京都市歌」(きょうとしか)は日本政令指定都市の1市で、京都府府庁所在地である京都市市歌。以下の4曲が存在する。

  1. 1898年明治31年)発表。作詞・黒川真頼、作曲・上真行
  2. 1906年(明治39年)発表。作詞・池辺義象、作曲・吉田恒三
  3. 1915年大正4年)発表。作詞・柏木亀三、作曲・田村虎蔵
  4. 1951年昭和26年)7月15日制定。作詞・藤山於菟路、作曲・諸井三郎
京都市歌(4代目)

市歌の対象
Flag of Kyoto City.svg 京都市

作詞 藤山於菟路
作曲 諸井三郎
採用時期 1951年7月5日
言語 日本語
テンプレートを表示

現在の市歌は4.である。本項では、京都市へ編入された市町村が制定していた各種の市町村歌についても解説する。

解説編集

京都市制定 京都市歌
京都市立音楽短期大学合唱団 / 京都市立醒泉小学校児童合唱団シングル
A面 京都市歌(合唱と管弦楽)
B面 京都市歌 斉唱(ハ長調)
リリース
規格 SPレコード
ジャンル 市歌
時間
レーベル ビクターレコード(PR-1441)
作詞・作曲 作詞:藤山於菟路
作曲:諸井三郎
1959年(昭和34年)3月1日録音
テンプレートを表示

現在の京都市歌は1950年(昭和25年)の京都国際文化観光都市建設法施行を記念し、歌詞の一般公募を経て制定された[1]。慣例上のもの(1.〜3.)を含めた歴代の市歌としては4代目であるが、制定の告示を経た正式な市歌としてはこの市歌が「初代」とされている[2]1959年(昭和34年)には、ビクターレコード(のちJVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)がA面/B面にそれぞれ京都市立音楽短期大学合唱団と京都市立醒泉小学校児童合唱団の斉唱を吹き込んだSPレコードを製造した。

京都府に限らず東京府大阪府を含めた三府はいずれも戦前に府歌を制定しなかった経緯があり[注 1]1984年(昭和59年)に「京都府の歌」が制定されるまではこの京都市歌が府歌の代替曲として紹介される場合があった[3]

歴代の京都市歌編集

現在の京都市歌が制定されるまでに以下の3代の市歌が作られたが、いずれも制定の告示が無く「慣例上の市歌」とされていた[2]。以下の3曲については制定告示のある京都市歌と区別するため、表題から「市歌」を除いて単に「京都」とする文献もみられる[4]

初代(1898年)編集

黒川真頼が作詞、上真行が作曲をそれぞれ手掛けた初代の京都市歌は京都市小学校長会が選定したもので、1898年(明治31年)1月29日に発表された[5]。現存する最古の市歌とされる1909年(明治42年)制定の横浜市歌より11年早く発表されており「日本最古の市歌」とされるが[5]、8年後には2代目の市歌が発表され短命に終わっている。

初代「京都市歌」は、歌詞・旋律とも著作権の保護期間を満了している(パブリックドメイン)。

一、
ちとせのむかし さだめたる たひらのみやの みやどころ
ちとせののちも たひらかに かくぞさかゆる みやどころ

二、

やまもうるはし みやどころ かはもさやけし みやどころ
はなももみぢも 山川やまかはの きよしうるはし みやどころ

三、

こころのはなを うるはしき てわざにみする みやこびと
これぞ御国みくにの ひかりよと みてこそあふげ よものくに

(原文は旧字体)

2代目(1906年)編集

池辺義象が作詞、吉田恒三が作曲をそれぞれ手掛けた2代目の京都市歌は『地理歴史唱歌』の一編として1906年(明治39年)に発表されたが[6][7]、9年後に3代目の市歌が発表されたため初代と同様に短期間しか演奏されなかった。

3代目(1915年)編集

柏木亀三が作詞、田村虎蔵が作曲をそれぞれ手掛けた3代目の京都市歌は1915年(大正4年)に大正天皇御即位大典を記念して発表された。現在の市歌と対比して「戦前の京都市歌」と言う場合は基本的にこの3代目を指し、京都市教育会が編纂した観光案内『京を訪ねて』の1-2ページにもこの市歌の歌詞が掲載されている[8]

『京都市政史』第1巻に「忘れられた市歌」の節があり、詳細な作成経緯と楽譜(表題「京都」)が掲載されている[6]

