メインメニューを開く

経歴・人物編集

  • 本名が既存の俳優西村雅彦と同姓同名のため、芸名「曽世海児」としてデビュー。「ユージュアル・サスペクツ」の「カイザー・ソゼ」をもじったものであることをファンクラブイベント等で公表。2007年秋に漢字表記を「曽世海児」から「曽世海司」に改名。
  • 個人活動としてトークライブ「ことのはドリップ」を2011年より、おおよそ年1回のペースで開催している。高校の同級生の結婚式で再会した友人が、ライブ等ができる喫茶店(とがし喫茶)を営業していると聞き、何かしてみようという事から始まった。第3回からは地方都市での開催も挑戦している。前半は古典落語を現代版にアレンジし、カフェ店員の衣装でスタンディングで行うカフェ落語、後半は客から貰ったキーワードを組み合わせてのフリートークが人気。

出演/StudioLife舞台編集

  • トーマの心臓」(原作:萩尾望都)再演 - バッカス役 (1997/3/1〜3/23)
  • ヴェニスに死す」(原作:トーマス・マン) (1997/7/15〜7/22)
  • 第2回新人公演「WHITE」再演 - 正治役 (作:倉田淳) (1997/9/17〜9/23)
  • The Other Life vol.1「HAPPY FAMILIES」(原作:デボラ・ラヴィン) - サフロン役 (1997/11/26〜12/2)
  • TUNE-UP LIFE「TAMAGOYAKI」(作:倉田淳) 再演 (1998/2/11〜3/1)
  • 訪問者」(原作:萩尾望都) (1998/7/1〜7/12)
  • 第3回新人公演「WHITE」(作:倉田淳) - 桜子=バオバブ役 (1998/9/23〜9/30)
  • 「ヴァンパイアレジェンド」(原作:ジョゼフ・シェリダン・レ・ファニュカーミラ」) (1998/11/12〜11/23)
  • 「トーマの心臓」(原作:萩尾望都) 再演 - オスカー役(ダブルキャスト) / バッカス役(ダブルキャスト) (1999/4/1〜4/18)
  • 「死の泉」(原作:皆川博子) - ギュンター役 (1999/7/24〜8/1)
  • The Other Life vol.2「THREE MEN IN A BOAT+ワン」(原作:ジェローム・K・ジェローム) - ハリス役 (1999/10/6〜10/24)
  • The Other Life vol.3「桜の園」(原作:アントン・チェーホフ) - ワーリャ役 (1999/12/29〜1/12)
  • DRACULA」(原作:ブラム・ストーカー) - ミナ・ハーカー役 / 魔女役 (2000/4/19〜5/2)
  • 黒いチューリップ」(原作:アレクサンドル・デュマ・ペール) - コルネリウス・ファン・ベルル役(ダブルキャスト) (2000/7/26〜8/13)
  • 「トーマの心臓」「訪問者」【連鎖公演】 (原作:萩尾望都) - ユリスモール役(ダブルキャスト) (2000/12/7〜東京、大阪)
  • The Other Life vol.4「HAPPY FAMILIES」(原作:デボラ・ラヴィン) 再演 - メリック役 (2001/3/21〜4/8)
  • 「死の泉」(原作:皆川博子) 再演 - ギュンター役 (2001/5/23〜東京、大阪)
  • Sons」(原作:三原順) - マギー役 (2001/10/3〜10/14)
  • 「月の子」(原作:清水玲子) - ショナ役(ダブルキャスト) (2002/2/1〜東京、大阪)
  • LILIES」(原作:ミシェル・マーク・ブシャルド) - ヴァリエ役(ダブルキャスト) (2002/5/2〜5/12)
  • The Other Life vol.5「THREE MEN IN A BOAT+ワン」 - 播摩屋吉之介役 (2002/11/16〜12/15)
  • 「トーマの心臓」(原作:萩尾望都) 再演 - オスカー役(ダブルキャスト) / バッカス役(トリプルキャスト) (2003/2/27〜東京、福岡、名古屋、大阪)
  • OZ」(原作:樹なつみ) - リオン役 (2003/6/4〜6/18)
