メインメニューを開く
2012年のFIA 世界耐久選手権
前年: 2011 翌年: 2013

2012年のFIA 世界耐久選手権は、国際自動車連盟 (FIA) とフランス西部自動車クラブ (ACO) が共同で開催したFIA 世界耐久選手権 (WEC) の第1回大会である。シリーズは2010年から11年にかけてACOによって開催されたインターコンチネンタル・ル・マン・カップの後継シリーズと言える[1]1992年スポーツカー世界選手権終焉以来20年ぶりに復活した耐久レースの世界選手権。シリーズはル・マン・プロトタイプおよびグランド・ツアラー車両の4カテゴリーで争われる。2012年3月17日セブリング12時間で開幕し、10月28日上海6時間で閉幕するまで、全8戦で争われた。

目次

開催スケジュール編集

当初のカレンダーは2011年11月12日に発表され、4大陸8カ国の8レースで構成された[2]。セブリング、スパ・フランコルシャン、ルマン、およびシルバーストンが2011年のインターコンチネンタル・ル・マン・カップから引き続いて開催され、中国ラウンドは未定ではあったが珠海国際サーキット上海インターナショナルサーキットのいずれかで開催されることになっていた[3]。3つの新しいレースがインテルラゴス・サーキットバーレーン・インターナショナル・サーキット富士スピードウェイで開催され、プチ・ル・マンに代わるラウンドとなった[4]。12月7日には改訂カレンダーが発表され、バーレーンと富士の開催順が変更となり[5]、2月2日にACOは最終戦の上海が10月27日に開催されると確認した[6]。全てのレースは時間制限レースとなった。セブリング12時間レースはエントラントの半数がアメリカン・ル・マン・シリーズからとなるが、ポイントは世界選手権にカウントされない。

ラウンド レース サーキット 開催地 開催日
1 セブリング12時間レース   セブリング・インターナショナル・レースウェイ アメリカ合衆国フロリダ州セブリング 3月17日
2 スパ・フランコルシャン6時間レース   スパ・フランコルシャン ベルギースパ 5月5日
3 ル・マン24時間レース   サルト・サーキット フランスル・マン 6月16日-17日
4 シルバーストン6時間レース   シルバーストン・サーキット イギリスシルバーストン 8月26日
5 サンパウロ6時間レース   インテルラゴス・サーキット ブラジルサンパウロ 9月15日
6 バーレーン6時間レース   バーレーン・インターナショナル・サーキット バーレーンサヒール 9月29日
7 富士6時間レース   富士スピードウェイ 日本, 静岡県駿東郡小山町 10月14日
8 上海6時間レース   上海インターナショナルサーキット 中国上海 10月28日

エントリー編集

世界耐久選手権はLe Mans Prototype 1 (LMP1) 、Le Mans Prototype 2 (LMP2) 、Le Mans Grand Touring Endurance - Professional (LMGTE Pro) 、Le Mans Grand Touring Endurance - Amateur (LMGTE Am) の4クラスから成る。2012年のエントリーリストはフランス西部自動車クラブが2月2日に発表し、それぞれ9台のLMP1、LMP2車両、5台のLMGTE Pro、7台のLMGTE Amがエントリーし、30台のフルグリッドが埋まった[7]。フルシーズンエントリーチームからの追加エントリーは、1チームに付き最大3台まで許可される。

LMP1編集

チーム 車両 エンジン タイヤ No. ドライバー ラウンド
  アウディ・スポーツチーム・ヨースト[8] アウディ・R18 TDI[9]
アウディ・R18 ウルトラ
アウディ・R18 e-tron クアトロ[7]
アウディ TDI 3.7 L Turbo V6(ディーゼル
アウディ TDI 3.7 L Turbo V6(ディーゼル
アウディ TDI 3.7 L Turbo V6(ハイブリッドディーゼル)
M 1   アンドレ・ロッテラー[7] 全戦
  ブノワ・トレルイエ[10] 全戦
  マルセル・フェスラー[10] 全戦
2   アラン・マクニッシュ[7] 全戦
  トム・クリステンセン[10] 全戦
  ディンド・カペッロ[10] 1–3
  ルーカス・ディ・グラッシ[11] 5
3   ティモ・ベルンハルト[10] 1
  マルク・ジェネ[12] 2–3
  ロマン・デュマ[10] 1–3
  ロイック・デュバル[13] 1–3
  トヨタ・レーシング[14] トヨタ・TS030 HYBRID[15] トヨタ 3.4 L V8 (ハイブリッド)[15] M 7   ニコラ・ラピエール[14] 3–8
  アレクサンダー・ヴルツ[14] 3–8
  中嶋一貴[14] 3–4, 7
8   アンソニー・デビッドソン[16] 3
  セバスチャン・ブエミ[16] 3
  ステファン・サラザン[17] 3
  レベリオン・レーシング[18] ローラ・B11/60
ローラ・B12/60[18]
トヨタ RV8KLM 3.4 L V8
トヨタ RV8KLM 3.4 L V8[18]
M 12   ニール・ジャニ[18] 全戦
  ニコラ・プロスト[18] 全戦
  ニック・ハイドフェルド[19] 1–3
13   アンドレア・ベリッチ[18] 全戦
  ハロルド・プリマ[18] 全戦
  ジェロエン・ブリークモレン[20] 1, 3
  程叢夫[21] 8
  オーク・レーシング OAK ペスカロロ・01 ジャッド DB 3.4 L V8
ホンダ LM-V8 3.4 L V8[22]
D 15   ドミニク・クライハマー[23] 1–3, 7–8
  ベルトラン・バゲット[24] 1–3, 7–8
  ギョーム・モロー[7] 1–2
  フランク・モンタニー[25] 3
  佐藤琢磨[26] 7–8
  ペスカロロ・チーム ペスカロロ・01[27]
ペスカロロ・03[7]
ジャッド GV5 S2 5.0 L V10
ジャッド DB 3.4 L V8
M 16   ジャン=クリストフ・ブイヨン[28] 1, 3
  エマニュエル・コラール[28] 1, 3
  ジュリアン・ジュス[28] 1
  スチュワート・ホール[29] 3
童夢 S102.5[30] ジャッド DB 3.4 L V8 17   セバスチャン・ボーデ[30] 2–3
  ニコラ・ミナシアン[30] 2–3
  荒聖治[31] 3
  ストラッカ・レーシング[32] HPD ARX-03a ホンダ LM-V8 3.4 L V8 M 21   ジョニー・ケーン[32] 全戦
  ニック・レヴェンティス[32] 全戦
  ダニー・ワッツ[32] 全戦
  JRM[33] HPD ARX-03a ホンダ LM-V8 3.4 L V8 M 22   デヴィッド・ブラバム[34] 全戦
  カルン・チャンドック[34] 全戦
  ピーター・ダンブレック[34] 全戦
凡例
フルエントリー
* 全ての選手権ポイントに有効
追加エントリー
* ドライバーズ選手権ポイントのみ有効
サードマニファクチャラーエントリー
* ドライバーズ選手権ポイントのみ有効
* ル・マンでの LMP1 マニファクチャラーズ選手権ポイントのみ有効

