シブがき隊

日本のアイドルグループ

シブがき隊(シブがきたい)は、布川敏和本木雅弘薬丸裕英によるかつて存在した男性アイドルグループジャニーズ事務所所属。

シブがき隊
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
活動期間 1982年 - 1988年
レーベル CBS・ソニー
事務所 ジャニーズ事務所
共同作業者 シブ楽器隊(バックバンド
旧メンバー

メンバー編集

プロフィール 愛称 イメージカラー[1]
布川 敏和
(ふかわ としかず)
(1965-08-04) 1965年8月4日(56歳)、B型神奈川県川崎市出身 フックン
    イエロー
本木 雅弘
(もとき まさひろ)
(1965-12-21) 1965年12月21日(55歳)、A型埼玉県桶川市出身 モックン
    レッド
薬丸 裕英
(やくまる ひろひで)
(1966-02-19) 1966年2月19日(55歳)、B型東京都武蔵村山市出身 ヤックン
    ブルー

歴史編集

1981年4月から放送のTBSドラマ『2年B組仙八先生』に生徒役で出演中の、既にジャニーズ事務所所属の薬丸・布川・本木の三名により結成される。結成当初は「仙八トリオ」、「悪ガキトリオ」などと呼ばれていたが、1981年の夏に雑誌『セブンティーン』の一般公募によって『シブがきトリオ』に決定(グループ名の由来は「シブい"ガキ"」を意味[2])。その後まもなくして『シブがき隊』に改められた。当時の芸能界では三人組に「~トリオ」と名付けるのが乱立しており、目立たせるため所属事務所の社長・ジャニー喜多川があえて「トリオ」から「隊」へと改名を施した。

『2年B組仙八先生』放送終了直後の1982年5月、「NAI・NAI 16」で歌手デビュー。デビュー当時のキャッチフレーズは「YMF 正面突破」[注 1]。同期の女性アイドルには小泉今日子三田寛子堀ちえみ中森明菜松本伊代早見優・後に薬丸の妻となる石川秀美ら「花の82年組」がおり、男性アイドルながらシブがき隊も「花の82年組」に入れられることもある。同年の『第24回日本レコード大賞』では最優秀新人賞を受賞[3]。翌年以降もヒット曲を幾つも繰り出し、オリコンシングルチャートやテレビの歌謡ランキング番組では10位圏内へ常に入り込み、同事務所の先輩で先行デビューしていた田原俊彦近藤真彦らに続き時代を代表する男性アイドルとなっていった。

シブがき隊の特徴としては、ジャポニズムの曲調が挙げられる。当時のアイドル界では、歌や踊りの実力よりもタレント個人がもつ魅力がより重視される傾向にあった。シブがき隊も歌や踊りのレベルをカバーするべく、楽曲の企画性(ノベルティソング)で話題を集める手法をとる。ジャニー喜多川が米国由来の芸能音楽を事務所の基本方針に据えていたため、米国から見た日本、すなわちジャポニズムの楽曲が多数制作された。この流れは後輩の忍者に受け継がれている[4]

歌手活動のほか、映画、CM、テレビドラマ、バラエティ番組など多岐にわたって活動。四年半も続いたテレビ東京で放送の歌謡バラエティ番組『ザ・ヤングベストテン』と後継番組の『レッツGOアイドル』では司会進行も担うなどして抜群のトーク術とコント力が身についていく。田原・近藤らとともに80年代前半の男性アイドルシーンを圧倒的にリードしていったが、1984年になると、前年デビューのチェッカーズや当時低迷していた老舗芸能事務所の渡辺プロダクションが起死回生に仕掛けた大型新人の吉川晃司らが台頭してくるようになる。その責任感の強さから仲間内で"リーダー"と呼ばれていた薬丸はそれらのライバルに闘志を燃やしていて距離感を取っていたが、楽天的な布川や本木は逆にチェッカーズと意気投合して仲良くなり[5]、彼らが住んでいた合宿所にも遊びに行っていた。その為、薬丸は「ライバルと仲良くしている二人が信じられない」と憤慨し、そのことを本木と布川に叱責したことで本木、布川と不仲になってしまい、その後2対1の「いびつなトライアングル」状態となってしまった[6]

