DJ KOO(ディージェイ・コー 、本名:髙瀨 浩一(たかせ こういち)、1961年(昭和36年)8月8日 - )は、日本DJミュージシャンサウンドクリエーターバラエティタレント東京都出身。TRFのメンバーでDJ担当のリーダー。日本のダンスミュージックを黎明期から知る。他、The JG's、WEST 87、Phal、WILLとしても活動。17 Liveのライバーとして配信活動中。

DJ KOO
出生名 髙瀨 浩一
生誕 (1961-08-08) 1961年8月8日(59歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都
ジャンル ハウス
ユーロビート
ヒップホップ
ビッグビート
職業 DJ
担当楽器 ターンテーブル
ラップ
ボーカル
レーベル avex
共同作業者 TRF
公式サイト DJ KOO 公式ブログ

来歴編集

高校は柏日体高等学校(現・日本体育大学柏高等学校)卒業。高校在学中はラグビー部に所属していた[1]。ポジションはスタンドオフ。高校卒業後は神田外語学院に進学。

新宿ディスコ「カンタベリー・ハウス」、「B&B」においてDJを務め[1][2][3]、1986年にはリミックス・ユニット『THE JG's』を本田勝裕(dj honda)・大場次一らと結成し、リミックスやプロデュースを手がけた。The JG'sでは、「和製洋楽」と言われた「Set The Fire」を初めとした楽曲がディスコでヒットした。久保田利伸C-C-B早見優岩崎良美ザ・ピーナッツなど、リミックスを手がけた楽曲も膨大にあり、各社のユーロビート・オムニバス・アルバムのノンストップ・ミックスも多く手がけた。

1988年には初のオリジナル・アルバム『The JG's』を発表。ニューヨークのUnique Recording Studiosでレコーディングが行われ、REGINA、Dan Gilroy (Breakfast Club)、ケンジ・ヒノなど多彩なゲストが参加した。「SHAKE ME DOWN」や「HEAT!」ではメイン・ヴォーカルも務めた。「TOKIO」のラップは、一部歌詞を変えて後にtrf「Impression of trf」としてセルフカバーした。

メンバーチェンジを経て1990年にはシングル「地球は素敵なサーカス」(アメリカサーカスCMソング)、1991年には「SPARK IT UP」(鈴鹿サーキットCMソング)をリリース。

1992年結成のTRFでは、多くのミリオンヒットを出した。小室哲哉のプロジェクトEUROGROOVEH Jungle with tにも参加。MSTの田代隆廣と共にユニットWEST 87としても活動、「CAFE」では日本ダンスチャートの1位を獲得し、ラテンディスコ(ラテングルーヴ)ブームのきっかけを作った。プロデュース・ユニット「the Factory」としては井手麻理子を発掘、V6にも楽曲を提供。1996年、宇都宮隆のライヴツアー『Tour '96 easy attraction』にゲスト参加し、『DIVE INTO YOUR BODY』のDJを担当した。TRFにおいては作詞、作曲を手掛けた。

全盛期のテレビ出演及びライブ時には前にターンテーブル、CDJ,ミキサー、横及び後ろにシンセサイザーを配置しておりそれを演奏していたが、シンセサイザーは、サンプリング音がアサインされた鍵盤を叩くほかは、カラ弾きの場合が多いことから、視聴者からキーボードプレイヤーと勘違いされることがしばしばあったが、あくまでDJだった。

2000年にはTRFのノンストップリミックス・アルバム『Burst drive Mix』を発売。2002年にはマニピュレータのTessey Nakanoと共にユニット「PHAL」としてマキシシングル「zento with PHAL」を発表、2004年にはFENCE OF DEFENSE山田わたるとユニットWILLを結成した。2006年にはアルバム『NAGI』を発売した。WILLとしては天上智喜の楽曲の編曲も担当した。

