2Dアニメーション制作ソフト一覧

ウィキメディアの一覧記事

2Dアニメーション制作ソフト一覧は、デジタルアニメーション制作ソフトウェアの一覧である。

2Dアニメソフトウェア編集

商用ソフトウェア編集

MOHO英語版
Smith Micro Softwareが開発しているアニメーション制作ソフトである。当初はロストマーブルが開発していた。一時期、名前がAnime Studioとなっていたが、元のMOHOに戻された。「MOHO Debut」と「MOHO Pro」という二種類で発売されている。
Toon Boom Harmony
カナダのToon Boom Animation社が開発しているアニメーション制作ソフトで、Toon Boom Opus(旧USAnimation)の後継ソフト。オー・エル・エムが一部に使用している[1]。TVアニメの『怪奇ゾーン グラビティフォールズ』、『アドベンチャー・タイム』やディズニーのアニメーション映画『ポカホンタスII/イングランドへの旅立ち』、『ライオン・キング2 シンバズ・プライド』、『プリンセスと魔法のキス』など2Dアニメーションを制作している[2][3]
TVPaint Animation英語版
フランスのTVPaint Développement社が開発しているタブレットPC向けのアニメーション制作ソフト[4]サンジゲンが使用している[1]
Adobe Animate CC(アドビ・アニメート)
旧Adobe Flash Professional。ベクターベース。Adobe Creative Cloudに付属している。
Adobe Photoshop
アニメーションの作成に対応している[5]。Dope Sheetには未対応。Adobe Creative Cloudに付属している。
Corel Painter
アニメーションの作成機能を搭載している、プロ向けペイントソフト。フレームアニメーションのほか、ブラシストロークアニメーションを古くから搭載していたパイオニア的存在。油彩水彩などの表現を得意とし、背景作画などにも使われる。
CLIP STUDIO PAINT EX
セルシスのペイントソフトであるCLIP STUDIO PAINT (通称クリスタ)の最上位版。v1.5.0でアニメーションに対応し、業界標準で使用されていたRETASの後継となった。
東映アニメーション日本アニメーションライデンフィルム旭プロダクション神風動画スタジオコロリドプロダクション・アイジーシグナル・エムディスタジオ雲雀クリエイターズインパック動画工房など多数のアニメスタジオでデジタル作画や動画などに使用されている[6]。クリスタが使われている有名な作品には『ちびまる子ちゃん[7]がある。
PD Howler英語版
CACANi(カカーニ)
自動中割生成機能、自動彩色システムなど多くの機能があり、アニメーターの作業負担軽減を目的にシンガポール南洋理工大学で開発された2Dアニメーション制作ソフト。その名称は「Computer Assisted Cel Animaion」の略称である。サンライズ オリジンスタジオデイヴィッドプロダクションが使用している。[8][9]
Sketchbook Motion
Autodeskが開発しているiPad用のアニメーションソフト。旧Project Draco。
Procreate英語版
iOS用のペイントアプリであり、アニメーションにも対応している。

フリーソフトウェア編集

OpenToonz(オープントゥーンズ)
Digital Videoが開発していたデジタルセルアニメーション制作ソフト。2016年にオープンソース化された。日本ではスタジオジブリが採用しており、宮崎駿監督の「もののけ姫」以来、Toonzを使用している[10]
2017年2月28日、セルシスが公開したCLIP STUDIO PAINT EXの最新バージョンと連携可能であり、CLIP STUDIO PAINT EXで作成した原画・動画を書き出し、OpenToonzで彩色・仕上げを行うことができる[11][12]
Krita
ペイントソフトだが、3.0で2Dアニメーションに対応した。
Synfig Studio
ベクターベース。
Pencil2D
ビットマップ/ベクター両対応。
Blender
3DCGソフトウェアだが、2D/3D手描きアニメーションの作成が可能なGrease Pencil機能を有する。2.78でGrease Pencil V2が統合され、2.8で2D Animationテンプレートが追加され、手描き機能が年々強化されている。
Grease Pencil機能ではラインのスカルプト編集[13]、フレーム補間 (自動中割)[14]、マルチフレーム編集[15]、モディファイア (非破壊変形)[16]などが可能。
カラーが採用予定[17]

