メインメニューを開く

ホワイトフーガは、日本の競走馬。2015年の関東オークスJBCレディスクラシック、2016年のTCK女王盃スパーキングレディーカップ、JBCレディスクラシック、2017年のマリーンカップさきたま杯に優勝した[2]

ホワイトフーガ
浦和競馬場を走る競走馬ホワイトフーガ。2017年5月31日 さきたま杯。
浦和競馬場を走るホワイトフーガ(2017年5月31日 さきたま杯)
品種 サラブレッド
性別
毛色 芦毛
生誕 2012年3月28日
抹消日 2017年11月8日[1]
クロフネ
マリーンウィナー
母の父 フジキセキ
生国 日本の旗 日本北海道浦河町
生産 梅田牧場
馬主 西森鶴
調教師 高木登美浦
競走成績
生涯成績 23戦10勝
中央:8戦3勝
地方:15戦7勝
獲得賞金 2億9141万5000円
中央:3664万円
地方:2億5477万5000円
 
勝ち鞍
JpnI JBCレディスクラシック 2015年
2016年
JpnII 関東オークス 2015年
JpnII さきたま杯 2017年
JpnIII TCK女王盃 2016年
JpnIII スパーキングレディーカップ 2016年
JpnIII マリーンカップ 2017年
テンプレートを表示

経歴編集

デビュー前編集

ホワイトフーガが生まれる数日前に母マリーンウィナーが腸捻転を発症[3]。入院馬房で無事出産したが、腸捻転の手術を行ったこともあり初乳をもらうことができず、免疫力を付けるためにドナーホースから血漿輸血を受けている[4]

2歳 - 3歳(2014年 - 2015年)編集

2014年12月6日に中山競馬場のダート1800m戦の新馬戦大野拓弥を鞍上にデビューし、単勝3.7倍の1番人気に支持され、勝利を飾った[5]

2015年、フラワーカップで重賞に初挑戦するが最下位16着に敗れる。端午ステークスを8番人気の低評価ながら勝利を挙げると[6]、続く関東オークスでは2着に2.3秒の大差をつけて圧勝、重賞初勝利を挙げた[7]ブリーダーズゴールドカップレディスプレリュードと連続3着の後、初のJpnIとなるJBCレディスクラシックへ出走。最後の直線でインコースから鋭く伸び、2着サンビスタに5馬身差をつけて優勝、JpnI初優勝となった[8]

4歳(2016年)編集

2016年はTCK女王盃から始動し勝利[9]。続くフェブラリーステークスさきたま杯は牡馬に敗れたが、スパーキングレディーカップでは58kgの斤量を克服し優勝した[10]。JBCレディスクラシックでは桜花賞レッツゴードンキを抑えて優勝し、ミラクルレジェンド以来となる史上2頭目の連覇を達成した[11]

 
2016年JBC

5歳(2017年)編集

2017年はマリーンカップ、さきたま杯に勝利。3連覇を狙ったJBCレディスクラシックで11着に敗れたのを最後に現役を引退、11月8日に競走馬登録を抹消された。引退後は故郷の梅田牧場で繁殖牝馬となる[1]

競走成績編集

競走日 競馬場 競走名 距離(馬場)