2007年3月放送の『ポップジャム』の最終回(TRFが出演)では、スペシャルDJとしてDJプレイを披露した。

2013年、アニメ『プリティーリズム・レインボーライブ』では、本人をモデルとしたキャラクター、「DJ.Coo」が登場。森久保祥太郎が声優を担当。主題歌や挿入歌でもTRF往年のヒット曲カバーが多数用いられた。

2014年からはタレントとしても活躍しており、頓珍漢な天然ボケエピソードを次々と披露し、バラエティ番組で引っ張りだことなっている[4]

2015年、『avex ミュージックけん玉 DJ KOO fromTRF 』 発売。

2016年、書籍『EZ DO LIFE ! 』 発売。

2017年、『DJ KOO CLUB MIX -PARTY HITS MEGAMIX- 』リリース。

2017年9月25日、脳動脈瘤の手術を受けていたことを公表[5]

2018年、『DJ KOO CLUB MIX -PARTY HITS MEGAMIX 2- 』リリース。

2018年、日本舞踊家の孝藤右近とのユニット「UKOON」として盆踊りに出演。

2018年、公式YouTubeチャンネル『YouTuber DJ KOO』開設。

2019年11月9・10日には「アイドルマスターシンデレラガールズ7th LIVE TOUR Special 3chord♪ Funky Dancing! @NAGOYA DOME」にてサプライズ出演。「EZ DO DANCE」でシンデレラガールズとコラボレーションしたほか、2日目にはシンデレラガールズの楽曲をリミックスしてDJプレイも披露した[6][7]。以降も『シンデレラガールズ』関連と係わりを持ち、2020年8月21日からはゲーム『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』でコラボキャンペーン「DJ KOOのデレステ最KOO!」が開催され、DJ KOOがMixを手掛けたメドレー楽曲の収録や期間限定で本人役としてゲーム内に登場などが行われた[8][9]。9月6日未明には生配信番組「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS LIVE Broadcast 24magic 〜シンデレラたちの24時間生放送!〜」の1コーナー「Funky Dancing Night!」に出演し、ここでもシンデレラガールズやTRFの楽曲をリミックスしてのDJプレイを行った[10]

