モズアスコット:Mozu Ascot)は、日本競走馬。主な勝ち鞍は2018年安田記念2020年フェブラリーステークス

モズアスコット
Mozu Ascot February Stakes 2020(IMG3).jpg
2020年フェブラリーステークス
(2020年2月23日、東京競馬場)
欧字表記 Mozu Ascot[1]
香港表記 魔族雅谷[2]
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 2014年3月31日(6歳)
Frankel
India
母の父 ヘネシー
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 Summer Wind Farm
馬主 (株)キャピタル・システム
調教師 矢作芳人栗東
競走成績
生涯成績 22戦7勝
中央:21戦7勝
海外:1戦0勝
獲得賞金 5億1511万6000円
(2020年3月29日現在)
 
勝ち鞍
GI 安田記念 2018年
GI フェブラリーステークス 2020年
GIII 根岸ステークス 2020年
テンプレートを表示

フランケルの初年度産駒の一頭である。

馬名の意味は冠名にイギリスの競馬場の名前から。オーナーである(株)キャピタル・システム代表・北側雅司の息子・北側司(名義は株式会社グランプリ)が所有するグランプリボス2011年に出走したセントジェームズパレスステークスがアスコット競馬場で行われたことに由来する[3]

戦績編集

デビュー前編集

2015年のキーンランド・セプテンバーセールに上場され、「フランケル産駒が欲しかった」という(株)キャピタル・システム代表の北側雅司によって27万5000ドル(約3300万円)で購入され、日本に輸入される[4][3]

3歳(2017年)編集

体質が弱かった影響でデビューは遅く[3]、3歳となった2017年6月10日阪神の3歳未勝利戦で武豊とのコンビで初出走するが4着。続く6月24日阪神の3歳未勝利戦でも4着に終わり、この後はマイル戦を中心に使われていくことになる。3戦目となった7月16日中京の3歳未勝利戦で初勝利を挙げる。休養を挟み、9月24日阪神の500万下戦、11月11日東京の三鷹特別、11月26日京都の渡月橋ステークスを制し4連勝を果たす。重賞初挑戦となった12月の阪神カップは1番人気に支持されるもイスラボニータの4着に終わり、3歳シーズンを終える。

4歳(2018年)編集

 
第62回阪急杯パドック(2018年2月25日)

2月25日の阪急杯は中団追走から直線で鋭く脚を伸ばしたものの、逃げ粘るダイアナヘイローにクビ差届かず2着[5]。続くマイラーズカップは2番手追走から早めに抜け出したが、サングレーザーの末脚に屈しまたもや2着[6]

 
2018年安田記念パドック

その後安田記念に出走登録を行うが登録時点では除外対象だったため5月27日の安土城ステークスに出走するが2着となり、賞金を加算することができなかった。しかし直前で回避馬が続出したため連闘で安田記念に出走。レースでは中団待機から直線で馬群をさばくと好位から抜け出したアエロリットをクビ差かわしてGI初制覇を果たした。勝ち時計は2012年ストロングリターンが記録した1分31秒3に並ぶタイレコードであった[7]。連闘でのGI制覇は1998年阪神3歳牝馬ステークスを制したスティンガー以来。安田記念では1989年バンブーメモリー以来29年ぶりの連闘での優勝であり、奇しくも平成最初と最後の安田記念が連闘で挑んだ馬による勝利となった[8]

その後は休養に入りスワンステークスで復帰、58キロを背負いながらも鋭い末脚を伸ばしたがロードクエストにハナ差で差し切られ2着。続くマイルチャンピオンシップでは4コーナーでごちゃつく不利があり、直線見せ場を作ることはなく過去最低の13着と惨敗した。その後香港マイルへ遠征したがスタートで出負けし、直線伸びあぐね7着に敗れた。