開発停止中編集

RETAS STUDIO(レタススタジオ)
セルシスのアニメーション制作ツールで、長らく日本アニメ業界の標準定番ソフトとなっていた。その名称は「Revolutionary Engineering Total Animation System」の略称である。
Stylos(作画用)・TraceMan(トレース用)・PaintMan(彩色用)・CoreRETAS(撮影用)という4つのツールで構成されており、1つあたり約10万円と高価だった(「RETAS! PRO HD」としてセット販売になった際、価格がかなり下がった)。現在はペイントツールである「CLIP STUDIO PAINT EX」に統合されている。TraceMan及びPaintManが全国のアニメ制作会社やアニメ系教育機関で使用され、撮影にはCoreRETASではなくAdobe After Effectsが利用されていた。2010年代後半以降、レイアウト・作画監督・演出修正・原画作業・動画作業もCLIP STUDIO PAINT EXとStylosで行われるようになってきている。色指定に従ったデジタルペイント作業はPaintManを使い続けている。デジタル化に伴いTraceMan(紙媒体で作成した原画・動画をPCへの取り込み、トレースを2値化できるソフト)の使用はかなり少なくなってきていた。
「RETAS STUDIO」の発売前に「RETAS! PRO HD」、「RETAS! PRO」と「RETAS! LITE Debut」という名前で発売されていた。アニメのデジタル化に大きく貢献した功績が評価され、国内外で多数の賞を受賞している[18]
Cambridge Animation Systems Animo(ケンブリッジ・アニメーションシステムズ・アニモ)
イギリスケンブリッジ・アニメーションシステムが開発していた統合型デジタルセルアニメーション制作ソフト。『プリンス・オブ・エジプト』、『魔法の剣 キャメロット』、『アイアン・ジャイアント』や『王様と私』など多数のアニメーション映画を制作している。
スキャン(ScanLevel)・ペイント(InkPaint)・コンポジット(Director)などの機能を持っており、スキャンの際に元の鉛筆線の実線の質感が残りを特徴としていた。3Dモデリングデータをノンフォトリアリスティックにレンダリングするアニメーション機能も備える。
2004年以降、最新版のバージョン 6.0を発表した後に開発は終了。Animoの開発会社であったケンブリッジ・アニメーションシステムは、2009年1月13日カナダのToon Boomにより買収されている[19]
日本ではRETAS! PRO登場前までは広く用いられており、かつてはスタジオディーンProduction I.G.のみ採用している。価格が高価だったため、日本のアニメスタジオではあまり普及しなかった。海外ではワーナー・ブラザース・アニメーションドリームワークス・アニメーションネルバナなどで採用されている。合計でAnimoは世界中の300以上のスタジオで使用されている。現在では主に韓国の外注スタジオが使用することが多い。
Computer Animation Production System(コンピュータアニメーション・プロダクション・システム)
略称はCAPS1980年代後期にウォルト・ディズニー・カンパニーピクサー・アニメーション・スタジオ共同開発された世界初の2Dデジタルアニメーション制作システム。セル画にトレースと彩色を施す作業の負担軽減、デジタル彩色への移行を目的に作られたコンピュータシステムである。1992年にCAPSシステムの開発チームは映画芸術科学アカデミーを受賞した。
リトル・マーメイド』のエンディングシーンをはじめ、『ビアンカの大冒険 ゴールデン・イーグルを救え!』、『美女と野獣』、『アラジン』、『ライオン・キング』、『ムーラン』、『アトランティス 失われた帝国』、『トレジャー・プラネット』などのアニメーション映画で制作されている。2004年にCAPSシステムの使用が終了し、Toon Boom Harmonyを使用したその後の2Dアニメーション映画をメインに制作が行われた。
Toon Boom Opus
USAnimation。プロフェッショナル向けのアニメーション制作ソフトウェア。ディスコン。ソフトウェアのアップグレードを伴いながらUSAnimation→Toon Boom Opus→Toon Boom Harmonyと名前を変えている。
セルペインター
セル画風の絵を作成するフリーのソフトウェアで、主にアニメーション自主制作で使用[20]。無料。最終更新は2007年。
AniLaPaint(アニラペイント)
セルアニメーションの仕上げ工程に使うフリーのペイントソフト[21]。無料。最終更新は2002年。
Dopey
ペイントソフトのMyPaintを基として2Dアニメーションに対応させたもの。オープンソース。
PICMO
MovingSketchの後継[22]。販売終了[22]
AnimeStudio(アニメスタジオ)
ぜんまいはうすが開発していた[23]セルアニメーション撮影ソフト。無料版のFreeAnimeStudioも存在した[24]。開発終了。