LMP2編集

チーム 車両 エンジン タイヤ No. ドライバー ラウンド
  シグナテック-ニッサン[35] オレカ・03 ニッサン VK45DE 4.5 L V8 D 23   オリビエ・ロンバール[35] 全戦
  フランク・マイルー[35] 全戦
  ジョルダン・トレッソン[35] 全戦
26   ピエール・ラグ[30] 2–8
  ネルソン・パンシアティッシ[30] 2–8
  ロマン・ルシノフ[36] 2–8
  オーク・レーシング[37] モーガン・LMP2 ジャッド HK 3.6 L V8
ニッサン VK45DE 4.5 L V8
D 24   ジャック・ニコレ[7] 全戦
  オリビエ・プラ[24] 全戦
  マシュー・ラハイエ[24] 全戦
35   デイヴィッド・ハイネマイヤー・ハンソン[30] 2–4
  バス・レインダース[38] 2–3
  マキシム・マーティン[38] 3
  ベルトラン・バゲット[39] 4–6
  ドミニク・クライハマー[39] 4–6
  アレックス・ブランドル[40] 5–6
  ADR-デルタ[41] オレカ・03[41] ニッサン VK45DE 4.5 L V8 D 25   トア・グリーヴス[41] 全戦
  ジョン・マーティン[41] 全戦
  ロビー・カー[41] 1–2
  ヤン・チャロウズ[42] 3–5
  中野信治[43] 7
  マティアス・ベシェ[44] 8
  ガルフ・レーシング・ミドルイースト[45] ローラ・B12/80[45] ニッサン VK45DE 4.5 L V8 D 28   ファビアン・ジロワ[45] 1–3
  マキシム・ジュス[46] 1–2
  ステファン・ヨハンソン[47] 1–3
  ルドヴィク・バディ[48] 3
29   フレデリック・ファティエン[45] 1–2
  井原慶子[49] 全戦
  ジャン=デニ・デルトラズ[50] 全戦
  マルク・ロスタン[29] 3
  ファビアン・ジロワ[51] 4–8
  ロータス[52] ローラ・B12/80[52] ロータス (ジャッド) 3.6 L V8 D 31   トーマス・ホルツァー[7] 全戦
  ミルコ・シュティス[10] 1–5, 7–8
  ルカ・モロ[53] 1, 3, 5–6
  レンガー・ファン・デル・ザンデ[54] 2
  クリスチャン・アルバース[55] 4
32   ルカ・モロ[30] 2
  ケヴィン・ウィーダ[30] 2, 4–8
  ジェームズ・ロシター[56] 2, 4–8
  ヴィタントニオ・リウッツィ[39] 4–7
  ヤン・チャロウズ[57] 8
  グリーヴス・モータースポーツ[58] ザイテック・Z11SN ニッサン VK45DE 4.5 L V8 D 41   エルトン・ジュリアン[58] 全戦
  クリスチャン・ズゲル[58] 全戦
  リカルド・ゴンザレス[58] 1–4, 6–8
  ロベルト・ゴンザレス[59] 5
42   アレックス・ブランドル[60] 3–4
  マーティン・ブランドル[60] 3–4
  ルーカス・オルドネス[60] 3–4
  スターワークス・モータースポーツ[61] HPD ARX-03b ホンダ HR28TT 2.8 L Turbo V6 D 44   エンツォ・ポトリッチオ[61] 全戦
  ライアン・ダルジール[61] 1–5, 7–8
  ステファン・サラザン[62] 1–2, 4–8
  トム・キンバー=スミス[63] 3, 6
  ペコム・レーシング[64] オレカ・03[65] ニッサン VK45DE 4.5 L V8 D 49   ピエール・カッファー[65] 全戦
  ルイス・ペレス・コンパンク[65] 全戦
  ソヘイル・アヤリ[65] 1–4
  ニコラ・ミナシアン[66] 5–8

LMGTE Pro編集

チーム 車両 エンジン タイヤ No. ドライバー ラウンド
  AFコルセ[67] フェラーリ・F458 GTC フェラーリ F142 4.5L V8 M 51   ジャンマリア・ブルーニ[67] 1–5, 7–8
  ジャンカルロ・フィジケラ[67] 全戦
  トニ・ヴィランダー[68] 1, 3, 6
71   アンドレア・ベルトリーニ[67] 全戦
  オリビエ・ベレッタ[10] 全戦
  マルコ・チオーチ[69] 1, 3
  ラグジュアリー・レーシング フェラーリ・F458 GTC フェラーリ F142 4.5L V8 M 59   フレデリック・マコヴィッキィ[7] 1–3
  ハイメ・メロ[70] 1–3
  ジャン=カール・ヴェルネイ[70] 1
  ドミニク・ファーンバッハー[71] 3
  チーム・フェルバーマイヤー・プロトン[72] ポルシェ・997 GT3-RSR ポルシェ 4.0 L Flat-6 M 77   マルク・リープ[72] 全戦
  リヒャルト・リーツ[72] 全戦
  パトリック・ピレ[73] 1
  ヴォルフ・ヘンツラー[73] 3
  アストンマーティン・レーシング アストンマーティン・ヴァンテージ GTE アストンマーティン 4.5 L V8 M 97   シュテファン・ミュッケ[7] 全戦
  ダレン・ターナー[10] 全戦
  エイドリアン・フェルナンデス[10] 1–4

LMGTE Am編集

チーム 車両 エンジン タイヤ No. ドライバー ラウンド
  ラルブル・コンペティション[74] シボレー・コルベット C6.R シボレー 5.5 L V8 M 50   パトリック・ボーンハウザー[7] 全戦
  ジュリアン・カナル[74] 全戦
  ペドロ・ラミー[10] 1, 3, 7–8
  フェルナンド・リーズ[75] 2, 4–6
70   ジャン=フィリップ・ベロク[74] 全戦
  クリストフ・ブーレ[74] 全戦
  パスカル・ギボン[74] 全戦
  JWA-アヴィラ ポルシェ・997 GT3-RSR ポルシェ 4.0 L Flat-6 P


M

55   ジョエル・カマティアス[68] 全戦
  マルクス・パルタッラ[10] 1–5
  ビル・ビニー[68] 1
  ポール・ダニエルズ[30] 2–8
  ベニー・シモンゼン[76] 6
  小林賢二[77] 7
  マット・ベル[78] 8
  クローン・レーシング[79] フェラーリ・F458 GTC[79] フェラーリ F142 4.5L V8[79] D


M

57   ニクラス・ジョンソン[79] 全戦
  トレーシー・クローン[79] 全戦
  ミケーレ・ルゴロ[79] 全戦
  ラグジュアリー・レーシング フェラーリ・F458 GTC フェラーリ F142 4.5L V8 M 58   ピエール・エレット[7] 1–3
  ドミニク・ファーンバッハー[80] 1
  フランソワ・ジャクボウスキ[10] 1
  グンナー・ジャネット[81] 2–3
  フランキー・モンテカルボ[81] 2–3
  AFコルセ-ウォルトリップ[67]
  AFコルセ
フェラーリ・F458 GTC フェラーリ F142 4.5L V8 M 61   ルイ・アグアス[67] 1–2, 6, 8
  ロバート・カウフマン[67] 1–3, 6, 8
  マイケル・ウォルトリップ[67] 1
  ブライアン・ヴィッカーズ[30] 2–3, 6
  ピエルジュゼッペ・パラジーニ[39] 4
  マット・グリフィン[39] 4
  マルコ・チオーチ[39] 4, 8
  フランシスコ・ロンゴ[82] 5
  ザンディ・ネグラオ[82] 5
  エンリケ・ベルノルディ[82] 5
81   ピエルジュゼッペ・パラジーニ[30] 2–3
  マット・グリフィン[30] 2–3
  マルコ・チオーチ[30] 2
  ニキ・カデイ[83] 3
  チーム・フェルバーマイヤー・プロトン[72] ポルシェ・997 GT3-RSR ポルシェ 4.0 L Flat-6 M 88   クリスチャン・リード[72] 全戦
  ジャンルカ・ロダ[72] 全戦
  パオロ・ルベルティ[73] 全戦

