パニック・イン・スタジアム

パニック・イン・スタジアム』(Two-Minute Warning)は、米国1976年11月22日公開のアメリカ映画で、日本公開は1977年3月19日ユニバーサル配給。

パニック・イン・スタジアム
Two-Minute Warning
監督 ラリー・ピアース
脚本 エドワード・ヒューム
製作 エドワード・S・フェルドマン
出演者 チャールトン・ヘストン
音楽 チャールズ・フォックス
撮影 ジェラルド・ハーシュフェルド
編集 ウォルター・ハンネマン
イヴ・ニューマン
配給 ユニバーサル
公開 アメリカ合衆国の旗 1976年11月12日
日本の旗 1977年3月19日
上映時間 115分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

目次

ストーリー編集

ある日曜日、アメリカンフットボールのプロ・チーム、ロサンゼルス・ラムズボルチモア・コルツの試合のため満員のロサンゼルス・メモリアル・コロシアムに、ライフルを持った謎の狙撃手が潜入した。それを知ったロサンゼルス市警察SWATが阻止に動くが、試合終了の間際に犯人は観客席に向かって銃を乱射する。

概要編集

ジョージ・ラ・フォンテインの小説の映画化権を、フィルムウェイズ映画のエドワード・S・フェルドマンが取得し、ラリー・ピアースが監督、チャールズ・フォックスが音楽を担当した[1]。出演者はロス市警の警部にチャールトン・ヘストン、SWATの隊長にジョン・カサヴェテス、スタジアムの支配人にマーティン・バルサム、スリ役にウォルター・ピジョン、さまざまな背景を持つ観客にマリリン・ハセット、デヴィッド・ジャンセン、ジャック・クラグマン、ジーナ・ローランズなど、当時のスター俳優が顔を揃えた。また、ボルチモア・チームのクォーターバックを演じたのは、実際にNFLCFLでクォーターバックとして活躍していたジョー・キャップである。更に、ロバート・ギンティが売り子役で登場している[1]

アメリカでのテレビ初放映時に、新たな編集が施された3時間枠バージョンが存在する。このバージョンのみ、犯人は泥棒一味の1人だったという解釈が付け加えられている。

本作はアカデミー編集賞にノミネートされている[2][3]

原題のTwo-Minute Warning(ツー・ミニッツ・ウォーニング)とは、NFLの試合で前半・後半の終了2分前に自動的に挿入されるタイムアウトのこと。

スタッフ編集

  • 製作:エドワード・S・フェルドマン
  • 監督:ラリー・ピアース
  • 脚本:エドワード・ヒューム
  • 撮影:ジェラルド・ハーシュフェルド
  • 編集:ウォルター・ハンネマン、イヴ・ニューマン
  • 音楽:チャールズ・フォックス
  • 特殊効果:アルバート・ホイットロック
  • 原作:ジョージ・ラ・フォンテイン

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹き替え
日本テレビ テレビ東京 テレビ朝日
ピーター・ホリー チャールトン・ヘストン 納谷悟朗 柴田秀勝 ささきいさお
クリス・ボタン ジョン・カサヴェテス 羽佐間道夫 玄田哲章 田中信夫
サム・マッキーヴァー マーティン・バルサム 藤本譲 阪脩
マイク・ラムゼイ ボー・ブリッジス 藤井敏夫 井上和彦
ルーシー マリリン・ハセット 佐藤由美子 松本梨香
ジェフリー ジョン・コークス 石丸博也 堀秀行
スティーヴ デビッド・ジャンセン 小林勝彦 谷口節
サンドマン ジャック・クラグマン 高木均 大宮悌二
ジャネット ジーナ・ローランズ 平井道子 弥永和子
神父 ミッチェル・ライアン 阪脩 牛山茂
コッブ ウォルター・ピジョン 松村彦次郎 登場シーンカット
ビッキー ジュリー・ブリッジス 高島雅羅 登場シーンカット
台詞:平田勝茂、演出:蕨南勝之
制作:ムービーテレビジョンスタジオ、演出:福永莞爾、翻訳:平田勝茂、調整:山田太平、プロデューサー:圓井一夫

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『パニック・イン・スタジアム 劇場用パンフレット』 東宝株式会社事業部1977年3月19日
  2. ^ Internet Movie Database, Awards for Two-Minute Warning”. imdb.com. 2007年8月9日閲覧。
  3. ^ Internet Movie Database, Full Cast and Crew for Two-Minute Warning”. imdb.com. 2007年8月9日閲覧。

外部リンク編集