メインメニューを開く
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。 Template:表記揺れ案内
  • ニコラ・マウー

ニコラ・ピエール・アルマン・マユNicolas Pierre Armand Mahut, 1982年1月21日 - )は、フランスアンジェ出身の男子プロテニス選手。自己最高ランキングはシングルス37位、ダブルス1位。2015年全米オープン男子ダブルス2016年ウィンブルドン選手権男子ダブルス2018年全仏オープン男子ダブルスピエール=ユーグ・エルベールとペアを組んで優勝した。ATPツアーでシングルスは4勝、ダブルスで22勝がある。身長190.5cm。右利き、バックハンド・ストロークは片手打ち。

ニコラ・マユ
Nicolas Mahut
Tennis pictogram.svg
2014 US Open (Tennis) - Tournament - Nicolas Mahut (14948088449).jpg
ニコラ・マユ
基本情報
フルネーム Nicolas Pierre Armand Mahut
国籍 フランスの旗 フランス
出身地 同・アンジェ
居住地 同・ブローニュ=ビヤンクール
生年月日 (1982-01-21) 1982年1月21日(37歳)
身長 190.5cm
体重 79.8kg
利き手
バックハンド 片手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2000年
ツアー通算 26勝
シングルス 4勝
ダブルス 22勝
生涯獲得賞金 10,513,356 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 3回戦(2012)
全仏 3回戦(2012・15・19)
全英 4回戦(2016)
全米 3回戦(2016・17)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 優勝(2019)
全仏 優勝(2018)
全英 優勝(2016)
全米 優勝(2015)
優勝回数 4(豪1・仏1・英1・米1)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 37位(2014年5月5日)
ダブルス 1位(2016年6月6日)
2019年7月7日現在

ニコラ・マウーの表記も多く見られる。また、2010年ウィンブルドン選手権男子シングルスにおいて史上最長試合11時間5分を記録したことで知られる。

来歴編集

キャリア初期編集

 
2008年ウィンブルドン予選

5歳からテニスを始め、2000年にプロ入り。ジュニア時代、2000年ウィンブルドン選手権の男子ジュニアシングルス部門で、マリオ・アンチッチを破って優勝したことがある。

2001年全豪オープン4大大会にデビューした時は、1回戦でアンドレイ・メドベデフに2-6, 4-6, 6-2, 6-4, 4-6で敗れた。

2001年からの2年間は、主にフランス国内の下部サーキットで下積み生活を送った。2003年2004年に、マユは9月のモゼール・オープン大会でダブルス2連覇を果たしている。

2006年-2012年編集

ニコラ・マユは2006年3月、京都市体育館で開かれたATPチャレンジャーツアー全日本室内テニス選手権に出場し、決勝で盧彦勲を6-4, 6-1で破って優勝した[1]。この年はウィンブルドンで初の3回戦進出があり、マユは第1シードのロジャー・フェデラーに3-6, 6-7, 4-6のストレートで完敗した。

 
2009年ウィンブルドンにて

マユは2006年までシングルスでの好成績が少なかったが、2007年6月中旬にウィンブルドン選手権前哨戦の1つであるアルトワ選手権で準優勝した。 3回戦でイワン・リュビチッチを破り、準々決勝で全仏オープン3連覇を達成したばかりのラファエル・ナダルを破って注目を集める。準決勝では同国の親友アルノー・クレマンを破り、初めてのATPツアー大会決勝戦に進出したが、決勝ではアンディ・ロディックに第2・第3セットのタイブレークを奪われ、6-4, 6-7, 6-7で敗れた。

ウィンブルドンでは、2回戦で同じフランスリシャール・ガスケに敗退している。7月のニューポート大会で2度目の決勝に進出したが、ファブリス・サントロに 4–6, 4–6 で敗れている。

