マルチン・マトコフスキ

マルチン・マトコフスキMarcin Matkowski, 1981年1月15日 - )は、ポーランドバルリネク出身の男子プロテニス選手。ダブルスのスペシャリストとしてよく知られ、主に同じポーランドのマリウシュ・フィルステンベルクとのダブルスのみに活動を絞っていたが2014年末でコンビを解消している。ATPツアーでシングルスの優勝はないが、ダブルスで16勝を挙げている。自己最高ランキングはシングルス647位、ダブルス7位。身長188cm、体重81kg、右利きの選手。サービスとフォアハンド・ストロークを最も得意にする。(彼の姓“Matkowski”は、これまでの報道では「マトコウスキー」の読みが多かった。)

マルチン・マトコフスキ
Marcin Matkowski
Tennis pictogram.svg
Matkowski MA14 (17) (14239567877).jpg
マルチン・マトコフスキ
基本情報
国籍 ポーランドの旗 ポーランド
出身地 同・バルリネク
生年月日 (1981-01-15) 1981年1月15日(39歳)
身長 188cm
体重 81kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2003年
ツアー通算 16勝
シングルス 0勝
ダブルス 16勝
生涯獲得賞金 4,031,191 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 ベスト4(2006)
全仏 ベスト8(2010・13・15・16)
全英 ベスト8(2015)
全米 準優勝(2011)
4大大会最高成績・混合ダブルス
全豪 ベスト4(2013)
全仏 準優勝(2015)
全英 ベスト8(2007・13・15)
全米 準優勝(2012)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 647位(2000年9月11日)
ダブルス 7位(2012年7月9日)
2016年6月14日現在

来歴編集

マトコフスキは8歳からテニスを始めたが、その年にポーランドの共産主義が崩壊した。彼は1998年からポーランド国内開催のチャレンジャー大会に参加し始め、2000年から男子テニス国別対抗戦・デビスカップポーランド代表選手に選ばれたが、2001年から2003年までアメリカのカリフォルニア大学ロサンゼルス校に留学していた。そのため、彼は22歳という遅い年齢でプロテニス選手に転向した。現在もダブルスのパートナーを組むマリウシュ・フィルステンベルクとの出会いは、2000年11月にアメリカ・フロリダ州で開かれたチャレンジャー大会であった。それ以後、マトコフスキは大半のトーナメントでフィルステンベルクとペアを組むようになる。2003年7月末、故国ポーランドのオレンジ・ワルシャワ・オープンのダブルスでフィルステンベルクと組んでツアー初優勝を果たす。2004年アテネ五輪のポーランド代表選手に選ばれたマトコフスキとフィルステンベルクは、男子ダブルス1回戦でスイス代表のイブ・アレグロ/ロジャー・フェデラー組に3-6, 2-6で敗退した。

 
M・マトコフスキとM・フィルステンベルク

マトコフスキとフィルステンベルクは、2006年全豪オープンで初めての4大大会ベスト4に進出した。準決勝でマルティン・ダム/リーンダー・パエス組に2-6, 4-6のストレートで敗れた。これで勢いづいた2人は、年間最終ランキング上位8組しか出場資格を得られない、男子ツアー年間最終戦テニス・マスターズ・カップダブルスにも初めて出場資格を得た。ポーランド人どうしのペアとしては史上初の快挙となった年間最終戦の舞台で、2人は予選ラウンド・ロビン(出場8組を2つのグループに分け、各グループの4組が総当たり戦を行う)で3戦全敗に終わった。

2007年、マトコフスキとフィルステンベルクは男子ツアー大会のダブルスで年間2勝を挙げたが、テニス・マスターズ・カップには出場できなかった。2008年北京五輪で2度目のオリンピックに出場し、2年ぶり2度目のテニス・マスターズ・カップ出場資格も獲得して、予選ラウンド・ロビンで2勝を挙げた。こうして2人は初めてのマスターズ・カップ準決勝に進み、ブライアン兄弟に4-6, 4-6で敗れた。

2011年全米オープンで4大大会のダブルスで初めて決勝に進出した。決勝ではユルゲン・メルツァー/フィリップ・ペッシュナー組に2–6, 2–6で敗れ準優勝となった。最終戦のATPワールドツアー・ファイナルでも決勝に進出しマックス・ミルヌイ/ダニエル・ネスター組に5–7, 3–6で敗れた。

2012年全米オープン混合ダブルスクベタ・ペシュケと組み決勝に進出した。決勝ではエカテリーナ・マカロワ/ブルーノ・ソアレス組に7–6(8), 1–6, [10–12]で敗れ準優勝となった。

マトコフスキとフィルステンベルクのコンビは、デビスカップポーランド代表選手として同一ペアのダブルス勝利数歴代1位になった。

マトコフスキは普段からシングルスにはほとんど出場せず、4大大会の男子シングルスには1度も出場記録がない。ATPツアーでのシングルス通算成績は、わずか4勝4敗である。

