津田塾大学

日本の私立大学
女子英学塾から転送)

津田塾大学(つだじゅくだいがく、英語: Tsuda University)は、東京都小平市津田町二丁目1番1号に本部を置く日本私立大学女子大学である。1900年創立、1948年大学設置。

津田塾大学
小平キャンパス(2006年5月)
大学設置 1948年
創立 1900年
学校種別 私立
設置者 学校法人津田塾大学
本部所在地 東京都小平市津田町二丁目1-1
学生数 3,249
キャンパス 小平(東京都小平市)
千駄ヶ谷(東京都渋谷区
学部 学芸学部
総合政策学部
研究科 文学研究科
国際関係学研究科
理学研究科
ウェブサイト https://www.tsuda.ac.jp/
テンプレートを表示
千駄ヶ谷キャンパス

概要 編集

大学全体 編集

津田梅子が設立した女子英学塾を前身とする[1]。 英文学や国際関係学の分野で活躍する卒業生を多く輩出し、女性の社会進出に貢献した大学である[1][2]

女子差別撤廃条約批准や男女雇用機会均等法の設立時、津田塾大学卒業生の活躍がめざましく、一流大企業の重役、官公庁の女性職員の出身校が一貫して津田塾大学であった [3][4][5]。卒業生らは「津田マフィア」という言葉で呼ばれていた [3][4][5]

偏差値 編集

かつては「早慶を蹴ってでも入るトップの名門私学[6]」とされ、女子大最難関校として「女の東大」と呼ばれる異名をとっていた[6][1][7]。 大手予備校が公開している過去の偏差値ランキング表などから、現在でもかつての津田塾大学の過去の偏差値は早稲田大学や慶應大学よりも高かったことが確認できる[6][1][8]

現在でも「私立女子大の最高峰」とされるが、日本における女子大学全体の人気が低下している影響で本学も以前より低迷しており、現在は「入試難易度としては最難関大学とは言い難い」とされる。

ベネッセコーポレーションのデータによると、津田塾大学の入学難易度は「74(1992年当時)→ 65(2017年)」と25年間の間に9ポイント低下したとされ、「日本の歴史上、最も急速に偏差値が降下した大学」と称されるほどの偏差値が急激に低下した[9]。 これらの偏差値低下に関して、2000年代初頭より受験生の共学志向が高まり、女子大に魅力を感じなくなったことが主な要因とされる[9]

学風および特色 編集

津田梅子の教育方針に沿って、現在も少人数教育を重視している[1][10]
学生の主体性を重んじて校歌校章校旗を敢えて持たないのも津田梅子以来の津田塾の伝統である[1]

キリスト教主義 編集

独立系キリスト教会洗礼を受けたのち、聖公会の信徒であった津田の影響から[11][12]、学内にチャペルがある。学則に「キリスト教精神に基づく教育」を行うことが記載されている。礼拝が毎週行われ、キリスト教関連の科目が開講されるなどの宗教色が強いキリスト教主義学校であるが、参加は学生の意思に任されている。

歴史 編集

1900年(明治33年)、従来の家制度による家政学が中心だった官制の良妻賢母育成女子高等教育制度に疑問を抱いた津田梅子が、瓜生繁子大山捨松とともに、日本では先駆的な学問重視の女子高等教育機関[13]私学、女子英学塾として現在の東京都千代田区に設立[14]

1902年(明治35年)、聖公会ミッションスクールである静修女学校の閉鎖にともない、土地と校舎と生徒を梅子の盟友・石井筆子から譲り受ける[15]

1905年(明治38年)、女子の学校では初めての英語科教員無試験検定取り扱い許可を受ける。

1933年(昭和8年)に「津田英学塾」へ、1943年(昭和18年)に「津田塾専門学校」へ改称。戦後1948年(昭和23年)に「津田塾大学」となった[14]

1969年(昭和44年)には、当時はまだ草分け期にあった国際関係論という分野を、日本の大学として初めて国際関係学科として創設。

2010年(平成22年)に創立110周年を迎え、創立110周年事業として津田梅子賞を創設[1]。創立者津田梅子の「女性の自立と社会貢献を促す精神」を継承発展させるために、現代社会でその精神を具体化する活動を行っている団体や個人を顕彰する[1]

2017年(平成29年)より女子大としては初の「総合政策学部」を設置[2]。また本学が複数学部体制になるのも創立以来、初である。大学の英語名称も、Tsuda CollegeからTsuda Universityとなった[16]。この学部は東京・千駄ヶ谷に設置され、長年、ワンキャンパス体制で教育を行ってきた津田塾大学は、この学部の開設により蛸足大学となる。

