メインメニューを開く

ヨーロッパ企画の試験放送』(ヨーロッパ企画のしけんほうそう)は、大阪・ABCラジオ(朝日放送)が、毎週火曜日日本標準時水曜日未明)に深夜放送していたラジオ番組である。2006年4月4日放送開始、2008年9月23日放送終了。

目次

概要編集

1998年、同志社大学演劇サークル「同志社小劇場」内においてユニット結成され、翌年「ヨーロッパ企画」として独立した劇団のメンバーによる番組。

「ABCラジオから概ね権利を譲られたヨーロッパ企画が試験放送的にさまざまな企画に挑戦していく」というのが番組コンセプト。

ヨーロッパは夜の8時。』というタイトルで数回の特番(いわゆるパイロット版)が放送され、2005年10月からレギュラー番組として『ヨーロッパは夜の9時半』(日曜 21:30-22:00)が放送開始する。半年後2006年4月、ナイター編成に伴い現在の放送枠に移動し、番組タイトルを変更し、リニューアルスタートした。REENALが番組に協力している。

放送時間編集

  • 2006年4月~2008年3月 25:30~26:00
  • 2008年4月~2008年9月 24:30~25:00

出演編集

  • 石田剛太(ヨーロッパ企画)
  • 上田誠(ヨーロッパ企画)
  • 諏訪雅(ヨーロッパ企画)
  • 倉本美津留(月1度出演)

番組内容編集

  • ヨコハマのコーナー
ブルー・ライト・ヨコハマ」の冒頭、「街の明かりがとてもきれいなヨコハマ」のヨコハマだけ残し斜字体の部分を替え歌にして情緒を味わう。
  • 童謡の続き
古くから歌い継がれている「童謡」の、続きを作る。音源を送るか「つづきの歌詞」を書いて送る。
  • ウソの会
身近な人に嘘をついて退屈な日常に対してフックをかけるコーナー。やりとりの内容をMD等に録音して送る。
  • M-1への道
ヨーロッパ企画のメンバーが任意に漫才コンビを組み、M-1グランプリ優勝を目指し、検討していく。
  • ラジカセサミット
ラジカセに集まる中高生のようにCDの面白い箇所を探すコーナー。
  • 群読
リスナーに机で埃をかぶっている文章を探し出してもらいヨーロッパ企画のメンバーの群読により蘇らせるコーナー。
  • 魁!黒木塾
ヨーロッパ企画の黒木正浩がリスナーのお悩みに答える。なお、このコーナーはお悩みが来なくなった時点で終了する。
  • 男の俳句
リスナーから送られた男らしい俳句に対して黒木が返句を行う。カメラ付携帯電話でシチュエーションの写真を撮り俳句をつけて送る。送られた俳句はボツも含め、[1]に掲載する。
  • 不思議バインダー
偶然以上心霊未満の出来事を募集。
  • もてもて団
期間限定企画。男性リスナーには団員になってもらい、女性にもてるための「作戦」を募る。ヨーロッパ企画のメンバーも作戦を提案する。女性リスナーからはコメントを募る。
  • MSXナイト
上田が中学生のころにはまっていたMSXでの作曲をもう一度試したことから始まった企画。メンバーにMSXによる音源を作成して持ち寄ってもらい、披露する。

外部リンク編集