メインメニューを開く

誇りの報酬』(ほこりのほうしゅう)は、1985年10月13日から1986年9月21日まで、日本テレビ系列で放送された東宝製作の刑事ドラマである。放送時間は毎週日曜21:00 - 21:54 (JST) 。全49話。

2000年代以降、CS放送「日テレプラス」にて再放送が行われている。

目次

概要編集

警視庁捜査一課の2人の刑事が都内各地、時には他県で起こる様々な事件の捜査にあたるアクションドラマ。主演は中村雅俊根津甚八1975年に中村が出演した刑事ドラマ『俺たちの勲章』(プロデューサーも本作と同じく山本悦夫と中村良男の2人)の10年後をイメージして企画された作品である[1][2]。オープニングの映像の一部は『俺たちの勲章』のオープニング映像のオマージュとなっている。放送回数は当初予定の全25話から全49話へ延長されている。

登場人物編集

巡査部長。警視庁捜査一課の刑事。杉並区茜台に妹の歩と同居していて、なにかと妹の心配をしている。運転技術は相当な物で、車やバイク、果てはクルーザーまで運転するため「カーキチ野郎」と呼ばれている。使用拳銃はコルト・ローマン 2インチモデル。深川に叔母がいる。大学時代はバスケ部に所属していた。
巡査部長。警視庁捜査一課の刑事で芹沢と組む。妻とは別れており小学生の息子と2人で暮らしている。性格は沈着冷静。一時期、警視庁ライフル班に所属していたほどの射撃の名手で、使用拳銃はS&W M29 6.5インチモデル。高校1年生の頃に父が刺殺され、母を助けるためにアルバイトをし、大学進学をあきらめて高卒で警察官採用試験を受けた苦労人である。警官になった理由は正義感からではなく、父を刺殺した犯人を逮捕できない刑事に我慢できなかったことからである。誘拐された息子を救出しようとした際に腹部を撃たれて負傷し入院(第37話「天草灘に落日を追え」)。復帰後は、芹沢と行動を共にすることが少なくなった。
春樹の妹。職業は会社の受付嬢。
捜査第一課長。芹沢&萩原の暴走に胃を痛めつつも、二人の陰の理解者である。しばしば芹沢を電話口で怒鳴りつける。二人からは「ケチ課長」と陰口を叩かれている。
捜査一課長秘書。事務的で冷静。西新宿署の少年課員時代、捜査一係の刑事だった恋人を射殺されている。第24話で犯人が判明し、逮捕されたことで新しい人生へと踏み出す決心をし、退職した。
巡査部長。練馬中央署の刑事で強盗団を追っている最中に、潜入捜査をしていた芹沢&萩原と知り合ったことがきっかけで、真山の跡を継ぎ本庁捜査一課へ。当初は田沼の秘書としての意味合いの昇格であったが、実際は現場に出て芹沢と行動することが多い。大学時代は演劇部に所属していた。
芹沢・萩原が行きつけの喫茶店「バルビゾン」のマスター。芹沢が何でもツケにすることに悩まされる。
芹沢・萩原のお抱えの情報屋。喫茶店「バルビゾン」の常連。「組長」と呼ばれることもある。芹沢とは子供の頃からの親友。本業はノミ屋やホステスのトレード専門のスカウト、焼き芋屋などをしている。事務所の料金未払いから、ガスと電気が止められたことがある。
水野の舎弟分。さゆりに好意を持っている。
「バルビゾン」の従業員。
その他

