メインメニューを開く

五稜郭 (テレビドラマ)

日本のテレビドラマ番組

五稜郭』(ごりょうかく)は、1988年12月30日12月31日日本テレビで放映された日本テレビ年末時代劇スペシャルの第4作で、「昭和」最後の作品。放送時間は2回とも20:03 - 23:00(JST)で、20:00 - 20:03(JST)では予告番組『五稜郭のみどころ』が別途放送された。

年末時代劇スペシャル
五稜郭
ジャンル 時代劇
原作 杉山義法
企画 清水欣也
田中正雄
脚本 杉山義法
監督 斎藤光正
出演者 里見浩太朗
田村高廣
三浦友和
ナレーター 鈴木瑞穂
音楽 川村栄二
言語 日本語
製作総指揮 岩淵康郎
プロデューサー 須永元
初川則夫
井上健
松岡明
菊池昭泰
佐藤丈
今井正夫
編集 河合勝巳
制作 日本テレビ
製作 ユニオン映画
放送
音声形式 モノラル放送
前編
放送期間 1988年12月30日
放送時間 金曜20:03 - 23:00
放送枠 年末時代劇スペシャル
放送分 177分
回数 1回
後編
放送期間 1988年12月31日
放送時間 土曜20:03 - 23:00
放送枠 年末時代劇スペシャル
放送分 177分
回数 1回
テンプレートを表示

概要編集

戊辰戦争、特に箱館戦争を通して榎本武揚の半生を描いた作品である。主演里見浩太朗田村高廣三浦友和が特別出演している。

「年末時代劇スペシャル」の人気が高い時期の作品で、局側の力の入れようも相当であり、製作費は約10億円といわれる。本編時間も、前年の「田原坂」よりやや短縮されていたが、約4時間50分という堂々たる時代劇大作であった。一昨年の『白虎隊』のストーリーの後日譚的部分もある。

DVDが発売・レンタルされており、またビデオ版もレンタルされている。

あらすじ編集

オープニングナレーション(ナレーター:鈴木瑞穂

慶応4年(1868年)、現在の北海道で戦いがあった。徳川260年の幕藩体制を壊滅させた維新の戦いは戊辰戦争をもって終結したわけではなかった。事実は、この蝦夷地に諸外国も認めた一つの政権が誕生し、それを制圧して維新の大業が完成を見るには、翌明治2年(1869年)の夏まで待たなければならなかったのである。当時その男達は夢を見た。鳥羽・伏見の戦いで始まる戊辰の戦いに敗れた一握りの幕臣たちは見果てぬ夢を追った。我々にはまだ蝦夷がある。蝦夷には広大な新天地がある。ある者は武士としての意地から、ある者は新政府に対する批判から。この男達は様々な思いを秘めて一隻の船に夢を託した。その船の名を開陽丸といい、北斗の星にも似た彼らの夢の城を五稜郭といった……

前篇 第一部 「江戸最後の日」―男たちの選択―

文久2年(1862年)からオランダに留学していた榎本釜次郎(武揚)は、開陽丸に乗って慶応3年(1867年)に日本へ帰国。直後に佐藤泰然の孫娘・多津と結婚。しかし、彼が力を尽くそうとしていた徳川幕府はすでに崩壊の時を迎えようとしていた。長崎海軍伝習所時代の先輩勝海舟が新しい時代を迎えるために幕府の幕引きを務める中、留学期間中の国内の情勢も知らないまま最強の幕府海軍を率いる榎本は、戦争を回避して薩摩・長州などの倒幕派に樹立された新政府と協力しようとする勝に反撥する。幕府や薩長の狭い視野を抜けて日本の将来を憂える勝の考えは理解されず、榎本は同様の不満をかかえる新選組副長土方歳三ら多くの幕臣達と共に北の果ての大地、蝦夷に向かう。そこには榎本らの夢があった。だが、蝦夷地の気候を甘く見た榎本らは旗艦・開陽丸を座礁させてしまった。

後篇 第二部「幻の蝦夷共和国」―箱館戦争―

日本初の選挙によって蝦夷共和国総裁に選ばれた榎本は、蝦夷を独立国とすべく新政府に嘆願するも一蹴される。一方開陽を失った軍事力を恢復するため、土方らは宮古湾へ向けて出航する。明治新政府が誇る最新艦甲鉄(ストーンウォールジャクソン)号をアボルダージで奪うためである(宮古湾海戦)。しかし政府軍参謀黒田清隆はこの作戦を察知。アボルダージは失敗に終わり、やがて、蝦夷地に新政府軍が上陸。次第に劣勢に追い込まれた蝦夷軍は、じわじわと追い詰められる。榎本の考えを理解しつつあった土方や中島三郎助も戦死。切腹しようとする榎本を松平太郎大鳥圭介大塚霍之丞らが押しとどめて降伏を説得。黒田ら政府軍の一部も、榎本ら蝦夷共和国軍の中の人材が失われることを惜しんで降伏を待っていた。箱館病院長高松凌雲の仲介の下、蝦夷共和国軍は降伏した。

エピローグ ウラルを越えて

榎本は逆賊として捕えられたが、黒田や福澤諭吉、それに義理の祖父佐藤泰然らの尽力により数年で赦され、周囲からも才覚を期待されて政府に仕官する。やがて、樺太千島交換条約批准のため、ロシアへの全権大使として黒田から推薦されサンクトペテルブルクへ赴いた榎本は、帰路シベリアに立ち寄る。蝦夷に似たシベリアの広大な大地を目にした榎本に去来した想いは何だったのか……

スタッフ編集

特殊撮影スタッフ

キャスト編集

榎本家の人々編集

榎本家
親戚たち

蝦夷共和国編集

共和国首脳
函館病院
フランス人士官
元新選組
艦長たち
その他

旧幕府軍関係編集

幕臣
新選組
徳川家
会津藩
桑名藩

新政府関係編集

長州藩
薩摩藩
佐賀藩

その他編集

逸話編集

杉山義法は、『忠臣蔵』『白虎隊』『田原坂』に続き、『年末時代劇スペシャル』4作目の脚本執筆となる。忠臣蔵・白虎隊・田原坂が日本人の好む「滅びの美学」「自裁の美学」を強調した内容であったので、杉山は「(脚本家の立場として)私としては、もう主役が死ぬ内容の脚本を書きたく無い」という思いから、主要人物が死なない題材を探していたところ、箱館戦争に行き着いたという。[1]

その他編集

  • 1988年12月31日は土曜日で、本来クロスネット局やNNS非マストバイ局では、該当時間帯では他系列の番組を放送していたが、他系列の番組の差し替えせず、日本テレビと同時ネットで放送された。

関連作品編集

本作の会津戦争関係描写に大きく関連する作品。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 新人物往来社刊、『別冊歴史読本ビジュアル版・イラストでみる箱館戦争』1988年8月25日発行より


日本テレビ 年末時代劇スペシャル
前番組 番組名 次番組
田原坂
(1987)
五稜郭
(1988)
奇兵隊
(1989)