メインメニューを開く
本来の表記は「楊摎」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

楊 摎(よう きゅう、生没年不詳)は、中国戦国時代将軍

経歴編集

紀元前256年、楊摎は将軍としてを攻撃し、陽城・負黍を取り、首級4万を挙げた[1]。さらにを攻撃して20県あまりを奪い、斬首した者および捕虜は9万に達した[1]。ときに西周の文公は諸侯の軍を結集し、伊闕を出て秦を攻撃して、陽城との連絡路を遮断しようとした。楊摎が昭襄王の命を受けて西周を攻撃し、かれを降伏させた[2]

紀元前254年を討ち、呉城を奪った[1]

登場作品編集

脚注編集

  1. ^ a b c 史記』秦本紀
  2. ^ 『史記』周本紀