スタッフ編集

サブタイトル編集

通算回 放送日 サブタイトル ゲスト 概要・備考
第1話 1985年
10月13日
命令違反が刑事の勲章 多岐川裕美山本紀彦内田勝正草薙良一吉中六伊藤紘森下明稲垣昭三山田哲平高橋正昭長良力丸 6年前の強盗犯が刑務所から脱走したため、芹沢&萩原は元交際女性の自宅を張り込むことに…。
第2話 1985年
10月20日
命があったら総監賞 蟹江敬三阪本良介直江喜一橋本和人久保寺健之長尾平次小瀬格、山田哲平、石崎洋光西内彰横内直人本間千恵子 休暇中の芹沢が強盗犯に遭遇して追跡するも、所轄署に誤認逮捕されてしまった…。
第3話 1985年
10月27日
賭けをするなら命がけ 白石まるみ遠藤憲一石田弦太郎倉地雄平北村昌子藤田宗久御友公喜秋間登武岡淳一田谷春江岸田梨加羽田典夫奈雪孋子真木一美代志住正 芹沢の目前で2人の女性が狙撃される。所轄署は芹沢に対する怨恨を疑うが、捜査は違った方向に…。
第4話 1985年
11月3日
飛騨高山の乱れからくり 本田博太郎金沢碧清水章吾加藤大樹井上倫宏加藤茂雄上野綾子、山田哲平、荻原紀永井政春田村友里江 10年前の強盗殺人犯の行方を追って、芹沢&萩原は岐阜県高山市へ…。萩原の10年前に勤務していた所轄署が判明する。
第5話 1985年
11月10日
私だって刑事の妹 西本裕行小林宏史北原ちあき吉水慶生田智子江崎加代星野晃中野彰子藤代美奈子打出親五 芹沢の住む地域で連続女性暴行殺人事件が発生し、妹の歩を警護しようとするが…。
第6話 1985年
11月17日
俺たち横浜定期便 芦川よしみ佐藤仁哉小林勝彦、山田哲平、江角英明山西道広永野明彦太田行雄小宮健吾菊川予市鈴木三千世山本篤志世上真
第7話 1985年
11月24日
女を追うなら徹底的に 高樹沙耶大村波彦本郷直樹兼田晴臣町田真一榊原旭、山田哲平、関川慎二古川真司藤井章人堀勉宮城健太郎工藤啓子鈴木美智子大谷一夫 ホテルでの射殺事件が発生する中、芹沢&萩原はバイクによる連続引ったくり事件の捜査を田沼から命じられた。捜査をしていく過程で、輸送車強奪事件が発生。すべての事件が引ったくり犯を中心に結びつく事が判明する…。
第8話 1985年
12月1日
出張捜査はゴージャスに 沖田浩之城戸真亜子兼松隆
第9話 1985年
12月8日
オホーツク悲歌 服部妙子下塚誠片桐竜次谷村昌彦梅津栄、山田哲平、水木薫古都義朗諸角憲一和田周、荻原紀、吉佐見聖子 5年前の強盗傷害事件に絡む刺殺事件が発生。当時の事件関係者である吉浦の行方を追って、芹沢&萩原は彼の故郷である北海道へ向かう…。
第10話 1985年
12月15日
さらば、田舎刑事! 藤岡琢也堀広道香川三千福岡正剛三上剛仙桑原一人寺島進田浦智之上田幸輔、山田哲平、新富重夫 長野・大北署の捜査課刑事である島崎(藤岡琢也)が本庁を訪れ、管内での刺殺事件の犯人逮捕の協力要請を申し込む。しかし、捜査の詳しい内容を芹沢らになぜか隠す。やがて、犯人を追い詰めるも、島崎は持病の狭心症を発し、結局逃がしてしまった上に緊急入院してしまう…。
第11話 1985年
12月22日
子供が誘拐された 高津住男勝部演之清水昭博うえづみのる川村一代十文字重忠諸岡青二野仲功加藤智一飯島明子、山田哲平、山本寿徳 子供の行方不明現場に遭遇した萩原は、合流した芹沢と共に誘拐事件の捜査へ。営利目的ではないと見た萩原は、怨恨の線で捜査を進める。やがて、被害者の父親の生真面目な正義感に対する怨恨の疑いが浮上する…。
第12話 1985年
12月29日
これが情報屋のホコリだ! 長塚京三川辺久造新橋耐子三谷昇内田慎一森大河小池雄介志賀幸二郎棚橋久美、星野晃、、山田哲平、藤本寛中尾慎司
第13話 1986年
1月5日