結果およびランキング編集

レース結果編集

世界耐久選手権にエントリーした上位ドライバーを以下に記載する。選手権ドライバーよりも上位でフィニッシュした招待エントリードライバーは個々のレースの項目を参照のこと。

ラウンド サーキット ポールポジション 総合優勝者 LMP2 優勝者 LMGTE Pro 優勝者 LMGTE Am 優勝者 出走 詳細
1 セブリング   No. 1 アウディ・スポーツチーム・ヨースト   No. 2 アウディ・スポーツチーム・ヨースト   No. 44 スターワークス・モータースポーツ   No. 71 AFコルセ   No. 88 チーム・フェルバーマイヤー・プロトン 63台
レポート


1分45秒820 / アウディ・R18
  アラン・マクニッシュ
  トム・クリステンセン
  リナルド・カペッロ
325周 / アウディ・R18
  ライアン・ダルジール
  エンツォ・ポトリッチオ
  ステファン・サラザン
  アンドレア・ベルトリーニ
  マルコ・チオーチ
  オリビエ・ベレッタ
  クリスチャン・リード
  パオロ・ルベルティ
  ジャンルカ・ロダ
2 スパ・フランコルシャン   No. 2 アウディ・スポーツチーム・ヨースト   No. 3 アウディ・スポーツチーム・ヨースト   No. 25 ADR-デルタ   No. 77 チーム・フェルバーマイヤー・プロトン   No. 88 チーム・フェルバーマイヤー・プロトン  41台
レポート
 アラン・マクニッシュ

2分01秒579 / アウディ・R18e-tronクアトロ
  ロマン・デュマ
  ロイック・デュバル
  マルク・ジェネ
160周 / アウディ・R18ウルトラ
  ジョン・マーティン
  ロビー・カー
  トー・グラーブ
  マルク・リープ
  リヒャルト・リーツ
  クリスチャン・リード
  ジャンルカ・ロダ
  パオロ・ルベルティ
3 ル・マン   No. 1 アウディ・スポーツチーム・ヨースト   No. 1 アウディ・スポーツチーム・ヨースト   No. 44 スターワークス・モータースポーツ   No. 51 AFコルセ   No. 50 ラルブル・コンペティション  56台
レポート
  アンドレ・ロッテラー

3分23秒787 / アウディ・R18e-tronクアトロ
  マルセル・フェスラー
  ブノワ・トレルイエ
  アンドレ・ロッテラー
378周 /
アウディ・R18e-tronクアトロ
  ライアン・ダルジール
  エンツォ・ポトリッチオ
  トム・キンバー=スミス
  ジャンマリア・ブルーニ
  ジャンカルロ・フィジケラ
  トニ・ヴィランダー
  パトリック・ボーンハウザー
  ジュリアン・カナル
  ペドロ・ラミー
4 シルバーストン   No. 1 アウディ・スポーツチーム・ヨースト   No. 1 アウディ・スポーツチーム・ヨースト   No. 25 ADR-デルタ   No. 51 AFコルセ   No. 61 AFコルセ-ウォルトリップ  35台
レポート
 ブノワ・トレルイエ

1分43秒663 / アウディ・R18e-tronクアトロ
  マルセル・フェスラー
  ブノワ・トレルイエ
  アンドレ・ロッテラー
194周 / アウディ・R18e-tronクアトロ
  ヤン・チャロウズ
  トー・グラーブ
  ジョン・マーティン
  ジャンカルロ・フィジケラ
  ジャンマリア・ブルーニ
  ピエルジュゼッペ・パラジーニ
  マルコ・チオーチ
  マット・グリフィン
5 インテルラゴス   No. 7 トヨタ・レーシング   No. 7 トヨタ・レーシング   No. 44 スターワークス・モータースポーツ   No. 51 AFコルセ   No. 88 チーム・フェルバーマイヤー・プロトン  28台
レポート
  アレクサンダー・ヴルツ

1分22秒363 / トヨタ・TS030 HYBRID
  アレクサンダー・ヴルツ
  ニコラ・ラピエール
247周 / トヨタ・TS030 HYBRID
  ライアン・ダルジール
  エンツォ・ポトリッチオ
  ステファン・サラザン
  ジャンカルロ・フィジケラ
  ジャンマリア・ブルーニ
  クリスチャン・リード
  ジャンルカ・ロダ
  パオロ・ルベルティ
6 バーレーン   No. 2 アウディ・スポーツチーム・ヨースト   No. 1 アウディ・スポーツチーム・ヨースト   No. 49 ペコム・レーシング   No. 51 AFコルセ   No. 88 チーム・フェルバーマイヤー・プロトン  28台
レポート
 アラン・マクニッシュ

1分47秒639 / アウディ・R18e-tronクアトロ
  マルセル・フェスラー
  ブノワ・トレルイエ
  アンドレ・ロッテラー
191周 / アウディ・R18e-tronクアトロ
  ルイス・ペレス・コンパンク
  ニコラ・ミナシアン
  ピエール・カッファー
  ジャンカルロ・フィジケラ
  トニ・ヴィランダー
  クリスチャン・リード
  ジャンルカ・ロダ
  パオロ・ルベルティ
7 富士   No. 7 トヨタ・レーシング   No. 7 トヨタ・レーシング   No. 25 ADR-デルタ   No. 77 チーム・フェルバーマイヤー・プロトン   No. 50 ラルブル・コンペティション  27台
レポート
 中嶋一貴

1分27秒499 / トヨタ・TS030 HYBRID
  アレクサンダー・ヴルツ
  ニコラ・ラピエール
  中嶋一貴
233周 / トヨタ・TS030 HYBRID
  トー・グラーブ
  ジョン・マーティン
  中野信治
  マルク・リープ
  リヒャルト・リーツ
  パトリック・ボーンハウザー
  ジュリアン・カナル
  ペドロ・ラミー
8 上海   No. 7 トヨタ・レーシング   No. 7 トヨタ・レーシング   No. 25 ADR-デルタ   No.97 アストンマーティン・レーシング   No. 50 ラルブル・コンペティション  28台
レポート
  アレクサンダー・ヴルツ

1分48秒273 / トヨタ・TS030 HYBRID
  アレクサンダー・ヴルツ
  ニコラ・ラピエール
191周 / トヨタ・TS030 HYBRID
  トー・グラーブ
  ジョン・マーティン
  マティアス・ベシェ
  シュテファン・ミュッケ
  ダレン・ターナー
  パトリック・ボーンハウザー
  ジュリアン・カナル
  ペドロ・ラミー