切り絵(カットアウト)/スケルタルアニメーション/モーフィング編集

After Effectsのパペットツール、ToonzのPlasticツール 、PhotoAnimのSkeletal animation、Blender用のCutout Animation Tools (coa_tools)アドオンなど。また、SpriteUVなどの3DCGソフトウェア向けカットアウトアニメーション支援ツールも存在する。

Unity
Unity Technologiesの開発する2D/3Dゲームエンジンだが、映像作成用の機能も搭載されている。
2Dスケルタルアニメーション向けアセット「Unity Anima2D」(元Mandarina Games製)が無料提供されている[25]
Spine
kickstarter発の2Dスケルタルアニメーション作成ソフト。メッシュを掛けて変化を持たせ、2.5Dに見せることも可能。
採用例にはCygamesのアニメRPG『プリンセスコネクト!Re:Dive[26]や、バンダイナムコエンターテインメントのブラウザゲーム『アイドルマスター シャイニーカラーズ[27]などがある。
AnimeEffects
オープンソース。2Dスケルタルアニメーションや自由変形に対応している。
Live2D
2Dのモーフィングによるシームレスアニメーション制作ソフト。「Live2D Cubism」は商用だが、「Live2D Modeler」、「Live2D Animator」はWeb上で無料公開されている。
採用例にはスマートフォンゲームの『あんさんぶるスターズ![28]や『バンドリ! ガールズバンドパーティ![29]バーチャルYouTuberの『にじさんじ[30]などがある。
E-mote
2Dのモーフィングによるシームレスアニメーション制作ソフト。無料版の「えもふり」(E-mote Free Movie Maker) もある。

映像編集ソフトウェア編集

Adobe After Effects(アドビ・アフターエフェクツ)
アニメーションの定番となった業務用撮影ソフト。アニメーションのシーンにデジタルペイントされたセル素材・背景素材・CG素材のデータをコンポジット(合成)し、画面が光る透過光・ブラシ作業・波ガラスやグラデーション処理など画面の視覚効果を追加したことで、一枚一枚静止した絵に動きのある映像を作る。2値化したセル素材のスムージング処理が必要。また爆発・炎・吹雪・稲妻・時空ワープ・水しぶきや輝く光などの特殊効果も作成しているが、セルの質感・本のページ・モニター・ゲーム画面などアート素材を貼り付けられる。タイトル文字を挿入したりすることができる。
Adobe Premiere(アドビ・プレミア)
業務向け動画編集ソフト。完成した動画をつなげたり加工する際に用いられることがある。
VideoStudio(ビデオスタジオ)
コンシューマー向けソフトウェア。オニオンスキンを搭載したコマドリ機能があり、透過PNGを連続で読み込ませるなどして自作短編アニメーション作成に使われることがある。

