串田アキラ

日本の歌手

串田 アキラ(くしだ アキラ、1946年10月17日 - )は、日本の歌手。本名は串田 晃くしだ あきら1980年代後半から2000年代にかけては本名で活動していた[1]。愛称「クッシー」。神奈川県横浜市出身[1][2]

串田 アキラ
くしだ アキラ
出生名 串田 晃
別名 クッシー
生誕 (1946-10-17) 1946年10月17日(73歳)
出身地 日本の旗 日本,神奈川県横浜市
ジャンル アニメソング
職業 歌手
担当楽器
活動期間 1969年 - (アニソン歌手としては1981年 - )
レーベル 東芝EXPRESS
日本コロムビア
キングレコード
事務所 スノーキー
共同作業者 ヤング1011969年 - 1972年) )
公式サイト 串田アキラ Official Web Site

来歴編集

1969年、「からっぽの青春」で東芝EXPRESSレーベルよりデビュー[2]NHKの音楽番組『ステージ101』で「ヤング101」の初期メンバーとして活動した[1]

1979年公開の映画『マッドマックス』の日本版エンディング「Rollin' Into The Night」の主題歌を歌唱。同曲を聴いた作曲家の渡辺宙明に声を気に入られ、1981年特撮テレビドラマ『太陽戦隊サンバルカン』の主題歌を担当する[3]

以後、『宇宙刑事ギャバン』『キン肉マン』をはじめとする数多くのアニメ・特撮の主題歌挿入歌を歌い、アニソン歌手としての地位を確立した。また、CMソングも多数歌っており、特に富士サファリパークのCMソングは30年以上にわたりオンエアされ続けている。

2003年7月には、影山ヒロノブらとともにブラジルのアニメイベント「ANIME FRIENDS」に参加。以降、海外でのアニメ・特撮関係のライブイベントに精力的に参加している。2006年には新たにバンド「SHAFT」を結成した。その後もアニメ・特撮ソングのボーカリストとして第一線で活躍しつつ、R&Bシンガーとしても継続的にライブ活動を行っている。

2010年には、特撮テレビドラマ『仮面ライダーオーズ/OOO』において作中登場アイテム・オーズドライバーの音声を担当[2]。特撮作品では1980年代より主題歌・挿入歌の歌唱で参加してきたが、声優として出演するのは初となった。なお、同作には挿入歌の歌唱(コーラス)としても参加している。

人物編集

特撮界においては、宮内タカユキ石原慎一水木一郎とともに、スーパー戦隊シリーズ仮面ライダーシリーズメタルヒーローシリーズの東映3大特撮シリーズ全てで主題歌を歌った数少ない歌手である。[独自研究?]特にメタルヒーローシリーズにおいては、同シリーズ最多となる計5作品で主題歌を担当している。なお同年代に活躍したMoJo、宮内タカユキとは特に親交が深い。

『太陽戦隊サンバルカン』(1981年)の主題歌のレコーディングの際に、ディレクターから「かっこよく歌ってくれ」と指示されるが、子供に向けた格好良さがつかめず、収録には時間がかかったという[1]。その後、『宇宙刑事ギャバン』を経てヒーローには強さや格好良さだけでなく優しさが必要だと確信したと語っている[1][3]

富士サファリパークのCMソングは大体「和田アキ子松崎しげるが歌っている」と勘違いされてしまう[4][5]。本人は日本テレビのTHEワイドのインタビューで「声が似ていることについてはあまり自覚していない」と語ってはいるものの[出典無効]、たびたびネタにされる。最近では自らネタにすることもあり、歌う前に「和田アキ子じゃありません!」と冗談交じりに言うこともある[要出典]。知名度の高さ故自分の事を知らない人に対して自己紹介代わりに歌い、歌い終わると「この歌は知っている」と言われる事が多い。

