メインメニューを開く

白虎隊 (1986年のテレビドラマ)

白虎隊』(びゃっこたい)は、1986年12月30日・12月31日に日本テレビ系列で放送されたユニオン映画製作の時代劇。『年末時代劇スペシャル』の第2作である。初日の前編・2日目の後編ともに20:03 - 23:00(日本標準時)に放送された。

白虎隊
ジャンル 時代劇
脚本 杉山義法
監督 齋藤武市
出演者 里見浩太朗
森繁久彌
風間杜夫
国広富之
坂上忍
ナレーター 鈴木瑞穂
音楽 瀬尾一三
言語 日本語
話数 全2話
各話の長さ 177分
製作総指揮 岩淵康郎
プロデューサー 須永元
清水欣也
菊池昭泰
今井正夫
制作プロデューサー 岡田晋吉
野崎元春
制作 日本テレビ
製作 ユニオン映画
放送
放送局 日本テレビ系列
音声形式 モノラル放送
放送国・地域 日本の旗 日本
前編「京都動乱」
放送期間 1986年12月30日
放送時間 火曜 20:03 - 23:00
放送枠 年末時代劇スペシャル
放送分 177分
回数 1回
後編「落城の賦」
放送期間 1986年12月31日
放送時間 水曜 20:03 - 23:00
放送枠 年末時代劇スペシャル
放送分 177分
回数 1回
テンプレートを表示

幕末に起こった戊辰戦争における会津藩の悲劇を描いた作品。ナレーションは鈴木瑞穂が担当。

一連のシリーズでは最もヒットした作品であり、堀内孝雄による主題歌「愛しき日々」も大ヒットして代表曲になった。後の2000年12月にはDVD化もされた。

あらすじ編集

前編「京都動乱」
文久2年(1862年)、会津藩主松平容保西郷頼母の猛反対を押し切って京都守護職を拝命し、孝明帝から信頼を得て京都での活躍、「新選組」の結成、慶応4年(1868年)の鳥羽・伏見の戦いでの形勢逆転の大敗北。徳川幕府の裏切りによる会津帰国を経て、白虎隊の誕生までを描く。
後編「落城の賦」
慶応4年の戊辰戦争の中、恭順姿勢も空しく朝敵の汚名を背負い会津戦争へ突入。白虎隊切腹娘子軍の戦死、藩士家族の集団自刃、そして鶴ヶ城開城。井上丘隅ら生き残った藩士は斗南藩へ移封(という名の一藩流罪)となり、新しい時代へと歩んでいく。

主題歌編集

「愛しき日々」
作詞 - 小椋佳 / 作曲 - 堀内孝雄 / 編曲 - 川村栄二 / 唄 - 堀内孝雄

スタッフ編集

キャスト編集

会津藩関係編集

井上家の人々
重臣たち
松平家
藩士たち
女性たち
白虎隊士
その他

幕府軍関係編集

新選組
桑名藩
徳川家
京都見廻組
奥羽越列藩同盟

東征軍関係編集

王政復古以前の京都関係者編集

土佐藩
公家
長州藩
薩摩藩
その他

補足編集

  • ほとんどの俳優が前年末放映された『忠臣蔵』から引き続き出演している。また、翌年の『田原坂』もほぼ同じメンバーである。
  • 井上丘隅の娘で野村左兵衛の妻・ちか子は本作では斗南藩へと向かっているが、次々作『五稜郭』では土方歳三を追って箱館戦争へ参加し行方不明となっている(史実では井上丘隅、その妻・とめ子、長女・ちか子の3人は、次女で神保修理の妻・雪子が自刃する前日にやはり自刃している。それは飯盛山で白虎隊が自刃した日である)。また、実際には病死した野村左兵衛が戦死として描かれているなど、史実と異なる脚色がされている。
  • 斗南藩へ向かった会津藩の人々は、不毛の土地での生活に苦しみ、うつり住んだ約4000人のうち、約2000人が餓死するなどしたが、極寒の不毛の土地でも育つ作物として、会津藩の人々は、りんごを育て始めた。それが後世に受け継がれ、青森県は現在、日本一のりんごの産地として有名になっている。
  • 12月31日の放送では、当時の『NHK紅白歌合戦』の裏番組としてはかなり高い17.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)[1]視聴率をマークした。
  • 日本テレビでは本放送から5年後の1991年12月30日(月曜) 11:50 - 17:00、その翌日に放送される『源義経』の宣伝を兼ねて再放送された[2]

脚注編集

  1. ^ 「紅白 レコード大賞 それとも? 大みそかの夜 何を見ますか」『読売新聞』1987年12月26日付東京夕刊、6頁。
  2. ^ 『読売新聞縮刷版』読売新聞社、1991年12月30日。同日付のラジオ・テレビ欄より。

関連項目編集