メインメニューを開く

凛城 きら(りんじょう きら、1月8日[1] - )は、宝塚歌劇団宙組に所属する男役。

東京都八王子市[1]明星学苑中学校出身[1]。身長170cm[1]。愛称は「りんきら」、「れいか」[1]

目次

来歴編集

2004年4月、宝塚音楽学校入学。同期には蘭乃はな透水さらさすみれ乃麗煌月爽矢真風涼帆彩凪翔鳳月杏らがいる。

2006年3月、宝塚歌劇団に92期生として入団。入団時の成績は16番[2]。宙組公演「NEVER SAY GOODBYE」で初舞台。その後、雪組に配属。

2009年7月から1年間、TAKARAZUKA SKY STAGEの第8期スカイ・フェアリーズを舞羽美海と務める。

2012年1月21日付で宙組へ組替え。

2015年、「New Wave!-宙-」(バウホール公演)で、メインキャストに抜擢。

2017年、「神々の土地~ロマノフたちの黄昏~」で、初の女役を演じる。

主な舞台編集

初舞台公演編集

  • 2006年3月 - 5月、宙組『NEVER SAY GOODBYE-ある愛の軌跡-』(宝塚大劇場のみ)

雪組時代編集

  • 2007年1月、『ノン ノン シュガー!!』(バウ)デイブ/エルビス
  • 2007年5月、『エリザベート-愛と死の輪舞-』新人公演:黒天使
  • 2007年10月、『シルバー・ローズ・クロニクル』(ドラマシティ・東京特別)ラリー
  • 2008年1月、『君を愛してる-Je t'aime-』新人公演:アルセスト(本役:凰稀かなめ)/『ミロワール』
  • 2008年5月、『凍てついた明日-ボニー&クライドとの邂逅-』(バウ)ジェレミー・メスヴィン
  • 2008年8月、『ソロモンの指輪』/『マリポーサの花』新人公演:エスコバル(本役:彩吹真央
  • 2008年12月、『カラマーゾフの兄弟』(シアタードラマシティ・東京特別)ユーリー
  • 2009年3月、『風の錦絵』/『ZORRO 仮面のメサイア』リトル・クロウ、新人公演:メンドーサ大佐(本役:彩吹真央)
  • 2009年7月、『ロシアン・ブルー -魔女への鉄槌-』ゲンナディ・ヴァルコンスキー、新人公演:ミハイル・ゲロヴァニ(本役:汝鳥伶)/『RIO DE BRAVO!!』
  • 2009年11月、『雪景色』(バウ・東京特別)喜六/巳之助/平有盛
  • 2010年2月、『ソルフェリーノの夜明け』ルチアーノ、新人公演:マンフレッド・ファンティ(本役:未来優希)/『Carnevale 睡夢』
  • 2010年6月、『ロジェ』新人公演:シュミット(本役:緒月遠麻)/『ロック・オン!』
  • 2010年10月、『はじめて愛した』(シアタードラマシティ・東京特別)アンリ
  • 2011年1月、『ロミオとジュリエット』キャピュレット(男)、新人公演:ティボルト(本役:緒月遠麻)
  • 2011年4月、『黒い瞳』トリオ(愛)/『ロック・オン!』(全国ツアー)
  • 2011年7月、『ハウ・トゥー・サクシード』(ドラマシティ)コーヒーボーイ
  • 2011年9月、『仮面の男』侍従(ボーリング)、新人公演:ロシュフォール(本役:大湖せしる)/『ROYAL STRAIGHT FLUSH!!』
  • 2011年12月、『Samourai』(シアタードラマシティ・東京特別)マティアス

宙組時代編集

  • 2012年4月、『華やかなりし日々』ロイ・ストーン、ハリソン・デイン(2役)、新人公演:アーサー・シェルドン(本役:凰稀かなめ)/『クライマックス』
  • 2012年8月、『銀河英雄伝説@TAKARAZUKA』ルッツ、新人公演:ヤン・ウェンリー(本役:緒月遠麻)
  • 2013年1月、『銀河英雄伝説@TAKARAZUKA』(博多座)アンスバッハ、ラップ少佐(2役)
  • 2013年3月、『モンテ・クリスト伯』ムハンマド/『Amour de 99!! -99年の愛-』
  • 2013年7月、『the WILD Meets the WILD -W.M.W.-』(バウ)デイヴィッド・ノースブルック
  • 2013年9月、『風と共に去りぬ』ウィリー
  • 2014年2月~3月、『翼ある人びと-ブラームスとクララ・シューマン-』(シアタードラマシティ・日本青年館)ベートーヴェン
  • 2014年5月~7月、『ベルサイユのばら-オスカル編-』ダグー大佐
  • 2014年9月、『SANCTUARY』(バウホール)ギーズ公
  • 2014年11月~2015年2月、『白夜の誓い-グスタフⅢ世、誇り高き王の戦い-/PHOENIX 宝塚!!-蘇る愛-』ベールヴァルド[3]
  • 2015年4月、『New Wave!-宙-』(バウホール) *メインキャスト
  • 2015年6月~8月、『王家に捧ぐ歌』神官ヘレウ
  • 2015年10月~11月、『メランコリック・ジゴロ -あぶない相続人-シトラスの風Ⅲ』(全国ツアー)ノルベール
  • 2016年1月~3月、『Shakespeare~空に満つるは、尽きせぬ言の葉~/HOT EYES!!』バーリー卿ウィリアム・セシル
  • 2016年5月、『王家に捧ぐ歌』(博多座)神官ヘレウ 
  • 2016年7月~10月、『エリザベート-愛と死の輪舞-』ツェップス
  • 2016年11月~12月、『バレンシアの熱い花/HOT EYES!!』(全国ツアー)バルカ
  • 2017年2月~4月、『王妃の館-Château de la Reine-/VIVA! FESTA!』丹野二八 
  • 2017年6月、『パーシャルタイムトラベル 時空の果てに』(バウホール)クレマン、バーソロミュー
  • 2017年8月~11月、『神々の土地~ロマノフたちの黄昏~/クラシカル ビジュー』皇后アレクサンドラ
  • 2018年1月、『不滅の棘』(シアタードラマシティ・日本青年館) コレナティ
  • 2018年3月~6月、『天は赤い河のほとり/シトラスの風-Sunrise-』キックリ
  • 2018年7月~8月、『WEST SIDE STORY』(梅田芸術劇場)クラプキ巡査
  • 2018年10月~12月、『白鷺の城/異人たちのルネサンス』フランチェスコ・パッツィ
  • 2019年2月〜3月、『群盗-Die Räuber-』(シアタードラマシティ・日本青年館)モール伯爵
  • 2019年4月〜7月、『オーシャンズ11』ルーベン・ティシュコフ

脚注編集

  1. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2018年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2018年、128頁。ISBN 978-4-86649-049-6
  2. ^ 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』、阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日、118頁。ISBN-9784484146010
  3. ^ 体調不良により11/8より11/28まで休演。代役は実羚淳が務めた。ショーには12/8から復帰。

外部リンク編集