人物編集

  • 1980年には芸人として『笑ってる場合ですよ!』(フジテレビ森田一義アワー 笑っていいとも!』の前身)に出演しDJネタを披露したことがある[1]。親交のある古坂大魔王からも「元々芸人」と言われている[11]
  • 有名になる前は、DJで使う機材は自費で、給料だけでは足りず、複数の消費者金融から借りていた事があり、更に機材のセッティングや撤収も全て自分で行っていた。TRFがブレイクしてからは機材は会社が用意、更に自分が使いたい機材も用意され、機材のセッティングや撤収もスタッフが行う様になった。
  • DJミキサーには「dAnce to positive」ツアーから、オーディオ・テクニカのAT-MX20“DJ KOO”スペシャルモデルを使用し、AT-MX45には、開発段階から関わった。カートリッジはATDS3を愛用している。パイオニアのCDJを初期段階から愛用した。
  • 大の落語ファンで、古風な江戸っ子[1]。そして作曲家・伊福部昭を尊敬するゴジラ・フリークであり、2014年公開の映画「GODZILLA_ゴジラ」では、自らの売り込みでオフィシャル・サポーターに任命された。外国産クワガタの知識も豊富[4]。ブラジリアン柔術、サーフィンの経験もあるらしい。
  • もともとは、BLACK SABBATHのコピーバンドをやった経験もあるロック少年だった。
  • TRFの黄金期には、ドレッドロックスをしていた(本人曰く、ジーザス・ジョーンズを意識したとのこと)。街頭スピーカーのメーカー名を予め下調べしてから番組ロケに臨むなど、少し変わり者と思われる傾向がしばしばある。特に有名なのは、風貌から魔法使い(悪い魔法使い)と思われていることを逆手に取り、実際本人もとある楽曲の方向性について、“呪いの感じがいい。”とそれっぽい発言をしたところ、冗談に受け取られなかったエピソードである。後にそれは呪いではなくノリだったと撤回しているが、現在でも「帽子とって!」などと言われると「呪っちゃうぞ!」と冗談をいうなど定番のネタとして定着している。90年代半ば以降メディアの前では、基本的にサングラスと帽子というスタイルである(サングラスについては、時々外すことがある)。
  • 全くが飲めない下戸であり、風貌から酒豪だと誤解したYOSHIKIにより強制的に飲まされ、気絶したことがある。わずかな量で意識が無くなると告白し、更には呼吸停止に陥った事もある。酒好きのYU-KIからもよく飲まされている。
  • 既婚者で4歳年下の妻と2019年時点で大学生の娘がいる[1]恐妻家でもあり、お小遣い制でクレジットカードも持たせてくれない[12]。旅行の行先も教えてくれず、自分が賃貸に住んでるのか分譲に住んでいるかも分からない[4]
  • 子煩悩で、毎回授業参観や保護者会にスーツで参加している[4]
  • 海外旅行する際は、TVリモコンを持っていく。TRFのミュージック・ビデオ撮影でドバイへ向かった際、現地空港で取調室に連れていかれた。自分はミュージシャンであることをアピールし、「EZ DO DANCE」のラップを披露して危機を免れた[4][13]
  • 風貌とは裏腹に真面目な性格で、バラエティー番組のアンケートには事細かに答え、もし取材NGの場所があった時の予備も書いてあり、書き切れない際は別紙に書いて提出する。またバラエティ番組に出演するときは、事前にその番組のVTRや予習ノートを付けて予習をしている[1]。その理由としてKOO曰く「芸人と同じ戦場(番組)で戦うための唯一の手段が予習」で、バラエティ番組に出演するようになってから、一つの仕事に必死で意気込む芸人の姿を見て尊敬している。つまり予習は、芸人に対する敬意の表れである[14]
  • 予習のみならず復習も欠かさない。自身が出演した番組の映像は妻子とともに見ており、終わったら全員で反省会をする。妻子から駄目出しを食らうこともしばしばある[15]
  • アイドルマスター(特にシンデレラガールズ スターライトステージ)」のプロデューサー(通称P。この項目ではゲームプレイヤーやファンを表す総称の意味であり、現実のプロデューサーとは異なる)でもある。「アイドルマスターシンデレラガールズ7th LIVE TOUR Special 3chord♪ Funky Dancing! @NAGOYA DOME」に出演した際、イベントの企画や参加者、視聴者達の歓声に感銘し、以後シンデレラガールズ スターライトステージのPとして度々SNSにて活動の様子を採り上げている。2019年12月3日には東京新聞のコラム「風向計」でアイドルマスターについて記載しており「自分の出している音が会場の歓声で消されるなんて初めて!さまざまなコンテンツやスポーツとコラボをしましたが、今回のステージはDJ人生の中でも際立ってすごいライブでした」と、前述のイベントでの出来事、感じた事を綴っている。[16][17]

作品編集

シングル

  • HAPPY CLAP(配信限定) 2019年10月25日
  • GIRLS LIKE ME(配信限定)2019年11月1日 aolo Ortelli a.k.a. Spankers, DJ KOO ft. Simona Nae名義
  • CINDERELLA NONSTOP MEDLEY -DJKOO Mix-(ゲームアプリ内限定) 2020年8月21日
  • TRF×CG -DJKOO Mix-(ゲームアプリ内限定) 2020年8月21日

アルバム

  • DJ KOO CLUB MIX –PARTY HITS MEGAMIX- 2017年6月14日 FARM-449
  • DJ KOO CLUB MIX –PARTY HITS MEGAMIX 2- 2018年3月21日 FARM-470
  • KING OF PARTY mixed by DJ KOO 2019年11月6日 FARM-507

DVD

19位(オリコンDVDランキング)

