メインメニューを開く

ブラインド・ガーディアンBLIND GUARDIAN)は、ドイツ出身のパワーメタルバンド[2]

ブラインド・ガーディアン
Blind Guardian
20160515 Gelsenkirchen RockHard Festival Blind Guardian 0132.jpg
ドイツ・ゲルゼンキルヒェン公演(2016年5月)
基本情報
出身地 ドイツの旗 ドイツ
ノルトライン=ヴェストファーレン州クレーフェルト
ジャンル ジャーマンメタル
パワーメタル[1][2][3]
エピックメタル
プログレッシブ・メタル[1][2][3]
スピードメタル[1][2]
スラッシュメタル(初期)[1][2][3]
シンフォニックメタル[2]
シンフォニックブラックメタル[1]
ヘヴィメタル[1]
活動期間 1984年 - 現在
レーベル センチュリー・メディア
ヴァージン・レコード
ニュークリア・ブラスト
公式サイト Blind Guardian (英語)
メンバー ハンズィ・キアシュ (ボーカル)
アンドレ・オルブリッチ (リードギター)
マーカス・ズィーペン (リズムギター)
フレデリック・エームケ (ドラムス)
旧メンバー トーマス・ケレナーズ (ボーカル)
マーカス・ドルク (ギター)
トーマス・スタッシュ(ドラムス)
クリストフ・タイセン (ギター)
ハンス=ピーター・フレイ (ドラムス)

1980年代から活動している、ジャーマンメタルの代表的グループ。ファンタジーをモチーフにしたエピック的スタイルを展開し、特に「マイケル・ムアコック」や「J・R・R・トールキン」の作品を主題にした楽曲はかなりの数にのぼる。

目次

スタイル編集

  • Helloween、現Gamma Rayカイ・ハンセンと交流が深く、2nd、3rdではカイがゲストボーカルとして参加している。
  • 幻想的な世界観を重厚でドラマチックな音楽と壮大な合唱コーラス)で表現したシンフォニックパワーメタル。近作ではオーケストレーションを導入したより壮大で複雑な楽曲が増えてきている。
  • ギタリストのアンドレ・オルブリッチは、ほとんどのギターソロを「作曲」しているため、特徴的なギターソロが多い(ギタリストは即興演奏でギターソロを作る者が多く、そのため似たようなフレーズが目立ち「手癖」と揶揄されるケースもある)。また、ソロ以外でも伴奏時にソロパートのようなフレーズを入れることも少なくない。
  • ブラインド・ガーディアンでは、アンドレ・オルブリッチがほとんどのギターソロを弾いており、マーカス・ズィーペンはバッキングに回ることが多い。
  • クイーンハロウィンを合わせたような音楽性、と評されることもある。ギターのアンドレは、影響を受けたギタリストとしてクイーンのブライアン・メイの名を挙げている。
  • ライブでは、初期から今日までソロ(ドラムソロ、ギターソロ)の時間を設けることはない。だが、観客に必ず曲のいちパートを歌わせる。ハンズィに歌わせないくらい観客だけの大合唱になる「バーズ・ソング I -イン・ザ・フォレスト- The Bard's Song -In The Forest-」は特に有名。

メンバー編集

メンバーはデビュー以来替わっていなかったが、2005年トーマス・スタッシュが、音楽性の違いから円満の脱退。メジャーデビュー後初のメンバー・チェンジとなった(ハンズィ・キアシュは、1998年以降ボーカルとベースの兼業を辞め、ボーカルに専念することにしたため、サポートとしてのベースメンバーがその都度入っている。またトーマスの怪我や「肺が4つあったため」の手術などでサポートメンバーを起用したことがある)。

現ラインナップ編集

ゲストミュージシャン編集

  • ミヒャエル "ミー" シューレン (Michael "Mi"Schüren) - スタジオ/ツアー - キーボード、ピアノ/バックコーラス (1997-)
  • マティアス・ウルマー (Matthias Ulmer) - スタジオ - キーボード、ピアノ (2007–)
  • バーレンド・クールボワ (Barend Courbois) - スタジオ/ツアー - ベース/バックコーラス (2012-)
  • マティアス・ヴィーズナー (Mathias Wiesner) - スタジオ - キーボード(1989-2002)/ベース(1992)
  • マーク・ジマーマン (Marc Zimmerman) - ツアー - キーボード (1992-1993)
  • オリバー・ホルツヴァルト (Oliver Holzwarth) - スタジオ/ツアー - ベース/バックコーラス (1997-2011)
  • パット・ベンダー (Pat Bender) - スタジオ - キーボード (2002-2006)