  • 第6回新人公演「WHITE」(作:倉田淳) - 桜子=バオバブ役(トリプルキャスト日替わりシークレット) (2003/7/25〜8/6)
  • 「LILIES」(原作:ミシェル・マーク・ブシャルド) 再演 - ティリー伯爵夫人役(ダブルキャスト) (2003/9/10〜東京、大阪)
  • 「MOONCHILD〜月の子〜」(原作:清水玲子) 再演 - ショナ役(ダブルキャスト) (2004/3/4〜東京、仙台、名古屋、福岡、広島、大阪)
  • 「DRACULA」再演 - ドラキュラ伯爵役(ダブルキャスト) (2004/6/9〜6/27)
  • 「パサジェルカ 女船客〜秘した過去が手招く旅路〜」(原作:ゾフィア・ポスムイシュ) - リーザ役 (ダブルキャスト) (2004/12/2〜12/12)
  • 「OZ〜オズ〜」(原作:樹なつみ) 再演 - リオン役 (2005/3/3〜東京、新潟、名古屋、大阪、福岡、広島)
  • 「メッシュ」(原作:萩尾望都) - ミロン役(ダブルキャスト) (2005/6/15〜7/4)
  • 紀伊國屋書店提携公演「白夜行 第1部」(原作:東野圭吾) - 篠塚一成役 (2005/9/4〜10/1東京、10/14〜10/16大阪)
  • 紀伊國屋書店提携公演「白夜行 第2部」(原作:東野圭吾) - 篠塚一成役 (2005/12/11〜2/11東京、12/13〜12/14大阪)
  • 「ヴァンパイアレジェンド」「DRACULA」再演 (2006/2/25〜3/12東京、新潟、仙台、九州、広島、大阪、名古屋)
  • 「トーマの心臓」再演 - オスカー役(ダブルキャスト) (2006/6/3〜6/29東京、7/8〜7/9大阪)
  • 夏の夜の夢」(原作:ウィリアム・シェイクスピア) - ライサンダー役(ダブルキャスト) (2006/9/7〜10/1)
  • 「銀のキス」(原作:アネット・カーティス・クラウス、翻訳:柳田利枝) - サイモン役(ダブルキャスト) (2006/12/7〜12/17)
  • 「DAISY PULLS IT OFF」再演 - クレア・バーモント役 (2007/2/21〜3/11)
  • 紀伊國屋書店提携公演「Romeo&Juliet」(原作:ウィリアム・シェイクスピア、翻訳:松岡和子) - マキューシオ役(ダブルキャスト) (2007/5/10〜6/5)
  • アドルフに告ぐ」(原作:手塚治虫) - 峠草平役 (2007/12/20〜12/30)
  • 「夏の夜の夢」(原作:ウィリアム・シェイクスピア) 再演 - ライサンダー役(ダブルキャスト) (2008/4/17〜5/11)
  • マージナル (漫画)」(原作:萩尾望都) - グリンジャ役他(ダブルキャスト) (2008/8/28〜9/28)
  • 「死の泉」(原作:皆川博子) 再演 /「パサジェルカ」(原作:ゾフィア・ポスムイシュ) 再演【連鎖公演】- 青年フランツ役(ダブルキャスト) / リーザ役(2008/11/28〜12/14、12/19〜12/21)
  • 十二夜」(原作:ウィリアム・シェイクスピア) - オーシーノ役 (2009/10/15〜11/8東京、大阪)
  • 「PANSY MAZE」(作:倉田淳) 再演 - 教師役(代役) (2009/12/9〜12/20)
  • 「トーマの心臓」(原作:萩尾望都) 再演 /「訪問者」(原作:萩尾望都) 再演【連鎖公演】 - オスカー役(ダブルキャスト) / シェリー役(ダブルキャスト) (2010/2/27〜東京、仙台、名古屋)[参照元 1]
  • じゃじゃ馬ならし」(原作:ウィリアム・シェイクスピア) - ペトルーチオ役(ダブルキャスト) (2010/7/8〜8/1)
  • 「DRACULA」再演 - ドラキュラ伯爵役(ダブルキャスト) (2010/11/10〜12/5)
  • 11人いる!」(原作:萩尾望都) - バセスカ役(ダブルキャスト) (2011/2/5〜3/27)
  • PHANTOM The untold story 〜語られざりし物語〜」 (スーザン・ケイ) - エティエンヌ・バリー役(ダブルキャスト) / ジョバンニ役(ダブルキャスト) (2011/6/9〜6/27)
