エイベックス・エンタテインメント

日本のレコード会社
エイベックス・グループ > エイベックス > エイベックス・エンタテインメント

エイベックス・エンタテインメント株式会社: Avex Entertainment Inc.: AEI)は、日本レコード会社エイベックスの連結子会社。

エイベックス・エンタテインメント株式会社
Avex Entertainment Inc.
Avex logo 2017.svg
種類 株式会社
略称 AEI
本社所在地 日本の旗 日本
108-0073
東京都港区三田1丁目4−1 住友不動産麻布十番ビル
(総合受付10F)[1]
設立 1997年10月1日(株式会社エイベックス・ディストリビューション)
業種 情報・通信業
法人番号 3010401033883 ウィキデータを編集
事業内容 音楽コンテンツの企画・制作・販売・配信
代表者 代表取締役社長 黒岩克巳
資本金 2億円
発行済株式総数 4,000株(2014年7月時点)
売上高 784億1900万円(2014年3月期)
営業利益 71億7300万円(2014年3月期)
純利益 43億5100万円(2014年3月期)
純資産 92億8400万円(2014年3月期)
総資産 332億6400万円(2014年3月期)
従業員数 322名(2010年9月末現在)
決算期 3月末日
主要株主 エイベックス 100%
主要子会社 エイベックス・クラシックス・インターナショナル 100%
テンプレートを表示

概要編集

度重なるグループ再編で、2007年4月から2014年7月まではエイベックス・グループの一般消費者向け事業を一手に引き受ける事業会社であった。グループの売り上げの7割以上を占めている。

法人としての前身は1998年に事業開始した株式会社エイベックス・ディストリビューションで、当時自前の流通網を持たず、日本クラウンなどに販売を委託していたエイベックス・ディー・ディー(当時)が流通網を構築して販売委託を解消するために設立され、事業開始をもってエイベックス(初代。現:エイベックス・グループ・ホールディングス→エイベックス(二代目))[注 1]の音楽・映像パッケージは当社が販売元となった。2005年にエイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ株式会社と商号変更した上でエイベックス(前年の持株会社化に伴い新たに設立された新会社。このときエイベックス・エンタテインメントに商号変更)の音楽・映像パッケージ事業が移管され、以後は当社が発売・販売元となった。

また、もう一つの前身であるエイベックス ネットワーク株式会社は、インターネット情報提供サービス会社として2000年に設立された。2005年のグループ再編では、会員制ビジネス・ファンクラブの運営、マーチャンダイジングを行っていた株式会社ハウディ・インターナショナルを合併し、同社の事業を引き継いでいた。

2014年のグループ再編では、エイベックス・エンタテインメント(旧社。エイベックス・デジタルに商号変更)の音楽製作事業が移管された。一方、ファンクラブの運営、マーチャンダイジングがエイベックス・ライブ・クリエイティヴに移管され、旧ハウディ・インターナショナルの事実上の再分離となった。

沿革編集

1990年代 - 2013年編集

エイベックス・ライヴ・クリエイティヴ株式会社編集

  • 1990年11月 - 株式会社ミュージック・フォリオを設立。
  • 1993年10月 - 株式会社プライム・ディレクションに社名変更。
  • 2005年4月 - エイベックス・ライヴ・クリエイティヴ株式会社に社名変更。

エイベックス ネットワーク株式会社編集

  • 1991年4月16日 - 株式会社ハウディ・インターナショナルを設立。
  • 1992年10月 - ハウディ・インターナショナルにエイベックス・ディー・ディー株式会社(当時)が資本参加する。
  • 2000年3月15日 - エイベックス ネットワーク株式会社を設立。エイベックス株式会社よりインターネット情報発信事業が移管される。
  • 2000年4月 - グループ外企業10社[注 2]の第三者割当増資を受け、エイベックスの出資比率が51%となる。
  • 2001年7月 - レーベルモバイル株式会社を共同設立。
  • 2003年3月28日 - エイベックス株式会社がグループ外企業の保有分をすべて買い取り、同社の完全子会社となる[2]
  • 2005年4月1日 - 株式会社ハウディ・インターナショナルを合併。株式会社アクシヴ(同日にエイベックス・プランニング&デベロップメント株式会社に商号変更)より一部事業を承継。
  • 2005年6月 - 株式会社Para.TVを子会社化。

エイベックス・マーケティング株式会社編集

  • 1997年10月1日 - 株式会社エイベックス・ディストリビューションを設立。
  • 1998年4月1日 - 事業開始。
  • 2005年4月1日 - エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ株式会社に商号変更。エイベックス株式会社(2代目。同日にエイベックス・エンタテインメント株式会社に商号変更)から音楽・映像パッケージ事業が移管され、発売元となる。
  • 2007年4月1日 - エイベックス ネットワーク株式会社を吸収合併、あわせてエイベックス・マーケティング株式会社に商号変更。
  • 2007年7月 - エヌ・ティ・ティ・スマートコネクト株式会社との合弁でハッチ・エンタテインメント株式会社を設立。
  • 2008年4月1日 - 映像マーケティング本部の全事業を会社分割によりエイベックス・エンタテインメントへ移管。
  • 2011年2月 - ハッチ・エンタテインメント株式会社を合併。

