宮城県総合運動公園

宮城県宮城郡にある公園

宮城県総合運動公園(みやぎけん そうごううんどうこうえん)は、宮城県宮城郡利府町にある運動公園。愛称「グランディ・21」。

宮城県総合運動公園
(グランディ・21)
Miyagi Sports Park
(GRANDE・21)
Grande・21 viewed from the southern edge.JPG
宮城県総合運動公園・広場
所在地
座標 北緯38度20分7.3秒 東経140度57分9.2秒 / 北緯38.335361度 東経140.952556度 / 38.335361; 140.952556座標: 北緯38度20分7.3秒 東経140度57分9.2秒 / 北緯38.335361度 東経140.952556度 / 38.335361; 140.952556
面積 146.1ha
(2009年4月現在の開園面積90.4ha)
開園 1995年平成7年)11月
運営者 運動施設等:宮城県スポーツ振興財団
広場:東洋緑化株式会社
年来園者数 1,039,240人(運動施設の利用者・観客)。広場の利用者は含まない。
設備・遊具 陸上競技場サッカー場体育館テニスコートプール など
駐車場 通常は無料
アクセス 仙台北部道路利府しらかし台IC
告示 2001年平成13年)
公式サイト http://www.mspf.jp/grande21
テンプレートを表示
上:宮城スタジアム
右:セキスイハイムスーパーアリーナ
左:セキスイハイムサブアリーナ

宮城県が施設を所有し(宮城県教育委員会所管)、財団法人宮城県スポーツ振興財団・同和興業・セントラルスポーツグループが運動施設等を、東洋緑化株式会社が広場を、指定管理者としてそれぞれ運営管理を行っている。

概要編集

松島丘陵東部の、仙台市宮城野区と利府町に位置する県有地の「県民の森」(約410ha)の東側に隣接してある。宮城県の人口重心北緯38度20分50秒東経140度58分45秒[1]に隣接している。2001年に開催された第56回国民体育大会(新世紀・みやぎ国体)の主会場地区として整備された運動公園で、東北地方最大級の屋外運動施設であるキューアンドエースタジアムみやぎ(宮城スタジアム)や、宮城県最大級の屋内アリーナであるセキスイハイムスーパーアリーナ(総合体育館)などを有する。

一方で、大きな収容人員を持つ施設群でありながら、人口の集中する仙台市中心部からの利便性が芳しくなく、公共交通機関によるアクセスが「最寄り駅からのバス(シャトルバスを含む)」または「自家用車」に事実上限られていることもあって、赤字体質の施設であるとの指摘がある。2006年(平成18年)に宮城県の包括外部監査を実施した鈴木友隆(公認会計士)は、「教育委員会所管を中心とした公の施設の運営状況について (PDF) 」と題した監査報告書の中で、グランディ・21の各施設が初期投資に見合う稼働率を上げられていないと指摘し、「何故このような利便性の悪いところに、このように素晴らしい施設を建設したかは疑問が残るところであり、このまま当施設を存続させる必要性について県民の間で十分な議論が尽くされることを期待する」と述べた上で、監査の結果と意見として「今後の利用状況の大幅な改善が見込まれない場合には、施設の解体を含め、県は抜本的な見直しを検討する必要がある」とした上で、特に宮城スタジアムについては「平日は貸切のみの利用に限定し、貸切予約のない日は閉館することで相当の費用削減を見込む(ことを検討すべき)」「冬季は休日であっても貸切の利用水準が低く、費用削減効果の観点からも、冬季期間限定の全面閉館も検討する必要がある」との提言を記している。


公園内の主な施設編集

括弧内の数字は収容人数

利用者数編集

宮城県総合運動公園 観光客入込数(単位:人)[2]
平成22年 平成23年 平成24年 平成25年 平成26年 平成27年 平成28年 平成29年 平成30年
876,245 279,455 629,332 1,231,561 1,206,059 1,472,537 1,025,011 959,550 1,153,060
宮城県総合運動公園 施設利用実績(単位:人)[3]
施設名 平成25年度 平成26年度 平成27年度
宮城スタジアム 266,785 183,352 424,185
総合体育館 405,775 428,692 474,539
総合プール 78,243 106,945 106,643
テニスコート 8,413 10,979 10,968
合宿所 12,782 13,887 16,646
公園来場者者(無料観客・見学・公園) 382,219 471,331 729,390

沿革編集

円高不況期の1986年昭和61年)に、2001年平成13年)に開催される秋季国民体育大会の宮城県への誘致が成功した[4]。すると、既に宮城野原公園総合運動場仙台市)という県の施設があったものの、売れ残った宮城県住宅供給公社の分譲地(利府町)に新競技場を建設する計画が1987年(昭和62年)に持ち上がり[4]、当園の建設が決まった。

1992年(平成4年)7月2002 FIFAワールドカップ開催候補地への立候補を宮城県議会が決議し、その後、宮城スタジアムでも3試合開催されることが決まった[4]。そのため、宮城スタジアムの建設費は当初見込みの185億から、ワールドカップ仕様に合わせて270億円にまで膨らんだ[4]

1995年(平成7年)から園内施設が順次開館し、2001年(平成13年)に国体を開催した。2002年(平成14年)、国体には間に合わなかった仙台北部道路がワールドカップ直前の5月に開通し、6月にワールドカップを開催した。

関連年表編集

アクセス編集

アクセス問題編集

当園は、最寄りのJR利府駅から徒歩の場合、上り坂を1時間近く[5]歩かなくてはならないため、バスか自家用車でアクセスするのが一般的である。主催者は、バスと自家用車のアクセス配分を様々行っているが、約5万人を収容する宮城スタジアムでイベントが開催される際の観客輸送には以下のような事例がある。

ベガルタ仙台の試合の際には周辺に大渋滞を起こさない程度で観客に一般開放出来る駐車台数を算出しており、J2時代の2009年(平成21年)は対戦カードの人気度によって1000台(駐車料金4000円/台)から2500台(駐車料金1000円/台)とし[9][10]、利府駅や泉中央駅との間のシャトルバスと利府線の臨時列車運行で観客の輸送を行い、人気カードではパーク&バスライド駐車場を設定し、さらに宮城県警察新交通管理システムヘリコプターを投入して交通整理を行っている[5]。しかし、実際の公共交通機関利用割合は観客全体の約2割に留まり[9]、渋滞は解決されていない(当園に近いイオンモール利府等に駐車して観戦に訪れる観客が相当数いることを示唆している)。結果、ユアテックスタジアム仙台の改修工事の影響で宮城スタジアムを開幕から2009年6月末まで使用したベガルタ仙台の集客力は低下し、2001年(平成13年)から途絶えていた観客数1万人割れの試合を3度も経験した[11]

利府町長より新たな交通手段としてモノレールの建設などを国に求めている[12]

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集