 2021 - RACE RESULT”. Formula 1 (2021年9月12日). 2021年9月14日閲覧。
  28. ^ FORMULA 1 HEINEKEN GRAN PREMIO D’ITALIA 2021 - FASTEST LAPS”. Formula 1 (2021年9月12日). 2021年9月14日閲覧。
  29. ^ レッドブル・ホンダのペレス、追い越し時の違反で表彰台失う「指示なくペナルティが出た」と代表/F1第14戦”. Formula 1 (2021年9月13日). 2021年9月14日閲覧。
  30. ^ 2021 Formula One Italian Grand Prix”. motorsportSTATS (2021年9月12日). 2021年9月14日閲覧。
  31. ^ 2021 Formula One Italian Grand Prix - Team Standings”. motorsportSTATS (2021年9月12日). 2021年9月14日閲覧。
  32. ^ 2021 DHL FASTEST LAP AWARD”. Formula 1 (2021年9月12日). 2021年9月14日閲覧。
前戦
2021年オランダグランプリ
FIA F1世界選手権
2021年シーズン
次戦
2021年ロシアグランプリ
前回開催
2020年イタリアグランプリ
  イタリアグランプリ 次回開催
2022年イタリアグランプリ