5歳(2019年)編集

当年は秋に出走したスワンSの2着が最高着順で、勝利を挙げることはできなかった。

6歳(2020年)編集

この年は自身初となるダート戦の根岸ステークス(GIII)に出走。一週間前追い切りの際に管理する矢作調教師は「調教でもだいぶ動くし、フェブラリーSに向けてメドが立つような競馬をしてほしい」と語った[9]。連覇を狙うコパノキッキングやダート戦で複勝圏内を外していないミッキーワイルドなどが集まった中[10]、3番人気に推された同馬は直線外目から追い上げて、早めに先頭に立ったコパノキッキングをゴール前で交わして最後は1馬身1/4差つけて優勝。芝ダートの両方で重賞制覇を成し遂げた他、フェブラリーステークスの優先出走権を獲得した[11]

続くフェブラリーステークスには前年の覇者で連覇を狙うインティや2018年の覇者ノンコノユメなどが集まったが[12]、最終的に単勝2.8倍の1番人気に推された[13]。そして迎えたレース本番ではスタート後中団からレースを進めると、直線半ばで抜け出しそのままゴール。2着のケイティブレイブに2馬身半差をつけて優勝した[14]。芝とダートの両GI制覇はアドマイヤドン以来史上5頭目の快挙となった[14]

フェブラリーステークスの後は、オーストラリアドンカスターマイルに参戦を予定していたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で遠征を断念[15]。一転して高松宮記念に向かう事が決定した[16]。高松宮記念ではミルコ・デムーロを鞍上に迎え[17]、初のスプリント戦ながら5番人気の支持を受けたが、結果は13着と惨敗。鞍上デムーロはスタートを出なかったことや馬場が合わなかったことなどの敗因を列挙した[18]

次走には地方競馬船橋競馬場で行われるかしわ記念を選択。2018年の最優秀ダートホースで、約1年半ぶりに実戦復帰するルヴァンスレーヴを抑えて1番人気に支持されたが、直線で伸びず7頭立てのブービー6着に敗退[19]。鞍上ルメールは4つのコーナーや地方競馬場の深い砂が合わなかった事を敗因にあげた[19]


競走成績編集

以下の内容は、netkeiba.comの情報[20]に基づく。

競走日 競馬場 競走名 距離(馬場)