刑事だって美女には弱い 星野知子渥美国泰津田和彦
第14話 1986年
1月12日
萩原刑事が撃たれた 大門正明牧れい清水宏大前均 馴染みの喫茶「バルビゾン」から出てきた芹沢&萩原を銃弾が襲い、萩原が胸を撃たれた。銃の入手ルートから古沢という男が浮上。古沢はかつて芹沢が射殺した強盗犯の兄であり、その母も自殺した事から、古沢は芹沢を深く恨んでいた…。
第15話 1986年
1月19日
刑事になった理由 河原崎建三山口嘉三大江徹千葉裕子坂田祥一朗脇坂奎平国宗篤小川乃り子、山田哲平、細川明夏木順平 無差別による連続刺殺事件が発生。萩原はいつになく犯人逮捕に力を入れ、単独捜査が目立ちはじめる。そこには、萩原のつらい過去が影響していた…。
第16話 1986年
1月26日
三河湾に哀歌をきいた 甲斐智枝美安藤一夫光石研立川貴司真田健一郎江川久仁夫、山田哲平、小柳基川崎博司磯部真佐子 サラ金に2人組の強盗事件が発生。2人組の犯人は逮捕されるも、奪ったと思われる現金の行方は謎のまま。捜査を進めていくうちに、1人の警備員がネコハバをした疑いが浮上。警備員が逃亡したと思われる故郷の蒲郡へ、彼の婚約者である女性と芹沢は向かった…。
第17話 1986年
2月2日
頭脳プレーでホシを追え 潮哲也井上高志平野稔関時男海一生粟津號長谷川弘、山田哲平、大塚良重若林哲行川島美津子久遠利三中帆登美香椎くに子 宝石店で強盗事件が発生。犯人の行方がつかめぬまま、捜査は難航する。目撃者の矛盾した証言から、容疑者と思われた男とは別人の可能性が浮上する…。
第18話 1986年
2月9日
真昼の挑戦者 阿藤海園みどり石濱朗鶴田忍大門春樹、山田哲平、太田久美伏見哲夫大村一郎杉本こず江関みさほ橘田良江児玉頼信上野忠彦、西内彰 卑劣な手口の絞殺事件が発生。萩原の周辺で発生している事から、5年前に逮捕した男を思い出す。男は過去に同様の手口で事件を起こし、仮釈放の身だった。萩原は自分への挑戦状と気づき、単独で捜査する…。
第19話 1986年
2月16日
芹沢刑事の怒りの追跡 四禮正明園田裕久小沢仁志、篠山葉子、灰地順市原清彦秋野陽介高岡一郎伴直弥石田紀子、山田哲平、鈴木美智子 銀行強盗事件が発生し、犯人逮捕に向け張り込む芹沢。犯人が張り込み先近くで逃走するも、持ち場を離れられなかったために、派出所の警官が子供をかばって殉職してしまう…。
第20話 1986年
2月23日
いざとなったら辞表を胸に 鹿内孝黒田福美原口剛頭師孝雄田中公行杜沢泰文伊藤彰洋岡部健伊藤久美子、山田哲平 北青山署管内で射殺事件が発生。次に狙われそうな人物を芹沢&萩原がガードすることに…。
第21話 1986年
3月2日
護送車が襲われた! 山下洵一郎一柳みる内田稔遠藤征慈大島光幸藤江リカ佐藤幸雄唐沢民賢藍とも子田辺年秋、山田哲平、田村貫相馬剛三皆川衆宇都宮英世桑名良輔 南多摩署管内で護送車が襲撃される事件が発生。脱走したと思われる被疑者には大津、吉村の2人がいた。芹沢は大津を、萩原は吉村を追う。吉村は元本庁ライフル班の所属で、その腕はオリンピック代表クラスだった。裏に狙撃計画があると察し、捜査にあたる…。
第22話 1986年
3月9日
狂乱の拳銃 西岡徳馬三浦リカ奥村公延岡村青太郎名代杏子、神谷潤、沼岡淳伊藤博植村由美小倉雄三高橋桂三佐山信一郎小寺大介、山田哲平 拳銃強盗およびディスコ襲撃事件が発生。その銃は輸入家具商であり拳銃コレクターの川辺(西岡徳馬)が個人的な趣味のために密かに国内に持ち込み、それが盗難に遭ったものだったが、川辺はそれを認めようとしない…。
第23話 1986年
3月16日
潜行して敵を撃て! 綿引勝彦高沢順子根岸一正福崎量啓石橋雅史堀隆博、西内彰、高橋正昭、山田哲平、重留定治まる秀也岩井節夫小泉朋子 萩原の友人である元刑事(綿引勝彦)が助けを求めてきた。元刑事の執念とは…。