その他編集

Adobe Photoshop(アドビ・フォトショップ)
アニメーションの色彩設計、色指定、版権イラストの仕上げと特殊効果のレタッチに使うソフトウェアである。色彩設計は、アニメーションの登場キャラクター・背景・小物などをアニメ仕様に色彩を決める。また背景のデジタル彩色と手描き背景のデータ化、撮影用の特殊効果のCG素材を作成することができる。
Adobe Illustrator(アドビ・イラストレーター)
モニターグラフィックスデザインや物のリアルな質感など必要なCG素材・アート素材を作成する際に使われる。
Corel Painter(コーレル・ペインター)
デジタル上での油彩水彩、筆などの表現を得意とし、アニメーションの背景作画などに使われる。
CorelDRAW(コーレルドロー)
モニターグラフィックスデザインや物のリアルな質感など必要なCG素材・アート素材を作成する際に使われる。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 日本のアニメのデジタル化、その最前線に迫る - ACTF2016 毎ナビ 2016年3月26日
  2. ^ Toon Boom Launches Harmony 12 and Introduces Subscription Pricing”. 2015年4月13日閲覧。
  3. ^ Toon Boom Harmony 12 Reviews”. 2019年7月1日閲覧。
  4. ^ TVPaint Developpement - Web Site”. 2015年4月29日閲覧。
  5. ^ Create frame animations Adobe Systems
  6. ^ アニメーション制作のプロフェッショナルへ セルシス
  7. ^ ちびまる子ちゃんで実演! 日アニの「CLIP STDIO PAINT」デジタル作画法 - ACTF2019 マイナビ 2019年2月17日
  8. ^ 自動化ツールはアニメーション制作のフローを変えるか?「デジタルアニメーション制作セミナー CACANiの活用と未来」レポート - CGWORLD”. 2019年5月8日閲覧。
  9. ^ 動画の中割を自動化、シンガポールのアニメ制作ソフト「CACANi」現場投入スタート”. 2019年5月8日閲覧。
  10. ^ Gallery Toonz”. 2015年4月29日閲覧。
  11. ^ アニメーション制作ソフト「OpenToonz」と「CLIP STUDIO PAINT EX」が連携”. 2017年2月28日閲覧。
  12. ^ ジブリで磨かれたアニメーション制作ソフト「OpenToonz」と「CLIP STUDIO PAINT EX」が連携”. 2017年2月28日閲覧。
  13. ^ Grease Pencil » Grease Pencil Sculpt Mode » Sculpting Tools Blender Foundation
  14. ^ Grease Pencil » Grease Pencil Animation » Interpolation Blender Foundation
  15. ^ Grease Pencil » Multiframe Blender Foundation
  16. ^ Grease Pencil » Grease Pencil Modifiers » Introduction Blender Foundation
  17. ^ 「やっと3Dツールが紙とペンのような存在になる」エヴァ制作のカラーがBlenderへの移行を進める理由とは?(西田宗千佳) Engadget 日本版 2019年8月14日
  18. ^ CELSYS - RETAS! PRO HD 導入事例”. 2015年4月29日閲覧。
  19. ^ 加Toon BoomがCambridge Animationを買収し、Animoを取得”. 2017年8月12日閲覧。
  20. ^ セルペインター”. 2015年5月18日閲覧。
  21. ^ アニメ彩色ソフトAniLaPaint βテスト版”. 2015年5月18日閲覧。
  22. ^ a b 「AnimeEffects」が話題になる一方、「PICMO」は販売終了! コンテンツの寿命は制作ソフトに影響されるのか? ニコニコニュース 2017年5月25日
  23. ^ IT用語辞典 - AnimeStudio 日立ソリューションズ
  24. ^ Photoshop画像を利用して手軽にアニメを制作できる「FreeAnimeStudio2007」 窓の杜 2007年4月5日
  25. ^ Unity Technologies to make Anima2D available for free CG Channel 2016年12月5日
  26. ^ 【CEDEC 2019】『プリコネR』の個性的で魅力的なモンスターを効率的に生み出し、ユーザーに驚きや意外性を提供するためのデザインの秘訣と開発手法に迫る Social Game Info 2019年9月10日
  27. ^ 【CEDEC 2018】モバイルブラウザ上で本格的なゲーム開発・提供を実現させた『アイドルマスターシャイニーカラーズ』の作り方を発表 Social Game Info 2018年9月4日
  28. ^ alive2015 - HappyElements太田垣氏が明かす『あんさんぶるスターズ!』におけるアニメ制作の裏側…Live2Dでいかに自然な動きを実現するか Social Game Info 2015年7月1日
  29. ^ 『バンドリ! ガールズバンドパーティ!』の登場キャラを魅力的にした、Live2Dによるモーション制作 CGWORLD.jp 2017年9月26日
  30. ^ 「にじさんじ」のLive2Dモデリングが大幅アップデート! VTuberの表現を拡張&不自然さを改善、一目瞭然の比較画像も公開 インサイド 2018年9月13日

関連項目編集