エイベックス・エンタテインメント株式会社(旧社)編集

2014年 -編集

エイベックス・ミュージック・クリエイティヴ株式会社編集

  • 2014年4月 - エイベックス・マーケティング株式会社およびエイベックス・エンタテインメント株式会社(旧社)の映像事業部門を分割統合の上で、エイベックス・ピクチャーズ株式会社を設立。
  • 2014年7月1日 - エイベックス・マーケティング株式会社が、エイベックス・エンタテインメント株式会社(旧社)の音楽事業とエイベックス・クラシックス・インターナショナルの株式を承継し[5]エイベックス・ミュージック・クリエイティヴ株式会社avex music creative Inc.、略称:AMC)へ商号変更[6]
  • 2014年8月1日 - ファンクラブ運営・マーチャンダイジング事業をエイベックス・ライヴ・クリエイティヴ株式会社へ移管[7]

エイベックス・エンタテインメント株式会社(新社)編集

  • 2017年4月1日 - エイベックス・ライヴ・クリエイティヴ株式会社およびエイベックス・ニコ株式会社を吸収合併。エイベックス・ヴァンガード株式会社、エイベックス・プランニング&デベロップメント株式会社、エイベックス・スポーツ株式会社のマネジメント関連以外の事業を承継。エイベックス・ミュージック・クリエイティヴ株式会社からエイベックス・エンタテインメント株式会社(新社)へ社名変更[8]

レーベル編集

現在のレーベル編集

  • avex-CLASSICS(エイベックス・クラシックス) - クラシック専門レーベル。
  • avex EDM(エイベックス・イーディーエム)
  • avex globe(エイベックス・グローブ) - globe専属レーベル。
  • avex infinity(エイベックス・インフィニティ)
  • avex io(エイベックス・イオ) - 大人向け。
  • avex trax(エイベックス・トラックス) - メインレーベル、王道J-POP。
  • avex tune(エイベックス・チューン) - 事実上の観月ありさ専属レーベル。
  • A.S.A.B(エイサブ)- 大橋トリオTHE CHARM PARK主宰のレーベル。
  • blowgrow(ブロウグロウ)
  • B-ME(ビーミー) - SKY-HI主宰の芸能事務所「BMSG」との共同レーベル[9][10]
  • commmons(コモンズ) - 坂本龍一主宰の所属芸能事務所「キャプ」との共同レーベル。
  • cutting edge(カッティング・エッジ) - ロック、レゲエ、ヒップホップ専門レーベル。
  • FRAME(フレーム) - ゲーム会社「レベルファイブ」との共同レーベル。
  • HI-BPM STUDIO(ハイビーピーエムスタジオ)
  • HPQ(エイチピーキュー) - ヴィジュアル系専門レーベル。
  • iDOL Street(アイドル・ストリート) - アイドル専門レーベル。
  • maximum10(マキシマム・テン)
  • MENT RECORDING(メント・レコーディング) - 「ジャニーズ事務所」との共同レーベル[11]
  • Rhythm REPUBLIC(リズム・リパブリック) - インディーズレーベル。
  • rhythm zone(リズム・ゾーン)
  • RISING RECORDS(ライジング・レコーズ) - 芸能事務所「ライジングプロダクション」専用のインディーズレーベル。
  • YGEX(ワイジーエックス) - 韓国の芸能事務所「YGエンターテインメント」との共同レーベル。
  • 愛踊祭レーベル(あいどるまつりレーベル) - 愛踊祭専属のアイドル専門レーベル。

