メインメニューを開く

ミュージカル[1]マリポーサの花』(マリポーサのはな)は、2008年宝塚歌劇団雪組[1]で上演された作品。7場[1]

水夏希主演、正塚晴彦[1]作・演出。 併演作品はショー『ソロモンの指輪[1]』。

目次

上演期間 編集

  • 宝塚大劇場:2008年8月8日(金)-9月22日(月)(新人公演は8月26日(火))
  • 東京宝塚劇場:2008年10月10日(金)-11月16日(日)(新人公演は10月21日(火))

概要編集

 
白いマリポーサの花。
学名: Hedychium coronarium
スペイン語名: Mariposa blanca(白い蝶)
英名: White ginger lily
和名: ハナシュクシャ(花縮砂)

大国の支配と、人々のさまざまな思惑の中で揺れるラテンアメリカ・熱帯エリアのとある小国が舞台。
元軍人のクラブ経営者と自主独立経営を貫くプランテーションのオーナーの娘との切ない愛を主軸に、反政府運動にかかわるオーナーの息子や元軍人仲間との揺るぎない友情を描いたミュージカル作品。

タイトルの『マリポーサ(Mariposa = スペイン語の意)の花』はキューバ国花。主人公が恋人へ、生きる証として送り続けることになる白い花の名前である。

スタッフ編集

宝塚大劇場公演のデータ

出演者一覧編集

主なキャスト編集

※「()」は新人公演。役柄は出典していない(2017年2月現在)。

  • ネロ[5]:水夏希(大湖せしる)
  • セリア[5](イスマヨールの娘):白羽ゆり(舞羽美海)
  • エスコバル[5](ネロの親友):彩吹真央(凛城きら)
  • リナレス[5](セリアの弟):音月桂(彩風咲奈)
  • ロジャー[5]:凰稀かなめ(香綾しずる)
  • ゴンザレス[5]:飛鳥裕(葵吹雪)
  • サルディバル[5](フェルッティと癒着している大統領):未来優希(蓮城まこと)
  • アリシア[5]:天勢いづる(愛原実花)
  • リタ[5]:麻樹ゆめみ(沙月愛奈)
  • シーナ[5]:山科愛(大月さゆ)
  • 護衛官[5]:奏乃はると(彩夏涼)
  • ラファエル[5]:彩那音(真那春人)
  • ベルガール[5]:花帆杏奈(花夏ゆりん)
  • コントレラス[5]:柊巴(凰華れの)
  • 船長[5]:谷みずせ(香音有希)
  • セグンド[5]:真波そら(愛輝ゆま)
  • フェルッティ[5](サルディバルと癒着しているマイアミのマフィア):緒月遠麻(大凪真生)
  • イヴァン[5]:沙央くらま(冴輝ちはや)
  • 側近[5]:衣咲真音(桜寿ひらり)
  • マリア[5]:早花まこ(千風カレン)
  • 子分[5]:大凪真生(朝風れい)
  • チャモロ[5]:大湖せしる(祐輝千寿)
  • ドアマン[5]:葵吹雪(涼瀬みうと)
  • 子分[5]:紫友みれい(梓晴輝)
  • グロリア[5]:愛原実花(早花まこ)
  • ブランカ[5]:舞羽美海(愛加あゆ)
  • イスマヨール[5](自主独立経営を貫くプランテーションのオーナー):未沙のえる(紫友みれい)

脚注編集

参考文献編集

  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3
  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14601-0

外部リンク編集