  • 「夏の夜の夢」(原作:ウィリアム・シェイクスピア) 再演 /「十二夜」(原作:ウィリアム・シェイクスピア) 再演 【連鎖公演】 - イジーアス役(ダブルキャスト) / オーシーノ役 (2011/10/22〜12/10)
  • 「OZ〜オズ〜」再演 (原作:樹なつみ) - 1019役 (2012/2/23〜3/12)
  • 天守物語」(原作:泉鏡花) - ススキ役 (2012/6/9〜6/24)
  • 「PHANTOM 語られざりし物語 The Kiss of Christine」(原作:スーザン・ケイ) - ラウル役(ダブルキャスト)/太后役 (2012/10/6〜10/24)[参照元 2]
  • 「11人いる!」再演(原作:萩尾望都) - バセスカ役(ダブルキャスト) (2013/1/10〜1/20)
  • 続・11人いる」(原作:萩尾望都) - バセスカ役(ダブルキャスト) (2013/2/28〜3/17)
  • 「LILIES」再演 (原作:ミシェル・マーク・ブシャルド) - 老ビロドー役(トリプルキャスト)/リディアンヌ役(トリプルキャスト) (2013/11/20〜12/8)
  • 「少年十字軍」(原作:皆川博子) - カドック役(ダブルキャスト) (2014/2/8〜3/2)
  • 「トーマの心臓」(原作:萩尾望都) 再演 - ミュラー校長役 (2014/5/24〜6/22)
  • 「夏の夜の夢」(原作:ウィリアム・シェイクスピア) 再演 - ライサンダー役他(ダブルキャスト) (2015/1/29〜2/15)
  • 「WHITE」(作:倉田淳) 再演 - バオバブ役 (2015/5/14〜5/24)
  • 「アドルフに告ぐ」(原作:手塚治虫) 再演 - 峠草平役(ダブルキャスト) (2015/7/11〜8/2)
  • 「PHANTOM -THE UNTOLD STORY」(原作:スーザン・ケイ) 再演 - ラウル役 (2015/11/11〜12/7)
  • 「トーマの心臓」(原作:萩尾望都) 再演 - バッカス役 (2016/2/24〜3/13)
  • 「THREE MEN IN A BOAT+ワン」再演 - モンモランシー役(ダブルキャスト) (2016/5/17〜6/2)
  • The Other Life vol.9「BLOOD RELATIONS〜血のつながり」(原作:シャロン・ポーロック) - ドクター・パトリック役(ダブルキャスト) / 弁護士(ダブルキャスト) (2016/9/15〜10/2)
  • 「DAISY PULLS IT OFF」再演 - クレア・バーモント役(ダブルキャスト) / デイジーの母役(ダブルキャスト) / ミス・グランヴィル役(ダブルキャスト) (2016/12/1〜12/8)
  • 「エッグ・スタンド」(原作:萩尾望都) - ルイーズ役(ダブルキャスト) / サガン未亡人役(ダブルキャスト)(2017/3/1〜3/20東京、3/24〜3/25大阪)[参照元 3][1][2][3][4][5]
  • はみだしっ子」(原作:三原順) - レディ・ローズ役 / グレアムの叔母役 / パーティの客(2017/10/20~11/5)[参照元 4]
  • 「DRACULA」再演 - ドラキュラ伯爵役(ダブルキャスト) / ジョナサン役(ダブルキャスト) (2018/2/15〜3/3)[参照元 5][6][7][8][9]
  • アンナ・カレーニナ」(原作:レフ・トルストイ) - アンナ役(ダブルキャスト)(2018/5/26~6/10)[参照元 6]
  • 「Happy Families」(原作:デボラ・ラヴィン) - アラン・メイトランド役(ダブルキャスト) (2018/12/13〜12/23)[参照元 7]
  • 「11人いる!」再演(原作:萩尾望都) - バセスカ役(ダブルキャスト) / グレン・グロフ役(ダブルキャスト) (2019/5/18〜6/2)[参照元 8]
  • VANITIES」(原作:ジャック・ハイフナー) - キャシー役(2019/11/14~11/24)[参照元 9]

