メインメニューを開く

ヤンヤン歌うスタジオ』(ヤンヤンうたうスタジオ)は、1977年9月25日から1987年9月27日までテレビ東京(開始当時は東京12チャンネル)で放送されていた音楽バラエティ番組である。略称「ヤンスタ」。放送時間は毎週日曜 19:00 - 19:54 (日本標準時)。

ヤンヤン歌うスタジオ
Tokyo-Tower.jpg
番組のオープニングで映し出されていた東京タワー
ジャンル 音楽バラエティ番組
出演者 あのねのね
片岡鶴太郎
男闘呼組
ほか
ナレーター 小倉智昭
堀敏彦
オープニング 「ヤンヤン・ロック」(あのねのね)
プロデューサー 沼部俊夫、渡辺つとむ、工藤忠義
制作 テレビ東京
(開始当時は東京12チャンネル)
放送
音声形式 モノラル→ステレオ放送1984年1月~)
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1977年9月25日 - 1987年9月27日
放送時間 日曜 19:00 - 19:54
放送分 54分
テンプレートを表示

目次

概要編集

番組放送開始の2年半前に木曜19時台で放送されていたフォーリーブス司会の『歌え!ヤンヤン!』が前身で、同番組のバラエティ色をより強める趣旨から、番組リニューアルの形でこの『ヤンヤン歌うスタジオ』がスタートした。

番組は毎回、様々なアイドルグループをゲストに招いてコントを行ったり、楽屋や控え室などでのトークを放送したりしていた。番組の最後には「今日の○曲目は?」という視聴者クイズを出題していたが、このクイズは一部のネット局ではカットされていた。

放送開始から9年間はあのねのね清水国明原田伸郎が司会を、当時東京12チャンネルのアナウンサーだった小倉智昭がナレーターを務めていたが、1986年11月2日放送分からは片岡鶴太郎が司会を、当時タレントだった堀敏彦がナレーターを務めるようになり、コーナーもリニューアルした。しかし、この時期から視聴率が悪化し、平均2 - 3%前後にまで低下[要出典]。さらなるリニューアルを施したものの好転せず、1987年9月27日放送分をもって番組開始から10年、前身の『歌え!ヤンヤン!』から換算して15年の歴史に幕を下ろした。

なお、番組第1回の1曲目はキャンディーズの「アン・ドゥ・トロワ」、最終回の1曲目は光GENJIの「STAR LIGHT」、最後の曲は近藤真彦の「泣いてみりゃいいじゃん」だった。

番組終了後のヤンヤンシリーズ編集

後番組として、1987年10月4日に光GENJIゆうゆほかをメインキャストに据えた『歌え!アイドルどーむ』がスタートしたが、同番組は1年で終了。その後はバラエティ路線を強化した『歌え!ヒット・ヒット』に引き継がれるも、これも半年で終了し、日曜19時台の音楽番組シリーズは同番組の最終回をもって幕を閉じた。

また、番組終了から1年後の1988年10月4日には、火曜19時台で「ヤンヤン」の名を冠した時代劇バラエティ『カッ飛び!ヤンヤン姫』がスタートしたが、同番組はわずか3か月で終了。それから1年6か月後の1990年7月には、日曜11時台でSMAP出演の『ヤンヤンもぎたて族』がスタートしたが、これも3か月で終了した。それ以後は長らく「ヤンヤン」の名を冠した番組は放送されていなかったが、20年半後の2011年4月2日に、土曜18時台でHey! Say! JUMP出演の『ヤンヤンJUMP』がスタート。途中で別の時間帯へ移動されたものの、同番組は2年以上にわたって放送された。

1995年4月16日には、本番組の復活企画として『ヤンヤン歌うスタジオ同窓会』が19時から3時間にわたって放送された。そして約19年後の2014年3月2日には、『モヤモヤさまぁ〜ず2』をベースに制作された『50年のモヤモヤ映像大放出! この手の番組初めてやりますSP』内で本番組の復活特集が放送され、初代司会のあのねのねと常連ゲストだった布川敏和松本伊代早見優堀ちえみが出演した。

テレビ東京系列で年に数回単発特番として放送される『懐かしの昭和メロディ』においても、本番組の映像が放送素材に用いられることがある。

2015年11月27日には中野サンプラザホールにて本番組の復活イベント『ヤンヤン歌うスタジオ 復活コンサート』が開催され、その模様はBSジャパンで同年12月13日19時から2時間特番として放送された[1]

出演者編集

司会編集

レギュラー編集

あのねのね司会時代

片岡鶴太郎司会時代

ナレーター編集

  • 小倉智昭(当時東京12チャンネルアナウンサー) - 初代。あのねのね司会時代のナレーター。同窓会SPおよび復活コンサートも担当。
  • 堀敏彦(当時タレント) - 2代目。片岡鶴太郎司会時代のナレーター。

