メインメニューを開く

概要編集

1988年シーズンに使用した017の後継モデルとして開発された。

このマシンはフロントサスペンションにモノショックが採用され、左右のフロントサスペンションで1セットのダンパーとスプリングを共有した。ダンパーとスプリングはコクピットの前方の、モノコック中央上面に沿うように配置され、ダンパーはリンクを用いて左右のプッシュロッドと接続された。モノショックのフロントサスペンションは、1990年以後、ジョーダンレイトンハウスマーチなど複数のチームが採用した。マクラーレンフェラーリなどのトップチームも、左右のダンパーを接続してモノショックと同様の効果を持たせたフロントサスペンションを使用した。

018ではフロントウイングとノーズが若干持ち上げられた。翌年の019では更に大きくノーズが持ち上げられ、アンヘドラルウイングが導入された。

エンジンはコスワース・DFRを使用した。

第2戦サンマリノGPミケーレ・アルボレート用の1台が初めて実戦投入。ミケーレ・アルボレートが予選落ちしたため、決勝レースでは、ジョナサン・パーマーが使用した。続くモナコGPで2台目のマシンが持ち込まれ、ジョナサン・パーマーとアルボレートの両ドライバーが018を使用することができるようになった。同年のフランスGPからは、スポンサーにキャメルがつくと、マールボロの支援を受けていたアルボレートが離脱し、後釜にジャン・アレジが起用された。

1990年シーズンは、第2戦ブラジルGPまで018が出走し、ロータスから移籍した中嶋悟とチームに残留したアレジがドライブした。第3戦サンマリノGPには後継モデルの019が3台持ち込まれたが、このレースのスタート直後に中嶋がクラッシュして019の1台が大破したため、次戦モナコGPには018がスペアカーとして持ち込まれた。

1989年シーズンはグッドイヤータイヤを使用したが、1990年シーズンは開幕直前になってピレリタイヤに変更した。

シャーシ履歴編集

018は5台が製造された[2]

F1における全成績編集

ティレルはメキシコGPで3位(アルボレート)を最上位に、1989年のコンストラクターズランキングで5位を獲得した。非ワークスエンジンを使用するチームの中では最上位だった。

1990年シーズンは、開幕戦のアメリカGPでアレジが一時トップを走りアイルトン・セナと首位争いを繰り広げる好走を見せ、018のベストリザルトとなる2位に入賞した。このレースではもう1台の018に乗る中嶋悟も6位に入賞した。

(key) (太字ポールポジション

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1989年 ティレル・レーシング フォード DFR
V8
G BRA
 
SMR
 
MON
 
MEX
 
USA
 
CAN
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
POR
 
ESP
 
JPN
 
AUS
 
16 5位
ジョナサン・パーマー 6 9 Ret 9 Ret 10 Ret Ret 13 14 Ret 6 10 Ret DNQ
ミケーレ・アルボレート DNQ 5 3 Ret Ret
ジャン・アレジ 4 Ret 10 9 5 4 Ret Ret
ジョニー・ハーバート Ret DNQ
1990年 ティレル・レーシング フォード DFR
V8
P USA
 
BRA
 
SMR
 
MON
 
CAN
 
MEX
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
POR
 
ESP
 
JPN
 
AUS
 
16* 5位
中嶋悟 6 8
ジャン・アレジ 2 7

* 1990年の9ポイントはティレル・019による。

脚注編集

  1. ^ STATS F1 - Tyrrell 018”. Statsf1.com. 2010年8月23日閲覧。
  2. ^ 『AUTOCOURSE F1グランプリ年鑑 1989-90』アラン・ヘンリー、バベル・インターナショナル・訳、CBSソニー出版、1990年、p.44。ISBN 4-7897-0502-1