選手権ランキング編集

選手権ポイントを獲得するには優勝者の走行距離の70%以上を走行しなければならない。各カテゴリーのポールポジション獲得ドライバーおよびチームにはボーナスポイント1が与えられる。ル・マン24時間レースでは全てのポイントが2倍になる。

ポイントシステム[84]
順位 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位 その他
ポイント 25 18 15 12 10 8 6 4 2 1 0.5

ドライバーズ・ランキング編集

アンドレ・ロッテラーブノワ・トレルイエマルセル・フェスラー上海6時間レースでタイトルを決定した。彼らは3勝を挙げ、その中にはアウディ・スポーツチーム・ヨースト1番車でのル・マン24時間レースの勝利も含まれる。

順位 ドライバー チーム SEB
 
SPA
 
LMS
 
SIL
 
SAO
 
BHR
 
FUJ
 
SHA
 
ポイント
1=   アンドレ・ロッテラー   アウディ・スポーツチーム・ヨースト 11 2 1 1 2 1 2 3 172.5
1=   ブノワ・トレルイエ   アウディ・スポーツチーム・ヨースト 11 2 1 1 2 1 2 3 172.5
1=   マルセル・フェスラー   アウディ・スポーツチーム・ヨースト 11 2 1 1 2 1 2 3 172.5
2=   アラン・マクニッシュ   アウディ・スポーツチーム・ヨースト 1 3 2 3 3 2 3 2 159
2=   トム・クリステンセン   アウディ・スポーツチーム・ヨースト 1 3 2 3 3 2 3 2 159
3=   アレクサンダー・ヴルツ   トヨタ・レーシング Ret 2 1 Ret 1 1 96
3=   ニコラ・ラピエール   トヨタ・レーシング Ret 2 1 Ret 1 1 96
4=   ニコラ・プロスト   レベリオン・レーシング 17 4 3 6 4 4 4 Ret 86.5
4=   ニール・ジャニ   レベリオン・レーシング 17 4 3 6 4 4 4 Ret 86.5
5   リナルド・カペッロ   アウディ・スポーツチーム・ヨースト 1 3 2 77
6=   ロマン・デュマ   アウディ・スポーツチーム・ヨースト 2 1 4 67
6=   ロイック・デュバル   アウディ・スポーツチーム・ヨースト 2 1 4 67
7=   ニック・レヴェンティス   ストラッカ・レーシング 8 6 22 5 5 3 6 6 64
7=   ジョニー・ケーン   ストラッカ・レーシング 8 6 22 5 5 3 6 6 64
7=   ダニー・ワッツ   ストラッカ・レーシング 8 6 22 5 5 3 6 6 64
8=   アロルド・プリマー   レベリオン・レーシング 19 5 9 4 6 5 7 4 62.5
8=   アンドレア・ベリッチ   レベリオン・レーシング 19 5 9 4 6 5 7 4 62.5
9   エンツォ・ポトリッチオ   スターワークス・モータースポーツ 3 29 6 9 7 8 9 8 53.5
10=   ピーター・ダンブレック   JRM 12 9 5 7 9 Ret 5 5 50.5
10=   デヴィッド・ブラバム   JRM 12 9 5 7 9 Ret 5 5 50.5
10=   カルン・チャンドック   JRM 12 9 5 7 9 Ret 5 5 50.5
11   マルク・ジェネ   アウディ・スポーツチーム・ヨースト 1 4 49
12   ライアン・ダルジール   スターワークス・モータースポーツ 3 29 6 9 7 9 8 48.5
13   中嶋一貴   トヨタ・レーシング Ret 2 1 44
14   ニック・ハイドフェルド   レベリオン・レーシング 17 4 3 42.5
15   ステファン・サラザン   スターワークス・モータースポーツ 3 29 9 7 8 9 8 37.5
  トヨタ・レーシング Ret
16=   ピエール・カッファー   ペコム・レーシング 6 20 7 11 8 6 11 10 34.5
16=   ルイス・ペレス・コンパンク   ペコム・レーシング 6 20 7 11 8 6 11 10 34.5
17=   トー・グラーブ   ADR-デルタ 9 7 11 8 12 20 8 7 26
17=   ジョン・マーティン   ADR-デルタ 9 7 11 8 12 20 8 7 26
18   ソヘイル・アヤリ   ペコム・レーシング 6 20 7 11 21
19   トム・キンバー=スミス   スターワークス・モータースポーツ 6 8 21
20=   オリビエ・プラ   オーク・レーシング 4 13 Ret 13 10 11 10 9 18.5
20=   ジャック・ニコレ   オーク・レーシング 4 13 Ret 13 10 11 10 9 18.5
21   ティモ・ベルンハルト   アウディ・スポーツチーム・ヨースト 2 18
22   ルーカス・ディ・グラッシ   アウディ・スポーツチーム・ヨースト 3 15
23   ニコラ・ミナシアン   ペスカロロ・チーム 11 NC 14
  ペコム・レーシング 8 6 11 10
24   程叢夫   レベリオン・レーシング 4 12
25=   ピエール・ラグ   シグナテック-ニッサン 25 8 10 14 10 EX 13 11.5
25=   ネルソン・パンシアティッシ   シグナテック-ニッサン 25 8 10 14 10 EX 13 11.5
25=   ロマン・ルシノフ   シグナテック-ニッサン 25 8 10 14 10 EX 13 11.5
26=   エルトン・ジュリアン   グリーヴス・モータースポーツ 7 12 10 17 11 12 14 15 11
26=   クリスチャン・ズゲル   グリーヴス・モータースポーツ 7 12 10 17 11 12 14 15 11
27   リカルド・ゴンザレス   グリーヴス・モータースポーツ 7 12 10 17 12 14 15 10.5
28=   エマニュエル・コラール   ペスカロロ・チーム 5 Ret 10
28=   ジャン=クリストフ・ブイヨン   ペスカロロ・チーム 5 DNS 10
28=   ジュリアン・ジュス   ペスカロロ・チーム 5 10
29   ロビー・カー   ADR-デルタ 9 7 9
30=   オリビエ・ロンバール   シグナテック-ニッサン Ret 28 14 Ret Ret 7 15 11 8.5
30=   ジョルダン・トレッソン   シグナテック-ニッサン Ret 28 14 Ret Ret 7 15 11 8.5
31   フランク・マイルー   シグナテック-ニッサン Ret 28 14 Ret Ret 7 15 11 8
32   ヤン・チャロウズ   ADR-デルタ 11 8 12 7.5
  ロータス Ret
33=   ダレン・ターナー   アストンマーティン・レーシング 18 Ret 17 19 17 14 19 16 7
33=   シュテファン・ミュッケ   アストンマーティン・レーシング 18 Ret 17 19 17 14 19 16 7
34   マシュー・ラハイエ   オーク・レーシング 4 13 Ret 13 10 11 10 9 6.5
35   マティアス・ベシェ   ADR-デルタ 7 6
36   デヴィッド・ハイネマイヤー・ハンソン   オーク・レーシング 8 12 14 5.5
37=   マルク・リープ   チーム・フェルバーマイヤー・プロトン 14 14 Ret 23 18 15 17 17 5.5
37=   リヒャルト・リーツ   チーム・フェルバーマイヤー・プロトン 14 14 Ret 23 18 15 17 17 5.5
38=   パオロ・ルベルティ   チーム・フェルバーマイヤー・プロトン 15 19 Ret 21 20 17 23 20 5.5
38=   ジャンルカ・ロダ   チーム・フェルバーマイヤー・プロトン 15 19 Ret 21 20 17 23 20 5.5
38=   クリスチャン・リード   チーム・フェルバーマイヤー・プロトン 15 19 Ret 21 20 17 23 20 5.5
39   バス・レインダース   オーク・レーシング 8 12 5
40=   ジャン=フィリップ・ベロク   ラルブル・コンペティション 16 Ret 21 25 21 22 24 23 5
40=   パスカル・ギボン   ラルブル・コンペティション 16 21 25 21 22 24 23 5
順位 ドライバー チーム SEB
 
