メインメニューを開く

株式会社ジンエアー(Jin Air)は、韓国格安航空会社韓進グループに属し、大韓航空のグループ会社である。

ジンエアー(Jin Air)
Jin Air B737-8B5 (HL7561) taxiing at Narita International Airport.jpg
IATA
LJ
ICAO
JNA
コールサイン
JIN AIR
法人番号 2700150032646
設立 2007年12月
保有機材数 24機 (2018年1月 現在)
本拠地 大韓民国の旗 韓国ソウル
代表者 馬元(マ・ウォン)(代表取締役)
外部リンク www.jinair.com
テンプレートを表示
ジンエアー
JNA B738.jpg
各種表記
ハングル 진에어
漢字 眞에어
発音 チネオ
2000年式
MR式
英語
Jineeo
Chineŏ
Jin Air
テンプレートを表示

概要編集

2007年6月、大韓航空が格安航空会社を設立することを検討していると公表した[1]韓国高速鉄道 (KTX) の開業により国内線の需要が減少し、小型機材が余剰となっていた。 2007年12月、大韓航空が200ウォンを出資し、100%子会社の「エア・コリア」 (Air Korea) として設立された[2][3][4]
2008年4月、韓国における国際線の就航基準が大幅に緩和されたことから、2009年から国際線への参入を果たした[5]

2008年6月15日、社名をジンエアー (Jin Air) に変更した[6][7]。既存の航空会社より約2割引の運賃としている[8][9][10]

なお、アシアナ航空系列のエアソウルエアプサンとは異なり、ジンエアーが新規就航しても大韓航空は同一路線を廃止していないが、コードシェアは2015年夏ダイヤからソウル発着便のみ行っている。

航空券の座席予約システム (CRS) は、アマデウスITグループが運営するアマデウスを利用している[11][12]

2018年、親会社の韓進グループの創業者一族の不祥事の一環として、会長次女が米国籍にもかかわらず同社役員登記され登記期間中に同社が航空運動事業免許変更要請を提出したことが、航空事業法施行規則上「航空事業法第9条による欠格事由」に該当するため航空免許剥奪の事由にあたるとされ、免許取消しに対する法理検討をされていた[13]。しかし8月17日韓国国土交通部は免許取り消しによる社会的影響を考慮し航空免許の取り消し処分はせず、一定期間新規路線の開設や新規航空機登録、チャーター便の運航を認めない等の制裁を科すことを発表した[14]

就航年表編集

国内線編集

国際線編集

事故・トラブル編集

就航都市編集

就航路線編集

国内線編集

国際線編集

就航計画編集

過去に就航していた路線編集

  • ソウル/金浦 - 釜山 : 1日4便[34]
  • 釜山 - 済州 : 1日4便[35]
  • ソウル/仁川 - 煙台 : 週4便
  • 済州 - 台北/桃園 : 週4便
  • ソウル/仁川 - 長崎 : 週3便 (水・金・日)(2015年10月25日から運休)[36]

機内サービス編集

  • 機内Wi-Fiを利用し、スマートフォンなどにコンテンツを有償で配信する JINI PLAY というサービスがある[37]。タブレット端末も有償でレンタルしている。
  • 国際線ではアルコールを有料で提供している他、機内食も提供している[38]