オッズ
(人気)
着順 タイム
(上り3F)
着差 騎手 斤量 1着馬(2着馬)
2014.12.06 中山 2歳新馬 ダ1800m(稍) 10 7 7 003.70(1人) 01着 01:55.6(38.6) -1.2 大野拓弥 54kg (ラブオーディーン)
2015.01.11 中山 黒竹賞 ダ1800m(良) 16 5 10 005.30(2人) 02着 01:55.0(38.3) -0.1 大野拓弥 54kg アンヴァリッド
0000.01.31 東京 3歳500万下 ダ1400m(不) 12 5 5 002.30(1人) 01着 01:24.8(37.3) -0.1 大野拓弥 54kg (アルタイル)
0000.03.21 中山 フラワーC GIII 芝1800m(良) 16 5 10 018.60(6人) 16着 01:51.3(37.1) -1.9 大野拓弥 54kg アルビアーノ
0000.04.05 中山 伏竜S OP ダ1800m(稍) 14 5 8 022.70(8人) 07着 01:53.9(38.7) -0.9 大野拓弥 54kg クロスクリーガー
0000.05.03 京都 端午S OP ダ1400m(良) 16 3 6 022.30(8人) 01着 01:23.3(36.7) -0.4 蛯名正義 54kg (カフジテイク)
0000.06.10 川崎 関東オークス JpnII ダ2100m(稍) 13 8 12 003.90(2人) 01着 02:18.3(40.4) -2.3 大野拓弥 54kg (ポムフィリア)
0000.08.13 門別 ブリーダーズGC JpnIII ダ2000m(良) 14 5 8 003.20(2人) 03着 02:09.2(39.9) -1.1 大野拓弥 55kg アムールブリエ
0000.10.01 大井 レディスプレリュード JpnII ダ1800m(稍) 14 6 10 009.80(4人) 03着 01:50.8(37.1) -0.6 大野拓弥 54kg サンビスタ
0000.11.03 大井 JBCレディスクラシック JpnI ダ1800m(不) 15 2 3 009.30(4人) 01着 01:51.5(38.7) -1.1 大野拓弥 53kg (サンビスタ)
2016.01.13 大井 TCK女王盃 JpnIII ダ1800m(良) 11 6 7 001.20(1人) 01着 01:53.8(37.0) -0.2 大野拓弥 56kg (パワースポット)
0000.02.21 東京 フェブラリーS GI ダ1600m(重) 16 1 2 009.00(5人) 10着 01:34.9(35.6) -0.9 大野拓弥 55kg モーニン
0000.06.01 浦和 さきたま杯 JpnII ダ1400m(良) 12 1 1 006.90(4人) 05着 01:26.8(36.3) -0.9 大野拓弥 56kg ソルテ
0000.07.06 川崎 スパーキングLC JpnIII ダ1600m(良) 10 8 10 002.00(1人) 01着 01:40.5(39.5) -0.4 蛯名正義 58kg (ブルーチッパー)
0000.09.19 大井 レディスプレリュード JpnII ダ1800m(重) 14 7 11 001.30(1人) 02着 01:55.0(39.6) -0.3 蛯名正義 57kg タマノブリュネット
0000.11.03 川崎 JBCレディスクラシック JpnI ダ1600m(重) 13 2 2 002.20(1人) 01着 01:41.3(39.5) -0.2 蛯名正義 55kg (レッツゴードンキ)
2017.01.25 大井 TCK女王盃 JpnIII ダ1800m(良) 12 7 9 001.70(1人) 03着 01:54.2(39.0) -0.1 蛯名正義 58kg ワンミリオンス
0000.02.19 東京 フェブラリーS GI ダ1600m(良) 16 1 2 036.2(10人) 09着 01:35.9(36.6) -0.8 蛯名正義 55kg ゴールドドリーム
0000.04.12 船橋 マリーンC JpnIII ダ1600m(重) 11 8 11 002.90(2人) 01着 01:41.3(39.3) -0.6 蛯名正義 58kg (ララベル)
0000.05.31 浦和 さきたま杯 JpnII ダ1400m(良) 12 5 6 005.80(3人) 01着 01:25.7(36.4) -0.8 蛯名正義 56kg (モーニン)
0000.07.06 川崎 スパーキングLC JpnIII ダ1600m(稍) 12 2 2 001.70(1人) 04着 01:42.9(40.0) -1.3 蛯名正義 58kg アンジュデジール
0000.10.05 大井 レディスプレリュード JpnII ダ1800m(良) 16 3 5 002.70(2人) 02着 01:54.7(39.7) -1.6 蛯名正義 57kg クイーンマンボ
0000.11.03 大井 JBCレディスクラシック JpnI ダ1800m(重) 15 3 5 001.80(1人) 11着 01:56.3(41.0) -2.1 蛯名正義 55kg ララベル

血統表編集

ホワイトフーガ血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ヴァイスリージェント系

*クロフネ
Kurofune 1998
芦毛 米国
父の父
*フレンチデピュティ 1992
栗毛 米国
Deputy Minister Vice Regent
Mint Copy
Mitterand Hold Your Peace
Laredo Lass
父の母
*ブルーアヴェニュー 1990
芦毛 米国
Classic Go Go Pago Pago
Classic Perfection
Eliza Blue Icecapade
*コレラ

マリーンウィナー 2005
栗毛 新冠
フジキセキ 1992
青鹿毛 千歳
*サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
*ミルレーサー Le Fabuleux
Marston's Mill
母の母
*ドバイソプラノ 1999
鹿毛 英国
Zafonic Gone West
Zaizafon
Ring of Music Sadler's Wells
Glorious Song
母系(F-No.) ドバイソプラノ(GB)系(FN:12-c) [§ 2]
5代内の近親交配 Halo:M4×M5、Northern Dancer:S5×M5 [§ 3]
出典
  1. ^ [13]
  2. ^ [13]
  3. ^ [13]


脚注編集

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b ホワイトフーガ号が競走馬登録抹消日本中央競馬会、2017年11月8日閲覧
  2. ^ JBISサーチ
  3. ^ 2015年06月10日 関東オークス(中央交流) Jpn2”. 重賞ウイナーレポート. 競走馬のふるさと案内所. 2018年3月17日閲覧。
  4. ^ 2016年11月03日 JBCLクラシック(中央交流) Jpn1”. 重賞ウイナーレポート. 競走馬のふるさと案内所. 2018年3月17日閲覧。
  5. ^ 【中山4R新馬戦】ホワイトフーガが独走で初陣飾る”. スポーツニッポン (2014年12月6日). 2018年3月17日閲覧。
  6. ^ 【端午S】(京都)~ホワイトフーガが間を割って突き抜ける”. ラジオNIKKEI (2015年5月3日). 2018年3月17日閲覧。
  7. ^ 【川崎・関東オークス】2番人気ホワイトフーガが大差で重賞初V”. スポーツニッポン (2015年6月11日). 2018年3月17日閲覧。
  8. ^ 【大井・JBCレディスC】ホワイトフーガ豪快差し切りV”. スポーツニッポン (2015年11月4日). 2018年3月17日閲覧。
  9. ^ 【南関東競馬】女王フーガ完勝”. デイリースポーツ (2016年1月14日). 2018年3月17日閲覧。
  10. ^ 【南関東競馬】ホワイトフーガ圧勝 58キロなんの!重賞V4”. デイリースポーツ (2016年7月7日). 2018年3月17日閲覧。
  11. ^ 【南関東競馬】砂の女王ホワイトフーガ史上2頭目となる連覇”. デイリースポーツ (2016年11月4日). 2018年3月17日閲覧。
  12. ^ 競走成績:全競走成績|ホワイトフーガ”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2016年2月24日閲覧。
  13. ^ a b c 血統情報:5代血統表|ホワイトフーガ”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2016年1月13日閲覧。

外部リンク編集