SPA
 
LMS
 
SIL
 
SAO
 
BHR
 
FUJ
 
SHA
 
ポイント
結果
金色 優勝
銀色 2位
銅色 3位
ポイント圏内完走
青灰色 ポイント圏外完走
周回数不足 (NC)
リタイヤ (Ret)
予選不通過 (DNQ)
予備予選不通過 (DNPQ)
失格 (DSQ)
スタートせず (DNS)
エントリーせず (WD)
レースキャンセル (C)
空欄 欠場
出場停止処分 (EX)

太字 - 各カテゴリのポールポジション

注:
  • † - ランキングにカウントされたが、レースにおいて必要最小限の時間ドライブしなかったためポイントを獲得しなかったドライバー。

マニファクチャラーズ・ランキング編集

LMP1のマニファクチャラーズ・タイトルは同カテゴリーにフルシーズンエントリーするマニファクチャラーにのみ与えられる。ポイントはイベントごとに各マニファクチャラーの最上位の車にのみ与えられる。さらに、全8戦中6戦のみがカウントされる。これはル・マンに加えてベスト5戦である[85]。アウディはシーズン前半に4連勝し、シルバーストンでタイトルを確定した[86]

順位 マニファクチャラー SEB
 
SPA
 
LMS
 
SIL
 
SAO
 
BHR
 
FUJ
 
SHA
 
ポイント
1   アウディ 1 1 1 1 2 1 2 2 173 (209)
2   トヨタ Ret 2 1 Ret 1 1 96

マニファクチャラーズ・ワールドカップ編集

LMGTEのマニファクチャラーズ・ワールドカップはアマ、プロ両カテゴリーにフルシーズンエントリーするマニファクチャラーにのみ与えられる。プロおよびアマの結果はカップに関して併せて計算される[84]。イベントごとに各マニファクチャラーの上位2台に対してポイントが与えられた。フェラーリは5勝を挙げ、 バーレーンでタイトルを確定した[87]

順位 マニファクチャラー SEB
 
SPA
 
LMS
 
SIL
 
SAO
 
BHR
 
FUJ
 
SHA
 
ポイント
1   フェラーリ 1 2 1 1 1 1 2 2 338
6 3 2 2 3 3 3 5
2   ポルシェ 2 1 8 3 2 2 1 1 233
3 5 Ret 5 4 4 6 4
3   シボレー・コルベット 4 6 3 6 5 7 4 3 143
5 Ret 6 EX EX 8 7 7

LMP1トロフィー編集

LMP1トロフィーは同クラスにフルシーズンエントリーするプライベイターに与えられる[84]。それぞれのイベントごとに各プライベイター最上位の車にポイントが与えられた。レベリオン・レーシングは7勝を挙げ、富士でタイトルを確定した。

順位 チーム SEB
 
SPA
 
LMS
 
SIL
 
SAO
 
BHR
 
FUJ
 
SHA
 
ポイント
1   レベリオン・レーシング 4 1 1 1 1 2 1 1 205
2   ストラッカ・レーシング 2 3 4 2 2 1 3 3 148
3   JRM 3 4 2 4 4 Ret 2 2 123
4   オーク・レーシング 6 Ret Ret 5 4 30
5   ペスカロロ・チーム 1 Ret 25

LMP2トロフィー編集

スターワークス・モータースポーツは3勝、4ポールポジションという成績で富士でタイトルを確定した。

順位 チーム SEB
 
SPA
 
LMS
 
SIL
 
SAO
 
BHR
 
FUJ
 
SHA
 
ポイント
1   スターワークス・モータースポーツ 1 8 1 2 1 3 2 2 177
2   ADR-デルタ 5 1 4 1 5 6 1 1 154
3   ペコム・レーシング 3 6 2 3 2 1 4 4 141
4   オーク・レーシング 2 4 Ret 4 3 4 3 3 100
5   グリーヴス・モータースポーツ 4 3 3 7 4 5 6 7 99
6   シグナテック-ニッサン Ret 7 5 Ret Ret 2 7 5 60
7   ガルフ・レーシング・ミドルイースト 7 2 Ret 5 7 Ret 5 Ret 44
8   ロータス 6 Ret Ret 6 6 Ret Ret 6 32

LMGTE Proトロフィー編集

AFコルセは5勝を挙げてバーレーンでタイトルを確定した。

順位 チーム SEB
 
SPA
 
LMS
 
SIL
 
SAO
 
BHR
 
FUJ
 
SHA
 
ポイント
1   AFコルセ 1 2 1 1 1 1 2 3 201
2   アストンマーティン・レーシング 3 Ret 3 2 2 2 3 1 142
3   チーム・フェルバーマイヤー・プロトン 2 1 Ret 3 3 3 1 2 133
4   ラグジュアリー・レーシング Ret 3 2 53

LMGTE Amトロフィー編集

ラルブル・コンペティションは3勝を挙げて上海でタイトルを獲得した。

順位 チーム SEB
 
SPA
 
LMS
 
SIL
 
SAO
 
BHR
 
FUJ
 
SHA
 
ポイント
1   ラルブル・コンペティション 2 2 1 4 2 4 1 1 179
2   チーム・フェルバーマイヤー・プロトン 1 1 Ret 2 1 1 3 2 153
3   クローン・レーシング 5 5 2 3 Ret 3 2 3 119
4   AFコルセ-ウォルトリップ 4 DNS 4 1 3 2 4 108
5   JWA-アヴィラ 6 4 5 5 4 6 5 6 88
6   ラグジュアリー・レーシング DNS 3 Ret 18

