メインメニューを開く

天外魔境(てんがいまきょう)は、1989年(平成元年)にハドソンから発売された、PCエンジン CD-ROM2用のコンピューターRPGから始まったゲームシリーズ。通称は「天外」。

天外魔境
ジャンル コンピュータRPG
開発元 レッド・エンタテインメント
ハドソン
発売元 ハドソン
主な製作者 広井王子(企画・監修)
辻野寅次郎(絵師)
桝田省治
竹部隆司
荒井弘二
久保久
田中公平
笹川敏幸
1作目 天外魔境 ZIRIA
(1989年6月30日)
最新作 天外魔境 for GREE
(2011年7月6日)
テンプレートを表示

株式会社ハドソンは2012年にコナミデジタルエンタテインメント (KDE) に吸収合併され、以降KDEとレッド・エンタテインメントがシリーズの著作権を保有している。

概要編集

企画、原案は当時レッドカンパニー(現:レッド・エンタテインメント)を主催していた広井王子。原作はスミソニアン博物館東洋研究第3主事の東洋研究家であるP.H.チャダ著『FAR EAST OF EDEN』とされているが、これは広井らが作り上げた架空の書籍である(「P.H.チャダ(ポール・ヒエロニムス・チャダ)」は原作者あだちひろしの別ペンネームであり、あだちの個人サイト「あ氏の部屋」[1]のトップにはチャダの肖像画が掲載されている、P.H.は広井王子のペンネームでPrince Hiroiの頭文字から取っている)舞台は「西洋から観た誤った日本観」をコンセプトとする16~18世紀頃を時代設定とした架空の国「ジパング」。古来からジパングの危機になると現れて国を救った「火の一族」の血を受け継ぐ者たちの活躍を中心に描く。当初は実写映画やアニメ作品として企画されたもので、およそ当時のゲームに収まる内容ではなかったが、媒体にCD-ROMを使用することでゲーム化が実現した(詳細は『天外魔境 ZIRIA』の記事を参照)。なお『青の天外』(2003年)発表時の広井へのインタビューによると、天外魔境は「3部作3シリーズ」という『スター・ウォーズ』と同様の構想があったとの事。その場合のタイトルはシリーズ毎のまとまりが理解しやすい「第五の黙示録」「第六の黙示録」や「赤の天外」等が考えられていた。シリーズ累計で220万本以上のセールスを記録している[1]

シリーズ編集

天外魔境 ZIRIA
RPG。ジパング坂東編。
天外魔境II 卍MARU
RPG。ジパング大和編。
天外魔境 風雲カブキ伝
RPG。『天外魔境II』のキャラクター「カブキ団十郎」を主人公としたスピンオフ番外編。京都およびロンドンが舞台。
カブキ一刀涼談
『風雲カブキ伝』のキャラクターを中心とした対戦型格闘ゲーム
天外魔境 真伝
天外魔境シリーズのキャラクターによる対戦型格闘ゲーム。
天外魔境 電脳絡繰格闘伝
天外魔境シリーズのキャラクターによる、アニメーションムービーを使用した対戦型格闘ゲーム。
天外魔境ZERO
RPG。スーパーファミコン向けに新たに作られた作品。ロムカセットの中にカレンダー機能が内蔵され、プレイする日付に連動してイベントが発生するPLGシステムを採用。
天外魔境 第四の黙示録
RPG。アメリカ編。これまでとは反対に「日本から観た誤った西洋観」を世界観としている。「第四」というタイトルは、当時発売が予定されていた『〜III』を踏まえたシリーズ4作目と位置づけられているため。
オリエンタルブルー 青の天外
RPG。「ジパング」とはまた違った東洋世界をブレンドした世界観を持つ。魔石の合成システムが特徴。当時はシリーズ第7作目(第3部1作目)という扱いが与えられていたようである。元々は64DDのソフトとして企画されていた[2]
モバイル天外魔境
携帯電話端末を使用した多人数参加型ネットワークRPG
天外魔境III NAMIDA
RPG。ジパング九洲編。PCEやPC-FXでの『天外魔境III』の発売予定が開発中止となった後、10年近く後に再び企画が立ち上がって発売された。ただし1990年代中盤当初の企画でのストーリー・キャラクター設定は使われることなくお蔵入りとなり、タイトル名以外は新たに別の内容で作られた。
天外魔境 JIPANG7
戦乱ソーシャルオンライン活劇。『天外魔境II 卍MARU』の千年前が舞台。4月12日に正式サービスを開始したが、7月26日をもってサービスを終了[3]した。開発・運営元はアルケミア。
天外魔境 for GREE
仲間カードをベースにしたソーシャルゲーム。2012年1月6日をもってサービスを終了した。