演奏(一週でも担当したことのあるバンド)編集

  • 浜田豊光とビックサウンズ
  • 松本文男とミュージック・メッカーズ
  • チャーリー石黒と東京パンチョス
  • 豊岡豊とスイングフェイス


  • 管弦楽団:フレッシュアンサンブル
  • コーラス:ミッシェル

番組構成編集

オープニング編集

オープニングは、愉快なテーマ曲に合わせて、当時のテレ東の本社(現在の東京タワースタジオ)の近くにある東京タワーをバックにタイトルロゴが出てくるというものだった。タイトルロゴ後に流れるあのねのねが唄うテーマソングは「ヤンヤンロック」というタイトルで、1979年にシングル盤「ネコ・ニャンニャンニャン」のB面に収録・音源化された[2]現在入手できるCD)。

1986年の番組リニューアル後には、テーマソングのみ男闘呼組が唄うロック調の別の曲に変更された。

バラエティコーナー編集

  • マッチの映画館
  • ねのねの何でも修行中!
  • ネコニャン映画劇場 → お猿の映画劇場
  • これらのほか、「アイドル水泳大会」をスペシャル番組扱いで時々実施していた。

ドラマコーナー(5分枠)編集

  • マッチの燃えろ!青春 PART1 - PART4 (近藤真彦、PART2のみ少年隊、PART4のみ水野きみこ
  • マッチの青春叛逆児(アウトロー) PART1 - PART3 (近藤真彦、PART1&2のみ宇治正高、PART2のみ東山紀之、PART2&3のみ川﨑麻世、PART3のみ岡田有希子
  • マッチの青春スクランブル PART1 - PART2 (近藤真彦、岡田有希子、PART1のみ川﨑麻世、PART2のみジャニーズJr.の石丸志門)
  • 野良犬伝説 PART1 - PART2 (近藤真彦、少年隊)
  • 野性誕生(男闘呼組、片岡鶴太郎)
  • Be!Boys ― 未完成青春曲(男闘呼組)

ネット局と放送時間編集

遅れネット局も含む。

スタッフ編集

レギュラー版編集

  • 制作著作:東京12チャンネル→テレビ東京

制作編集

  • プロデューサー:沼部俊夫、工藤忠義、渡辺つとむ
  • 演出:川原慎、橋山厚志、丸山明慶、只野研治、伊藤成人、小川治、他
  • 作・構成:玉井冽沢口義明矢頭浩、笠博勝、小峰正博、他
  • 音楽:氏平光昭、ミック・リチャード
  • テーマ曲:あのねのね
  • T・K:宮本美智子、藤本恵子、山本美幸

技術編集

  • 技術(TD):本堂皓二
  • カメラ:小倉信夫、石黒冨男、他
  • 映像:金森美樹
  • 照明:萩原征四郎、他
  • 編集:大石康弘
  • 音声:坂垣忠利、他
  • 効果:小関尚孝、他

美術編集

  • 美術:宇都木民雄、他
  • 美術進行:斎藤幸雄、他
  • 大道具:松山勝彦、他
  • 小道具:伊藤則緒、他
  • タイトル:柴谷寧

メイク編集

  • 衣裳:鈴木正明
  • 美粧:川野千鶴

復活企画『ヤンヤン歌うスタジオ同窓会』編集

  • 企画:工藤忠義
  • 構成:玉井貴代志、安延拓美
  • 振付:水口徳雄
  • 踊り:スクールメイツ
  • 技術:犬飼正
  • 映像:不二俊典
  • カメラ:見辺信一
  • 照明:山本勉
  • 音声:佐竹忠臣
  • 音効:小関尚孝(OPUS-1)
  • TK:宮本美智子
  • 美術デザイン:宇都木民雄
  • 美術進行:高橋昭三
  • 編集:上野俊彦(芝公園ビデオセンター)
  • MA:松本晃一(芝公園ビデオセンター)
  • ロケ技術:コールツプロダクション
  • 協力:都イン・東京、三崎商事グループ
  • 映像資料:テレビ東京映像センター
  • 映像制作:高橋秀夫、中川義規(ヴィジュアルベイ)
  • 演出補:山地孝英、生川薫
  • プロデューサー:斧賢一郎、丸山明慶
  • 演出:伊藤成人
  • 製作著作:テレビ東京

関連商品編集

当番組の映像を収録した商品は以下のものがある。

脚注編集

  1. ^ BSジャパン『ヤンヤン歌うスタジオ 復活コンサート』
  2. ^ 後にオムニバスCD『青春TV倶楽部<バラエティー編> 』(2009年、日本コロムビア)に収録された。
  3. ^ 中日新聞縮刷版』 中日新聞社、1983年3月26日。 テレビ愛知への移行ではなく、途中打ち切りという形で終わっている(テレビ愛知の開局は5か月後の同年9月1日)。
  4. ^ 終了時刻に関しては若干の変動あり。おおむね53分 - 55分の間で変動。
東京12チャンネル → テレビ東京 日曜19:00枠
前番組 番組名 次番組
ヤンヤン歌うスタジオ
(1977年9月25日 - 1987年9月27日)
歌え!アイドルどーむ
(1987年10月4日 - 1988年9月25日)