メインメニューを開く

東洋メディアリンクス株式会社(とうようメディアリンクス、英称:Toyo Media Links Co.,Ltd.)は、東京都中央区に本社を置き音響設備、映像設備の施工及び音楽や映像に関するソフトの制作、業務用BGM、さらに香りの提供によって、総合的に空間プロデュースを行う企業である。また監視カメラ等のセキュリティ設備の設計・施工にも30年以上の実績があり、金融機関をはじめ商業施設等にも多数納入している。

東洋メディアリンクス株式会社
Toyo Media Links Co.,Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
103-0001
東京都中央区日本橋小伝馬町10-1
CSSビルディング
設立 1962年昭和37年)8月20日
業種 サービス業
法人番号 3010001024218
事業内容 音響・映像設備等の設計・施工
音楽・BGM・映像ソフト
香りの企画・制作・販売
代表者 森永 洋一郎(代表取締役社長
資本金 5,000万円
従業員数 77名
決算期 9月
主要株主 株式会社CSSホールディングス
主要子会社 関連会社参照
外部リンク http://www.tmlg.co.jp/
テンプレートを表示

目次

沿革編集

発車メロディ編集

  • Water Crown(水の冠)常磐線で多く使われているメロディで、様々なバージョンがある。
    • 標準Ver. このバージョンは現在、上田駅1番線、大船駅10番線でしか使われていない。
    • 低音Ver. 一番多く採用されているバージョンで、大宮駅6、11番線などで使用されている。
    • 高音Ver. 現在は盛岡駅在来線ホームで使用。過去には酒々井駅でも使用されていた。
    • エンドレスVer. 小山駅6、8番線で使用。過去には姉ヶ崎駅でも使用されていた。
    • 半低音Ver. 現在は大船駅9番線とE721系車外スピーカーなどで使用。
    • 半低音短縮Ver. 現在不使用。成東駅2、3番線や、小諸駅などで使用されていた。
    • 音色音程違いVer. 現在不使用。くりこま高原駅11、12番線で使用されていた。
    • 遅く音色違いVer. 八戸駅在来線ホームで使用。
    • 音色違いフェードアウトVer. 一ノ関駅在来線ホームで使用。
    • 短縮Ver. 現在不使用。南小谷駅篠ノ井駅で使用されていた。
    • 半高音Ver. 篠ノ井駅で使用。ただし、ワンマンだと扱わない。
    • 高速Ver. 現在不使用。双葉駅小高駅で使用されていた。
    • 低音フェードアウトVer. 花巻駅1〜3番線で使用。
  • Gota Del Vient(一滴の風)常磐線や総武線などで多く使われている。
  • Verde Rayo(緑の光線)横浜線で多く使われている。
    • 標準早テンポVer. 現在不使用。かつては十日市場駅などで使用されていた。
    • 標準遅テンポVer. 現在不使用。かつては君津駅2番線、藤沢駅1番線などで使用されていた。
    • エンドレスVer. 巌根駅2番線のみで使用。かつては拝島駅などでも使用されていた。
    • V2 東京駅京葉線ホーム、八丁堀駅越中島駅佐倉駅2番線で使用。
    • 低音強調Ver. 多く使用されているバージョンで横浜駅3番線、船橋駅1番線などで使用されている。
    • 半低音Ver. 現在不使用。熱海駅1番線、西船橋駅3・4番線などで使用されていた。
  • Cielo Estrerado(星空)
    • 大船、上田で使われている標準verとりんかい線で多く使われている半低音Verがある。代表的な4曲の中で、この曲だけエンドレスバージョンが存在せず、verのレパートリーそのものもかなり少ない。
  • 近郊地域17番(別名:拝島1番、はいいち)
    • 武蔵野線で多く使われている。それ以外では藤沢駅2番線、安中榛名駅で使用。かつて拝島駅で使用されていたために上記の別名で呼ばれているが[1]、初採用は稲毛駅である。
  • 近郊地域18番
  • 近郊地域19番(別名:南武1番)
  • 近郊地域20番(別名:相模1番)
    • 相模線の一部のみ(橋本駅など)で使用[4]
  • 近郊地域20-1番(別名:相模1-1番)
    • 近郊地域20番の音色違い。宮山駅などで使用されている。
  • 東海道3番
    • 藤沢駅3番線で使用されている[5]
  • 東海道4番
    • 藤沢駅4番線で使用されており、一ノ関駅の接近メロディーとしても使用されている。[6]発車メロディー導入初期の武蔵境駅でも使用されていた
  • 成田空港1番
  • 東海道5番
  • 川越1番
  • 長野3番
    • 接近チャイムを流用したもので、発車メロディとしては現在不使用。長野駅松本駅で使用されていた[11]。接近チャイムとしては相模線の一部駅に残るのみ。
  • 信濃町1番
    • こちらも同じく接近チャイムを流用したもので、現在は不使用。信濃町駅で使用されていた[12]。南武線の登戸駅などで接近チャイム、東海道線静岡地区での通過列車用接近チャイムとして使用されていた[要出典]

