メインメニューを開く

大分ケーブルネットワーク株式会社(おおいたケーブルネットワーク、略称:OCN[1])は、大分県大分市のうち明野団地とその周辺地域をサービスエリアとするケーブルテレビ局である。

大分ケーブルネットワーク株式会社
Oita Cable Network Co.,Ltd
種類 株式会社
略称 OCN
本社所在地 日本の旗 日本
870-0147
大分県大分市小池原1107-1
設立 1985年6月5日
業種 情報・通信業
法人番号 7320001003070
事業内容 有線テレビジョン放送事業
代表者 代表取締役社長 青柳栄治
資本金 11,100,000円
外部リンク http://www.ocn-catv.ne.jp/
テンプレートを表示

目次

概要編集

もともと、昭和40年代から大分県住宅供給公社が中心となって造成されていった明野団地地区における難視対策・受信拠点集約を目的とした共同受信設備を法令に則りケーブルテレビ事業化した“明野ケーブルテレビ”(あけのケーブルテレビ)が、この会社の出発点である。しかし平成時代になり全市をカバーする目的で都市型の“大分ケーブルテレコム”(略称:OCT)が開局すると、事業を維持するため団地周辺地域にエリアを広げ、今に至っている。OCTの大分市内エリアでぽっかりと穴が開いているのは、このため。

だがデジタル放送においてはOCTや県内同業他社と協調路線を取り、配信会社“大分県デジタルネットワークセンター”(略称:DNC)設立に参加し、ここから配給を受けている。また地理的要件により県外波を自社受信点で拾い易い環境にあったことから、アナログ波の区域外再放送も積極的に行っていたが、岡山のテレビせとうち岡山局は同系列の隣県福岡のTVQ九州放送北九州局開局により(ともに23ch)、広島ホームテレビ呉局は同系列の地元局大分朝日放送大分局開局により(ともに24ch)混信障害が生ずるようになったことから、両県分の再送信は取り止められた上、山口・愛媛両県の民放についても、テレビ完全デジタル化による取り決めで再送信できなくなった。残る福岡民放5社のデジタル波再送信についても総務大臣裁定によってやっと実現したといういきさつがある。

電気通信事業法における電気通信事業(インターネット)の事業区分は、もともと共同受信設備から出発したという経緯もあって大分市外で事業展開していないため、「営利届出事業者」となっている[2]

沿革編集

  • 1985年(昭和60年)6月 - 明野ケーブルテレビ設立
  • 1987年(昭和62年)5月 - 当時の郵政省から放送事業認可を受ける
  • 1991年(平成 3年)頃 - テレビせとうちからTVQに再送信局を切り替え
  • 2005年(平成17年)5月 - 福岡放送とテレビ西日本の再送信開始
  • 2011年(平成23年)7月 - テレビ完全デジタル化により福岡以外の他県波再送信終了

サービスエリア編集

総務省が公表しているPDF文書(こちら)を参照。この文書は、総務省がテレビ完全デジタル化に際し、法令に基づき難視対策として各ケーブルテレビ事業者に地元のNHKと民放を再送信するよう義務付ける制度において、その対象とする地域を各社ごとに示したもので、OCN社はもともとの事業エリアが狭いことから対象地域が具体的に示されている。

主な放送チャンネル編集

NHK-G NHK Eテレ NNS ANN JNN TXN FNS JAITS
NHK大分 テレビ大分
福岡放送
大分朝日放送 大分放送 TVQ九州放送 テレビ大分
テレビ西日本
なお区域外再放送を行っていたRKBとKBCについては、大分県内に同系列のOBSとOABがあり、番組内容が重複するネット番組も多数あることなどから、協議の結果2016年3月31日を持って配信(再放送)を終了することが決まった。他の在福3局については、TOSがクロスネットであることを配慮して引き続き継続して配信する[3]

