メインメニューを開く

サッカーウクライナ代表ウクライナ語: Збірна України з футболу)は、ウクライナサッカー連盟(FFU)により編成されるウクライナサッカーのナショナルチームである。ホームスタジアムは首都キエフにあるオリンピスキ・スタジアム

サッカーウクライナ代表
国または地域  ウクライナ
協会 ウクライナサッカー連盟
愛称 Жовто Блакитні(青黄軍団)
監督 ウクライナの旗 アンドリー・シェフチェンコ
最多出場選手 アナトリー・ティモシュチュク(144試合)
最多得点選手 アンドリー・シェフチェンコ(48得点)
1stカラー
2ndカラー
初の国際試合 1992年4月29日ハンガリー
2-2
最大差勝利試合 2013年9月6日サンマリノ
9-0
最大差敗戦試合 1995年3月25日クロアチア
0-4
2006年6月14日スペイン
0-4
FIFAワールドカップ
出場回数 1回(初出場は2006
最高成績 ベスト8(2006
UEFA欧州選手権
出場回数 2回
最高成績 本大会出場(20122016

目次

歴史編集

1991年ウクライナが独立を果たした事に伴い、代表チームは創設された。翌1992年4月29日ハンガリーとの間で初の国際試合が行われたが、1994 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選への参加は見送った。このため、アンドレイ・カンチェルスキスヴィクトル・オノプコを始めとしたウクライナ国籍を持つ多くの有力選手が、実質的にソビエト連邦代表を継承したロシア代表でプレーをすることを選択した。

数年後、アンドリー・シェフチェンコセルヒーイ・レブロフといった才能が育ち、1998 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選9組ではドイツと接戦を演じ同組2位でプレーオフ進出を果たす。1997年10月から11月にかけて行われたプレーオフの相手はウクライナと同じく独立を果たして間もないクロアチアとなったが、敵地での初戦を0-2で落とすとホームでの第2戦を1-1で引き分け、ワールドカップ出場を逃した。

UEFA欧州選手権2000予選でもプレーオフ進出を果たしたがスロベニアに競り負け敗退。2000年にソ連代表やディナモ・キエフを率いた実績のあるヴァレリー・ロバノフスキーが監督に就任。2002 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選でもプレーオフ進出を果たしたが、ドイツに競り負け本大会出場を果たせずにいた。

UEFA欧州選手権2004予選敗退後にオレフ・ブロヒンが監督に就任。2006 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選ではトルコデンマークギリシャに競り勝ち初の本大会出場を果たす。2006年6月にドイツで行われた本大会では、初戦でスペインに0-4と大敗を喫したもののサウジアラビアチュニジア相手に2連勝を収めてグループリーグを突破。決勝トーナメント一回戦ではスイスをPK戦の末に下しワールドカップ初出場ながら準々決勝進出を果たした(準々決勝ではこの大会を制したイタリアに0-3で敗れた)。

UEFA欧州選手権2008予選敗退後にブロヒンの後任としてオレクシーイ・ミハイリチェンコが監督に就任。2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選6組ではイングランドに次いで2位となりプレーオフ進出を果たした。ギリシャとのプレーオフでは2009年11月14日に行われた敵地での初戦を0-0で引分け、同月18日のホームでの第2戦に挑んだが前半31分に許した失点を覆すことは出来ず0-1で敗退、2大会連続のワールドカップ出場は成らなかった[1]

UEFA欧州選手権2012は自国開催(ポーランドと共催)のため、欧州選手権初出場を果たした。 同組にフランスイングランドスウェーデンと世界ランク15位以内の強豪揃いの中、初戦のスウェーデン戦では先制されるもアンドリー・シェフチェンコの2得点もあり、2-1と逆転勝利を収めた。第2戦のフランス戦は雷雨で一時中止になるが再開。試合は0-2で敗れた。第3戦のイングランド戦は1点を先制されながら後半攻めを見せ、シュートはゴールラインを割っているように見えたが主審はノーゴールの判定。そのまま0-1で惜敗し、グループリーグ敗退が決定した。2014 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選ではイングランドに次いで2位となりプレーオフ進出を果たした。フランスとのプレーオフでは、2013年11月15日に行われたホームでの初戦を2-0で勝利したが、同月19日の敵地での第2戦に挑んだが0-3で敗れ、1勝1敗で並んだが2試合の総得点で下回り2大会連続で予選敗退となった。UEFA欧州選手権2016は初めて予選を突破し、開催国だった前大会に続いて2度目の出場となったが本大会はグループリーグ3連敗で敗退した。2018 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選ではグループI3位で敗退した。

FIFAワールドカップの成績編集

開催国 / 年 成績
  1994 不参加
  1998 予選敗退
   2002
  2006 ベスト8 5 2 1 2 5 7
  2010 予選敗退
  2014
  2018
合計 出場1回 5 2 1 2 5 7

UEFA欧州選手権の成績編集

  • 1992 - 不参加
  • 1996 - 予選敗退
  • 2000 - 予選敗退
  • 2004 - 予選敗退
  • 2008 - 予選敗退
  • 2012 - グループリーグ敗退
  • 2016 - グループリーグ敗退

歴代監督編集

選手編集

キャップ編集

2017年3月24日時点
  水色は現役選手
名前 出場 得点 期間
1 アナトリー・ティモシュチュク 144 4 2000-2016
2 アンドリー・シェフチェンコ 111 48 1995-2012
3 オレフ・フセフ 98 13 2003-2016
4 ルスラン・ロタン 93 8 2003-
5 オレクサンドル・ショフコフスキー 92 0 1994-2012
6 セルゲイ・レブロフ 75 15 1992-2006
7 アンドレイ・ヴォロニン 74 8 2002-2012
8 アンドリー・ピアトフ 72 0 2007-
9 アンドリー・フシン 71 9 1993-2006
10 アンドリー・ヤルモレンコ 68 29 2009-
アンドリー・ヴォロベイ 68 9 2000-2008

得点編集

2017年3月24日時点
  水色は現役代表選手
名前 得点 出場 期間
1 アンドリー・シェフチェンコ 48 111 1995-2012
2 アンドリー・ヤルモレンコ 29 68 2009-
3 セルゲイ・レブロフ 15 75 1992-2006
4 イェウヘン・コノプリャーンカ 13 61 2010-
オレフ・フセフ 13 98 2003-2016
6 セルゲイ・ナザレンコ 12 56 2003-2012
7 イェウヘン・セレズニョウ 11 53 2008-
8 アンドリー・ヴォロベイ 9 68 2000-2008
アンドリー・フシン 9 71 1993-2006
10 ティメルラン・フセイノフ 8 14 1993-1997
アルテム・ミレフスキー 8 50 2006-2012
アンドレイ・ヴォロニン 8 76 2002-2012
ルスラン・ロタン 8 93 2003-

脚注編集

  1. ^ Greece grasp finals berth in Ukraine - UEFA.com 2010年6月25日閲覧

外部リンク編集