過去のレーベル編集

  • ADDICT(アディクト) - 洋楽専門レーベル。
  • Dimension Point(ディメンション・ポイント) - 安室奈美恵専属。芸能事務所「ライジングプロダクション」より移籍した安室のマネジメント業務も行われていた(後に安室の個人事務所「stella88」へ移行)。安室が2018年9月16日をもって芸能界から引退をした為、運営終了。
  • Rhythmedia Tribe(リズメディア・トライブ) - 芸能事務所「Rhythmedia」所属アーティスト専用レーベル。後にBMG JAPANに販売権を移行。
  • RIDDIM ZONE(リディム・ゾーン) - rhythm zoneの派生レーベル。レゲエ専門。2006年RYO the SKYWALKERの移籍を機に新設されたが、2015年に所属アーティスト不在のため消滅。
  • MODE99(モード99) - テクノ系サウンド専門レーベル。
  • avex ideak(エイベックス・イデアック) - 角松敏生主宰の単発レーベル。cutting edgeのサブレーベル。1998年に消滅。
  • nakedrecords(ネイキッド・レコーズ) - イクタ☆アイコ専属。cutting edgeのサブレーベル。2005年にイクタ☆アイコがavex traxへ移籍したため消滅。
  • D-FORCE(ディーフォース) - 日本産テクノ系サウンド専門レーベル。
  • FIVE-D PLUS(ファイブ・ディー・プラス) - 芸能事務所「ファイブ・ディー」専用レーベル。
  • JUNK MUSEUM (ジャンク・ミュージアム)- ロック系レーベル。cutting edgeのサブレーベル。2012年5月に消滅。
  • BAREKNUCKLE(ベアナックル) - HR/HM(ハードロック・ヘヴィメタル)専門レーベル。
  • J-more(ジェイモア) - 姉妹デュオ・O'sが所属。2014年に消滅。
  • superb trax(スパーブ・トラックス)
  • ZOOM FLICKER(ズーム・フリッカー) - アニメ系レーベル。
  • OORONG RECORDS(ウーロン・レコーズ) - 音楽プロダクション「烏龍舎」専用レーベル。2007年5月に当社を販売元としたインディーズレーベルとして運営していたが、2008年11月に当社と提携しメジャーレーベルとなる。2015年に運営終了。
  • binyl records(ヴァイナル・レコーズ) - ロック専門レーベル。2019年4月に消滅。
  • vellfare records(ヴェルファーレ・レコーズ)
  • LOiD(ロイド) - ネットミュージック系レーベル。
  • バリバリレコード - ヤンキーアイドル専門レーベルとしてリリースする予定だったが、諸事情により2012年10月途中で計画は白紙にされた[12]
  • えんか!!えいべっくす - 東京プリンのプライベートレーベル。
  • avex entertainment(エイベックス・エンタテインメント)- アニメ・特撮系レーベル。エイベックス・エンタテインメントがエイベックス・デジタルに社名変更したことに伴い、avex traxレーベルへ吸収統合。
  • avex mode(エイベックス・モード) - エイベックス・ピクチャーズに移籍し、後に消滅。
  • avex pictures(エイベックス・ピクチャーズ) - エイベックス・ピクチャーズに移籍。
  • DIVE II entertainment(ダイブトゥー・エンタテインメント) - エイベックス・ピクチャーズに移籍。
  • Walt Disney Records(ウォルト・ディズニー・レコード) - 後にユニバーサルミュージックに販売権を移行。
  • Hollywood Records(ハリウッド・レコード) - 後にユニバーサルミュージックに販売権を移行。
  • YukiRing(ユキリン) - AKB48チームBメンバー柏木由紀のソロプロジェクト独自専用レーベル。2021年キングレコードに移籍し消滅。

販売委託編集

提供番組編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ この事業開始と同時に、エイベックス・ディー・ディーは株式の額面変更目的で休眠会社のエイベックスと合併した。その後2017年11月1日に、社名をエイベックスに戻している。
  2. ^ ACCESS、イサオ、NTT-X角川書店、クリーク・アンド・リバー社、セブン-イレブン・ジャパンソニー・コンピュータエンタテインメントソフトバンクBB、フューチャーシステムコンサルティング、三菱商事
  3. ^ 観月ありさavex tune所属)、安室奈美恵2015年まで同事務所所属。レーベルは1995年2013年までavex trax、2013年〜2018年の芸能界引退までDimension Pointに所属)は不参加。

出典編集

  1. ^ 本社移転のお知らせ”. 2022年5月13日閲覧。
  2. ^ エイベックスがエイベックス ネットワークを完全子会社化 エイベックスプレスリリース2003年4月4日(インターネット・アーカイブ)
  3. ^ 文化通信.com - 新会社エイベックス・マネジメント来1月設立
  4. ^ 当社連結子会社による株式取得(孫会社化)に関するお知らせ (PDF)”. エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社 (2013年10月4日). 2013年11月5日閲覧。
  5. ^ エイベックス・グループの音楽事業の再編に関するお知らせ (PDF)”. エイベックス・グループ・ホールディングス (2014年5月8日). 2014年9月19日閲覧。
  6. ^ 子会社の商号変更に関するお知らせ (PDF)”. エイベックス・グループ・ホールディングス (2014年6月24日). 2014年9月18日閲覧。
  7. ^ 連結子会社間の会社分割に関するお知らせ (PDF)”. エイベックス・グループ・ホールディングス (2014年6月24日). 2014年9月18日閲覧。
  8. ^ 会社分割(簡易吸収分割)による連結子会社への事業承継等に関するお知らせ(音楽関連事業の再編について)”. エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社 (2017年2月23日). 2017年4月4日閲覧。
  9. ^ BMSG 設立” (日本語). BMSG. 2022年3月21日閲覧。
  10. ^ SKY-HI「才能を殺さない為に。」新会社BMSG設立、Novel Coreが移籍してメジャーデビュー” (日本語). 音楽ナタリー (2020年9月26日). 2022年3月21日閲覧。
  11. ^ ジャニーズ×エイベックスが新レーベル設立 キスマイ&Snow Man所属「MENT RECORDING」”. ORICON NEWS. オリコン (2022年1月15日). 2022年3月21日閲覧。
  12. ^ “エイベックスがヤンキーアイドルオーディション開催! 優勝者はバリバリレコードからデビュー!”. mu-mo エンタメニュース (エイベックス・マーケティング). (2012年7月23日). http://news.mu-mo.net/view/23979 2012年7月25日閲覧。 

外部リンク編集