ふるさとCM大賞(ふるさとシーエムたいしょう)は、日本各地のテレビ局などが主催し、各市町村が制作する地元PRのコマーシャルを集めて行われるコンクールである。

福島放送『ふくしまの元気!応援ふるさとCM大賞』の収録の模様(郡山女子大学 建学記念講堂)

概要編集

各市町村が「自分たちのふるさとの良さ」をアピールする「手作りのふるさとCM」を制作し[1]、持ち寄って開かれるコンクール。企画・制作・撮影・出演等のすべてが各市町村の広報担当者、もしくは地域の人々に委ねられ[1]、それぞれの市や町や村の魅力を、地域の情報や自慢、観光、物産、伝統、人物、動物、歴史、自然などをテーマにしCMを創り上げる[2]。CMの長さは一般的に30秒。

地域振興の一端を担う役割もあり[3]、CM制作は各市町村の役所・役場などの地方自治体が主体となることが多いものの、学校単位での参加や、一般団体[4]、個人制作、小中学生[5]の作品を広く募るコンクールもある。

沿革編集

1994年に山口県のTBS系列の放送局、テレビ山口(tys)により「山口県ふるさとCM大賞」が開催され[5]、もっとも長く続いているコンクールとなっている。その後、2000年に山形県のテレビ朝日系列の放送局、山形テレビ(YTS)が「山形ふるさとCM大賞」を開催して以後、主に各地のテレビ朝日系列局[注 1]などが主催となってコンクールを開催している。

放送編集

コンクールの模様は主催するテレビ局で番組として放送される[6][7]。また、県外の系列各局での放送や、参加賞として出展されたCMをすべて放送する局もあり[4]、県内外の他市町村への自市町村のPRにも有効なものとなっている。

東北6県では各県の大賞(最優秀賞)作品を集めた「東北ふるさとCMフェスティバル」が東北のテレビ朝日系列の基幹局である東日本放送の主催で開催され、後日、系列局でその模様が同時放送されている[8]。このフェスティバルではCMに順位は付けず、その内容にあった賞が与えられ、それぞれのCMが東北6局で30回、年度内に放送されることになっている[8]

2020年度以降は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、開催を中止・延期した地域がある[9]

ふるさとCM大賞の一覧編集

現在編集

過去編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ テレビ朝日系列(ANNネットワーク)加盟26局のうち18局が開催。キー局であるテレビ朝日、基幹局である北海道テレビ放送名古屋テレビ放送朝日放送テレビ九州朝日放送、クロスネット局である福井放送テレビ宮崎、ほか、山口朝日放送の8局では開催していない。
  2. ^ 局制作のタイトルと枠をつけて放送するため。

出典編集

  1. ^ a b “ふるさとCM大賞とは”. IAT岩手朝日テレビ. http://www.iat.co.jp/blog/furusatocm/about 2015年6月10日閲覧。 
  2. ^ “2014みやぎふるさとCM大賞|企画内容”. KHB東日本放送. http://www.khb-tv.co.jp/furusatocm/ 2015年6月10日閲覧。 
  3. ^ a b “ふるさとCM大賞に魚沼の「ラブコメ」”. 新潟日報デジタルプラス. (2022年1月7日). オリジナルの2022年1月31日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220131204731/https://www.niigata-nippo.co.jp/articles/-/16527 2022年4月29日閲覧。 
  4. ^ a b 愛媛)ふるさとCM大賞に愛南町 eatで放送へ”. 朝日新聞デジタル (2014年2月24日). 2015年6月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2022年4月29日閲覧。
  5. ^ a b c 第510回放送番組審議会”. テレビ山口 (2019年1月17日). 2022年4月29日閲覧。
  6. ^ a b “「みやぎふるさとCM大賞」最優秀賞に東松島市の「風わたる青の国へ」”. 日刊スポーツ. (2021年12月13日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202112130000246.html 2022年4月29日閲覧。 
  7. ^ a b “ふるさとCM大賞 東松島市が連覇 青の国の魅力、30秒に凝縮”. 河北新報オンラインニュース. (2022年1月14日). オリジナルの2022年1月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220114062711/https://kahoku.news/articles/20220114khn000021.html 2022年4月29日閲覧。 
  8. ^ a b 東北ふるさとCMフェスティバル2014”. KHB東日本放送. 2015年6月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月9日閲覧。
  9. ^ 第20回「ふるさと自慢わがまちCM大賞」延期のお知らせ - 青森朝日放送
  10. ^ ふるさとCM大賞 in IWATE”. IAT岩手朝日テレビ. 2015年6月9日閲覧。
  11. ^ “高梨沙羅選手がCM出演の山形市を訪問 「また新しいスタートをしたい」”. 産経ニュース. (2018年10月10日). https://www.sankei.com/article/20181010-AI24XPEMVBKPFFC6SFNCXTFSEI/ 2022年4月29日閲覧。 
  12. ^ “地元の小学生が熱演 下郷町の作品に「CM大賞」”. 朝日新聞デジタル. (2021年11月9日). オリジナルの2021年11月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20211110150743/https://www.asahi.com/articles/ASPC86V5LPC4UGTB004.html 2022年4月29日閲覧。 
  13. ^ 「第2回新潟ふるさとCM大賞」で新潟県十日町市の動画が第3位に”. にいがた経済新聞 (2022年1月6日). 2022年4月29日閲覧。
  14. ^ abnふるさとCM大賞NAGANO”. abn長野朝日放送. 2015年6月9日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年6月9日閲覧。
  15. ^ 30秒の動画でふるさとをPR ふるさとCM大賞 グランプリ決定”. 奈良テレビチャンネル (2022年2月28日). 2022年4月29日閲覧。
  16. ^ eat ふるさとCM大賞えひめ”. eat愛媛朝日テレビ. 2015年6月9日閲覧。
  17. ^ “大分)ふるさとCM大賞に「玖珠NIGHT満喫せよ!」”. 朝日新聞デジタル. (2019年3月20日). オリジナルの2019年3月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190320140350/https://www.asahi.com/articles/ASM3F66KGM3FTPJB01J.html 2022年4月29日閲覧。 
  18. ^ 北海道ふるさとCM大賞”. 2004年12月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年6月9日閲覧。
  19. ^ 富山県ふるさとCM大賞”. チューリップテレビ. 2003年9月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年6月9日閲覧。
  20. ^ 第10回福井ふるさとCM大賞コンクール”. 公益財団法人ふくい産業支援センター. 2015年6月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年6月10日閲覧。
  21. ^ 第3回HOMEふるさとCM大賞”. HOME広島ホームテレビ. 2013年8月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年6月9日閲覧。
  22. ^ a b 第3回ふるさとCM大賞 Presented by 瀬戸内海放送”. KSB瀬戸内海放送. 2006年6月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年6月10日閲覧。
  23. ^ a b c 第4回ふるさとCM大賞”. KSB瀬戸内海放送. 2004年7月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年6月9日閲覧。
  24. ^ ふるさとCM大賞、東かがわ市に”. 四国新聞 (2003年2月9日). 2015年6月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2022年4月29日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集