ダブルスでは、2004年全米オープン2007年全米オープンジュリアン・ベネトーと組みベスト4に進出した。

2010年ウィンブルドン選手権男子シングルスでは1回戦でジョン・イズナーと史上最長試合を演じた。詳細は後述。

2013-14年 全仏ダブルス準優勝、ATPシングルス初優勝 編集

 
2014年ニコラ・エスクデとともに

2013年全仏オープン男子ダブルスではミカエル・ロドラと組んで決勝に進出した。決勝ではブライアン兄弟組に4–6, 6–4, 6–7(4)で敗れ準優勝となった。表彰式のスピーチにおいてダブルスに専念するためにシングルスの引退を考えていたことを告白した。

2013年全仏終了後の得意の芝のシーズンに入り、トップシェルフ・オープンの決勝まで予選から勝ち進み、決勝戦でスタニスラス・ワウリンカをストレートで破り、31歳でキャリア初のシングルス優勝を果たした。ランクを240位から一気に120位台まで上昇させ、そして1ヶ月後、ウィンブルドン翌週のテニス殿堂選手権の大会でダブルヘッダーながら元世界ランク一位のレイトン・ヒューイットを相手にフルセットの末に勝利し、キャリア2勝目を挙げ一年ぶりに100位以内にランクを戻し75位まで上昇させる。 年度末にはキャリアハイに近づく50位まで順位を上昇させた。

2014年、全豪の前哨戦となるブリスベン国際においてロジャー・フェデラーとダブルスを組み準決勝まで進出し、順調なシーズンの滑り出しを見せた。2014年全豪オープン男子ダブルスにて優勝ペアに準決勝で敗れるもミカエル・ロドラとのダブルスは好調を維持し、2月の ABNアムロ世界テニス・トーナメントでシーズン初優勝を果たした。

2015年 シングルス3度目の優勝、全米ダブルス優勝、ツアーファイナル初出場 編集

全豪オープンダブルスではピエール=ユーグ・エルベールと組んで自身二度目のGS決勝に進出。ボレリ/フォニーニ組にストレートで敗れ準優勝となった。3月にはデビスカップフランス代表に初選出され、ダブルス戦においてジュリアン・ベネトーと組みフランスチーム初戦突破に貢献した。

そして、得意の芝シーズンに入りトップシェルフ・オープンの決勝まで予選から再度勝ち進み、決勝戦でダビド・ゴフィンをストレートで破り、シングルス3つ目となる優勝を飾った。

全米オープンに単複出場し、ダブルスにてピエール=ユーグ・エルベールとともに決勝に進んだ。J・マリー/ピアーズ組をストレートで破り、悲願のグランドスラム初優勝を遂げた。フランスペアとして史上初の全米ダブルス優勝でもあった。

シーズン最後を飾る2015年ATPワールドツアー・ファイナル初出場を果たし、ラウンドロビンで敗退だったもののそれまでのキャリア最高の成績を飾った。

2016年 ダブルス世界ランキング1位、ウィンブルドンダブルス優勝編集

2016年はエルベールとのペアでBNPパリバ・オープンマイアミ・マスターズモンテカルロ・マスターズで優勝し、マスターズ3連勝を記録した。全仏オープン終了後のダブルス世界ランキングで1位となった。芝初戦のロスマーレン・グラスコート選手権では決勝でジレ・ミュラーを破り連覇を果たす。ウィンブルドンでは、シングルスの2回戦で第13シードのダビド・フェレールを、3回戦でダブルスのペアエルベールに勝利し、自身初のグランドスラム4回戦進出を果たす。4回戦で第28シードのサム・クエリーに敗れた。ダブルスでは第1シードで出場し、決勝でベネトー/ロジェ=バセランに6–4, 7–6(1), 6–3で勝利し、グランドスラム2勝目をあげた。

 
2016年ウィンブルドンのマユとエルベール

2018年 全仏ダブルス優勝編集

2018年はエルベールとのペアで全仏オープンに決勝進出、決勝でマラチ/パビッチ組に6-2,7-6(4)で勝利し、地元の全仏オープンで初優勝を果たす[1]

