白虎隊 (1986年のテレビドラマ)

白虎隊』(びゃっこたい)は、ユニオン映画が製作し、1986年12月30日12月31日日本テレビ系で放映された「日本テレビ年末時代劇スペシャル」の第2作で、幕末に起こった戊辰戦争における会津藩の悲劇を描いた作品である。一連のシリーズでは最もヒットした作品であり、また堀内孝雄による主題歌「愛しき日々」も大ヒットして代表曲になった。後の2000年12月にはDVD化もされた。

目次

あらすじ編集

前編 「京都動乱」

会津藩主松平容保西郷頼母の猛反対を押し切って京都守護職を拝命し、孝明帝から信頼を得て京都での活躍、「新選組」の結成、鳥羽・伏見の戦いでの形勢逆転の大敗北。徳川幕府の裏切りによる会津帰国を経て、白虎隊の誕生までを描く。

後編 「落城の賦」

戊辰戦争の中、恭順姿勢も空しく朝敵の汚名を背負い会津戦争へ突入。白虎隊切腹娘子軍の戦死、藩士家族の集団自刃、そして鶴ヶ城開城。井上丘隅ら生き残った藩士は斗南藩へ移封(と言う名の一藩流罪)となり、新しい時代へと歩んでいく。

スタッフ編集

キャスト編集

会津藩関係編集

井上家の人々
重臣たち
松平家
藩士たち
女性たち
白虎隊士
その他

幕府軍関係編集

新選組
桑名藩
徳川家
京都見廻組
奥羽越列藩同盟

東征軍関係編集

王政復古以前の京都関係者編集

土佐藩
公家
長州藩
薩摩藩
その他

補足編集

  • ほとんどの俳優が前年末放映された『忠臣蔵』から引き続き出演している。また、翌年の『田原坂』もほぼ同じメンバーである。
  • 井上丘隅の娘で野村左兵衛の妻・ちか子は本作では斗南藩へと向かっているが、次々作『五稜郭』では土方歳三を追って箱館戦争へ参加し行方不明となっている(史実では井上丘隅、その妻・とめ子、長女・ちか子の3人は、次女で神保修理の妻・雪子が自刃する前日にやはり自刃している。それは飯盛山で白虎隊が自刃した日である)・実際には病死した野村左兵衛が戦死したように描かれているなど、史実と異なる脚色がされている。

関連項目編集