歴代学長 編集

基礎データ 編集

沿革 編集

組織 編集

学部・学科 編集

研究科・専攻 編集

全研究科・専攻に修士課程と博士後期課程を設置

附属施設 編集

  • 言語文化研究所
  • 国際関係研究所
  • 数学・計算機科学研究所
  • 総合政策研究所
  • 図書館
  • 計算センター
  • ウェルネス・センター
  • 視聴覚センター
  • 国際センター
  • ツダ・イングリッシュ・コーディネーション・センター
  • 女性研究者支援センター
  • ライティングセンター
  • ソーシャル・メディア・センター
  • 津田梅子記念交流館
  • 津田梅子資料室

教育 編集

文部科学省等に採択されたプロジェクト 編集

対外関係 編集

他大学との協定 編集

著名な卒業生・教員 編集

事件 編集

脚注 編集

  1. ^ a b c d e f g h 〈42〉高めよ 深めよ 大学広報力 こうやって変革した39 卒業生が「広告塔」にリベラルアーツと少人数教育創立110年で広報強化 津田塾大学”. 『教育学術新聞』第2370号. 日本私立大学協会 (2009年). 2017年11月28日閲覧。
  2. ^ a b 代慶達也 (2017年11月5日). “女子大は生き残れるか 津田塾、都心から逆襲”. 出世ナビ. 日本経済新聞社. 2017年11月28日閲覧。
  3. ^ a b 女子大はなぜ凋落したのか、25年で偏差値最高74から65へ”. ダイヤモンド社 (2017年9月11日). 2017年11月28日閲覧。
  4. ^ a b 日本経済新聞社・日経BP社. “女子大は生き残れるか 津田塾、都心から逆襲|NIKKEIリスキリング”. NIKKEI STYLE. 2022年10月24日閲覧。
  5. ^ a b 津田塾大学 - Tokyo小平市 - 大学、学校 | Facebook”. www.facebook.com. 2023年1月28日閲覧。
  6. ^ a b c 女子大は生き残れるか津田塾都心から逆襲2022/03/08閲覧
  7. ^ 中山まち子 (2020年7月31日). “かつては「女の東大」 少数精鋭の名門女子大「津田塾大学」とはどのような大学なのか”. アーバン ライフ メトロ. 2022年10月24日閲覧。
  8. ^ 中山まち子 (2020年7月31日). “かつては「女の東大」 少数精鋭の名門女子大「津田塾大学」とはどのような大学なのか”. アーバン ライフ メトロ. 2022年10月24日閲覧。
  9. ^ a b 受験生と親の世代間ギャップは不幸を招く30余年を遡り「大学序列」徹底解剖!2022/03/08閲覧
  10. ^ 小林哲夫 (2017年5月12日). “早慶MARCHも津田塾も。大学ブランド「格付け」に異変あり”. 文春オンライン. 2017年11月28日閲覧。
  11. ^ 「基督教週報」にみる本校関係記事・広告」『桃山学院年史紀要』第2号、桃山学院、1981年3月、94-107頁、ISSN 0285-1725 
  12. ^ 歴史くらぶ『次代を拓いた!中年女性の強さと魅力』
  13. ^ ママトクロヴァ・ニルファル. “女子英学塾における教育実践の成果に関する一考察--津田梅子のねらいと初期卒業生の進路”. 『早稲田教育評論』25(1), 107-125, 2011. 早稲田大学教育総合研究所. 2017年11月28日閲覧。
  14. ^ a b 津田塾の歴史 沿革”. 津田塾大学. 2018年9月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年3月23日閲覧。
  15. ^ a b 滝乃川学園 『沿革』
  16. ^ 2017年4月からの体制について”. 津田塾大学 (2017年4月5日). 2017年11月28日閲覧。[リンク切れ]
  17. ^ 高等教育界における男女共同参画の現状[リンク切れ]髙橋裕子、2018年度一般社団法人大学女性協会公開シンポジウム、 2018年10月27日
  18. ^ 2018年度(2018年6月~2020年6月)役員・委員一覧アメリカ学会
  19. ^ RICCA 2021, p. 89
  20. ^ RICCA 2021, p. 99
  21. ^ RICCA 2021, p. 102
  22. ^ 『津田塾六十年史』津田塾大学、1960年、296頁。 
  23. ^ 多文化・国際協力学科が誕生します[リンク切れ]津田塾大学(2018年3月15日)2019年1月29日閲覧。
  24. ^ 津田塾大学女装替え玉受験事件 試験日2日目に父の女装発覚 - 週刊ポスト、2014年1月19日

関連項目 編集

外部リンク 編集

座標: 北緯35度43分19秒 東経139度27分57秒 / 北緯35.72194度 東経139.46583度 / 35.72194; 139.46583