第24話 1986年
3月23日
愛は永遠に… 山本紀彦、橋爪淳江藤漢横山エミー中丸新将増田再起山岡八高佐藤尚宏岡部征純鈴木弘一影山英俊辰馬誠道森卓三戸塚孝岡幸恵鶴岡修、永井政春、山田哲平 銃撃事件と7年前の刑事射殺事件の銃弾が一致し、芹沢&萩原は捜査に乗り出すも、被害者の事情聴取に真山が姿を現わす。彼女の珍しい行動に驚くも、捜査していくうちに真山が7年前に射殺された刑事の恋人だった事が判明する…。
第25話 1986年
3月30日
あの美女は誰だ!? 平泉征片岡五郎サンダー杉山青森伸重松収広田行生江原正士東健一郎二家本辰巳石田広行阿久津真一、山田哲平 偽札偽装団の壊滅を目的に横浜での潜入捜査を命じられた芹沢&萩原。しかし、結城という所轄署の女刑事に芹沢が逮捕されてしまう。彼女は別件の強盗団を追っており、芹沢を刑事と知らずに囮捜査を進めようとしていた…。結城刑事登場編。
第26話 1986年
4月6日
爆走!カージャック大追跡 島村佳江大林丈史宮口二朗西川敬三郎田岡美也子池田智子坂井徹永妻晃沖隆二郎宮寺康生、山田哲平、土井みゆき神谷昌三米山かおり
第27話 1986年
4月13日
芹沢刑事・絶体絶命! 河合宏茅島成美和崎俊哉北原義郎広井純酒井郷博松阪隆子沖田泰子外間啓子東雅俊吉村拓郎、山田哲平 単独犯による強盗殺人事件が発生。逃走した犯人は病院で人質を取り篭城する。強行突入で人質救出した芹沢だったが、引き換えに人質にされてしまう…。
第28話 1986年
4月20日
友は湖に消えた 渡辺裕之高木美保三角八朗飯田浩畿石垣恵三郎辻つとむ尾崎秀倉屋烈森蔵人橋爪幸太郎 大学時代の仲間であるあや子(高木美保)から呼び出された芹沢は河口湖へ。そこに、同じく大学の仲間だった松山弁護士(渡辺裕之)の姿が。あや子は何者かに追われていた。何かを芹沢に打ち明けようとしているあや子だったが、狙撃され命を落としてしまった…。
第29話 1986年
4月27日
白バイを撃て! 藤堂新二浜田晃堀勉長谷川里佳 多摩中央署管内で白バイ隊員2名が襲撃され、白バイが奪われた。直後に白バイ警官による現金輸送車強盗が連続して発生し、警備員は全員殺害。それは先に奪われた白バイを使ったものと推定された。一連の被害者で殺害されなかったのはただ1人、白バイ隊員・中谷だけだった…。
第30話 1986年
5月4日
濡れた歩道に咲いたバラ 中村明美内藤剛志伊東平山江幡高志幸田宗丸 骨董店から重要文化財クラスの純金製仏像が盗まれ、店主の古物商は殺害された。事件当夜から姿を消した警備員が捜査線上に浮かび、そこに女探偵・高見祥子が現れた。祥子は芹沢が以前いた所轄署に勤務していた後輩だった・・・。
第31話 1986年
5月11日
狙撃者を追え! 田島令子小田かおる森下哲夫、森大河、兼松隆船渡伸二逢坂秀実、石田弦太郎、森幹太、吉中六、松永忍友金敏雄村山竜平、寺島進、清水進一、永井政春、神崎智孝長塚美登白石義人小野明良、山田哲平、米沢由香 芹沢&萩原は囮捜査で被疑者を検挙するも、その過程で捜査四課の捜査妨害をしてしまう。そんな中、二人は狙撃に遭い、捜査に対する報復とみて捜査する…。
第32話 1986年
5月18日
二人だけの非常線 平田満ダンプ松本堀田真三袋正原田千枝子鮫島弥生、川島美津子、木下和佳、山田哲平、深沢直也脇光雄杉浦宏俊江幡信行浅木靖志羽沢正吉 強盗事件の犯人を追跡中、芹沢&萩原は逃走車を見失ってしまう。やがて、犯人の一人である小沢を逮捕するも、小沢は子供を人質に取られている事を明かす。そこで、芹沢&萩原は捜査一課と所轄署に内緒で誘拐事件の捜査を開始する…。
第33話 1986年
5月25日