テレビ局編集

  • 斜字 は配信終了
  • アナログで斜字になっていない局は「デジアナ変換」対象
  • ※は別に視聴契約が必要なオプションチャンネル
デジタル アナログ 放送局
D011-0(1) 3 NHK大分総合
D021(2) 12 NHK大分Eテレ
D031(3) 5 OBS 大分放送
D041-0(4) 8 TOS テレビ大分
D051-0(5) 6 OAB 大分朝日放送
D071(7) Cxx TVQ九州放送
D081(8) Cxx TNC テレビ西日本
D051-1(10) Cxx FBS 福岡放送
D111(11) 1 ワンワンBEEチャンネル
(ワンワンチャンネルに明野BEEチャンネルを統合)
D112(12) 4 情報CH(旧明野BEEチャンネル)
BS101 9 NHK BS1
BS103 11 NHK BSプレミアム
BS141   BS日テレ
BS151   BS朝日
BS161   BS-TBS
BS171   BSテレ東
BS181   BSフジ
BS191※ C37 WOWOWプライム
BS192※ WOWOWライブ
BS193※ WOWOWシネマ
BS200※
C227
C38 スター・チャンネル1
(旧スター・チャンネルハイビジョン、スター・チャンネルCS)
BS201※
C228
スター・チャンネル2(旧スター・チャンネルプラス)
BS202※
C229
スター・チャンネル3(旧スター・チャンネルクラシック)
BS211 BS11
BS222 TwellV
BS234[channel 1]
C274
放送大学テレビ
BS700[channel 2] ウェザーニュース
C210[channel 3] C15 J SPORTS 3(旧J sports ESPN)
C211 スカイ・A sports+
C212 GAORA
C213[channel 3] J SPORTS 1
C214[channel 3] J SPORTS 2
C215※[channel 3] J SPORTS 4(旧J sports Plus)
C217   ゴルフネットワーク
C218 日テレG+
C220 C21 ムービープラス
C221[channel 3] 日本映画専門チャンネル
C222 C20 チャンネルNECO
C223※ V☆パラダイス
C225※ 東映チャンネル
C226※ C23 衛星劇場
C230 ファミリー劇場
C231 C14 スーパー!ドラマTV
C232 AXN
C234 時代劇専門チャンネル
C235 女性チャンネル♪LaLa TV
C237 AXNミステリー
C238 TBSチャンネル[channel 4]
C240 カートゥーンネットワーク
C241[channel 3] アニマックス
C242 キッズステーション
C244※ アニメシアターX
C245 テレ朝チャンネル
C246 ホームドラマチャンネル
C251 日経CNBC
C252 日テレNEWS24
C255 ヒストリーチャンネル
C262 C16 スペースシャワーTV
C264 歌謡ポップスチャンネル
C270 囲碁・将棋チャンネル
C271 ショップチャンネル
C272 QVC
C275 大人の趣味と生活向上◆アクトオンTV
C276[channel 5] 釣りビジョン
C279 エンタメ〜テレ☆シネドラバラエティ
C281 フジテレビTWO
C282 フジテレビONE
C284 日テレプラス
C285※[channel 5] グリーンチャンネル1
C286※ C24 グリーンチャンネル2
C292※ レインボーチャンネル
2 EBC テレビ愛媛
10 KRY 山口放送
  • デジタル放送はDNCから配給を受ける。システムはi-HITSを使用している。
  • TXN系列は当初岡山県テレビせとうちを再配信していたが、TVQ開局後は時間を置いて切り替えられた。同じチャンネルでTVQ北九州局が送信されていたこともあり混信の影響による。
  • 福岡民放5局の地上デジタル放送は当初試験放送として行われ、後地デジパススルーに移行した。受信点はDCNが別府市鶴見岳に設けた共同受信施設であり、そこで北九州局皿倉山)の電波を受信しているが、時折韓国からのテレビ電波による混信で画像の乱れが生じており、一時的に視聴できなくなることがある。
  1. ^ 電波では「BS231」。BS-IFパススルーを導入している以上明らかに誤りで、電波では同チャンネルは「グリーンチャンネルBS」用に割り当てられている。
  2. ^ 電波では「BS910」。BS-IFパススルーを導入している以上明らかに誤りで、電波では同チャンネルは「NHK BS」のデータ放送用に割り当てられている。
  3. ^ a b c d e f 東経110°電波はBSに移行したが、CSカテゴリのまま。
  4. ^ 2012年10月1日から「2」の放送開始に伴い「1」が付く。「2」の配信については未定。
  5. ^ a b 東経110°電波はBSで新規開局したが、CSカテゴリのまま。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ NTTコミュニケーションズが展開する同名のインターネットプロバイダサービスとは勿論一切関係無い。
  2. ^ 回線事業者一覧 > 電気通信回線設備を設置する事業者”. 総務省九州総合通信局 (2012年4月1日). 2012年9月13日閲覧。「非営利」は地方自治体が事業者となるケースに限られる。
  3. ^ KBC九州朝日放送とRKB毎日放送の再放送終了につきまして

外部リンク編集