旧メンバー編集

  • トーマス・ケレナーズ (Thomas Kelleners) - ボーカル (1984)
  • マーカス・ドルク (Markus Dörk) - ギター (1984–1985)
  • トーマス "トーメン" スタッシュ (Thomas“Thomen”Stauch) - ドラムス (1984–1985, 1987–2005)
  • クリストフ・タイセン (Christof Theißen) - ギター (1986)
  • ハンス=ピーター・フレイ (Hans-Peter Frey) - ドラムス (1986)

ディスコグラフィー編集

スタジオアルバム編集

シングル (ミニアルバム)編集

日本盤のみについて記載。

  • パースト・アンド・フューチャー・シークレット A Past and Future Secret1995年
    5枚目のスタジオアルバムである「イマジネーションズ・フロム・ジ・アザー・サイド Imaginations From The Other Side」からの先行シングルカット。
    ブラインド・ガーディアン初の日本盤シングルカットである。
    3曲目の「魔法使い The Wizard」は、ユーライア・ヒープの大ヒット曲をカヴァー。アルバム未収録曲。
    4曲目の「パースト・アンド・フューチャー・シークレット A Past and Future Secret」は、アルバム収録曲の別ヴァージョンである、オーケストラミックス。アルバム未収録曲。
  • ブライト・アイズ Bright Eyes1995年
    5枚目のスタジオアルバムである「イマジネーションズ・フロム・ジ・アザー・サイド Imaginations From The Other Side」からの2枚目のシングルカット。
    1曲目の「ブライト・アイズ Bright Eyes」は、アルバム収録曲の別ヴァージョンである、エディットバージョン。アルバム未収録曲。
    2曲目の「ミスター・サンドマン Mr. Sandman」は、ザ・コーデッツ の大ヒット曲をカヴァー。アルバム未収録曲。全員が女装したPVも制作された。
    3曲目の「ハレルヤ Hallelujah」は、ディープ・パープルの大ヒット曲をカヴァー。アルバム未収録曲。
    4曲目の「イマジネーションズ・フロム・ジ・アザー・サイド Imaginations From The Other Side」は、アルバム収録曲の別ヴァージョンである、エクステンデッドデモバージョン。アルバム未収録曲。
    5曲目の「パースト・アンド・フューチャー・シークレット A Past and Future Secret」は、アルバム収録曲の別ヴァージョンである、エクステンデッドデモバージョン。アルバム未収録曲。
  • ミラー・ミラー Mirror, Mirror1998年
    6枚目のスタジオアルバムである「ナイトフォール・イン・ミドル・アース Nightfall In Middle-Earth」からの先行シングルカット。
    2曲目の「アンド・ザ・ストーリー・エンズ And The Story Ends...」は、アルバム収録曲の別ヴァージョンである、ライブバージョン。アルバム未収録曲。
    3曲目の「イマジネーションズ・フロム・ジ・アザー・サイド Imaginations From The Other Side」は、アルバム収録曲の別ヴァージョンである、ライブバージョン。アルバム未収録曲。
    4曲目の「死の国の彼方に Beyond the Realms of Death」は、ジューダス・プリーストの4作目のアルバムである「ステンド・クラス」の収録曲をカヴァー。アルバム未収録曲。
  • アンド・ゼン・ゼア・ワズ・サイレンス Then There Was Silence2001年
    7枚目のスタジオアルバムである「ナイト・アット・ジ・オペラ A Night At The Opera」からの先行シングルカット。
    2曲目の「ハーヴェスト・オブ・ソロウ Harvest Of Sorrow」は、アルバム収録曲の別ヴァージョンである。アルバム未収録曲。
    3曲目の「ボーン・イン・ア・モーニング・ホール Born in a Mourning Hall」 プロモーション・ビデオ収録。アルバム未収録。
  • フライ Fly2006年
    8枚目のスタジオアルバムである「ア・トゥイスト・イン・ザ・ミス A Twist In The Myth」からの先行シングルカット。
    2曲目の「スカルズ・アンド・シャドウズ Skalls And Shadows」は、アルバム収録曲の別ヴァージョンである、アコースティックバージョン。アルバム未収録曲。
    3曲目の「ガダ・ダ・ヴィダ(In-A-Gadda-Da-Vida)」は、アイアン・バタフライの累計3000万枚というセールス記録した曲をカヴァー。アルバム未収録曲。
    ドラマーのトーマス・スタッシュ脱退後の初の新曲であり、新メンバーのフレデリック・エームケ初参加曲である。
  • アナザー・ストレンジャー・ミー Another Stranger Me2007年
    8枚目のスタジオアルバムである「ア・トゥイスト・イン・ザ・ミス A Twist In The Myth」からの2枚目のシングルカット。この曲は、PVも制作された。
    3曲目の「私の小さな夢(Dream A Little Dream Of Me)」は、ママス&パパスのママキャス(Mama Cass)ことキャス・エリオットの大ヒット曲をカヴァー。アルバム未収録曲。
    4曲目の「ライオンハート Lionheart」は、アルバム収録曲の別ヴァージョンである、デモバージョン。アルバム未収録曲。
    5曲目の「ウォー・オブ・ザ・スローンズ The Edge」は、アルバム収録曲の別ヴァージョンである、デモバージョン。アルバム未収録曲。
    エクストラデータとして、「アナザー・ストレンジャー・ミー Another Stranger Me」のPVも同時収録。
  • ア・ヴォイス・イン・ザ・ダーク A Voice In The Dark2010年
    9枚目のスタジオアルバムである「アット・ジ・エッジ・オブ・タイム At The Edge Of Time」からの先行シングルカット。
    2曲目の「ユー・アー・ザ・ヴォイス」は、キャス・エリオットの大ヒット曲をカヴァー。アルバム未収録曲。
    3曲目の「ウォー・オブ・ザ・スローンズ War Of The Thrones」は、アルバム収録曲の別ヴァージョンである、アコースティックバージョン。アルバム未収録曲。