仕事を共にする相手の芸歴や年齢に関係なく、敬語を用いて丁寧で紳士的な話し方をするのが特徴。ラジオや雑誌のインタビュー等、歌以外の仕事でその様子を確認できる。その理由について、『アニキン Satellite Radio(2013年7月6日放送分)』にゲスト出演した際にリスナーから質問され、「(自分は)敬意を持って接する方が気持ち良いので、自然とそういう話し方になる」と説明した他、「ベテランという立場上、こういう話し方は相手を恐縮させてしまうかもしれないが、中々直らない」という趣旨の発言をしている[出典無効]。また、同番組で「2012年のアニソンキングでは、初対面のアーティストさん達との交流を求めて、楽屋を回っていた」という発言もしている[出典無効]。なお、同イベントの出演者の中で、串田はささきいさおに次ぐ年長者・ベテランであるため、共演者としては「大ベテランが挨拶しに来てくれた」という状況だった[出典無効]下田麻美の超ラジ!Girls(#33〈2009年5月18日〉)にゲスト出演した際、ガチガチに緊張している下田麻美に対して極めて丁寧かつフレンドリーな物腰で接し、「替え歌ステーション」というコーナーでは、自身の持ち歌「キン肉マン Go Fight!」の替え歌を力強く熱唱するなど、柔和でノリの良い人柄を見せている[出典無効]

代表曲編集

アニメ編集

OVA編集

特撮編集

映画編集

ゲーム編集

CMソング編集

ほか

その他編集

出演編集

この他アニメ関連のイベントにゲストとして度々招聘されている。

バラエティ編集

テレビアニメ編集

  • 砂ぼうず 第2話(2004年)挿入歌「砂ぼうずの歌」「雨蜘蛛の歌」歌唱、村の長老 役[8]
  • THE IDOLM@STER 第7話(2011年)ヤキニクマン 役
  • RobiHachi(2019年)ヒザクリガー 役

テレビドラマ編集

映画編集

オリジナルビデオ編集

ゲーム編集

ミュージックビデオ編集

その他編集

  • Go to the NEW STAGE! THE IDOLM@STER 3rd ANNIVERSARY LIVE(2008年)特別ゲスト「ヤキニクマン」として出演
  • AKIBA'S FESTIVAL(2017年5月20日 神奈川県民ホール)
  • COMPLETE SELECTION MODIFICATION OOO DRIVER(2018年6月、玩具) - システム音声 役

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ ヤング101の同僚だった芹澤廣明が作曲を担当した(後継の「炎のキン肉マン」「キン肉マン旋風」も)。イントロ部分が『オジサンズ11』でのクイズの正解時に使われていた。また、原作にも一度キン肉マンがこの歌を歌うシーンが存在している。
  2. ^ MVでは自前のバイクを用いており、撮影でも実際に運転している[2]
  3. ^ i☆Ris井上あずみWake Up, Girls!内田真礼GRANRODEOささきいさお下野紘JAM Project鈴木このみ鈴村健一竹達彩奈茅原実里TRUE豊永利行中川翔子羽多野渉堀江美都子水木一郎Minami三森すずこMay'n米倉千尋とともに参加。

出典編集

  1. ^ a b c d e 「串田アキラスペシャルインタビューisbn=4-575-29520-5」『東映スーパー戦隊大全 バトルフィーバーJ・デンジマン・サンバルカンの世界』安藤幹夫 編、双葉社、2003年2月28日、236-237頁。
  2. ^ a b c d 「[対談]串田アキラ×野中剛」『宇宙船』vol.167(AUTUMN 2020.冬)、ホビージャパン、2019年12月28日、 98-99頁、 ISBN 978-4-7986-2100-5
  3. ^ a b 「特別寄稿 串田アキラ」『スーパー戦隊 Official Mook 20世紀 1981 太陽戦隊サンバルカン講談社〈講談社シリーズMOOK〉、2018年8月25日、20-21頁。ISBN 978-4-06-509606-2
  4. ^ 価格.com - 「水曜日のダウンタウン」で紹介された情報 | テレビ紹介情報”. kakaku.com. 2020年1月25日閲覧。
  5. ^ 【ぴいぷる】歌手・串田アキラ、デビュー50年! サンバルカンがもしもなかったら「きっとどこかで歌手人生は終わっていた」” (日本語). zakzak. 2020年1月25日閲覧。
  6. ^ 公式サイト『ダマサレンジャー基地』
  7. ^ 串田アキラさんスペシャルインタビュー | 麦とホップ | サッポロビール
  8. ^ 砂ぼうず”. GONZO公式サイト. 2016年6月13日閲覧。

外部リンク編集