2019年 全豪ダブルス優勝、 キャリア・グランドスラム達成編集

全豪オープンに決勝進出、決勝でアンリ・コンティネン/ジョン・ピアース組を6-4, 7-6で破り、全豪オープン初優勝を決めた。これにより、マユは4大大会男子ダブルスですべてのタイトルを獲得するキャリア・グランドスラムを達成した。

史上最長試合編集

 
コート18に飾られた史上最長試合の記念碑


2010年6月22日から24日、2010年ウィンブルドン選手権男子シングルス1回戦において、当時世界ランク23位のジョン・イスナーと戦い、 史上最長記録となる11時間5分を記録した。それまでの最長記録は2004年全仏オープン男子シングルスで記録された6時間33分である。

2010年6月22日18時13分(イギリス夏時間で17時13分)に18番コートにて試合が開始。21時7分、第5セットを始まる前に翌日に延期。水曜23日14時5分試合再開。17時45分、最長記録を更新。21時9分、最終セット59ゲームオールにて翌日に延長。木曜24日15時40分試合再開。3日目の16時47分最終セット8時間11分で、4-6, 6-3, 7-6, 6-7, 68-70 で敗れた。

1 (32分) 2 (29分) 3 (49分) 4 (64分) 5 (491分)
  ジョン・イスナー 6 3 67 7 70
  ニコラ・マユ 4 6 7 63 68

記録編集

  • 1試合でのエース数「113本」
  • 1セットでのエース数「85本」
  • 1試合でのゲーム獲得数「92」
  • 1試合でのゲーム敗北数「91」
  • 1試合のウィナー数「246本」
  • 1試合最長試合「11時間5分」
  • 1日での最長プレイ時間「7時間6分」
  • 1日でのゲーム数「118」

ATPツアー決勝進出結果編集

シングルス: 6回 (4勝2敗)編集

大会グレード
グランドスラム (0-0)
ATPワールドツアー・ファイナル (0-0)
ATPワールドツアー・マスターズ1000 (0-0)
ATPワールドツアー・500シリーズ (0-0)
ATPワールドツアー・250シリーズ (4–2)
サーフェス別タイトル
ハード (0–0)
クレー (0-0)
芝 (4-2)
カーペット (0-0)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2007年6月17日   ロンドン   アンディ・ロディック 6–4, 6–7, 6–7
準優勝 2. 2007年7月15日   ニューポート   ファブリス・サントロ 4–6, 4–6
優勝 1. 2013年6月22日   スヘルトーヘンボス   スタン・ワウリンカ 6-3, 6-4
優勝 2. 2013年7月14日   ニューポート   レイトン・ヒューイット 5-7, 7-5, 6-3
優勝 3. 2015年6月14日   スヘルトーヘンボス   ダビド・ゴフィン 7-6(1), 6-1
優勝 4. 2016年6月13日   スヘルトーヘンボス   ジレ・ミュラー 6-4, 6-4