ライブアルバム編集

  • トーキョー・テイルズ (旧題:東京物語) Tokyo Tales1993年
    1992年末の日本公演を収録したライブ・アルバム。こぼれ話として、この初来日では大阪公演の観客の盛り上がりや歓声が凄まじく、関係者の誰もが大阪公演を収録するものと考えていたのだが、ステージ上ではその違いに気づかなかったために東京公演を収録してしまった、と後にメンバーが語っている。
  • ライヴ! Live2003年
    2枚組ライブアルバム。
  • ライヴ・ビヨンド・ザ・スフィアス Live Beyond the Spheres (2017年)[7]
    3枚組ライブアルバム。日本盤は、輸入アルバムに日本語解説書封入という形で発売。ワードレコーズより発売。

コンピレーションアルバム編集

  • フォゴトゥン・テイルズ The Forgotten Tales1996年)コンピレーション
    アルバム未収録曲などで構成された編集盤。
  • メモリーズ・オブ・ア・タイム・トゥ・カム Memories of a Time to Come2012年
    3枚組CD限定版。結成25周年(2012年時)記念ベスト・アルバム。デビュー・アルバム『バタリアンズ・オブ・フィア』から『アット・ジ・エッジ・オブ・タイム』までの楽曲を、4曲再レコーディング及び2011年リミックスで収録。ディスク3にはデモ・ヴァージョンを収録。EMIミュージックジャパンより発売。
  • ア・トラヴェラーズ・ガイド・トゥ・スペース・アンド・タイム  Traveler's Guide to Space & Time2013年
    15枚組CD(13作品)限定版。1988年のデビューから2004年まで在籍したヴァージン・レコードで発表した作品を1つにしたボックスセット。全楽曲がデジタルリマスター化され、一部の楽曲は最新リミックス版。ユニバーサルミュージックより発売。

オーケストラアルバム編集

DVD編集

  • イマジネーション・スルー・ザ・ルッキング・グラス Imaginations Through the Looking Glass2003年
    2013年6月16・17日に南ドイツコーブルクで行われた、初めての『ブラインド・ガーディアン・オープン・エアー (Blind Guardian Open Air)』という冠フェスティバルの2日間のステージを収めた2枚組ライヴDVD。1枚目はライブ映像。2枚目はメイキング映像やインタビュー、ボーナスソングを収録。両日共に動画撮影班が入るため、同じような服装をするように指示されていたが、何故かギタリストの2人はそれを完全に無視して登場した。

日本公演編集

出典編集

  1. ^ a b c d e f Blind Guardian|Biography”. オールミュージック. All Media Guide. 2015年4月27日閲覧。
  2. ^ a b c d e f Blind Guardian - ブラインド・ガーディアン - キューブミュージック・2014年7月26日閲覧。
  3. ^ a b c Blind Guardian reviews, music, news - sputnikmusic・2015年4月27日閲覧。
  4. ^ 欧州孤高のメタルバンド、ブラインド・ガーディアンに直撃インタビュー”. BARKS (2006年8月30日). 2018年1月26日閲覧。
  5. ^ ファミ通.comブックマーク スペシャル企画|セイクリッド2”. ファミ通.com. 2019年5月8日閲覧。
  6. ^ ブラインド・ガーディアン4年半振りのニュー・アルバム”. TOWER RECORDS (2014年12月2日). 2018年1月26日閲覧。
  7. ^ ブラインド・ガーディアン、熱きジャーマン・メタルの理想形”. BARKS (2017年6月19日). 2018年1月26日閲覧。
  8. ^ Blind Guardian’s Twilight Orchestra – Legacy of the Dark Lands – Teaser”. blind-guardian.com (2019年3月1日). 2019年5月9日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集