メインメニューを開く

伊豆中央道

伊豆中央道(いずちゅうおうどう)は、静岡県伊豆の国市から田方郡函南町を結ぶ国道136号バイパス道路である。国道136号の渋滞緩和を目的に道路整備特別措置法による有料道路として、静岡県道路公社伊豆長岡町(現・伊豆の国市)から函南町までの3.0kmを整備した。伊豆縦貫自動車道東駿河湾環状道路修善寺道路)と一体となって伊豆中部のバイパスを形成する。

一般国道
有料/無料)
伊豆中央道
IZU-CHUO ROAD
伊豆中央道
国道136号バイパス
路線延長 7.4km(有料区間3.0km)
開通年 1985年
起点 静岡県伊豆の国市田京
大仁中央IC
終点 静岡県函南町塚本
(大場川南交差点)
接続する
主な道路
記法
記事参照
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
国道136号標識

目次

概要編集

全区間
有料区間
  • 起点:静岡県伊豆の国市珍野(長岡北IC 地図
  • 終点:静岡県函南町肥田(日守大橋北側付近 地図
  • 総延長:3.0km
  • 有料道路事業費:75億円
  • 料金徴収期限:2023年度(当初予定:2015年3月31日[1]

料金所地図)は江間IC地図) - 江間トンネル(地図)間に設けられている。自動料金収受機で24時間料金徴収をしていたが、新東名高速道路東名高速道路と直結している伊豆縦貫道と直結し、順次ETCの導入予定があるため[要出典]、平成26年4月から有人による料金徴収に変わった。(22:00〜翌6:00まで無料)

この料金所付近に伊豆の国市道・長1029号線との平面交差点(江間交差点 地図[2])があるため、料金所を経ずに無料で通行する車両もある[3]

料金徴収期限は2015年3月31日までとされていたが、伊豆中央道と修善寺道路の合併採算制導入に伴って料金徴収期間を延長し、2023年度に同時無料開放される[4]

通過する自治体編集

接続高速道路編集

インターチェンジなど編集

  • IC番号欄の背景色がである部分については道路が供用済みの区間を示す。施設名欄の背景色がである部分は施設が供用されていない、または完成していないことを示す。()の施設名は仮称。
IC
番号
施設名 接続路線名 起点
から
km
備考 所在地
- 大場川南交差点 国道136号(現道)
県道11号熱海函南線
7.4 静岡県 函南町
- 函南塚本IC E70 伊豆縦貫自動車道東駿河湾環状道路)【連絡路 下田方面ハーフインター
- 伊豆中央道入口交差点 県道138号御園伊豆仁田停車場線
- 平面交差あり)
- 江間料金所 機械式料金所 伊豆の国市
- 江間交差点[2] 市道長1029号線
- 江間IC 県道134号静浦港韮山停車場線 函南方面ハーフインター
- 長岡北IC 国道414号
- 伊豆長岡IC 県道130号伊豆長岡三津線
- 大仁中央IC 国道414号 0.0
E70 伊豆縦貫自動車道修善寺道路
  • 各ICに料金所は設置されていない。
  • 2014年2月11日東駿河湾環状道路の供用開始による交通量増加の対策として、江間ICのフルインターチェンジ化と江間交差点の信号機撤去工事が事業化されている[5][6]。また、大場川南交差点と伊豆中央道入口交差点の信号機撤去も行われることになり[2]、前者は函南塚本ICの開通で代替、後者は2014年1月29日に撤去された[7]

休憩施設編集

主なトンネルと橋編集

  • 日守大橋【狩野川】(伊豆中央道入口交差点-江間料金所):347.7m(3径間連続鋼床版箱桁+単純非合成鋼箱桁、主径間119.2m、幅員10.5m、1983年完工)
  • 江間トンネル(伊豆中央道入口交差点-江間料金所):825.0m
  • 江間川橋【江間川】(江間料金所-江間IC):24.9m
  • 花坂第1トンネル(長岡北IC-伊豆長岡IC):125.0m
  • 花坂第2トンネル(長岡北IC-伊豆長岡IC):285.0m
  • 長岡第1トンネル(長岡北IC-伊豆長岡IC):243.0m
  • 長岡第2トンネル(長岡北IC-伊豆長岡IC):143.0m
  • 長岡第3トンネル(長岡北IC-伊豆長岡IC):249.5m
  • 小坂第1トンネル(伊豆長岡IC-大仁中央IC):464.0m
  • 小坂第2トンネル(伊豆長岡IC-大仁中央IC):180.0m
  • 新大門橋【狩野川】(伊豆長岡IC-大仁中央IC):244.0m(3径間連続鋼床版箱桁、主径間85.5m、幅員8.5m、1994年完工)

トンネルの数編集

区間 上り線 下り線 備考 合計
伊豆中央道入口交差点-江間IC 1 7
江間IC-長岡北IC 0
長岡北IC-伊豆長岡IC 5
伊豆長岡IC-大仁中央IC 2

※の区間は2車線の対面通行で供用されているため上下線で1本となっている。

歴史編集

  • 1985年3月30日:大場川南交差点 - 長岡北IC間約4.8km開通。
  • 1985年4月1日:有料道路区間3.0km、供用開始。
  • 1992年7月:日本初の無人料金収受機を設置。
  • 1995年1月30日:長岡北IC - 大仁中央IC間約3.8km開通。
  • 1998年3月26日:修善寺道路と接続。
  • 2011年6月1日:社会実験で伊豆中央道・修善寺道路を対象とした共通定期券導入の社会実験を開始(2012年3月31日終了)[8]
  • 2011年11月1日:伊豆中央道定期券を発売(2012年3月1日販売終了)[9]
  • 2012年6月1日:社会実験で伊豆中央道・修善寺道路を対象とした半額回数券を販売(2012年11月30日終了)[10]
  • 2023年度:無料開放[4]

道路管理者編集

路側放送編集

  • 2013年現在、1か所も設置されていない。

車線・最高速度編集

区間 車線
上下線=上り線+下り線
最高速度
大場川南交差点-大仁中央IC 2=1+1 50km/h

道路照明灯編集

  • 大仁中央IC-長岡北IC
  • 江間料金所周辺および日守大橋

設置区間では東名高速道路など一般的な高速道路と同じく約40メートル間隔で設置されている。

料金編集

延長 軽自動車 普通車 中型車 大型車 特大車 原付軽車両
3.0km 160円 200円 320円 730円 20円

交通量編集

2001年 2002年 2003年 2004年 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年
台数 3,965,801 3,787,502 3,687,298 3,589,360 3,616,007 3,546,809 3,596,816 3,405,221 3,387,552 3,415,495 3,210,697 3,357,541

参考文献編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集