保有機材編集

 
ボーイング777-200ER

2019年4月現在[39]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 大韓航空、格安航空会社の設立検討を明らかに - 聯合ニュース
  2. ^ 大韓航空のLow Cost Carrier“Air Korea(仮)”2008年5月就航へ - 大韓航空
  3. ^ 大韓航空も格安航空市場に参入、日本便など4路線で08年5月就航 - AFPBB News
  4. ^ 大韓航空、国際線専用の格安航空会社「エアコリア」設立へ - 中央日報
  5. ^ 国際線就航基準を大幅緩和、エアコリア来年夏就航も - 聯合ニュース
  6. ^ エアコリアブランド名新たにCI発表 〜 ジンエアー誕生 - 大韓航空 プレスリリース
  7. ^ 大韓航空のLCC、2009年中に日本就航の可能性も-ブランド名はジンエアーに - トラベルビジョン
  8. ^ ジンエアー、金浦/済州線では既存航空会社より22%割安-3年で黒字転換へ - トラベルビジョン
  9. ^ 大韓航空のLCC、7月に初便を運航へ-金浦/済州線から拡大めざす - トラベルビジョン
  10. ^ 大韓航空系ジンエア、17日から金浦〜済州路線運航 - 聯合ニュース
  11. ^ 日本発着路線をもつアルテア利用航空会社 (2015年6月現在)” (日本語). アマデウス・ジャパン. 2015年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月26日閲覧。
  12. ^ Airlines using Amadeus” (英語). アマデウスITグループ. 2015年9月27日閲覧。
  13. ^ ”水かけ姫”大韓航空前専務の違法登記でジンエアーの免許取消しを検討=韓国国土部
  14. ^ 韓国・ジンエアー 免許取り消しの危機免れる=「違法役員」で物議
  15. ^ 大韓航空の子会社ジンエアー初就航 - 大韓航空
  16. ^ KE100%出資LCCのジンエアー、金浦/済州線に初就航-来年にも日本へ - トラベルビジョン
  17. ^ “韓国航空業界、相次ぎ札幌にチャーター便就航”. 聯合ニュース. (2010年12月8日). http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2010/12/08/0200000000AJP20101208000900882.HTML 2011年2月15日閲覧。 
  18. ^ “韓国LCC定期チャーター第1便、佐賀空港に到着”. 佐賀新聞. (2010年12月29日). http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.1796536.article.html 2011年2月15日閲覧。 
  19. ^ ジンエアー:新千歳-仁川線に7月就航 韓国のLCC - 毎日新聞
  20. ^ 韓国LCCジンエアー 7月に仁川-長崎線就航 聯合ニュース 2013年4月14日
  21. ^ ジンエアー、7月24日から長崎/仁川線に就航 週3便
  22. ^ 韓国LCCジンエアー 仁川-長崎線の定期便就航 Yahoo! JAPAN ニュース 2013年7月24日
  23. ^ ジンエアー、3月24日から仁川/台北・桃園線に新規就航 デイリー運航
  24. ^ ジンエアー、仁川/台北線でデイリー便を開設 韓国LCCで初
  25. ^ ジンエアー、6月から仁川/サイパン線に就航 デイリー運航
  26. ^ ジンエアー、7月1日から成田/ソウル・仁川線に就航 1日2往復便
  27. ^ 北九州空港に韓国LCC 2年7カ月ぶり国際線 釜山・ソウルへ
  28. ^ ジンエアー国際定期便就航日変更:北九州空港
  29. ^ 北九州空港に韓国LCC 2年半ぶり国際線就航、釜山とソウルの2路線
  30. ^ ジンエアー国際定期便就航日変更:北九州空港
  31. ^ ジンエアー、12月から仁川/ケアンズ線に就航 週2便で2カ月間
  32. ^ 半ドア飛行で引き返し 韓国LCCトラブル相次ぐ産経ニュース(2016年1月4日18時35分配信)2016年1月5日閲覧。
  33. ^ 旅客機のドア閉めず離陸、気づいて引き返す 韓国格安航空CNN(2016年1月5日閲覧)
  34. ^ 釜山発着便でエア釜山が大健闘 朝鮮日報
  35. ^ ジンエアーが釜山〜済州路線撤退、国際線に注力へ - 聯合ニュース
  36. ^ 長崎)ジンエアーのソウル便、運休へ 10月25日から 朝日新聞
  37. ^ JINI PLAY - Jin Air
  38. ^ 機内食の予約 ジンエアー
  39. ^ Fleet Information”. Jin Air. 2019年4月閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集