水の郷さわらから見た利根川千葉県北部と茨城県南部はこの川を挟んで結びつきが強い地域とされる

ちばらき[1][2][3]とは、東関東の千葉県茨城県の2県を掛け合わせた造語である[1]利根川を挟んで伝統的に結びついた千葉県北部と茨城県南部の地域性を地元住民が冗談めかしたことが由来ともいわれている[1]ちばらぎと表記されることもある[4][5]

経緯編集

造語の誕生編集

常陸国南部(現・茨城県南地域の一部)と旧下総国(現・千葉県東葛地域印旛地域・茨城県北相馬地域)は利根川を挟んで結びつきが強く[1]、常陸国の住民の居住地域と江戸時代より商業の発展した佐原[6]銚子[7]との間は水運で結ばれ、東葛・印旛地域を生活圏とする者もいた[1]1871年(明治4年)、明治政府によって廃藩置県および県の統廃合が行われ、現在の千葉県域、茨城県域を跨ぐ形で新治県印旛県が成立した[8][9][10]。やがて1873年(明治6年)に印旛県が廃止され千葉県が成立、1875年(明治8年)に新治県が廃止され利根川以北が茨城県に、利根川以南が千葉県に編入されるなどして県域が確定した[11]

また、明治時代末になり鉄道敷設の気運の高まりと共に東葛・印旛地域は鉄道で結ばれ、茨城県域も日本鉄道の路線(後の常磐線)と接続し東京と繋がったが、大正時代に発生した小作争議の際に茨城県南地域は千葉県域の農民運動の影響を受けるなど、依然として無視できない関係となっていた[1]。『茨城県史』は「ちばらき」という造語はそうした地域性の表れと記している[1]

首都圏の人口増加に伴い、1950年代になると千葉県東葛地域の松戸市が、1960年代に入ると、同地域の柏市我孫子市及び茨城県南地域の取手市が、1970年代以降も牛久市北相馬郡藤代町(現:取手市)や利根町龍ケ崎市守谷市などにおいて宅地開発が進められ、東京都心への通勤者が増えるなどベッドタウン化が進行した[1][12]

また、鹿行地域は霞ヶ浦(西浦)・北浦によって分断された農村地域だったが、1970年に千葉県や東京都とを結ぶ国鉄(現:JR鹿島線が開通すると千葉県との関係が強まった[12]平凡社刊の『世界大百科事典』は、こうした背景の中で「ちばらき」という俗称が生まれたと記している[12]

受容の変化編集

1980年代に入ると東京を訪れる地方出身者を揶揄する目的で用いられるようになり[13][14]、周辺地域を一括りにして「ちばらぎぐんま」「ださいたまちばらぎ」(原文ママ)とも称された[13][14]。千葉県、茨城県、栃木県の3県を掛け合わせて、「ちばらぎ」と称する向きもある[15]

また、対象を千葉に限定し「垢抜けない」といった意味合いを持つ[16]、「イモ千葉[17]や「チャイバ」などの用語があった[16]。こうした風潮に対して、千葉大学教授の村山元英は「千葉は日本の南カリフォルニア」と見立て、「気候温暖で、緑と太陽に恵まれた房総は、若者やクリエイティブな職業に携わる人々が志向する、カリフォルニア式ライフスタイルを実現する、首都圏に残された最後の空間である」と主張[17]。千葉県庁報道担当主査の渡辺公夫は成田空港東京ディズニーランドのオープン、放送大学の誘致、幕張メッセ構想の推進を例に挙げて「千葉は、いまや首都・東京にもないナウな顔を持つようになったんです。(中略)もうイモの千葉、アサリ落花生の千葉だけじゃありませんよ」と主張した[16]

2010年代において「ちばらき」という俗称は利根川流域のみを指すものではなく両県の総称、あるいは都心部の住民が両県を一括りにして扱う場合に使用される[4]。また、ヤンキーの多い地域性や都市化の遅れた地理的特徴を指して使用される[5]

2019年2月に公開された映画『翔んで埼玉』では、埼玉を中心として濃淡はあるものの「ぐんたまちばらき」と東京との対比が見られた[18]

表記揺れについて編集

前述のようにこの用語は「ちばらぎ」と表記されることがあるが、その理由は茨城弁の特徴にある。茨城弁には「か行、た行が濁音になる」という特徴があるため、茨城県民は「き」と発音しているつもりが、他の都道府県民には「ぎ」と発音してるように聞こえるのだという[19][20]

なお、語末を「き」と読むことについて茨城県民はこだわりがあるが[4][15]、一方で千葉県民はそうした傾向がないとされる[15]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 茨城県史編さん総合部会 編『茨城県史 市町村編 2』茨城県、1975年、20頁。
  2. ^ 歴史地理学会 編『歴史地理学紀要』第30号、古今書院、1988年、189頁。
  3. ^ 尾崎乕四郎『房総地誌の研究』古今書院、1985年、149頁。ISBN 4-7722-1363-5
  4. ^ a b c ちばらき(チバラキ)のイバダス”. ibadas(イバダス)~四コマで学べる用語辞典. いばキラTV. 2015年11月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月14日閲覧。
  5. ^ a b 「ヤンキーが多い県といえば?」投票の結果が圧倒的すぎて笑えない”. Jタウンネット. ジェイ・キャスト (2014年7月18日). 2015年11月14日閲覧。
  6. ^ 香取市の特色、歴史など”. 香取市ウェブサイト. 2015年11月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年11月14日閲覧。
  7. ^ 銚子市の歴史”. 銚子市. 2015年11月14日閲覧。
  8. ^ 新治県”. コトバンク. 2015年11月14日閲覧。
  9. ^ 印旛県”. コトバンク. 2015年11月14日閲覧。
  10. ^ 4.印旛県・木更津県・新治県の成立”. 千葉県. 2015年11月14日閲覧。
  11. ^ 6.いまの千葉県のかたちへ”. 千葉県. 2015年11月14日閲覧。
  12. ^ a b c 『世界大百科事典 2(アレネ-イワ)』平凡社、2007年、513頁。
  13. ^ a b 米川明彦 編『日本俗語大辞典』東京堂出版、2003年、362頁。ISBN 4-490-10638-6
  14. ^ a b 嵐山光三郎 編『現代都会語事典』講談社、1987年、362頁。ISBN 4-06-203029-2
  15. ^ a b c 岡島慎二、松立学『日本の特別地域 特別編集46 これでいいのか 茨城県 第2弾』マイクロマガジン社、2013年、24頁。ASIN B00JR27B6S
  16. ^ a b c 「抱腹絶倒のユニーク論争 チャイバVSダサイタマ どっちがカッペか」『週刊現代』1984年2月18日号、講談社、176-179頁。
  17. ^ a b 「"目クソ鼻クソ”とはいってられないコトの重大さ 「ダ埼玉」「イモ千葉」返上に躍起となる知恵者たちの冬」『週刊読売』1984年3月11日号、読売新聞東京本社、12-13頁。
  18. ^ 映画「翔んで埼玉」:「爆笑、泣いて、… 」、地域差への感度・郷土愛測る一助に” (日本語). nippon.com (2019年2月27日). 2019年3月1日閲覧。
  19. ^ 茨城はいつから「いばらき」になったのか!?”. Exciteニュース (2005年3月24日). 2019年9月10日閲覧。
  20. ^ 「茨城」が「いばら“ぎ”」と誤読されてしまう理由を考える”. ねとらぼ (2018年1月19日). 2019年9月10日閲覧。

関連項目編集