参照編集

  1. ^ ten Caat, Marcel (2011年6月3日). “FIA announces World Endurance Championship”. Planetlemans.com. 2011年11月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月12日閲覧。
  2. ^ Dagys, John (2011年11月12日). “LE MANS: 2012 WEC Schedule Released”. Speed Channel, Inc.. 2011年11月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月12日閲覧。
  3. ^ Dagys, John (2011年11月12日). “LE MANS: Zhuhai Notebook”. SPEED TV.com (SPEED TV). http://auto-racing.speedtv.com/article/le-mans-zhuhai-notebook/ 2011年11月13日閲覧。 
  4. ^ Watkins, Gary (2011年11月14日). “ALMS boss unhappy as Petit Le Mans is excluded from World Endurance Championship”. AutoWeek (Crain Communications). http://www.autoweek.com/article/20111114/ALMS/111119929 2012年1月12日閲覧。 
  5. ^ World Motor Sports Council 07/12/11”. fia.com. Federation Internationale de l'Automobile (2011年12月7日). 2011年12月7日閲覧。
  6. ^ Dagys, John (2012年2月2日). “LE MANS: Shanghai Confirmed As WEC Finale”. SPEEDTV.com (Speed). http://auto-racing.speedtv.com/article/le-mans-shanghai-confirmed-as-wec-finale/ 2012年2月4日閲覧。 
  7. ^ a b c d e f g h i j k l 2012 FIA World Endurance Championship - Full Season Entry List (PDF)”. LeMans.org. Automobile Club de l'Ouest. 2012年2月2日閲覧。
  8. ^ “Audi tests LMP1 sports car for 2012”. Audi (Volkswagen Group). (2011年12月17日). http://www.audi.com/com/brand/en/experience/motorsport/motorsport-news.detail.2011~12~audi_tests_lmp1_sports.html 2012年1月18日閲覧。 
  9. ^ Dagys, John (2012年2月11日). “LE MANS: Audi, Pescarolo to start WEC with 2011 cars”. speedtv.com. Speed Channel. 2012年2月13日閲覧。
  10. ^ a b c d e f g h i j k l m 2012 FIA World Endurance Championship - 12 Hours Of Sebring Provisional Entry List (PDF)”. LeMans.org. Automobile Club de l'Ouest. 2012年2月22日閲覧。
  11. ^ Strang, Simon (2012年8月22日). “Lucas di Grassi joins Audi line-up for Interlagos WEC round”. Autosport (Haymarket Publications). オリジナルの2012年8月22日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/6A6lPMC8k 2012年8月22日閲覧。 
  12. ^ Beer, Matt (2012年4月17日). “Audi signs former F1 driver Marc Gene as its reserve driver for Le Mans 24 Hours”. Autosport (Haymarket Publications). http://www.autosport.com/news/report.php/id/98933 2012年4月17日閲覧。 
  13. ^ Watkins, Gary (2012年2月29日). “Loic Duval joins Audi's Le Mans line-up”. Autosport (Haymarket Publications). http://www.autosport.com/news/report.php/id/97740 2012年2月29日閲覧。 
  14. ^ a b c d “Wurz among Toyota Le Mans line-up”. Yahoo! Eurosport (TF1 Group). (2012年1月8日). http://uk.eurosport.yahoo.com/08112011/58/le-mans-24-hour-wurz-among-toyota-le-mans-line.html 2012年1月12日閲覧。 
  15. ^ a b “Mulsanne's Corner News January/February 2012: 1.24.12”. Mulsanne's Corner (Michael J. Fuller). (2012年1月24日). http://www.mulsannescorner.com/newsjan12.html 2012年1月24日閲覧。 
  16. ^ a b Toyota Racing finalizes 2012 driver line-up”. planetlemans.com. Planet Le Mans (2012年2月10日). 2012年5月6日閲覧。
  17. ^ “Toyota drafts in Stephane Sarrazin for Le Mans 24 Hours”. Autosport.com (Haymarket Publications). (2012年5月26日). http://www.autosport.com/news/report.php/id/99871 2012年5月26日閲覧。 
  18. ^ a b c d e f g “Rebellion Racing Confirms FIA WEC Entry”. Planetlemans.com (Planetlemans). (2012年1月21日). http://www.planetlemans.com/2012/01/21/rebellion-racing-confirms-fia-wec-entry/ 2012年1月21日閲覧。 
  19. ^ “FORMER F1 DRIVER NICK HEIDFELD JOINS Rebellion Racing.”. rebellion-racing.com (Rebellion Racing). (2012年2月1日). http://rebellion-racing.com/120201.html 2012年2月1日閲覧。 
  20. ^ “Rebellion Racing sign Bleekemolen for Sebring and Le Mans”. Planetlemans.com (Planetlemans). (2012年1月31日). http://www.planetlemans.com/2012/01/31/rebellion-racing-sign-bleekemolen-for-sebring-and-le-mans/ 2012年1月31日閲覧。 
  21. ^ Mercier, Laurent (2012年10月7日). “Shanghai : Congfu Cheng renforce Rebellion Racing.” (French). endurance-info.com. Endurance-Info. 2012年10月7日閲覧。
  22. ^ OAK to use HPD power for return to LMP1”. Autosport.com. Haymarket Press (2012年8月24日). 2012年8月24日閲覧。
  23. ^ Mercier, Laurent (2012年1月23日). “Dominik Kraihamer rejoint la OAK-Pescarolo LMP1.” (French). endurance-info.com. Endurance-Info. 2012年2月3日閲覧。
  24. ^ a b c OAK Racing unveil World Endurance Championship driver line-ups”. oak-racing.com. OAK Racing (2012年2月28日). 2012年2月28日閲覧。
  25. ^ Elizalde, Pablo (2012年6月8日). “Franck Montagny replaces Guillaume Moreau for Le Mans 24 Hours”. Autosport (Haymarket Publications). http://www.autosport.com/news/report.php/id/100182 2012年6月8日閲覧。 
  26. ^ Watkins, Gary (2012年9月28日). “Takuma Sato joins OAK LMP1 line-up for Fuji and Shanghai WEC rounds”. Autosport.com. Haymarket Press. 2012年9月28日閲覧。
  27. ^ Mercier, Laurent (2012年2月9日). “12H Sebring : Un dernier baroud d'honneur pour la Pescarolo 01.” [A final symbolic gesture for the Pescarolo 01.] (French). endurance-info.com. Endurance-Info. 2012年2月10日閲覧。
  28. ^ a b c “Pescarolo Team 2012: un programme ambitieux! [Pescarolo Team 2012: an ambitious program!]” (French). Pescarolo Sport (MHP). (2012年2月2日). http://www.pescarolo.com/news.asp?news=169 2012年2月13日閲覧。 
  29. ^ a b Liste de concurrents, voitures invites aux verifications administratives et techniques”. lemans.org. Automobile Club de l'Ouest (2012年6月8日). 2012年6月10日閲覧。
  30. ^ a b c d e f g h i j k l m 2012 FIA World Endurance Championship WEC 6 Hours of Spa-Francorchamps Provisional Entry List (PDF)”. lemans.org. Federation Internationale de l'Automobile (2012年4月11日). 2012年4月11日閲覧。
  31. ^ Foubert, Claude (2012年2月23日). “Seiji Ara, troisieme pilote de la Dome/Pescarolo Team.” [Seiji Ara, third pilot for Dome/Pescarolo Team] (French). endurance-info.com. Endurance-Info. 2012年5月6日閲覧。
  32. ^ a b c d “Strakka aims for Privateer World Cup in 2012”. strakkaracing.com (Strakka Racing). (2011年10月26日). http://www.strakkaracing.com/article/publish/news/Strakka-aims-for-Privateer-World-Cup-in-2012.shtml 2012年1月12日閲覧。 