オッズ
(人気)
着順 タイム
(上がり3F)
着差 騎手 斤量
[kg]
1着馬(2着馬) 馬体重
[kg]
2017.06.10 阪神 3歳未勝利 芝2000m(良) 16 4 7 002.60(1人) 04着 R2:00.6(35.9) -0.0 0武豊 56 アドマイヤアロー 484
0000.06.24 阪神 3歳未勝利 芝1800m(良) 18 3 6 002.10(1人) 04着 R1:46.9(34.2) -0.2 0武豊 56 キャンディストーム 486
0000.07.16 中京 3歳未勝利 芝1600m(良) 16 3 6 003.30(2人) 01着 R1:34.6(34.3) -0.3 0内田博幸 56 (トルネードアレイ) 478
0000.09.24 阪神 3歳上500万下 芝1600m(良) 18 8 17 003.70(2人) 01着 R1:32.7(33.9) -0.6 0C.ルメール 55 (キャスパリーグ) 486
0000.11.11 東京 三鷹特別 芝1400m(良) 15 3 5 001.50(1人) 01着 R1:20.4(33.7) -0.2 0C.ルメール 56 (バリス) 488
0000.11.26 京都 渡月橋S 芝1400m(良) 15 8 15 001.90(1人) 01着 R1:21.5(34.2) -0.3 0吉原寛人 55 (クライムメジャー) 488
0000.12.23 阪神 阪神C GII 芝1400m(良) 18 4 7 003.20(1人) 04着 R1:19.9(34.3) -0.4 0C.デムーロ 56 イスラボニータ 486
2018.02.25 阪神 阪急杯 GIII 芝1400m(良) 18 8 17 002.60(1人) 02着 R1:20.1(33.7) -0.0 0C.ルメール 56 ダイアナヘイロー 488
0000.04.22 京都 マイラーズC GII 芝1600m(良) 14 6 9 003.50(2人) 02着 R1:31.5(34.2) -0.2 0C.ルメール 56 サングレーザー 486
0000.05.27 京都 安土城S OP 芝1400m(良) 17 1 1 001.50(1人) 02着 R1:20.7(32.9) -0.0 0坂井瑠星 56.5 ダイメイフジ 488
0000.06.03 東京 安田記念 GI 芝1600m(良) 16 5 10 015.70(9人) 01着 R1:31.3(33.3) -0.0 0C.ルメール 58 アエロリット 482
0000.10.27 京都 スワンS GII 芝1400m(良) 11 8 10 001.30(1人) 02着 R1:21.5(34.5) -0.0 0C.ルメール 58 ロードクエスト 492
0000.11.18 京都 マイルCS GI 芝1600m(良) 18 4 8 003.40(1人) 13着 R1:33.8(33.9) -0.5 0C.ルメール 57 ステルヴィオ 494
0000.12.09 沙田 香港マイル G1 芝1600m(良) 14 2 4 010.00(3人) 07着 R1:34.36 -0.84 0C.ルメール 57 Beauty Generation 481
2019.04.21 京都 マイラーズC GII 芝1600m(良) 10 4 4 009.90(3人) 07着 R1:33.6(32.8) -1.0 0C.ルメール 58 ダノンプレミアム 496
0000.06.02 東京 安田記念 GI 芝1600m(良) 16 4 7 035.40(7人) 06着 R1:31.2(33.1) -0.3 0坂井瑠星 58 インディチャンプ 488
0000.10.06 東京 毎日王冠 GII 芝1800m(良) 10 8 10 022.50(5人) 06着 R1:45.0(34.0) -0.6 0内田博幸 57 ダノンキングリー 498
0000.10.26 京都 スワンS GII 芝1400m(稍) 18 5 10 004.40(2人) 02着 R1:21.3(33.8) -0.0 0岩田康誠 57 ダイアトニック 498
0000.11.17 京都 マイルCS GI 芝1600m(良) 17 6 12 019.90(7人) 14着 R1:34.2(34.8) -1.2 0和田竜二 57 インディチャンプ 498
2020.02.02 東京 根岸S GIII ダ1400m(良) 16 6 11 009.90(3人) 01着 R1:22.7(34.7) -0.2 0C.ルメール 58 コパノキッキング 494
0000.02.23 東京 フェブラリーS GI ダ1600m(良) 16 6 12 002.80(1人) 01着 R1:35.2(35.4) -0.4 0C.ルメール 57 ケイティブレイブ 494
0000.03.29 中京 高松宮記念 GI 芝1200m(重) 18 7 14 009.80(5人) 13着 R1:09.9(33.7) -1.2 0M.デムーロ 57 モズスーパーフレア 494
0000.05.05 船橋 かしわ記念 JpnI ダ1600m(良) 7 5 5 002.20(1人) 06着 R1:40.5(37.5) -1.9 0C.ルメール 57 ワイドファラオ 488
  • 競走成績は2020年5月5日現在

血統表編集

モズアスコット血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 サドラーズウェルズ系
[§ 2]

Frankel
2008 鹿毛
父の父
Galileo
1998 鹿毛
Sadler's Wells Northern Dancer
Fairy Bridge
Urban Sea Miswaki
Allegretta
父の母
Kind
2001 鹿毛
*デインヒル Danzig
Razyana
Rainbow Lake Rainbow Quest
Rockfest

India
2003 栗毛
*ヘネシー
Hennessy
1993 栗毛
Storm Cat Storm Bird
Terlingua
Island kitty Hawaii
T.C.Kitten
母の母
Misty Hour
1995 鹿毛
Miswaki Mr.Prospector
Hopespringseternal
Our Tina Marie Nijinsky
Java Moon
母系(F-No.) Golden Trail系(FN:F4-r) [§ 3]
5代内の近親交配 Miswaki 4x3 Northern Dancer 4・5x5・5 His MajestyGraustark 5x5 [§ 4]
出典
  1. ^ モズアスコットの血統
  2. ^ モズアスコットの血統
  3. ^ [21]
  4. ^ モズアスコットの血統