ダブルス: 40回 (25勝15敗)編集

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
優勝 1. 2003年9月29日   メス ハード
(室内)
  ジュリアン・ベネトー   ミカエル・ロドラ
  ファブリス・サントロ
7–6(2), 6–3
準優勝 1. 2003年10月6日   リヨン カーペット
(室内)
  ジュリアン・ベネトー   ジョナサン・エルリック
  アンディ・ラム
1–6, 3–6
準優勝 2. 2004年7月10日   ニューポート   グレゴリー・カラズ   ジョーダン・カー
  ジム・トーマス
3-6, 57–6, 3-6
優勝 2. 2004年10月16日   メス ハード
(室内)
  アルノー・クレマン   イワン・リュビチッチ
  ウロス・ヴィコ
6–2, 7–6(8)
準優勝 3. 2007年9月29日   バンコク ハード   ミカエル・ロドラ   サンチャイ・ラティワタナ
  ソンチャット・ラティワタナ
6-3, 5–7, [7-10]
優勝 3. 2009年10月31日   リヨン ハード
(室内)
  ジュリアン・ベネトー   アルノー・クレマン
  セバスチャン・グロジャン
6–4, 7–6(6)
準優勝 4. 2011年11月13日   パリ ハード
(室内)
  ジュリアン・ベネトー   ロハン・ボパンナ
  アイサム=ウル=ハク・クレシ
2–6, 4–6
優勝 4. 2012年2月5日   モンペリエ ハード
(室内)
  エドゥアール・ロジェ=バセラン   ポール・ハンリー
  ジェイミー・マリー
6–4, 7–6(4)
優勝 5. 2012年2月26日   マルセイユ ハード
(室内)
  エドゥアール・ロジェ=バセラン   ダスティン・ブラウン
  ジョー=ウィルフリード・ツォンガ
3–6, 6–3, [10–6]
優勝 6. 2012年9月23日   メス ハード
(室内)
  エドゥアール・ロジェ=バセラン   ヨハン・ブランシュトロム
  フレデリク・ニールセン
7–6(3), 6–4
準優勝 5. 2013年6月8日   全仏オープン クレー   ミカエル・ロドラ   ボブ・ブライアン
  マイク・ブライアン
4–6, 6–4, 6–7(4)
優勝 7. 2013年7月15日   ニューポート   エドゥアール・ロジェ=バセラン   ティム・スミチェク
  ライン・ウィリアムズ
6-7(4), 6–2, [10-5]
準優勝 6. 2013年9月22日   メス ハード
(室内)
  ジョー=ウィルフリード・ツォンガ   フレデリク・ニールセン
  レイベン・クラーセン
4–6, 6-7(5)
準優勝 7. 2014年2月9日   モンペリエ ハード
(室内)
  マルク・ジケル   ニコライ・ダビデンコ
  デニス・イストミン
4-6, 6–1, [7-10]
優勝 8. 2014年2月16日   ロッテルダム ハード
(室内)
  ミカエル・ロドラ   ジャン=ジュリアン・ロジェ
  ホリア・テカウ
6–2, 7–6(4)
準優勝 8. 2015年1月31日   全豪オープン ハード   ピエール=ユーグ・エルベール   ファビオ・フォニーニ
  シモーネ・ボレッリ
4–6, 4–6
準優勝 9. 2015年6月14日   スヘルトーヘンボス   ピエール=ユーグ・エルベール   イボ・カロビッチ
  ルカシュ・クボット
2-6, 6-7(11)
優勝 9. 2015年6月21日   ロンドン   ピエール=ユーグ・エルベール   ネナド・ジモニッチ
  マルチン・マトコフスキ
6-2, 6-2
優勝 10. 2015年9月12日   全米オープン ハード   ピエール=ユーグ・エルベール   ジェイミー・マリー
  ジョン・ピアーズ
6–4, 6–4
準優勝 10. 2015年9月27日   メス ハード
(室内)
  ピエール=ユーグ・エルベール   ルカシュ・クボット
  エドゥアール・ロジェ=バセラン
6-2, 3–6, [7-10]
優勝 11. 2016年2月14日   ロッテルダム ハード
(室内)
  バセク・ポシュピシル   フィリップ・ペッシュナー
  アレクサンダー・ペヤ
7–6(2), 6–4
優勝 12. 2016年3月19日   インディアンウェルズ ハード   ピエール=ユーグ・エルベール   バセク・ポシュピシル
  ジャック・ソック
6–3, 7–6(5)
優勝 13. 2016年4月2日   マイアミ ハード   ピエール=ユーグ・エルベール   レイベン・クラーセン