出演/客演舞台編集

  • 王立劇場「荒波次郎」(作演出:後藤ひろひと) (2002/8/21〜東京、大阪)
  • クリオネプロデュース「SLEEPLESS」(作:倉持裕、演出:板垣恭一) (2003/7/8〜7/13)
  • G2プロデュース「止まれない12人」(作:後藤ひろひと) (演出:G2) (2003/12/4〜北海道、東京、福岡、大阪、広島)
  • G2プロデュース「痛くなるまで目に入れろ」(作演出:G2) (2004/9/9〜東京、新潟、大阪、広島、福岡)
  • ペテカン「タバコの煙とコーヒーの湯気」(2006/4/15〜4/23)
  • リリパットアーミーII夜の姉妹〜劇場編」(作演出:わかぎゑふ) (2007/7/6〜大阪、東京、福岡)
  • 劇団たいしゅう小説家「ディレクション」(作演出:吉村ゆう) (2007/9/15〜9/24)
  • 「タンゴモデルナVOL.7マリアの息子たち」(2007/10/20〜10/21)
  • テレビ東京StudioLife銀河劇場プロデュース公演「カリフォルニア物語」(原作:吉田秋生) - インディアン役 (ダブルキャスト) (2008/2/27〜3/9)
  • 音楽劇『夜と星と風の物語〜「星の王子さま」より〜』(演出:藤原新平) - 男1 (飛行士)(2008/7/26〜8/3)
  • COMEDYTRAIN「サダオのサダメ」(作演出:吉村ゆう) - サダオ役 (2008/10/10〜10/15)
  • ミュージカル「森は生きている」(作:サムイル・マルシャーク) (訳:湯浅芳子) (演出:安崎求) (2009/1/17〜1/22)
  • フジテレビジョンStudioLife銀河劇場プロデュース「フルーツバスケット」(原作:高屋奈月) (演出:倉田淳) - 草摩はとり役 (2009/2/26〜3/8)
  • 「TEACHERS〜職員室より愛を込めて〜」(作演出:吉村ゆう) (2009/7/18〜東京、大阪)
  • COMEDYTRAIN「サダオのサダメ〜新たな旅路〜」(作演出:吉村ゆう) - サダオ役 (2009/8/19〜8/25)
  • 玉造小劇店配給芝居vol.3「お代り」(作演出:わかぎゑふ) (2010/1/14〜大阪、東京)
  • COMEDYTRAIN「サダオのサダメ」(作演出:吉村ゆう) 再演 - サダオ役 (2010/12/15〜12/19)
  • 「“P”s美しき戦場の花婿」(作演出:合馬百合) (2010/5/25〜5/30)
  • アトリエ・ダンカンプロデュース「ACT泉鏡花」(2010/10/1〜10/10東京、12仙台、15名古屋、17長崎、20京都、23.24金沢)
  • COMEDYTRAIN「サダオのサダメ〜ベイビードンクライ」(作演出:吉村ゆう) - サダオ役 (2011/4/29〜5/5)
  • 東京マハロ公演「かみさまの匂い」(作演出:矢島弘一) (2011/8/11〜8/17)
  • ルドビコ公演「八犬伝ー疾風異聞録―」(演出:三浦香) (2011/9/16〜9/25)
  • ClioneCompilationReading「Rain men in Noei雨男たちのクリスマス〜“リコ”という名の天使〜[参照元 10]」(作演出:本田誠人) (2011/12/13〜14)
  • ねねぷろじぇくと「ロミオとシラノとジュリエット」(作演出:仲代奈緒) - シラノ役 (2012/4/26〜4/30)