Blu-ray

  • AYAKA-NATION 2017 in 両国国技館 LIVE Blu-ray(佐々木彩夏(ももいろクローバーZ)) 2018年6月6日 KIXM-325
5位(オリコンBlu-rayランキング)

主な出演編集

TV編集

CM編集

PV編集

ゲーム編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f 芸人で芽が出ずディスコへ DJ KOOの意外な経歴(2/3)”. 日刊ゲンダイ (2015年1月26日). 2015年1月26日閲覧。
  2. ^ TRFのボーカルYU-KI等メンバーのプロフィールを徹底解剖!”. LIVEFREAK (2014年8月11日). 2015年1月25日閲覧。
  3. ^ TRFのボーカルYU-KI等メンバーのプロフィールを徹底解剖!”. LIVEFREAK (2014年8月11日). 2015年1月25日閲覧。
  4. ^ a b c d e ドワンゴジェイピーニュース2014年6月18日2014年8月7日閲覧。
  5. ^ “TRFのDJKOOが脳動脈瘤手術「体調の回復を見て活動再開」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年9月26日). http://www.oricon.co.jp/news/2097913/full/ 2017年9月26日閲覧。 
  6. ^ 『アイマス シンデレラガールズ』“Funky Dancing!”(名古屋公演)1日目リポート――DJ KOOがサプライズ出演! 初お披露目楽曲も多数でナゴヤドームが熱狂のダンスフロアーに” (日本語). ファミ通.com. 2019年11月11日閲覧。
  7. ^ 『アイマス シンデレラガールズ』7thライブ“Funky Dancing!”(名古屋公演)2日目リポート――アツい楽曲の数々で、プロデューサーたちを大興奮の渦に巻き込んだ4時間” (日本語). ファミ通.com. 2019年11月11日閲覧。
  8. ^ 「デレステ」、コラボキャンペーン「DJ KOOのデレステ最KOO!」を開催! アイドルたちがTRFの楽曲をカバー” (日本語). game_watch. 2020年8月21日閲覧。
  9. ^ Twitter公式アカウントより” (日本語). 2020年8月21日閲覧。
  10. ^ “「デレステ」特番にDJ KOO降臨 DJプレイに声優陣「最KOOでした!!!」”. J-CASTニュース. (2020年9月6日). https://www.j-cast.com/2020/09/06393643.html?p=all 2020年9月8日閲覧。 
  11. ^ DJ KOOがTRF加入前に芸人だった過去が明かされる”. livedoorNEWS (2014年9月16日). 2015年1月26日閲覧。
  12. ^ 2014年6月8日放送『行列のできる法律相談所』”. TVでた蔵 (2014年6月8日). 2015年1月26日閲覧。
  13. ^ 2014年6月8日放送『シルシルミシルさんデー』”. TVでた蔵 (2014年9月16日). 2015年1月26日閲覧。
  14. ^ TRFのDJ KOO仰天エピソード連発でバラエティに引っ張りだこ”. MusicVoice (2014年10月15日). 2015年1月26日閲覧。
  15. ^ DJ KOO、バラエティー進出で「家族の会話増えた」芸能イベント不慣れでマギーに感謝しきり”. TV fan Web (2015年1月20日). 2015年1月26日閲覧。
  16. ^ DJ KOO、新聞のコラムで「アイマス最高!」 その作品愛に感動するファン続出!” (日本語). ふたまんプラス. 2019年12月4日閲覧。
  17. ^ Twitter公式アカウントより” (日本語). 2019年12月4日閲覧。
  18. ^ 〈速報〉DJ KOOは子煩悩「長女は医者か弁護士に」”. 朝日新聞 (2015年4月27日). 2015年4月30日閲覧。
  19. ^ 焼酎甲類ミックスの達人“DJ KOO類”が居酒屋に降臨!若かりし頃のDJ KOOが新CMに登場!! (2020年4月6日)” (日本語). エキサイトニュース. 2020年4月7日閲覧。

外部リンク編集