1985年末、シブがき隊と同時期に結成された同じ事務所所属の三人組男性アイドル・少年隊が満を持して歌手デビュー。同じ土俵へ上られたことにより、シブがき隊が持ち合わせていなかったその歌唱力とキレの鋭いダンスを目の当たりにして、メンバーらは「こりゃ絶対勝てないな~」と思ったという。1986年、デビュー年から4年連続で出場してきた『NHK紅白歌合戦』に少年隊と入れ違いで落選したことが示すように[注 2]、日の出の勢いであった少年隊に対して、シブがき隊が出すシングルは80年代前半よりも人気の面で勢いを失っていき、それまでのようにオリコンシングルチャートやランキング番組で10位圏内に入ることがだんだんと叶わなくなっていった。また、デビュー以来必ず三人一緒であったグループ活動から、1986年3月放送の布川単独出演のテレビドラマを皮切りに、各々がソロ活動をするようになっていく。ただし、それはテレビドラマとバラエティ番組出演に限られたことで、歌手活動においてはソロで行う者はなく、後の解隊(解散)まで三人一緒のシブがき隊としてシングルをコンスタントにリリースし続け、歌謡番組への出演も疎かにしなかった。

1988年8月7日の東京厚生年金会館におけるコンサートでグループの解散を示す解隊宣言を発表し、同年11月2日の代々木第一体育館におけるコンサートをもって解隊した。通常コンサートでは写真撮影は禁止であるが、この解隊コンサートに限り写真撮影を解禁し、観客席からは無数のフラッシュが光り続けていたという。当時、各々ソロでの活動に比重が置かれるようになってグループとしての活動は霞んではいたが、解隊時はそれを記念して三人一緒の活動が設けられ、解隊の報告をするために幾つもの歌謡番組に出演をしたほか、三人が主演となったドラマも作られて放送されるなど、賑やかにその最後の花道を飾った。

エピソード編集

  • 当初は本木がセンターの立ち位置だったが、歌手デビュー時には薬丸がセンターとなり、途中から本木がセンターに戻った。
  • デビュー時センターに立っていたことや、責任感の強い性格から、薬丸は他のメンバーに「リーダー」と呼ばれることがあった。しかし実際には、特にリーダーは誰だということは決まっていなかった。
  • バックバンドは「シブ楽器隊」という名前であった。バンド名は事務所の社長・ジャニー喜多川が命名。
  • ZOKKON 命」のイントロのフレーズにアメリカのロックバンド「ナイト・レンジャー」の代表曲「Don't Tell Me You Love Me」(当時の邦題/炎の彼方)のイントロのリフをそのまま使った事が音楽雑誌等でネタにされることがあった。
  • 解散は、薬丸が「今後の方向性をどうする?」と本木と布川に相談した際[7]、元々俳優業に興味のあった本木が「業界そのものを辞めて、パリでもどっかでもいって、皿洗いでも何でもいいからしたいから、二人(薬丸と布川)に『辞めてもいいか』と言った」のがきっかけとなった[8]。その話をした際に二人とも目が点になってたそうだが[8]、薬丸は「僕はそれぞれにソロで仕事しても、当時の『ザ・ドリフターズ』みたいにまた3人で戻ってきて、特番やったり、グループの活動すればいいじゃないか[6][7]」と解散ではなく活動休止にしたらどうかと考えていた。しかし、布川は「本木がそう言うなら、(解散しても)いい」と賛同した為、意見が2対1となってしまった[8]。また、ジャニーズ事務所からは後日少年隊光GENJIがデビューしており、特に少年隊はバック転も出来、ダンスにかける思いも凄かったが、シブがき隊はバック転も出来なかった為、そんな少年隊を目の当たりにし「俺ら終わったな」と感じ、「このままシブがき隊として、おじいさんまでやっていけるのか?どうせなら人気のあるうちに解散しよう」と、3人で話し合って解散が決まった[9]。後年本木は「グループを終えさせてしまったのは私」、「私が暴走したので、こういう結果になった」と語った[8]
  • 解散後、本木と布川はジャニーズ事務所をすぐに離れた。薬丸は残ったものの、1年後にジャニーズ事務所を離れた。
  • 解散以来、3人が公の場に揃って出ることはなかった。しかし、本木も布川もそれぞれ薬丸が司会の『はなまるマーケット』「はなまるカフェ」にゲスト出演している。その後、本木主演の映画『おくりびと』が第81回アカデミー賞外国語映画賞を受賞した際、授賞式の翌朝、同番組でロサンゼルスより生中継にて薬丸が本木にインタビューし、久しぶりの二人の共演が実現した[10]。また薬丸のレギュラー番組『オジサンズ11』に布川がゲスト出演し共演を果した。
  • 2010年の夏に布川がふっくん布川としてスシ食いねェ!をもじった「そば食いねぇ!」でソロデビュー。解散から22年ぶりの歌手活動である。
  • 2012年1月13日、TBS『ぴったんこカン・カン』で、スタジオゲストに薬丸・VTRで本木(ドラマ運命の人の番宣で沖縄へ)と布川(妻子とともに石垣島と"シブがき島"へ)が出演と、同一番組内に解隊後初めて揃って出演となった(共演ではない)。