  • 東京マハロ公演「引き出しの中のラブレター」(作演出:矢島弘一) (2012/11/17〜11/25)
  • 東京ハートブレイカーズ「サイレントフェスタ」(作演出:ほさかよう) (2013/4/25〜4/29)
  • 「乙女の泪」(作演出:林勇輔) (2013/8/16)
  • 「「ブラックジャックによろしく」によろしく。」(作演出:小野健太郎) (2013/9/11〜16)
  • 大手町ホールオープニングシリーズ「海峡の光」(原作・脚本・演出:辻仁成)- 刑務官鈴木役/甲板長役 (2014/4/11〜4/29)
  • WATARoomproduce「VIVID CONTACT」(作演出:柏進・ワタルーム) - 陽子役他 (2014/10/1〜10/12)
  • 第一回お茶の間サミット「世襲戦隊カゾクマン」- 兄ブルー役 (2014/12/19〜12/28)
  • WATARoomproduce「VIVIDCONTACT〜Thejust〜」(作演出:柏進・ワタルーム) - 陽子役 (2015/1/7〜11)
  • ローリング ワンダー レビュー Vol.1 新春!コント博品館「七転び八時起きの人々」(2016/1/15〜1/17)
  • まほろば遊「朗読と落語のせかい」[10]【朗読】「芥川龍之介 藪の中」(2016/11/6)
  • まほろば遊「朗読と落語のせかい」[11]【朗読】「星の王子様」(2017/6/10)
  • 朝劇 西新宿「恋の遠心力」 - 日替わりゲスト(2017/6/28)
  • プリエールプロデュース「世襲戦隊カゾクマンⅡ」- 兄ブルー役 (2017/7/21〜7/30)
  • 森山栄治&柏進「だめおたちの夜・マリカ&モリカスーパーライブ」- ゲスト出演(1曲) (2018/3/18)
  • WATARoomproduce「VIVID CONTACT-again-」(作演出:柏進・ワタルーム) - 陽子役他 (2018/3/21〜3/25)
  • まほろば遊「~歌と朗読でつづる恋物語~ギリシア神話の女神たち」[12]【朗読】「ナルキッソス」「ピュグマリオン」(2018/4/1)
  • まほろば遊「朗読と落語のせかい」[13]【朗読】「ジゴロとジゴレット」(2018/7/15)
  • 山本芳樹「Y’s Live vol.3」- ゲスト出演(2018/9/9)
  • 升毅 presents「THE TALKING MUSIC SHOW」(2018/11/8〜11/9)
  • 四獣+玉造小劇店「ワンダーガーデン」(脚本・演出:わかぎゑふ) - 日替わりゲスト(2018/11/18)
  • まほろば遊「AfternoonTeaLive」[14]【朗読】「モーパッサン:首飾り」【カフェらくご】「藪入り」(2019/2/24)
  • 「なごや午後らくご」【カフェらくご】「浜野矩随」(2019/3/23)
  • まほろば遊「音楽と朗読のせかい」【朗読】「まなづるとダリア」「銀河鉄道の夜」「ギリシア神話」(2019/3/24)
  • プリエールプロデュース「世襲戦隊カゾクマンⅢ」- 兄ブルー役 (2019/7/5〜7/17東京、8/2福岡、8/4黒崎、8/9大阪、8/11名古屋)
  • エヌオーフォー「トリスケリオンの靴音」- 土門忠 (2019/9/4~9/16)

