高橋洋 (俳優)

日本の俳優
本来の表記は「髙橋洋」です。この記事に付けられたページ名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

髙橋 洋(たかはし よう、旧芸名:高橋洋1972年9月5日 - )は、日本俳優大阪府出身。ケイファクトリー所属。早稲田大学社会科学部卒業。東京オレンジ、ニナガワ・スタジオ出身。

たかはし よう
髙橋 洋
別名義 高橋洋
生年月日 (1972-09-05) 1972年9月5日(49歳)
出生地 日本の旗 日本大阪府
身長 170cm
血液型 O型
職業 俳優
ジャンル 舞台テレビドラマ映画
配偶者 あり
事務所 ケイファクトリー
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
テレビドラマ
幼獣マメシバ』シリーズ
ゆとりですがなにか
逃げるは恥だが役に立つ
初めて恋をした日に読む話
いだてん〜東京オリムピック噺〜
映画
幼獣マメシバ』シリーズ
東京公園
小川町セレナーデ
空に住む
テンプレートを表示

来歴・人物編集

  • 1992年早稲田大学在学中、東京オレンジに入団。いくつかの舞台に出演する。
  • 大学卒業後の1997年蜷川幸雄のニナガワカンパニー・ダッシュ(現ニナガワ・スタジオ)に入団。
  • 2001年、『真情あふるる軽薄さ2001』にて、降板した萩原聖人の代わりに急遽主役を演じ、演劇界で注目されるようになる[要出典]
  • 2008年、ニナガワ・スタジオを退団。以降は映像中心に活動している。
  • 2018年、6年半所属したオフィス北野を退社、5月からケイファクトリーに所属。

出演編集

舞台編集

東京オレンジ

  • マングローブ(早大劇研大隈講堂裏特設テント、1992年9月23日 - 27日) - マッドメンズ 役
  • ウミガドウミエル(早大劇研大隈講堂裏特設テント、1993年5月24日 - 28日) - テル/フリークスA 役
  • 楽しい終末(早大劇研アトリエ、1993年12月18日 - 23日) - 白服2 役

ニナガワ・スタジオ

ニナガワ・スタジオ以降

  • 青山真治・演出「私のなかの悪魔」ストリンドベリ作「債鬼」より(あうるすぽっと、2013年3月25日 - 31日) - 画家 役
  • 栗山民也・演出「アドルフに告ぐ」(KAAT神奈川芸術劇場ほか、2015年6月3日 - 7月4日) - アドルフ・ヒトラー
  • 青山真治×古典プロジェクト「フェードル」(東京芸術劇場シアターウエスト、2015年12月4日 - 13日) - テラメーヌ 役
  • 森新太郎・演出「CRESSIDA」(シアタートラムほか、2016年9月4日 - 10月9日) - リチャード・ロビンソン 役/頭に来た亭主 役
  • スーパー歌舞伎Ⅱ『オグリ』(新橋演舞場2019年10-11月、博多座2020年2月、京都南座2020年3月)- 横山家継/鬼頭長官 役
  • PARCO劇場オープニング・シリーズ『藪原検校』(2021年2月10日 - 3月7日 PARCO劇場、3月9日 - 10日 日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール、3月13日 - 14日 こまつ芸術劇場・うらら、3月18日 - 21日 京都芸術劇場 春秋座、井上ひさし作、杉原邦生演出) - 佐久間検校 役、水戸東照宮の宮司 役、日本橋下の魚売り 役、若い座頭 役、江戸座頭・伊豆の市 役、初代藪原検校 役、他
  • 音楽朗読劇「フェルメール・ブルー」(TOKYO FM HALL、2022年8月4日) - アーブラハム・ブレディウス 役

テレビドラマ編集

配信ドラマ編集

映画編集

CM編集

  • アサヒグループ食品 ミンティア「カタカナ会議」篇(2017年6月3日 - )
  • ホクト ホクトプレミアム 霜降りひらたけ
    • 「大人のきのこ ステーキ」篇(2018年9月10日 - )
    • 「大人のきのこ 素焼き」篇(2019年3月20日 - )

ラジオドラマ編集

  • FMシアターNHK-FM
    • 「ティティヴィルスの見えない蜂」(2016年4月9日) - 須賀 役
    • 「また逢う日のうた」(2016年12月3日) - 辰雄 役

ナレーション編集

DVD編集

  • HKT48 092 アルバム特典映像 短編映画企画「東映 presents HKT48×48人の映画監督たち」 TypeD:本村碧唯×原桂之介監督『2017:A GOD HORROR 神様ホラー:相対的に見れば「人間コメディ」である事の証明』(2017年12月27日、ユニバーサル ミュージック

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集