メインメニューを開く

アワ(粟、学名、Setaria italica)は、イネ科エノコログサ属多年草雑穀類。五穀の一つに数えられる。

アワ
Japanese Foxtail millet 02.jpg
アワ
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 単子葉植物 Monocots
: イネ目 Poales
: イネ科 Poaceae
: エノコログサ属 Setaria
: アワ S. italica
学名
Setaria italica P. Beauv.
和名
アワ(粟)
英名
foxtail millet、bengal grass

特徴編集

アジア原産。祖先野生種の分布がユーラシア大陸に広がっていることから起源地の推測は難しく[1]アフガニスタンおよびパキスタン西北部のアワが原始的な特徴を保存している系統であることから、中央アジアからアフガニスタン、インド亜大陸北西部あたりを原産地とする説が有力視されている[2][3]

草丈は150センチメートル前後[1]。穂は黄色に熟し、たれさがる。寒冷地の春アワと、温暖地の夏アワに生態が分かれている[1]。温暖で乾燥した風土を好み、生育期間が3 - 5ヶ月と短いために、高地や高緯度地域でも栽培することができる。栽培地域は広いが、多湿を嫌う[1]

祖先野生種は、エノコログサを原種とするといわれ[2][1]、エノコログサとの交雑もよくおこる[4]。体細胞染色体数は2n=18の二倍体であり[1]C4植物でもある。

一般に5月から6月頃に種をまき、9月下旬から10月頃が収穫の時期である[5]。品種の細分化が進んでいるため、耕作地に適した種子と栽培法が必要となる[5]。求肥性が強く連作を嫌うため、豆類、根菜類との輪作や、麦の間作や後作などによって、連作障害が避けられている[5]

種類編集

アワには大穂種(大アワ)と小穂種(小アワ)がある[2]。また、ウルチ種(ウル、粳)とモチ種(モチ、糯)がある[2][1]。また、収穫の時期から夏アワ秋アワなどの品種に分けられる[注釈 1]。穂型では、円筒型、棍棒型、円錐型、猿手型、猫足型などに分類される[2]

穀粒の色分け区分としては、橙アワ、黄アワ、赤アワ、灰アワ、黒アワ、白アワがあり、中でも白アワが多いとみられている[1]

利用編集

穀物として粉食および、粒食される[1]。古くから、アジアインドヨーロッパなどで栽培されており[1]、有史以前にアジア、ヨーロッパ、アフリカの各地に伝播した[2]。日本では、奈良時代より主食にされていたとみられている[1]

中国編集

中国では紀元前2700年頃にはアワの栽培が行われていた[2]。古代中国の草本書『食物本草』によれば、「味は塩辛く、性質は少し寒で毒はない。肝臓の働きを良くし、脾臓や胃の熱を去り、気を増す。」とある[5]

中国の華北中原において、黄河文明以来の主食は専らアワ(粟米、谷子)であり、「米」という漢字も本来はアワを示す文字であったといわれている[注釈 2]。また、で採用された税制である租庸調においても、穀物[注釈 3]を納付する「租」はアワで納付されるのが原則(本色)であった[6]

これに対して、華南ではの時代から栽培が盛んになった[注釈 4]

青海省民和回族トゥ族自治県喇家遺跡では、およそ4000年前のアワで作ったが見つかっており、現在、世界最古の麺といわれている。だが、連作二毛作を行うと、地力を損ないやすいことや、西域から小麦が伝わってきたこととも相まって、次第に主食の地位から転落することになった。しかし、現在でも中国ではアワなどにして、アワを食べる機会は多い。また、「鉄絲麺」という、最古の麺と同じような麺類を作る地方もある。

日本編集

 
もちアワ

日本へはイネより早く伝来し、縄文時代には栽培されていたことが確認されており、日本最古の穀類作物とされている[2]。日本国内の主産地は、長野県関東地方岩手県などの東北地方岐阜県などの東海地方である[1]

アワは、ヒエダイズアズキ)・イネと並んで、神代史上にも記録されている日本古来の五穀である[7]新嘗祭の供物としても米とともにアワが用いられ、養老律令にも義倉にアワを備蓄するように定められており[注釈 5]、『清良記』などの農書にもアワについての解説が詳細に載せられているなど、古くから、ヒエとともに、庶民にとっての重要な食料作物だった。

だが、第二次世界大戦後には生産量が激減した。日本でもかつてはアワだけを炊いたり、粥(アワ粥)にして食べていたが、現在は、米に混ぜて炊いたり、アワおこしとしたりするほか、クチナシで黄色に染めて酢じめしたコハダなどの青魚とあわせたアワ漬を正月料理として食べる程度である。また、主食用であったうるちアワよりも、菓子(アワ団子や粟餅など)、などの原料として用いられてきたもちアワの方が多く栽培されている。家畜家禽ペット飼料としての用途の方が多い。