出演/その他編集

映画出演編集

  • 「アザーライフ」(監督:赤地義洋)(2006年)
  • 「オーディション」(監督:三池崇史)(1999年)

TV出演編集

  • テレビ朝日「金髪先生」
  • テレビ東京「七瀬ふたたび」(1998/4/6〜7/6にかけて放送)
  • フジテレビ「ポリャンスキーの脳〜真実のSF〜」

TVCM編集

  • 日清「麺の達人」
  • 日立「ロータリーグランゼット」(2004年頃)
  • テレビCM/ジョンソン・エンド・ジョンソン「ニコレット エアタバコ篇」(2009年頃)
  • MARO 3Dボリュームアップシャンプー「下敷きミュージカル」篇 (2014/9〜)
  • MARO デオスカルプシャンプー&トリートメント「ポンプミュージカル」篇 (2014/9〜)
  • 【ナレーション】Combi「産まれたての頭を守る、エッグショック」 (2016/7〜)
  • KDDI沖縄セルラーau 意識高すぎ!高杉くんシリーズお見舞い篇」細杉くん母親役[15](2018/10/1〜)

声優編集

  • テレビ東京 連続アニメ 「新テニスの王子様」 レギュラー・黒部由紀夫役(2012/1/4〜3/28放送)
  • テレビ東京 連続アニメ 「超訳百人一首 うた恋い。」 第9話・藤原斉信役(2012/8/27放送)
  • アニメ映画「キャプテンハーロック -SPACE PIRATE CAPTAIN HARLOCK-」 - 副官役(2013年)
  • 海外ドラマ WOWOW 「ミディアム 霊能者アリソン・デュボア」 (2006年)
  • NetflixULTRAMAN」 ベムラー役(モーションアクター兼任)(2019年)[16]

落語編集

  • 新感覚落語「第13回YEBISU亭」ゲストトークのみ (2005/4/23)
  • 新感覚落語「番外編YEBISU亭[17]」- 『ちりとてちん』 (2007/8/26)
  • 役者の落語会第1回「ごらく亭」のお中元[18] - 『狸の札』(2011/7/2)
  • 新感覚落語「第36回YEBISU亭[19]」- 『干物箱』 (2012/3/13)
  • 役者の落語会第2回「ごらく亭」の夏休み - 『干物箱』『ちりとてちん』 (2012/8/9)
  • 千本桜ホール「役者の落語会」[20](2012/8/10)
  • 役者の落語会第3回「ごらく亭」の夏休み2 - 『午後の保健室』『不動坊』 (2013/8/24)
  • 経堂さばのゆ「前田一知・曽世海司二人会」 (2013/9/26)
  • 新宿「ふく寄席」一人会 - 『ちりとてちん』『カフェ落語・井戸の茶碗』 (2013/10/25)
  • 粟津演舞場「サンキュー落語」 (2014/8/16)
  • 役者の落語会第4回「ごらく亭」の夏休み3 - 『宮戸川』『禁酒番屋』(2014/8/31)
  • 役者の落語会第5回「ごらく亭」スペシャル - 『粗忽長屋』『明烏』 (2015/9/19)
  • カゾクマン特別企画「寄席日和~赤坂の会~[21]」- 『禁酒番屋』(2015/12/23)
  • 埼玉県毛呂山町「シニアの方々の為の健康増進プログラム」 - 『禁酒番屋』『お見立て』(2016/7)
  • 役者の落語会第6回「ごらく亭」のピアニッシモな夏休み - 『井戸の茶碗』 (2016/7/30)
  • まほろば遊「朗読と落語のせかい」- 『粗忽長屋』(2016/11/6)
  • 春風亭昇太プロデュース下北沢演芸祭2017・役者の落語会第7回「ごらく亭」冬の陣 - 『ちりとてちん』 (2017/2/5)[22]
  • まほろば遊「朗読と落語のせかい」 - 『明烏』(2017/6/10)
  • 経堂さばのゆ「浅田飴のまちおこし[23]」 - 『明烏』 (2017/6/16)
  • カゾクマン特別企画「寄席日和~赤坂の会~[24]」- 『お見立て』(2017/7/27)
  • 埼玉県毛呂山町「シニアの方々の為の健康増進プログラム」(2017/8)
  • 役者の落語会第8回「ごらく亭」の夏休み[25] -『桃太郎 (落語)』 (2017/9/2)
  • 第8回「まがたま寄席in仙台[26]」-『明烏』 (2017/9/17)
  • club LIFE大感謝祭「あらいやくし落語会[27]」-『井戸の茶碗』 (2017/12/14)
  • 「ごらく亭」ピアニッシモ[28] -『禁酒番屋』 (2018/5/13)
  • まほろば遊「朗読と落語のせかい」 - 『宮戸川~お花半七馴れ初め~』(2018/7/15)
  • 埼玉県毛呂山町「いきいきシニア講座」 - 『宮戸川』『お見立て』(2018/7/24)
  • 役者の落語会第9回「ごらく亭」の夏休みコント赤信号スペシャル[29] -『不動坊』 (2018/8/18)
  • 「なごや午後らくご」 - 『不動坊』(2019/3/23)
  • カゾクマン特別企画「寄席日和~赤坂の会~[30]」- 『粗忽長屋』(2019/7/8)
  • 役者の落語会第10回「ごらく亭」の夏休み[31] - 『かつぎや』(2019/9/28)

