メインメニューを開く

YKK AP株式会社(ワイケイケイエイピー、: YKK AP Inc.)は、アルミ建材メーカー。YKKグループでファスナー事業と並ぶ中核事業を担う。アルミサッシの国内シェアはLIXIL(トステム)に次いで第2位。社名の「AP」の部分は「Architectural Products」の略。

YKK AP株式会社
YKK AP Inc.
Ykkap logo.svg
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
101-0024
東京都千代田区神田和泉町1番地
北緯35度41分57.5秒 東経139度46分33.5秒 / 北緯35.699306度 東経139.775972度 / 35.699306; 139.775972座標: 北緯35度41分57.5秒 東経139度46分33.5秒 / 北緯35.699306度 東経139.775972度 / 35.699306; 139.775972
設立 1957年昭和32年)7月22日
(吉田商事株式会社)
業種 金属製品
法人番号 9010001032685
事業内容 建材事業
代表者 吉﨑 秀雄(代表取締役会長)
堀 秀充(代表取締役社長)[1]
資本金 100億円(2018年3月31日現在)[2][3]
売上高 3674億2200万円(2019年03月31日時点)[4]
営業利益 166億0100万円(2019年03月31日時点)[4]
経常利益 170億9400万円(2019年03月31日時点)[4]
純利益 121億9500万円(2019年03月31日時点)[4]
純資産 1685億4200万円(2019年03月31日時点)[4]
総資産 3150億1700万円(2019年03月31日時点)[4]
従業員数 12,400名[5]
決算期 3月31日[5]
主要株主 YKK株式会社 100%
外部リンク http://www.ykkap.co.jp/
テンプレートを表示

歴史編集

  • 1957年(昭和32年) - 吉田工業(現・YKK)の子会社でスライドファスナーの輸出と伸銅品の営業を手がける「吉田商事」として発足
  • 1959年(昭和34年) - 富山県黒部市でアルミ溶解と押し出しの操業開始
  • 1961年(昭和36年) - アルミ建具・スパンドレルなどの生産開始
  • 1962年(昭和37年) - ビル用アルミサッシの生産開始
  • 1966年(昭和41年) - 一般木造住宅用ハイサッシの生産開始
  • 1969年(昭和44年) - 各種サッシ用部品の社内生産を開始
  • 1972年(昭和47年) - 四国工場(香川県 現・四国事業所)が操業開始
  • 1974年(昭和49年) - 東北工場(宮城県 現・東北事業所)が操業開始
  • 1975年(昭和50年) - 九州工場(熊本県 現・九州事業所)が操業開始。バルコニー、ルーフデッキなどのエクステリア製品生産開始
  • 1976年(昭和51年) - 海外初の建材事業会社であるYKKインダストリーズ・シンガポール社(現・YKK APシンガポール社)設立。越湖工場(現・黒部越湖製造所)が操業開始
  • 1978年(昭和53年) - 断熱防音サッシ生産販売開始
  • 1982年(昭和57年) - YKK香港社がアルミサッシの生産販売を開始
  • 1983年(昭和58年) - 樹脂サッシ生産販売開始
  • 1984年(昭和59年) - 複層ガラス生産販売開始。秋田工場(秋田県秋田市)が操業
  • 1986年(昭和61年) - アルミ建材初の海外一貫生産工場YKKアルミコ・インドネシア社(現・YKK APインドネシア社)設立
  • 1987年(昭和62年) - アルミ外装建材生産販売開始
  • 1988年(昭和63年) - 引違いサッシ7Hシリーズ「フレミング」生産販売開始
  • 1989年 - YKK台湾社 AP事業部を開設。アメリカH.H.ロバートソン社・カプルスプロダクツ事業部とカーテンウォールにおいて技術提携
  • 1990年(平成2年) - 商号を「ワイケイケイアーキテクチュラルプロダクツ株式会社」(YKK AP)に変更。ビル用システムサッシ「エクシマ」生産販売開始
  • 1991年(平成3年) - 河内アルミニウム(現・YKK APエクステリア)を傘下に納める。YKK APアメリカ社を設立
  • 1992年(平成4年) - 滑川工場(現・滑川事業所)が操業開始
  • 1993年(平成5年) - R&Dセンターを開設 商品開発機能を一元化
  • 1994年(平成6年) - 建材製品の商標を「YKK」から「YKK AP」に変更。YKKグループが環境憲章を制定
  • 1995年(平成7年) - 荻生工場(現・黒部荻生製造所)が操業開始
  • 1999年(平成11年) - 大連YKK AP社(現・YKK AP大連社)設立
  • 2000年(平成12年) - アルミ樹脂複合サッシ「エピソード70」生産販売開始
  • 2001年(平成13年) - YKK AP深セン社設立。沖縄YKK AP以外の国内地域販売・製造会社を順次合併
  • 2002年(平成14年) - 東陶機器株式会社(現・TOTO株式会社)、大建工業株式会社とリモデル分野で業務提携。商号を「YKK AP株式会社」に変更する
  • 2003年(平成15年) - YKK株式会社の建材製造事業本部を統合し、YKKグループの建材事業を完全一体化。ビル用システムサッシ「SYSTEMA」シリーズの生産販売開始
  • 2004年(平成16年) - 東陶機器株式会社(現・TOTO株式会社)、大建工業株式会社と「ショールーム広島」を開設
  • 2005年(平成17年) - YKK APアメリカ社が「NAHBショー」に住宅用樹脂窓を出展。「YKK APショールーム品川」を開設
  • 2006年(平成18年) - 窓事業ブランド「APW」第一弾商品として「APW700」「APW500」を発売
  • 2007年(平成19年) - 「価値検証センター」を開設
  • 2008年(平成20年) - YKK AP FACADE社をシンガポールに設立。YKK AP上海社を設立
  • 2009年(平成21年) - 樹脂窓「APW330」を東北エリアから販売開始
  • 2010年(平成22年) - 窓リフォームの新店舗ブランド「MADOショップ」を運営開始。テレビCMではチューリップの「サボテンの花」、テレサ・テンの「つぐない」が起用された(どちらの曲も「窓」にちなんだフレーズが登場している)。
  • 2011年(平成23年)
    • 3月31日 - 秋田工場(秋田県秋田市)閉鎖、東北事業所へ統合。
    • 6月 - 創業以来初の創業家以外の社長が誕生[6]

広告編集

新聞の気象予報欄にはイラストの動物が「窓を考える会社」と言っている台詞のみのものと、「マド予報」「ドア予報」という窓・扉に因んだ大喜利の様な一言のみの小さな企業広告を毎日出稿している。

提供番組編集

2017年11月現在

テレビ
ラジオ

なお、吉田商事時代は親会社の吉田工業(当時)と合同によりYKK名義で提供していた。

脚注・出典編集

  1. ^ 役員構成 - YKK AP株式会社”. 2018年6月9日閲覧。
  2. ^ 第62期決算公告、2018年(平成30年)6月7日付「官報」(号外第122号)64頁。
  3. ^ 2018年3月期 YKK AP(株) 決算の概要 (PDF)” (2018年5月15日). 2018年6月9日閲覧。
  4. ^ a b c d e f YKK AP株式会社 第63期決算公告
  5. ^ a b 会社概要 - YKK AP株式会社”. 2018年6月9日閲覧。
  6. ^ asahi.com(朝日新聞社):YKKとYKK APの社長交代 ともに創業家以外から-ビジネス・経済2011年12月23日閲覧

関連項目編集

外部リンク編集