五感工房編集

五感工房(ごかんこうぼう、通称GK、ジーケイ)とはかつて存在した日本の音響機器メーカーである。元々は東洋メディアリンクスの制作部門が独立したメーカーで、かつて東日本旅客鉄道(JR東日本)の発車メロディ等の納入をしていたことでも知られる。2005年10月1日に、東洋メディアリンクスに再度統合されて消滅。

五感工房の発車メロディは1993年頃に制作され、1994年頃より実際に導入を開始した。高崎線への発車メロディの導入や、ATOS導入のため日本電音製の放送装置を置き換える際の中央線快速を中心に導入された。転調が多いのが特徴で曲名は特になく、日本音楽著作権協会(JASRAC)登録の際に便宜的に付けられた「整理番号」がその代用となっている。鉄道ファンの中では独自に通称名を付け、その通称で呼んでいることもある。本項では整理番号の「JR-SH○」の形で表記する(例:JR-SH○、近郊○番)。

またバージョン違いがあることなどで知られており、数え方においては改番するか後に「-1」をつけるかで意見が分かれる。

なお接近メロディも同時に複数制作されたが、こちらは一時期御茶ノ水駅上越線大沢駅塩沢駅で使用されていた。内房線九重駅 - 太海駅の各駅)の接近メロディとしても使用されている。

作曲は塩塚博が担当している。整理番号に付くSHは、2011年2月18日のbayfm「ANSWER」出演時にShiozuka Hiroshiの頭文字であることを本人が語っている。

2009年12月にはクエイク(現:エグジットチューンズ)株式会社より同社の発車メロディをトランス調にアレンジしたCD「EXIT TRANCE PRESENTS 駅トラ」が発売されたほか、2011年1月には塩塚自身によるアレンジを収めたCD「テツノポップ」がユニバーサルミュージックより発売された。

代表的な発車メロディ
名称は塩塚のライブラリー整理番号を用いる。括弧内はJASRAC登録時に付けられた番号。

現在使われている曲

以前使われていた曲

  • JR-SH6-3 (JR-SH6-1) - 旧立川駅
  • JR-SH4-1 (JR-SH4)半音下げVer. - 旧双葉駅
  • JR-SH3-3 (JR-SH3-1)半音下げVer. - 旧東京駅
  • JR-SH5-1 (JR-SH5)半音下げVer. - 旧東京駅
  • JR-SH8-1 (JR-SH8)高音Ver. - 旧双葉駅

まだ使われていない曲

  • JR-SH1-2
  • JR-SH2-2
  • JR-SH3-2
  • JR-SH4-2
  • JR-SH4-3 (JR-SH4-1)
  • JR-SH6-2
  • JR-SH7-2
  • JR-SH7-3 (JR-SH7-1)
  • JR-SH8-2
  • JR-SH9-1 (JR-SH9)
  • JR-SH9-2

詳細不明(使用されたとも未使用とも両説有り)

  • JR-SH5-2 - 使用された説に基づくと北浦和駅で使用された

関連会社編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 2番線での使用であったのにも関わらず呼称が「拝島1番」であるが、これは1番線が当時ベルであったため。
  2. ^ 成東駅は音が高かった
  3. ^ 稲田堤では低音Verがあった
  4. ^ かつては佐倉駅で低音Verがあった
  5. ^ 東海道3番 - 発車ベル使用状況
  6. ^ 東海道4番 - 発車ベル使用状況
  7. ^ 成田空港1番 - 発車ベル使用状況
  8. ^ 東海道3番・4番・成田空港1番をまとめて「Humpty Dumpty」ともいう。
  9. ^ 東海道5番 - 発車ベル使用状況
  10. ^ 川越1番 - 発車ベル使用状況
  11. ^ 長野3番 - 発車ベル使用状況
  12. ^ 信濃町1番 - 発車ベル使用状況”. hassya.net. 2019年9月6日閲覧。

外部リンク編集