日常食卓のアワ飯は、アワを5、6回とぎ洗いして一晩浸水したあとに、1.6倍量の水と少量の塩で炊飯する[5]と混炊するときは、アワの分量を1 - 2割ほど混ぜて炊飯することで、キビほどのくどさのない雑穀のコクが加わる[5]作り、パン作り、和菓子作りのほか、生麩を入れて惣菜作りに向く[5]。低カロリーで腹持ちが悪いというアワの特性は、和風の餅菓子作りで活躍し、餅菓子に使う米粉にアワを混ぜ込むことで胃にもたれなくなる[5]。これは、パンや米飯に混ぜ込んでも同様である[5]。食べ合わせでは、熱性の肉類が多く出る食卓において、寒性のアワとの相性が良いとされる[5]

栄養価編集

あわ(精白粒)[8]
100 gあたりの栄養価
エネルギー 1,538 kJ (368 kcal)
69.7 g
食物繊維 3.3 g
4.4 g
飽和脂肪酸 0.67 g
一価不飽和 0.52 g
多価不飽和 2.75 g
11.2 g
ビタミン
チアミン (B1)
(49%)
0.56 mg
リボフラビン (B2)
(6%)
0.07 mg
ナイアシン (B3)
(19%)
2.9 mg
パントテン酸 (B5)
(37%)
1.83 mg
ビタミンB6
(14%)
0.18 mg
葉酸 (B9)
(7%)
29 μg
ビタミンE
(4%)
0.6 mg
ミネラル
ナトリウム
(0%)
1 mg
カリウム
(6%)
300 mg
カルシウム
(1%)
14 mg
マグネシウム
(31%)
110 mg
リン
(40%)
280 mg
鉄分
(37%)
4.8 mg
亜鉛
(26%)
2.5 mg
(25%)
0.49 mg
セレン
(3%)
2 μg
他の成分
水分 13.3 g
水溶性食物繊維 0.4 g
不溶性食物繊維 2.9 g
ビオチン(B7 14.4 µg
%はアメリカ合衆国における
成人栄養摂取目標 (RDIの割合。

糖質70%、タンパク質10%を含み、ビタミンB群を含む。、その他のミネラル食物繊維も豊富なため、五穀米などにして食べる方法が見直されている。米に比べ、タンパク質や脂肪に富み、炭水化物が低いので、ダイエタリーな食品である[5]

文化編集

ことわざ編集

  • 濡れ手で粟 - ぬれた手でアワをつかめば、アワ粒がごっそり手についてくる。転じて労せずに多大な利益を得ること。

喩えとしての表現編集

小さいものの喩え・表現として、「粟」の字を用いる場合がみられる。『平家物語』(高野本)では、日本自体を「さすが我朝は粟散(ぞくさん)辺地の境」と記し、『太平記』でも、「いわんや粟散国の主として、この大内を造られたる事」とし、自国が中国やインドなどの大国と比べて、アワ粒を散らしたような小国である(中華思想とは逆の辺境国)と自覚して記述している例がある。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 古くは、実の大きさによっておおアワ(粱)とこアワ(粟)の区別が存在したが、今日ではおおアワが栽培種のほとんどを占めており、これを指して「粟」と表記することが一般的である。
  2. ^ 中国後漢許慎が著した漢字の解説書『説文解字』において、「米…粟實也。象禾實之形」(禾=アワ)と書かれ、米即ちアワの実であると解説されている。
  3. ^ 中国北魏賈思勰が著した農書斉民要術』(巻1「種穀」第3:原注)において、「穀、稷也、名粟。穀者、五穀之總名、非指謂粟也。然今人專以稷爲穀、望俗名之耳」と書かれ、穀とは五穀の総称であって、稷(=アワ)を指すのは正しくないが、世間(北魏統治下の華北)では主食であるアワ(稷)のことを穀と称していると記している。
  4. ^ は、長江から入ってきた蛮夷の穀物と見なし、「雑穀」のように扱う風潮が、知識人を中心に長く続いた。米が華北中原においても主食とされるようになるのは、唐代以後といわれている。
  5. ^ 霊亀元年(715年10月7日の陸田(畑作)奨励のには、畑作作物としてアワが奨励作物の筆頭として奨励されている。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 林弘子 1998, p. 96.
  2. ^ a b c d e f g h 平 宏和『雑穀のポートレート』錦房、2017年、3頁。
  3. ^ 林弘子 1998, p. 96–97.
  4. ^ 国分牧衛『新訂 食用作物』養賢堂、2010年8月10日 第1版、270頁。
  5. ^ a b c d e f g h i j k 林弘子 1998, p. 97.
  6. ^ 古賀登『両税法成立史の研究』雄山閣、2012年、235・523頁。
  7. ^ 林弘子 1998, pp. 97–98.
  8. ^ 文部科学省、「日本食品標準成分表2015年版(七訂)

参考文献編集

  • 林弘子『穀物をもっと楽しもう』晶文社、1998年6月30日。ISBN 4-7949-6358-0

外部リンク編集