ATPツアー決勝進出結果編集

ダブルス: 47回 (18勝29敗)編集

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
優勝 1. 2003年7月28日   ワルシャワ クレー   マリウシュ・フィルステンベルク   フランティシェク・チェルマク
  レオシュ・フリエドル
6–4, 6–7(7–9), 6–3
優勝 2. 2004年2月23日   コスタ・ド・サイペ クレー   マリウシュ・フィルステンベルク   トーマス・ベーレント
  レオシュ・フリエドル
6–2, 6–2
優勝 3. 2005年8月1日   ワルシャワ クレー   マリウシュ・フィルステンベルク   ルーカス・アーノルド・カー
  セバスティアン・プリエト
7–6(9–7), 6–4
準優勝 1. 2005年9月26日   パレルモ クレー   マリウシュ・フィルステンベルク   マルティン・ガルシア
  マリアノ・フッド
2–6, 3–6
準優勝 2. 2006年2月20日   コスタ・ド・サイペ クレー   マリウシュ・フィルステンベルク   ルーカス・ドロウヒー
  パベル・ビズネル
1–6, 6–4, [3–10]
準優勝 3. 2006年4月24日   バルセロナ クレー   マリウシュ・フィルステンベルク   マーク・ノールズ
  ダニエル・ネスター
2–6, 7–6(7–4), [5–10]
準優勝 4. 2006年8月21日   ニューヘイブン ハード   マリウシュ・フィルステンベルク   ジョナサン・エルリック
  アンディ・ラム
3–6, 3–6
優勝 4. 2006年9月17日   ブカレスト クレー   マリウシュ・フィルステンベルク   マルティン・ガルシア
  ルイス・オルナ
6–7(5–7), 7–6(7–5), [10–8]
準優勝 5. 2006年10月1日   パレルモ クレー   マリウシュ・フィルステンベルク   マルティン・ガルシア
  ルイス・オルナ
6–7(1–7), 6–7(2–7)
準優勝 6. 2006年10月24日   バーゼル カーペット (室内)   マリウシュ・フィルステンベルク   マーク・ノールズ
  ダニエル・ネスター
6–4, 4–6, [8–10]
優勝 5. 2007年7月30日   ワルシャワ クレー   マリウシュ・フィルステンベルク   マルティン・ガルシア
  セバスチャン・プリエト
6–1, 6–1
準優勝 7. 2007年8月19日   ニューヘイブン ハード   マリウシュ・フィルステンベルク   マヘシュ・ブパシ
  ネナド・ジモニッチ
3–6, 3–6
準優勝 8. 2007年10月1日   メス ハード
(室内)
  マリウシュ・フィルステンベルク   アルノー・クレマン
  ミカエル・ロドラ
1–6, 4–6
優勝 6. 2007年10月7日   ウィーン ハード
(室内)
  マリウシュ・フィルステンベルク   クリストファー・カス
  トーマス・ベーレント
6–4, 6–2
準優勝 9. 2007年10月15日   マドリード ハード
(室内)
  マリウシュ・フィルステンベルク   ボブ・ブライアン
  マイク・ブライアン
3–6, 6–7(4–7)
準優勝 10. 2008年4月28日   バルセロナ クレー   マリウシュ・フィルステンベルク   ボブ・ブライアン
  マイク・ブライアン
3–6, 2–6
優勝 7. 2008年6月9日   ワルシャワ クレー   マリウシュ・フィルステンベルク   ニコライ・ダビデンコ
  ユーリ・シュキン
6–0, 3–6, [10–4]
準優勝 11. 2008年9月8日   ブカレスト クレー   マリウシュ・フィルステンベルク   ニコラ・ドビルデ
  ポール=アンリ・マチュー
6–7(4–7), 7–6(11–9), [20–22]
準優勝 12. 2008年9月29日   メス ハード
(室内)
  マリウシュ・フィルステンベルク   アルノー・クレマン
  ミカエル・ロドラ
7–5, 3–6, [8–10]
優勝 8. 2008年10月12日   マドリード ハード
(室内)
  マリウシュ・フィルステンベルク   マヘシュ・ブパシ
  マーク・ノールズ
6–4, 6–2
優勝 9. 2009年6月19日   イーストボーン   マリウシュ・フィルステンベルク   トラビス・パロット
  トラビス・パロット
6–4, 6–4
準優勝 13. 2009年8月9日   ワシントンD.C. ハード   マリウシュ・フィルステンベルク   マルティン・ダム
  ロベルト・リンドステット
5–7, 6–7(3–7)
優勝 10. 2009年9月28日   クアラルンプール ハード   マリウシュ・フィルステンベルク   イーゴリ・クニツィン
  ヤロスラフ・レビンスキー