主な出演作品(ソロは除く)編集

バラエティ番組編集

NHK紅白歌合戦出場歴編集

年度/放送回 曲目
1982年(昭和57年)/第33回 100%…SOかもね!
1983年(昭和58年)/第34回 2 挑発∞
1984年(昭和59年)/第35回 3 アッパレ! フジヤマ
1985年(昭和60年)/第36回 4 スシ食いねェ!
1986年(昭和61年)/第37回 5 トラ! トラ! トラ!
注意点
  • 出演順は「出演順/出場者数」で表す。

テレビドラマ編集

映画編集

ラジオ編集

CM(ソロは除く)編集

みんなのうた編集

  • スシ食いねェ!(1985年、NHK

ディスコグラフィ編集

シングル編集

  1. NAI・NAI 16(シックスティーン)1982年5月5日
  2. 100%…SOかもね!(1982年7月21日)
  3. ZIG ZAG セブンティーン(1982年10月28日)
  4. 処女的衝撃!(ヴァージンショック)1983年2月25日)
  5. ZOKKON 命(LOVE)(1983年5月5日)
  6. Hey! Bep-pin(1983年8月8日)
  7. 挑発∞(MUGENDAI)(1983年10月13日)
  8. サムライ・ニッポン1984年1月15日)
  9. 喝!(カツ)(1984年3月30日)
  10. キャッツ&ドッグ(1984年6月1日)
  11. アッパレ! フジヤマ(1984年7月7日)
  12. べらんめぇ! 伊達男(ダンディ)(1984年10月3日)
  13. 男意ッ気(イッキ)1985年1月11日)
  14. DJ in My Life(1985年4月3日)
  15. 月光淑女!(ムーン・ビーナス)(1985年6月29日)
  16. KILL(1985年10月2日)
  17. トラ! トラ! トラ!1986年1月22日)
  18. スシ食いねェ!(1986年2月1日)
  19. OH! SUSHI(スシ食いねェ! 英語ヴァージョン)(1986年4月10日)
  20. 飛んで火に入る夏の令嬢(1986年6月1日)
  21. 千夜一夜キッス倶楽部(アラビアンキッスクラブ)(1986年9月5日)
  22. 恋人達のBlvd.(ブールバード)(1986年11月21日)
  23. ドリーム・ラッシュ(1987年3月21日)
  24. 反逆のアジテイション1987年7月22日)
  25. 演歌なんて歌えない(1987年11月21日)
  26. PSST PSST(プス プス)1988年2月26日)
  27. 恋するような友情を(1988年7月15日)
  28. 君を忘れない(1988年10月8日)