脚注編集

  1. ^ MOZU ASCOT (C805) - Racing Information” (英語). 香港賽馬會(The Hong Kong Jockey Club). 2018年12月9日閲覧。
  2. ^ 魔族雅谷 (C805) - 馬匹資料 - 賽馬資訊” (中国語). 香港賽馬會(The Hong Kong Jockey Club). 2018年12月9日閲覧。
  3. ^ a b c 【安田記念】モズアスコット、29年ぶり連闘V!平成元年の89年バンブーメモリーに続き、平成ラストも! スポーツ報知 2018年6月3日付 2018年6月4日閲覧
  4. ^ 【安田記念】北側オーナー 愛馬Vに興奮「大声が出ました」 スポーツニッポン 2018年6月4日付 2018年6月4日閲覧
  5. ^ 【阪急杯】モズアスコットは2着まで ルメール騎手「外枠で大変」 サンケイスポーツ 2018年2月25日付 2018年6月3日閲覧
  6. ^ 【マイラーズC】モズアスコット早め抜け出すも2着 ルメール「いい競馬できた」 サンケイスポーツ 2018年4月22日付 2018年6月3日閲覧
  7. ^ モズアスコットが連闘でGI制覇! スワーヴリチャードは2階級制覇ならず3着/安田記念 netkeiba.com 2018年6月3日付 2018年6月3日閲覧
  8. ^ 【安田記念】モズアスコット20年ぶり連闘でのG1制覇 ルメール絶賛「ベストマイラー」 スポーツニッポン 2018年6月3日付 2018年6月8日閲覧
  9. ^ 【根岸S】モズアスコット 芝GI馬がダート戦初出走へ/1週前トレセンリポート | 競馬ニュース - netkeiba.com” (日本語). news.netkeiba.com. 2020年2月5日閲覧。
  10. ^ 【根岸S】コパノキッキング、重賞連勝&連覇なるか/JRAレースの見どころ | 競馬ニュース - netkeiba.com” (日本語). news.netkeiba.com. 2020年2月5日閲覧。
  11. ^ 【根岸S】初ダートのモズアスコットがV! 芝ダート両重賞制覇!/JRAレース結果 | 競馬ニュース - netkeiba.com” (日本語). news.netkeiba.com. 2020年2月5日閲覧。
  12. ^ 【フェブラリーS】1番人気候補・武豊インティの連覇を止める馬は!?…見どころ | 競馬ニュース | 競馬ラボ” (日本語). www.keibalab.jp. 2020年2月23日閲覧。
  13. ^ フェブラリーS(G1) オッズ | 2020年2月23日 東京11R レース情報(JRA)”. netkeiba.com. 2020年2月23日閲覧。
  14. ^ a b 【フェブラリーS】モズアスコットここも完勝!史上5頭目の芝ダート両GI制覇!/JRAレース結果 | 競馬ニュース - netkeiba.com” (日本語). news.netkeiba.com. 2020年2月23日閲覧。
  15. ^ モズアスコット豪遠征中止 新型コロナ拡大防止へ検疫強化 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2020年5月20日閲覧。
  16. ^ 【次走】豪遠征回避モズアスコット高松宮記念へ/馬三郎のつぶやき | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2020年5月20日閲覧。
  17. ^ 【高松宮記念】モズアスコットはM.デムーロ騎手、アイラブテーラーは武豊騎手/JRA重賞想定騎手 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2020年5月20日閲覧。
  18. ^ 【高松宮記念レース後コメント】 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2020年5月20日閲覧。
  19. ^ a b 【かしわ記念】1番人気モズアスコットは6着に沈む ルメール「3角から4角ではブレーキをかけて…」” (日本語). スポーツ報知 (2020年5月5日). 2020年5月20日閲覧。
  20. ^ モズアスコット | 競走馬データ - netkeiba.com
  21. ^ 平出貴昭 (2019年9月18日). “『覚えておきたい世界の牝系100』掲載牝系一覧”. 競馬“血統”人生/平出貴昭. 2020年4月5日閲覧。

外部リンク編集