メインメニューを開く

大井川鉄道DB1形ディーゼル機関車

大井川鉄道DB1形ディーゼル機関車(おおいがわてつどうDB1がたディーゼルきかんしゃ)は、大井川鐵道井川線で用いている機械式ディーゼル機関車

大井川鉄道DB1形ディーゼル機関車
大井川鉄道DB1形 川根両国車両区にて
大井川鉄道DB1形 川根両国車両区にて
基本情報
運用者 大井川鐵道
製造所 加藤製作所
製造年 1936年 - 1938年
製造数 9両
投入先 井川線
主要諸元
軸配置 B
軌間 1,067 mm
全長 4,980 mm
全幅 1,829 mm
全高 2,438 mm
機関車重量 8.3t
燃料搭載量 400 L (1個搭載)
動力伝達方式 機械式
機関 東日本重工業製 DB5L
歯車比 6.8:1
制動装置 自動空気ブレーキ
最高速度 20 km/h
出力 85 PS
テンプレートを表示

概説編集

専用鉄道時代編集

井川線が大井川電力(当時)専用鉄道であった時代に、市代(現・アプトいちしろ) - 千頭 - 崎平間の運材輸送を行なうために、当初はガソリンエンジンを搭載した機関車として製造された。

その設計はプリマス製産業用内燃機関車を範とする、当時の加藤製作所製産業用機関車の標準設計に従うもので、ボルトで組み立てられた鋳鋼製の台枠を特徴とする。

大井川電力専用線を762mmから1,067mmに改軌した1936年昭和11年)に6両が製造され、1938年(昭和13年)にはさらに1両が増備された。7両ともエンジンブダガソリンエンジン (64PS) を搭載し、機械式変速機とチェーンによる2軸駆動であった。連結器はピン・リンク式連結器(朝顔型連結器)を装備していた。

日本が戦時体制に入った1940年(昭和15年)には、全車両が代用燃料化されたが、この時には代用燃料装置を搭載した台車を別に連結して対処した[1]第二次世界大戦が終わった後もしばらくは代用燃料での運行が続いたが、1950年(昭和25年)ごろにはガソリンの供給が安定したことから、代用燃料の使用を終了している。また、1953年(昭和28年)には全車両のエンジンを東日本重工業製DB5Lディーゼルエンジン (85PS/1,200rpm) に換装している。

専用鉄道が井川駅まで延長された翌年の1955年(昭和30年)10月には2両が増備されたが、これは新造車ではなく、中部電力東上田発電所の建設に使用されていたものであった。この2両はエンジンが当初よりディーゼルエンジンで、日野DA55 (85PS) [2]が搭載されており、連結器も通常の並形自動連結器であった[3]が、他の7両も含めた井川線の全車両が、同年12月に小型の自動連結器[4]に交換された。

地方鉄道へ転換後編集

 
川根両国車両区での入換に使用されるDB1形

1959年(昭和34年)に井川線が専用鉄道から地方鉄道に転換されると、主に旅客列車の牽引に使用されるようになり、客車への通電用ジャンパ連結器も装備した。当時の井川線旅客列車の所要時間は全線で2時間前後であり、本来は入換・工事用の機関車である本形式での運用は無理があったというが、千頭駅・井川駅の両駅に転車台を設置し、長時間のバック運転(逆機)を解消するなどの対策が行われていたという。多客時には本線で重連運転を行うこともあった。

1962年(昭和37年)にはDB4形が中部電力の高根水力発電所建設現場に転出、1969年(昭和44年)にはDB6形も同所へ転出し、7両体制となったが、1982年(昭和57年)にDD20形が登場すると、旅客列車の牽引もDD20形で行なうことになり、同年にDB1形・DB2形が廃車となった。1984年(昭和59年)にはDB3形・DB5形・DB7形の3両も廃車となり、後から転入してきたDB8形・DB9形だけが残った。

2007年10月現在、地方鉄道の車籍を有する機関車では最後となる機械式ディーゼル機関車であり、イベント時に千頭 - 川根両国間などで客車を牽引することがあったが、井川線で2009年(平成21年)3月29日より自動列車停止装置 (ATS) が使用開始されることにより、ATS装置の取り付けが車体構造上不可能な当機は本線走行ができなくなることから、同年3月28日に行われたさよなら運転をもって本線運用から離脱した。その後は川根両国車両区での入換動車として使用されている。

2014年(平成26年)夏に大井川本線で蒸気機関車C11 227による「きかんしゃトーマス号」が走ることに伴い、千頭駅構内でトーマスフェアー(7月12日 - 9月28日のきかんしゃトーマス号運転日)が催されることになり、DB9もトーマスの仲間ラスティーとして改装され展示された。2015年(平成27年)には川根両国駅にてラスティーが展示されている。

2016年(平成28年)からは、トーマスかジェームス運転日に千頭駅構内で「ラスティーの遊覧貨車」として千頭駅構内を遊覧している。

2019年(平成31年)3月のSLフェスタでは、DB8がきれいに塗装された姿がお披露目された。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ ネコ・パブリッシング『RM LIBRARY 96 大井川鐵道井川線』によれば、代用燃料装置を別車体にしたうえ、沿線に製炭所があったことから、代用燃料バスより成績は良好であったという。なお、この時に使用された代用燃料装置が、2007年平成19年)現在でも千頭駅と川根両国車両区に残っているという。
  2. ^ その後日野DB31C (85PS/1,200rpm) に換装されている。ネコ・パブリッシング「RM LIBRARY 96 大井川鐵道井川線」によれば、このエンジンは、1968年(昭和43年)に廃止となった千頭森林鉄道の機関車の中から、状態のよいものを選んだという。
  3. ^ ただし、その後の井川線車両の標準の連結器高さ(レール面から640mm)ではなく、普通鉄道と同様の高さ(レール面から880mm)となっていた。現在でも、連結器取付座が残っている。
  4. ^ 井川線用の小型連結器で、同社では「4分の3自動連結器」と呼称している。

参考文献編集