アルバム編集

オリジナル・アルバム編集

ミニアルバム編集

  1. 5th ANNIVERSARY(1986年5月5日)
    3人の12inchソロシングルレコード3枚と、7inchの特別メッセージ・シングルレコード1枚がセットになった作品。

ベストアルバム編集

  1. THANKS(1983年12月24日)
  2. シブがき隊 82-83(1985年4月21日)
  3. BEST OF SHIBUGAKI-TAI(1986年1月22日)
  4. 2374DAYS(1988年8月19日)
  5. BEST OF SHIBUGAKI-TAI(CD選書)(1995年3月8日)
  6. Only You…(1998年7月21日)
  7. GOLDEN J-POP/THE BEST シブがき隊(1998年8月21日)
  8. シブがき隊2000BEST(2000年6月21日)
  9. DREAM PRICE 1000 シブがき隊 NAI・NAI 16(2001年10月11日)
  10. GOLDEN☆BEST シブがき隊(2002年6月19日)

サウンドトラック編集

  1. PSST PSST(1988年3月16日)
    シブがき隊主演のミュージカル『PSST PSST〜シブがき隊ROCK PERFORMANCE〜』のサントラ作品。

CD-BOX編集

  1. シブがき隊 1982-1988(CD5枚組)(2008年6月10日)

ビデオ編集

  1. 88,11,2シブがき隊解隊コンサート(1988年12月9日)

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ YMFとはヤックンモックンフックンの略
  2. ^ その後、出演者の内北島三郎山本譲二がスキャンダルで出場辞退となり、代役に選ばれた鳥羽一郎も辞退したため、前日の30日に代役の代役として急遽出演が決定、休暇中のハワイから急遽帰国、出演し、少年隊と共演した。

出典編集

  1. ^ 薬丸・国分・井ノ原で「100%…SO かもね!」生披露! 薬丸「ジャニーズシニアがんばります(笑)。」”. music.jpニュース (2016年6月25日). 2017年5月21日閲覧。
  2. ^ フジテレビトリビア普及委員会『トリビアの泉〜へぇの本〜 3』講談社、2003年。
  3. ^ 矢野, pp. 130-131.
  4. ^ 矢野, pp. 131-133.
  5. ^ 本木雅弘 薬丸裕英はチェッカーズと敵対 シブがき隊は微妙に仲が悪かった”. デイリースポーツオンライン (2016年10月23日). 2017年5月21日閲覧。
  6. ^ a b 薬丸裕英 シブがき隊解散の真相告白「いびつなトライアングル」” (日本語). 東スポweb (2018年4月20日). 2020年12月27日閲覧。
  7. ^ a b 薬丸裕英、シブがき隊解散の真相について「ダウンタウンも影響してるんですよ」” (日本語). 日本ジャーナル出版 (2018年12月15日). 2020年12月27日閲覧。
  8. ^ a b c d 本木雅弘がいまになって「シブがき隊」解散原因を話した理由” (日本語). ザテレビジョン (2016年10月14日). 2020年12月27日閲覧。
  9. ^ 布川敏和 噂を否定。シブがき隊の解散を「最初に言い出したのは俺」” (日本語). livedoor ニュース (2015年11月29日). 2020年12月27日閲覧。
  10. ^ “モックンがヤックンに生放送で喜び報告”. nikkansports.com. (2009年2月24日). http://www.nikkansports.com/entertainment/cinema/news/f-et-tp1-20090224-464275.html 2017年5月21日閲覧。 

参考文献編集

  • 矢野利裕『ジャニーズと日本』講談社現代新書、2016年12月20日。ISBN 978-4-06-288402-0

関連項目編集

外部リンク編集