お嬢サマが危ない! 真里邑依子佐原健二本間優二板倉睦、久保寺健之、田口恵子小木曽孝司柏木隆太ジョン・ミラー草刈滉一三田寛之、横内直人 社長令嬢を狙った脅迫事件が続く中、結城はある社長令嬢をガードし、襲撃を間一髪で阻止する。しかし、被害届は取り下げられ、捜査中止の方向へ…。
第34話 1986年
6月1日
会津スクランブル 佐藤允中村銀次、遠藤征慈、早野ゆかり本城裕中川みず穂、戸塚孝、中瀬博文、高橋正昭、奥村正 タクシー運転手を狙った強盗事件が発生。容疑者の特定が急がれる中、会津若松署の刑事である松尾が警視庁へ訪れる。容疑者に心当たりがあるようで、潜伏先に踏み込むと容疑者である桐山が逃亡する。しかし、萩原は過剰防衛と思える発砲をした松尾に不審を持つ中、二人は会津若松へと向かう…。
第35話 1986年
6月8日
ビッグマグナムは眠らない 大村波彦、阿部雅彦、清水宏、中村まり子 拳銃発砲による連続殺傷事件が発生し、犯人が現役警察官である疑いも浮上。芹沢は喫茶店店員に化けて張り込みを開始する…。
第36話 1986年
6月15日
芹沢刑事の妹が誘拐された!? 生田智子、藤木悠清水大敬剣持伴紀久遠利三阿蘇美季 事件を一つ解決し、喫茶バルビゾンでくつろぐ芹沢に「妹を誘拐した」との脅迫電話が。自宅へ確認に急ぐ芹沢&萩原。するとそこに歩が何事も無かったように帰宅した。歩と間違えられて誘拐されたのは、部屋に遊びに来ていた友人のケイコ(生田智子)だった…。
第37話 1986年
6月22日
天草灘に落日を追え 桂木文、片桐竜次、福田健次、山田哲平、三上剛仙、松山薫三浦了粕谷卓志佐々木一成 萩原が休暇を取って、息子と九州一周の旅に出る中、仮出所した男が萩原に対して復讐を企てていた。萩原は犯人に腹部を撃たれ、重傷を負う…。
第38話 1986年
6月29日
長崎を走る天使たち 谷啓沢田和美渋谷哲平石山雄大時本和也諸岡義則米田理佳木元俊浅野泰行松尾豊美 天草での事件解決後、帰京する間もなく長崎へと捜査に行くよう命じられた芹沢。東京で起きた射殺事件と長崎の銃撃事件の関連性を調べるため、被害者の兄貴分である男の行方を追う。しかし、所轄署は非協力的で、芹沢を尾行し行動を監視する始末…。この回には萩原の登場シーンが全くない。
第39話 1986年
7月6日
大都会に踊るシンデレラ 山本みどり福家美峰、清水昭博、南麻衣子、市川好郎、生井健夫曽雌達人杜沢泰文石沢徹奥山貴彦 「マヤ」と呼ばれる若い女性が射殺された。入院中の萩原が不在の中、芹沢と結城が応援に駆けつけるも、電話番を言い渡されてしまう…。
第40話 1986年
7月13日
幸福へのパスポート 三原じゅん子伊吹徹柴田林太郎大方斐紗子小沢直明、田辺年秋、太田行雄、高橋正昭 クラブで射殺事件が発生。被害者と隣りあわせに座っていたホステスが事件の真相に関係している可能性が浮上する。芹沢は、彼女の出身地である三重・阿児へ、先行して向かった結城と合流する…。
第41話 1986年
7月20日
東京-仙台・追跡300キロ 可愛かずみ、堀広道、小鹿番成瀬正伍長沢大矢野間啓二、西内彰、二家本辰巳 自動車販売店で射殺事件が発生。逃走した犯人たちは赤い外車の行方を追っている様子。芹沢と結城は赤い車の行き先である仙台へと向かう…。
第42話 1986年
7月27日
狙撃者は誰を狙ったか 一色彩子黒部進樋浦勉、小瀬格、粟津號、新海丈夫笹入舟作、藤江リカ、江崎和代松崎真神谷和夫花悠子榊真美石川心一笠松長磨鷹尾秀敏小林勝也、永井政春 レストランの客を狙った狙撃事件が発生。一発の銃弾が暴力団の男の肩を貫通した後、一般男性の胸に命中しその男性が死亡した。当初は暴力団の男を狙った抗争事件に男性が巻き添えになったと思われたが、芹沢が捜査していくうちに意外な事実が浮かび上がった…。