歴代京都市歌に関する新説編集

これまで京都市歌の歴史は、1951(昭和26)年制定の現行の京都市歌が、京都市が正式に制定したものでは初代とされながら、それ以前にも京都市歌に準ずる歌があったとして、1898年の「京都」(=初代)、1906年の「地理歴史唱歌京都」(=二代目)、1915年の「京都市歌」(=三代目)があったとされてきた(現行のものが四代目)。しかし、2018年と2020年の研究によると、二代目の京都市歌である「地理歴史唱歌京都」は、「地理歴史唱歌」というシリーズとして作成され、この歌曲以外にも京都を題材とした同様のシリーズが存在し、数十番まで続く歌曲であることなどから、歴代の京都市歌には位置付けられないと指摘された。この研究によると初代は1898年の「京都」、二代目が1915年の「京都市歌」、三代目が1951年の現行の京都市歌と位置付けられている。

初代京都市歌は、京都市小学校長会が郷土教育と唱歌教育を合わせて、唱歌を通して郷土を学び、子どもの「愛郷心」を育むことを目指して作られた。二代目京都市歌は、京都市教育会が大正御大典記念として作成し、式典後は、小学校の唱歌の教材として使用されたことから、終戦頃まで全市立小学校で歌われていたことから、その知名度は歴代の中でも高く、それによって京都市も「京都市歌」として正式に認めた。

現行の京都市歌は、京都市が国際文化観光都市に指定されたことを受け、1915年の京都市歌が時代に合わなくなったこともあり、新たな時代に合った市歌が必要だということで、制定された。

またこの研究では、京都市歌に準ずるものとして、京都市が公式に制定した歌として「決戦京都市民の歌」(1945年制定)があることや、「京都市市民憲章の歌」「京都市消防の歌」「京都府の歌」「下京の歌」などがあると紹介されている。

京都市へ編入された市町村の歌編集

以下は京都市へ編入された市町村が制定していた市町村歌である。現在は全て廃止されている。

伏見市歌編集

伏見市歌」(ふしみしか)は1931年(昭和6年)に京都市へ編入された伏見市の市歌である。作詞・西條八十、作曲・中山晋平

紀伊郡伏見町が1929年(昭和4年)5月1日市制を施行したことを記念して10月23日新民謡「伏見小唄」(作詞・作曲は市歌と同じ)と共に制定されたが、当の伏見市自体が成立から1年11ヶ月と日本の市では最短となる存続期間で京都市へ編入されたため、この市歌も1年半足らずで廃止された。両曲とも『京伏合併記念伏見市誌』に歌詞と楽譜が掲載されている[9]

明日に向かって編集

明日に向かって」(あすにむかって)は2005年平成17年)に京都市へ編入された北桑田郡京北町の町歌である。1995年(平成7年)制定。作曲・山路進一

町制時代には毎年11月に開催される「京北ふるさとまつり」で演奏されていた。『京北町五十年誌』第3章1節「町のシンボル」で紹介されている[10]

参考文献編集

  • 中原都男『京都音楽史』(音楽之友社、1970年) NCID BN12235685
  • 西崎嘉太郎/日本青少年音楽教育センター 監修『日本うたの地図』(しなの出版、1970年NCID BN12728412
  • 京都府立総合資料館『京都府百年の年表 9 芸能』(1971年NCID BN02306426
  • 林屋辰三郎 編『京都の歴史 京都市編/8 古都の近代』(學藝書林1975年NCID BN01830756
  • 佐和隆研 編『京都大事典』(淡交社、1984年) ISBN 4-473-00885-1
  • 『京北町五十年誌』(2005年) NCID BA7173003X
  • 京都市市政史編さん委員会 編『京都市政史 1 市政の形成』(京都市、2009年NCID BA89690478
  • 国立国会図書館・レファレンス協同データベース
  • 西村優汰『京都市歌』(2018年)
  • 「名曲京都市歌の歴史」YouTube

出典・注釈編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ 京都大事典, p280。p1007に歌詞と楽譜掲載。
  2. ^ a b 大正4年頃の京都市歌の歌詞を知りたい。(レファレンス協同データベース)
  3. ^ 日本うたの地図、82-83ページ。
  4. ^ 京都市歌を知りたい(レファレンス協同データベース)
  5. ^ a b 京都府百年の年表・9、pp104-105
  6. ^ a b 京都市政史1, pp594-595
  7. ^ 京都の歴史 8, p332
  8. ^ NDLJP:1112415
  9. ^ NDLJP:1232897, pp93-96
  10. ^ 京北町五十年誌, p325

脚注編集

  1. ^ 東京府は東京都制を経て1943年(昭和18年)に東京都になった後の1947年(昭和22年)に「東京都歌」を制定した。大阪府は現在も府歌を制定していない。

関連項目編集

外部リンク編集