モーションアクター編集

WEB編集

  • 【コラム】Confetti「曽世海司 The 10th Sense」[32] (2007/3/1〜6/1)
  • 【WEBラジオ】FM世田谷 世田谷的演劇案内『シアターF』 井戸端ラジオパーソナリティ[33] (2008年〜2009年)
  • 【コラム】海外ドラマNAVI [34] (2009/12/21)
  • 【コラム】海外ドラマNAVI インタビュー<前編・後編>[35] (2013/1/9)
  • 【インタビュー】アイデアニュース インタビュー<前編・後編>[36] (2017/5/1)
  • 【WEBラジオ】MID-FM ブックカフェまほろば遊と曽世海司の「音楽と朗読のせかい」[37] (2019/7/23〜2020/1/28)
  • 【WEBラジオ】まほろば遊と曽世海司の「朗読と落語のせかい」藪の中ジゴロとジゴレット首飾り三人の太った女おきなぐさ賢者の贈り物幸福の王子(2019/7/23~2020/1/28)

個人活動編集

  • 【トークライブ】「ことのはドリップ1」-カフェ落語『寿限無』- 東京2011/7/12
  • 【トークライブ】「ことのはドリップ2」-カフェ落語『千両蜜柑』- 東京2012/7/15、7/17 ※7/17収録分CD化あり
  • 【トークライブ】「ことのはドリップ3」-カフェ落語『井戸の茶碗』- 東京2013/5/18、5/21、仙台5/25、大阪6/15、福岡7/27、名古屋7/28 ※5/21収録分CD化あり
  • 【トークライブ番外】「ことのはトリップ」東京(2013/9/28、10/3)
  • 【トークライブ】「ことのはドリップ4」-カフェ落語『柳田格之進』-東京 2014/9/13、9/16、大阪10/25、仙台10/25、名古屋11/1、福岡11/2 ※9/16収録分CD化あり
  • 【トークライブ】「ことのはドリップ5」-カフェ落語『藪入り』- 福岡2016/3/19、大阪3/20、名古屋3/26、東京3/29、仙台4/9 ※3/29収録分CD化あり
  • 【トークライブ】「ことのはドリップ6」-カフェ落語『寿限無』- 大阪2016/6/25、仙台7/2、東京7/5、福岡7/9、名古屋7/10
  • 宮城復興バスツアー主催[38](2016/7/3)
  • 【トークライブ】「ことのはドリップ7」-カフェ落語『火事息子』- 東京2017/5/23、仙台5/27、福岡6/3、大阪6/4、名古屋6/11
  • 【トークライブ番外】「ことのはカルテット in SENDAI[39]」仙台(2017/9/8)
  • 宮城復興バスツアー主催[40](2017/9/9)
  • 【トークライブ】「ことのはドリップ8」-カフェ落語『百年目』- 東京2018/6/23、6/26、仙台6/30、福岡7/7、大阪7/8、名古屋7/14
  • 【トークライブ】「ことのはドリップ9」-カフェ落語『浜野矩随』- 福岡2/2、大阪2/3、仙台2/9、東京2/11、2/13、名古屋2/23

その他編集

  • 雑誌「日経エンタテイメント!SMASH ミュージカル&ブロードウエイガイド」インタビュー(2013/5/14発行)
  • 村井邦彦作品発表コンサート「a concert of Kuni Murai songs」曲紹介 - ルパン役 (2014/5/14)