  ラジーブ・ラム
5-7, 6–1,[10-7]
優勝 14. 2016年4月17日   モンテカルロ クレー   ピエール=ユーグ・エルベール   ジェイミー・マリー
  ブルーノ・ソアレス
4–6, 6–0, [10–6]
優勝 15. 2016年6月19日   ロンドン   ピエール=ユーグ・エルベール   アンドレ・サ
  クリス・グッチョーネ
6-3, 7-6(5)
優勝 16. 2016年7月9日   ウィンブルドン   ピエール=ユーグ・エルベール   ジュリアン・ベネトー
  エドゥアール・ロジェ=バセラン
6-4, 7-6(1), 6–3
準優勝 11. 2016年10月23日   アントワープ ハード
(室内)
  ピエール=ユーグ・エルベール   ダニエル・ネスター
  エドゥアール・ロジェ=バセラン
4-6, 4-6
準優勝 12. 2016年11月6日   パリ ハード
(室内)
  ピエール=ユーグ・エルベール   ヘンリ・コンティネン
  ジョン・ピアーズ
4–6, 6–3, [6–10]
優勝 17. 2017年2月26日   マルセイユ ハード
(室内)
  ジュリアン・ベネトー   ロビン・ハーセ
  ドミニク・イングロット
6–4, 6–7(9–11), [10–5]
準優勝 13. 2017年5月14日   マドリード クレー   エドゥアール・ロジェ=バセラン   ルカシュ・クボット
  マルセロ・メロ
5–7, 3–6
優勝 18. 2017年5月21日   ローマ クレー   ピエール=ユーグ・エルベール   イワン・ドディグ
  マルセル・グラノリェルス
4–6, 6–4, [10–3]
優勝 19. 2017年8月16日   モントリオール ハード   ピエール=ユーグ・エルベール   ロハン・ボパンナ
  イワン・ドディグ
6–4, 3–6, [10–6]
優勝 20. 2017年8月23日   シンシナティ ハード   ピエール=ユーグ・エルベール   ジェイミー・マリー
  ブルーノ・ソアレス
7–6(8), 6–4
優勝 21. 2018年2月18日   ロッテルダム ハート (室内)   ピエール=ユーグ・エルベール   オリバー・マラチ
  マテ・パビッチ
2–6, 6–2, [10–7]
優勝 22. 2018年6月9日   全仏オープン クレー   ピエール=ユーグ・エルベール   オリバー・マラチ
  マテ・パビッチ
6–2, 7–6(4)
優勝 23. 2018年9月23日   メス ハード
(室内)
  エドゥアール・ロジェ=バセラン   ケン・スクプスキ
  ニール・スクプスキ
6-1, 7-5
優勝 24. 2018年10月21日   アントワープ ハード
(室内)
  エドゥアール・ロジェ=バセラン   マルセロ・デモリエ
  サンティアゴ・ゴンザレス
6-4, 7-5
準優勝 14. 2018年11月18日   ロンドン ハード(室内)   ピエール=ユーグ・エルベール   マイク・ブライアン
  ジャック・ソック
7-5, 1-6, [11-13]
優勝 25. 2019年1月26日   全豪オープン ハード   ピエール=ユーグ・エルベール   ヘンリ・コンティネン
  ジョン・ピアース
6–4, 7–6(1)
準優勝 15. 2019年7月13日   ウィンブルドン   エドゥアール・ロジェ=バセラン   フアン・セバスティアン・カバル
  ロベルト・ファラ
7-6(5), 6-7(5), 6-7(6), 7-6(5), 3-6

4大大会シングルス成績編集

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 通算成績
全豪オープン A 1R LQ A 1R LQ LQ 2R 2R A A 2R 3R A 1R LQ 2R 1R LQ LQ 6–9
全仏オープン 1R 1R LQ 1R 1R LQ 1R 1R 1R LQ 2R 1R 3R 1R 1R 3R 2R 1R 1R 3R 8–17
ウィンブルドン A A A LQ LQ LQ 3R 2R 1R 1R 1R 1R 2R 2R 1R 2R 4R 1R LQ LQ 9-12
全米オープン A A LQ 1R 1R LQ 2R 1R 1R LQ LQ 2R 1R 1R 1R 2R 3R 3R 2R 8–13

脚注編集

  1. ^ 全仏初Vで四大大会3勝目”. tennis365.net (2018年6月10日). 2018年6月10日閲覧。

外部リンク編集