  33. ^ Watkins, Gary (2012年1月5日). “JRM Racing graduates to LMP1 for new World Endurance Championship”. Autosport (Haymarket Group). http://www.autosport.com/news/report.php/id/96891 2012年1月12日閲覧。 
  34. ^ a b c Elizalde, Pablo (2012年1月12日). “Karun Chandhok joins JRM Racing for World Endurance Championship in 2012”. Autosport (Haymarket Group). http://www.autosport.com/news/report.php/id/96967 2012年1月12日閲覧。 
  35. ^ a b c d O'Leary, Jamie (2012年2月13日). “Franck Mailleux stays with Signatech-Nissan squad for World Endurance Championship”. Autosport (Haymarket Publications). http://www.autosport.com/news/report.php/id/97512 2012年2月13日閲覧. "Having shared the car with Lucas Ordonez and Soheil Ayari in 2011, Mailleux will have two new co-drivers this year; Olivier Lombard, who took an LMP2 class win with the rival Greaves squad at last year's Le Mans 24 Hours, and Jordan Tresson, who moves up from the Blancpain Endurance Series." 
  36. ^ Mercier, Laurent (2012年4月18日). “Roman Rusinov derniere recrue chez Signatech-Nissan [Roman Rusinov last rookie in Signatech-Nissan]” (French). Endurance-Info (Infomaniak Network SA). http://www.endurance-info.com/version2/actualite-endurance-10321.html 2012年4月18日閲覧。 
  37. ^ Morgan Motor Company and OAK Racing join forces in endurance racing”. OAK Racing (2012年1月16日). 2012年2月1日閲覧。
  38. ^ a b Mercier, Laurent (2012年4月18日). “L'equipage de la Morgan 2012 LMP2 #35 affiche complet [The crew of the #35 LMP2 2012 Morgan sold out]” (French). Endurance-Info (Infomaniak Network SA). http://www.endurance-info.com/version2/actualite-endurance-10310.html 2012年4月18日閲覧。 
  39. ^ a b c d e f 2012 FIA World Endurance Championship - WEC 6 Hours of Silverstone - Provisional Entry List”. lemans.org. Federation Internationale de l'Automobile (2012年7月24日). 2012年7月24日閲覧。
  40. ^ Alex Brundle rejoins OAK Racing for the 6 Hours of Sao Paulo”. endurance-info.com. Endurance-Info (2012年9月6日). 2012年9月6日閲覧。
  41. ^ a b c d e “John Martin to make sportscar debut in WEC”. Speedcafe.com (Speedcafe). (2012年1月17日). http://www.speedcafe.com/2012/01/17/john-martin-to-make-sportscar-debut-in-wec/ 2012年1月17日閲覧。 
  42. ^ Mercier, Laurent (2012年6月7日). “Jan Charouz confirme sur la Oreca 03/ADR-Delta.” [Jan Charouz confirmed in the Oreca 03/ADR-Delta.] (French). endurance-info.com. Endurance-Info. 2012年6月7日閲覧。
  43. ^ Shinji Nakano to join ADR-Delta for Far Eastern races”. FIA World Endurance Championship (2012年9月28日). 2012年9月28日閲覧。
  44. ^ Mercier, Laurent (2012年10月7日). “Shanghai : Mathias Beche sur la Oreca 03/ADR-Delta” (French). endurance-info.com. Infomaniak Network SA. 7 October 2012閲覧。
  45. ^ a b c d “Gulf Racing announces two-car Lola LMP2 WEC effort”. Racer (Haymarket Publications). (2011年11月2日). http://www.racer.com/gulf-racing-announces-two-car-lola-lmp2-wec-effort/article/215855/ 2012年1月18日閲覧。 
  46. ^ “Maxime Jousse en LMP2 chez Gulf [Maxime Jousse in LMP2 at Gulf]” (French). AUTOhebdo (Groupe Hommell). (2012年2月23日). http://www.autohebdo.fr/endurance/wec/breve-27-40-21708/230212-wec-maxime-jousse-en-lmp2-chez-gulf 2012年2月24日閲覧。 
  47. ^ Mercier, Laurent (2012年3月7日). “J.Charouz et S.Johansson renforcent Gulf Racing Middle East [J.Charouz and S.Johansson strengthen Middle East Gulf Racing]” (French). Endurance-Info (Infomaniak Network SA). http://www.endurance-info.com/version2/actualite-endurance-9759.html 2012年3月7日閲覧。 
  48. ^ Mercier, Laurent (2012年6月2日). “Gulf Racing Middle East : Ludo Badey remplace Maxime Jousse [Gulf Racing Middle East : Ludo Badey replaces Maxime Jousse]” (French). Endurance-Info (Infomaniak Network SA). http://www.endurance-info.com/version2/actualite-endurance-11127.html 2012年6月2日閲覧。 
  49. ^ Dagys, John (2012年3月1日). “LE MANS: New Lola LMP2s Hit Track”. SpeedTV.com. Speed Channel. 2012年3月1日閲覧。
  50. ^ Mercier, Laurent (2012年3月14日). “Jean-Denis Deletraz chez Gulf Racing Middle East. [Jean-Denis Deletraz at Gulf Racing Middle East.]” (French). Endurance-Info (Infomaniak Network SA). http://www.endurance-info.com/version2/actualite-endurance-9830.html 2012年3月13日閲覧。 
  51. ^ Mercier, Laurent (2012年8月14日). “Silverstone : Une seule Lola pour le Gulf Racing Middle East.” [Silverstone: A single Lola for Gulf Racing Middle East] (French). endurance-info.com. Endurance-Info. 2012年8月14日閲覧。
  52. ^ a b Watkins, Gary (2012年1月31日). “Lotus to badge Kodewa's LMP2 World Endurance Championship programme”. Autosport.com (Haymarket Publications). http://www.autosport.com/news/report.php/id/97239 2012年1月31日閲覧。 
  53. ^ O'Leary, Jamie (2012年2月24日). “Thomas Holzer to drive Lotus-backed LMP2 Kodewa Lola in World Endurance Championship”. Autosport (Haymarket Publications). http://www.autosport.com/news/report.php/id/97675 2012年2月24日閲覧. "His co-drivers in the championship - which features the Le Mans 24 Hours - will be veteran Mirco Schultis, who took last year's LMPC title in the Le Mans Series, and Italian GT racer Luca Moro." 
  54. ^ Mercier, Laurent (2012年5月3日). “Spa : Toyota, Liuzzi, ASM et G-Drive au menu des breves” (French). Endurance-Info (Infomaniak Network SA). http://www.endurance-info.com/version2/actualite-endurance-10547.html 2012年5月4日閲覧。 
  55. ^ Mercier, Laurent (2012年8月24日). “Silverstone : Christijan Albers trouve refuge chez Lotus LMP2” (French). Endurance-Info (Infomaniak Network SA). http://www.endurance-info.com/version2/actualite-endurance-12728.html 2012年8月24日閲覧。 
  56. ^ O'Leary, Jamie (2012年4月13日). “James Rossiter gets World Endurance Championship chance as Lotus expands to second LMP2 entry”. Autosport (Haymarket Publications). http://www.autosport.com/news/report.php/id/98783 2012年4月13日閲覧。 