脚注編集

  1. ^ 朝日新聞WEBRONZA - スタジオライフ『エッグ・スタンド』
  2. ^ 朝日新聞WEBRONZA - スタジオライフ『エッグ・スタンド』制作発表
  3. ^ 朝日新聞WEBRONZA - スタジオライフ『エッグ・スタンド』公演評
  4. ^ ステージナタリー - スタジオライフ『エッグ・スタンド』萩尾望都×倉田淳対談
  5. ^ ステージナタリー - スタジオライフ『エッグ・スタンド』萩尾望都が執筆の経緯を語る
  6. ^ 朝日新聞WEBRONZA - スタジオライフ『DRACULA』倉田曽世松本インタビュー
  7. ^ シアターテイメント - スタジオライフ『DRACULA』レポ
  8. ^ ステージナタリー - 曽世海司&松本慎也が吸血鬼に、スタジオライフ『DRACULA』
  9. ^ 中野経済新聞 - 男優だけの劇団「スタジオライフ」が代表作「ドラキュラ」公演
  10. ^ まほろば遊・公式ブロク2016/11/6
  11. ^ まほろば遊・公式ブロク2017/6/11
  12. ^ まほろば遊・公式ブロク2018/4/1
  13. ^ まほろば遊・公式ブロク2018/7/16
  14. ^ まほろば遊・公式ブロク2019/2/25
  15. ^ KDDI、沖縄セルラー「au意識高すぎ!高杉くんシリーズお見舞い篇」
  16. ^ STAFF&CAST”. ULTRAMANアニメ公式サイト. 2019年2月1日閲覧。
  17. ^ 三遊亭白鳥林家彦いち柳家初花三遊亭王楽
  18. ^ 松尾貴史小宮孝泰松永玲子、二重丸
  19. ^ 春風亭一之輔初天神』、柳家喬太郎任侠流山動物園
  20. ^ 小宮孝泰、ウクレレえいじ
  21. ^ 三人会、柳家喬太郎『文七元結』、山口良一池田の猪買い
  22. ^ 会場本多劇場、松尾貴史、山口良一、小宮孝泰、大森ヒロシオオタスセリ、二重丸、松永玲子他
  23. ^ 松尾貴史との二人会。松尾貴史命名で『海山亭曽仙』と名付けられた。
  24. ^ 三人会、柳家喬太郎『任侠流山動物園』、山口良一『へっつい幽霊
  25. ^ 鬼頭真也『目薬』、ラサール石井風呂敷 (落語)』、オオタスセリ『アルコールの害』、松尾貴史『壺算』、山口良一『猫と金魚』、小宮孝泰『佐々木裁き』、山口良一&大森ヒロシ(漫才)、ウクレレえいじ(歌謡漫談)、二重丸(太神楽)
  26. ^ 古今亭志ん吉金明竹』他
  27. ^ 柳家喬太郎『初天神』『文七元結
  28. ^ 会場上越文化会館中ホール・小宮孝泰『厩火事』、山口良一『真田小僧』、山口良一&大森ヒロシ(コント:いくべ)
  29. ^ 会場あうるすぽっと・鬼頭真也『ろくろ首 (落語)』、オオタスセリ『骨董屋』、小宮孝泰『粗忽の釘』、渡辺正行時そば』、山口良一『長命』、ラサール石井『死神 (落語)』、山口良一&大森ヒロシ(漫才)、松尾貴史(小魔術)、二重丸(太神楽)、コント赤信号(コント
  30. ^ 三人会、柳家喬太郎『夢の酒』、山口良一『氷屋』
  31. ^ 烏山区民会館ホール・鬼頭真也『初天神」、オオタスセリ『冬のコント リスペクト』、山口良一&大森ヒロシ(漫才)、山口良一『うどん屋』、松尾貴史『鷺とり』、二重丸(太神楽)、小宮孝泰『富久
  32. ^ Confettiコラム「曽世海司 The 10th Sense」
  33. ^ FM世田谷 世田谷的演劇案内『シアターF』井戸端ラジオ
  34. ^ 海外ドラマNAVI コラム
  35. ^ 海外ドラマNAVI インタビュー<前編・後編>
  36. ^ アイデアニュース インタビュー<前編・後編>
  37. ^ MID-FM
  38. ^ 笠原浩夫が劇団スタジオライフから参加
  39. ^ 笠原浩夫、若林健吾、久保優二が劇団スタジオライフから参加
  40. ^ 笠原浩夫、若林健吾、久保優二が劇団スタジオライフから参加

参照元編集

外部リンク編集