リメイク・移植作品編集

天外魔境II MANJI MARU
PCE版『天外魔境II 卍MARU』のリメイク移植。3Dポリゴン化やビジュアルシーンのムービー化がされ、PCE内蔵音源の曲はリニューアルされた。ゲームバランスの変更など賛否が分かれる点も。
天外魔境 ZIRIA
PCE版『天外魔境 ZIRIA』をベースとして、携帯電話用アプリとして開発されたリメイク移植作品。
天外魔境II MANJI MARU
PCE版『天外魔境II 卍MARU』のリメイク移植。DSの2画面への対応などリメイク要素は少なめで、PS2・GC移植版と比較して高いレベルでPCE版を忠実に再現している(PCE内蔵音源だった曲はPS2・GC版でのアレンジバージョンになっている)。
天外魔境 ZIRIA〜遥かなるジパング〜
PCE版『天外魔境 ZIRIA』をベースに、原案要素などを交えて再構築された完全リメイク作品。
天外魔境 第四の黙示録
SS版『天外魔境 第四の黙示録』の移植作品。新規シナリオ追加。随時セーブ可能になったため、真実の書(セーブポイント)が削除されている。また、SS版のコラボーレーション企画であった井村屋と秋山食品による販売及びアイテムも削除された。
PC Engine Best Collection 天外魔境コレクション
PCE版の『天外魔境 ZIRIA』、『天外魔境II 卍MARU』、『天外魔境 風雲カブキ伝』、『カブキ一刀涼談』+イラスト集を収録。
天外魔境 ZIRIA PremiumEdition
Xbox 360版『天外魔境 ZIRIA ~遥かなるジパング~』をベースとして、携帯電話用アプリとして開発されたリメイク移植作品。3Dから2Dに変更されており、村人用ボイスも追加され完全フルボイス化している。ストーリーは12章に分けて配信され、追加ダンジョンや機能拡張なども実施予定。

関連商品編集

ゲーム編集

映像作品編集

  • アニメーション
    • 天外魔境 自来也おぼろ変(OVA)
  • 実写ドラマ
    • 運命の逆転(TBS系)
    • 天外魔境 電々の伝 電脳電撃カブキ伝(VHS)
  • その他
    • 天外魔境III メイキングDVD

小説編集

  • 天外魔境 FAR EAST OF EDEN
  • 天外魔境(2)大門招来編 上の巻
  • 天外魔境(3)大門招来編 下の巻
  • 天外魔境 風雲カブキ伝リプレイ
  • 天外魔境ZERO 炎の勇者たち
  • 天外魔境 第四の黙示録

ゲームブック編集

  • 天外魔境 魔城の聖戦
  • 天外魔境ZERO ゲームブック(1)FAR EAST OF EDEN

攻略本編集

  • 天外魔境II 卍MARU 公式ガイドブック
  • 天外魔境 風雲カブキ伝 これぞ天下無敵の究極攻略本!!!
  • ゲーメストムック 天外魔境 真伝
  • 天外魔境ZERO マル秘公式ガイドブック
  • 天外魔境 第四の黙示録 公式ガイドブック
  • ORIENTAL BLUE 青の天外 -マルチシナリオRPGを存分に楽しむための1冊
  • オリエンタルブルー 青の天外 コンプリートガイド
  • 天外魔境II MANJI MARU 炎之奥義書
  • 天外魔境II MANJI MARU 公式完全攻略絵巻
  • 天外魔境III NAMIDA 公式ガイドブック
  • 天外魔境III NAMIDA 公式完全攻略絵巻

その他の書籍編集

  • 天外魔境 ビデオ&ゲーム大集成
  • PCエンジンCD-ROMカプセル特別版 天外魔境 風雲カブキ伝 出撃の書
  • 天外魔境 第四の黙示録 公式設定資料集
  • FAR EAST OF EDEN 研究序説
  • 天外画廊:辻野芳輝画集

CD編集

パチスロ編集

  • CR天外魔境 卍MARU (2009年(平成21年)2月下旬より順次導入)
  • パチスロ天外魔境 (2009年(平成21年)夏より順次導入)

脚注編集

外部リンク編集