6–2, 6–1
準優勝 14. 2009年10月12日   上海 ハード   マリウシュ・フィルステンベルク   ジュリアン・ベネトー
  ジョー=ウィルフリード・ツォンガ
2–6, 4–6
優勝 11. 2010年6月18日   イーストボーン   マリウシュ・フィルステンベルク   コリン・フレミング
  ケン・スクプスキ
6–3, 5–7, [10–8]
準優勝 15. 2010年10月3日   クアラルンプール ハード   マリウシュ・フィルステンベルク   フランティシェク・チェルマク
  ミハル・メルティナク
6–7(3–7), 6–7(5–7)
準優勝 16. 2010年10月10日   北京 ハード   マリウシュ・フィルステンベルク   ボブ・ブライアン
  マイク・ブライアン
1–6, 6–7(5–7)
準優勝 17. 2010年10月17日   上海 ハード   マリウシュ・フィルステンベルク   ユルゲン・メルツァー
  リーンダー・パエス
5–7, 6–4, [5–10]
準優勝 18. 2010年10月31日   ウィーン ハード
(室内)
  マリウシュ・フィルステンベルク   ダニエル・ネスター
  ネナド・ジモニッチ
5–7, 6–3, [5–10]
準優勝 19. 2011年9月10日   全米オープン ハード   マリウシュ・フィルステンベルク   ユルゲン・メルツァー
  フィリップ・ペッシュナー
2–6, 2–6
準優勝 20. 2011年11月27日   ロンドン ハード
(室内)
  マリウシュ・フィルステンベルク   マックス・ミルヌイ
  ダニエル・ネスター
5–7, 3–6
準優勝 21. 2012年3月3日   ドバイ ハード   マリウシュ・フィルステンベルク   マヘシュ・ブパシ
  ロハン・ボパンナ
4–6, 6–3, [5–10]
優勝 12. 2012年4月29日   バルセロナ クレー   マリウシュ・フィルステンベルク   マルセル・グラノリェルス
  マルク・ロペス
2–6, 7–6(9–7), [10–8]
優勝 13. 2012年5月14日   マドリード クレー   マリウシュ・フィルステンベルク   ロベルト・リンドステット
  ホリア・テカウ
6–3, 6–4
準優勝 22. 2013年3月30日   マイアミ ハード   マリウシュ・フィルステンベルク   アイサム=ウル=ハク・クレシ
  ジャン=ジュリアン・ロイヤー
4–6, 1–6
優勝 14. 2013年7月21日   ハンブルク クレー   マリウシュ・フィルステンベルク   アレクサンダー・ペヤ
  ブルーノ・ソアレス
3–6, 6–1, [10–8]
準優勝 23. 2014年4月27日   ブカレスト クレー   マリウシュ・フィルステンベルク   ジャン=ジュリアン・ロイヤー
  ホリア・テカウ
4–6, 4–6
優勝 15. 2014年9月21日   メス ハード
(室内)
  マリウシュ・フィルステンベルク   マリン・ドラガニャ
  ヘンリ・コンティネン
6–7(3), 6–3, [10–8]
優勝 16. 2014年9月28日   クアラルンプール ハード
(室内)
  リーンダー・パエス   ジェイミー・マリー
  ジョン・ピアーズ
3–6, 7–6(5), [10–5]
準優勝 24. 2014年11月2日   パリ ハード
(室内)
  ユルゲン・メルツァー   ボブ・ブライアン
  マイク・ブライアン
6–7(5), 7–5, [6–10]
準優勝 25. 2015年5月10日   マドリード クレー   ネナド・ジモニッチ   ロハン・ボパンナ
  フロリン・メルジャ
2–6, 6–7(5), [9–11]
準優勝 26. 2015年6月21日   ロンドン   ネナド・ジモニッチ   ニコラ・マユ
  ピエール=ユーグ・エルベール
2-6, 2-6
準優勝 27. 2015年8月23日   シンシナティ ハード   ネナド・ジモニッチ   ダニエル・ネスター
  エドゥアール・ロジェ=バセラン
2–6, 2–6
準優勝 28. 2016年5月1日   エストリル クレー   ルカシュ・クボット   エリック・ブトラック
  スコット・リプスキー
4–6, 6–3, [8–10]
優勝 17. 2016年10月5日   東京 ハード   マルセル・グラノリェルス   レイベン・クラーセン
  ラジーブ・ラム
6–2, 7–6(4)
優勝 18. 2017年1月15日   オークランド ハード   アイサム=ウル=ハク・クレシ   ジョナサン・エルリック
  スコット・リプスキー
1–6, 6–2, [10–3]
準優勝 29. 2017年2月27日   ドバイ ハード   ロハン・ボパンナ   ジャン=ジュリアン・ロイヤー
  ホリア・テカウ
6–4, 3-–6, [3–10]

外部リンク編集