  57. ^ Mercier, Laurent (2012年10月25日). “Shanghai: Jan Charouz rejoint Lotus LMP2” [Shanghai: Jan Charouz joins Lotus LMP2] (French). endurance-info.com. Endurance-Info. 2012年10月25日閲覧。
  58. ^ a b c d Foubert, Claude (2012年1月6日). “Equipage confirme pour Greaves Motorsport en WEC [Greaves Motorsport crew confirmed for WEC]” (French). Endurance-Info (Infomaniak Network SA). http://www.endurance-info.com/version2/actualite-endurance-9200.html 2012年1月12日閲覧。 
  59. ^ Dagys, John (2012年9月14日). “LE MANS: Sao Paulo WEC Notebook”. SpeedTV.com. Speed Channel. 2012年9月14日閲覧。
  60. ^ a b c Greaves Motorsport confirms Lucas Ordonez for 2012”. planetlemans.com. Planet Le Mans (2012年2月3日). 2012年5月6日閲覧。
  61. ^ a b c Dagys, John (2012年2月2日). “LE MANS: Starworks Embarks On WEC Effort”. SpeedTV.com. Speed Channel. 2012年2月2日閲覧。
  62. ^ “Stephane Sarrazin gets Starworks World Endurance Championship LMP2 seat”. Autosport (Haymarket Publications). (2012年2月13日). http://www.autosport.com/news/report.php/id/97507 2012年2月13日閲覧。 
  63. ^ Dagys, John (2012年5月26日). “LE MANS: Kimber-Smith Replaces Sarrazin At Starworks For LM24”. SpeedTV.com (Speed Channel). http://auto-racing.speedtv.com/article/le-mans-kimber-smith-replaces-sarrazin-at-starworks-for-lm24/ 2012年5月26日閲覧。 
  64. ^ “AF Corse's Pecom Racing announces World Endurance Championship LMP2 programme”. Autosport (Haymarket Publications). (2011年12月19日). http://www.autosport.com/news/report.php/id/96792 2012年1月12日閲覧。 
  65. ^ a b c d Mercier, Laurent (2011年12月19日). “Pecom Racing pret a relever le defi mondial [Pecom Racing ready to meet the global challenge]” (French). Endurance-Info (Infomaniak Network SA). http://www.endurance-info.com/version2/actualite-endurance-9063.html 2012年1月12日閲覧。 
  66. ^ Mercier, Laurent (2012年9月6日). “Bahrain: Nicolias Minassian rejoint le Pecom Racing” [Bahrain: Nicolias Minassian rejoins Pecom Racing] (French). endurance-info.com. Endurance-Info. 2012年9月6日閲覧。
  67. ^ a b c d e f g h Dagys, John (2012年1月23日). “AF Corse, Felbermayr-Proton Confirm WEC Entries”. SpeedTV.com (Speed). http://auto-racing.speedtv.com/article/le-mans-af-corse-felbermayr-proton-confirm-wec-entries/ 2012年1月23日閲覧。 
  68. ^ a b c Dagys, John (2012年3月5日). “LE MANS: Sebring WEC Entry Updates”. SpeedTV.com. Speed Channel. 2012年3月5日閲覧。
  69. ^ 12H Sebring : Marco Cioci confirme chez AF Corse.”. Endurance-Info.com. Endurance-Info (2012年3月9日). 2012年3月9日閲覧。
  70. ^ a b Mercier, Laurent (2012年2月28日). “Jean-Karl Vernay et Jaime Melo rejoignent Luxury Racing” [Jean-Karl Vernay and Jaime Melo joined Luxury Racing] (French). endurance-info.com. Endurance-Info. 2012年2月28日閲覧。
  71. ^ Mercier, Laurent (2012年5月7日). “Luxury Racing remanie ses equipages pour Le Mans” [Luxury Racing reshuffles its crews for Le Mans] (French). endurance-info.com. Endurance-Info. 2012年5月7日閲覧。
  72. ^ a b c d e f “Felbermayr-Proton nimmt mit 2 Porsche 911 GT3 RSR an der FIA-WEC teil! [Felbermayr-Proton participates with two Porsche 911 GT3 RSR in the FIA WEC!]” (German). proton-competition.com (Proton competition). (2012年1月21日). http://www.proton-competition.com/article.ct?id=166&tmenu=home 2012年1月21日閲覧。 
  73. ^ a b c Mercier, Laurent (2012年2月9日). “Felbermayr-Proton finalise ses equipages.” [Felbermayr-Proton finalizes its crews.] (French). endurance-info.com. Endurance-Info. 2012年2月9日閲覧。
  74. ^ a b c d e Mercier, Laurent (2012年1月12日). “Le trio Belloc/Gibon/Bourret a decouvert sa Corvette C6.R.” (French). endurance-info.com. Endurance-Info. 2012年2月1日閲覧。
  75. ^ Mercier, Laurent (2012年3月9日). “Larbre Competition signe Fernando Rees.” (French). endurance-info.com. Endurance-Info. 2012年3月9日閲覧。
  76. ^ Miller, Fiona (2012年9月27日). “Changes to the driver line ups for Bahrain”. fiawec.com (FIA World Endurance Championship). http://www.fiawec.com/en/news/changes-to-the-driver-line-ups-for-bahrain_632.html 2012年9月27日閲覧。 
  77. ^ Mercier, Laurent (2012年10月7日). “Fuji: Kenji Kobayashi debarque sur la Porsche JWA-Avila” [Fuji: Kenji Kobayashi arrives in the JWA-Avila Porsche] (French). endurance-info.com. Endurance-Info. 2012年10月7日閲覧。
  78. ^ Mercier, Laurent (2012年10月23日). “Shanghai: Matt Bell trouve refuge chez JWA-Avila” (French). endurance-info.com. Endurance-Info. 2012年10月23日閲覧。
  79. ^ a b c d e f “Krohn Racing confirms 2012 WEC entry”. Racer (Haymarket Publications). (2012年1月12日). http://www.racer.com/krohn-racing-confirms-2012-wec-entry/article/222946/ 2012年1月18日閲覧。 
  80. ^ “Some news travel fast…”. luxury-racing.com (Luxury Racing). (2012年2月24日). http://www.luxury-racing.com/site/some-news-travel-fast 2012年2月24日閲覧。 
  81. ^ a b Dagys, John (2012年4月27日). “LE MANS: Jeannette, Montecalvo Sign With Luxury”. speedtv.com. Speed. 2012年4月27日閲覧。
  82. ^ a b c 2012 FIA World Endurance Championship - 6 Hours of Sao Paulo - Provisional Entry List”. endurance-info.com. Federation Internationale de l'Automobile (2012年8月22日). 2012年8月24日閲覧。
  83. ^ Mercier, Laurent (2012年5月22日). “Niki Cadei dernier homme chez AF Corse au Mans.” [Niki Cadei last man for AF Corse at Le Mans] (French). endurance-info.com. Endurance-Info. 2012年5月22日閲覧。
  84. ^ a b c World Motor Sports Council 23/09/2011”. fia.com. Federation Internationale de l'Automobile (2011年9月23日). 2012年3月16日閲覧。
  85. ^ FIA WEC: Rule Changes Introduced to Spice Up LM P1”. planetlemans.com. Planet Le Mans (2012年2月15日). 2012年3月16日閲覧。
  86. ^ Dagys, John (2012年8月26日). “LE MANS: Toyota Challenges, Audi Wins WEC Silverstone”. SpeedTV.com. Speed Channel. 2012年8月26日閲覧。
  87. ^ “LE MANS: Audi Sweeps WEC Six Hours Of Bahrain”. speedtv.com (Speed Channel, Inc.). (2012年9月29日). http://auto-racing.speedtv.com/article/le-mans-audi-sweeps-wec-six-hours-of-bahrain/P2/ 2012年10月1日閲覧。 

外部リンク編集