第43話 1986年
8月3日
母にささげる犯罪 堀内正美原ひさ子、江藤漢、堺左千夫坂西良太パルコ大川陽子高橋正明藤原益二、星野晃、阿久津真一、麻ミナ上野名奈 同じ銃弾による銃撃事件と強盗傷害事件。犯人が萩原と結城によって逮捕されるも、もう一つの事件は否認する…。
第44話 1986年
8月10日
横浜ラブ・ストーリー 加納竜小野進也井上博一大前田武、影山英俊、安達義也、菊川予市、植村真己子 結城が横浜で大学時代の友人と食事した帰り、友人が何者かに狙撃される…。
第45話 1986年
8月17日
暴走! 芹沢刑事 ハナ肇伊藤真奈美安岡力也丹波義隆石倉民雄杉浦一恵福士秀樹家入未知深作覚、横内直人、沢柳廸子 萩原が殺人犯の身柄引き取りで北海道へ出張中に、芹沢は差出人不明の手紙を受け取った事から、自らが扱った現金輸送車強奪事件に関連した復讐劇へと巻き込まれていく…。
第46話 1986年
8月31日
恋のかけら 白都真理田村奈己山中康仁うえずみのる津野哲郎藤田啓而後藤緑、海一生、久保史郎、神谷潤、吉佐美智子坂元貞美小田文隆村沢寿彦村上幹夫横尾三郎高岡良平、西内彰 強盗殺人事件の捜査にあたっていた萩原は、実行犯の殺害現場に落ちていた遺留品から、麻生という女性にたどり着く…。
第47話 1986年
9月7日
九回裏二死満塁 森次晃嗣玉岡加奈子斉藤康彦吉沢健佐藤恒治杉山鷹志ハント啓祉、山田哲平、ウイリアム・タピア、太田行雄、戸塚孝、高市好行松下晋司赤沢章弘森岡進竹内勇治 取引現場での一斉逮捕を狙った芹沢&萩原だったが、突然の侵入者と芹沢の被弾によって取り逃がしてしまう。胸部被弾ながら無線機に命中したために命拾いした芹沢が極秘で捜査を続行するも、今度は足に被弾し消息が途絶えてしまった。芹沢の命を救うべく萩原が捜査に動く…。
第48話 1986年
9月14日
誘拐犯! 芹沢刑事 遠藤憲一、内田稔、鶴田忍、徳永亘北村昌子伊藤公子、吉水慶 少年が誘拐され身代金が要求された。その少年は高熱を出しており病状が心配される。身代金の受渡し現場に男が現れ、車で逃走したため追跡すると、男は車で事故を起こし、そのショックで記憶を失ってしまった。男の記憶を呼び起こし誘拐された少年を救出するため、芹沢は独断で病院から男を連れ出し、所轄署に追われる身となる…。
第49話 1986年
9月21日
さらば、いとしのデカたちよ 小林宏史、井丸ゆかり船場牡丹大石源吾、山田哲平、諸岡義則、草刈滉一、太田久美 「自分と萩原が連射で撃たれて蜂の巣になる」悪夢を見て、目が覚めた芹沢。結城も芹沢が蜂の巣にされる夢を見たと言う。そんな中、現金強奪事件が発生する…。


エンディング・テーマ編集

  • 「日付変更線」(第1話 - 第27話)
  • 「Jenny(妹たちに)」(第28話)
  • 「想い出のクリフサイド・ホテル」(第30話 - 第49話)

いずれも中村雅俊(日本コロムビア

挿入曲編集

  • 「Jenny(妹たちに)」中村雅俊 (第28話「友は湖に消えた」・第30話「濡れた歩道に咲いたバラ」)
  • 「恋のかけら」根津甚八(第46話「恋のかけら」)

ネット局編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 誇りの報酬 ミュージックファイル(バップ、1993年7月1日)封入ブックレットでの記載より。
  2. ^ それゆえ、当初は根津ではなく松田優作にオファーしたが、松田より「しばらく刑事物には出演したくない」と断られた経緯がある。
  3. ^ a b c 遅れネット。
日本テレビ系列 日曜21:00 - 21:54枠
前番組 番組名 次番組
誇りの報酬
(1985年10月 - 1986年9月)